Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月07日

慰留されたらどうする?しつこい引き止めをうまく断る方法5つ

退職の意思を伝えたのに、しつこく上司から慰留されてしまったという経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。退職の意思が明確に固まっているならば、慰留をはっきりと断るべきです。この記事では慰留のかわし方についてご紹介しているのでぜひご覧ください。

慰留されたらどうする?しつこい引き止めをうまく断る方法5つ

慰留とは

慰留されたらどうする?しつこい引き止めをうまく断る方法5つ
退職経験のあるビジネスパーソンの多くが、「会社を辞めたい」と伝えた時に慰留を受けたことがあるのではないでしょうか。

慰留とは、去ろうとする人を思いとどまらせ、引き留めようとすることを意味する言葉です。慰留を全く受けないのも寂しく感じるものですが、かと言ってしつこい慰留を受けると辟辟してしまうでしょう。

そこでこの記事では、退職を申し出て慰留をされた時におすすめしたい対処法について徹底解説しています。

慰留される理由

慰留されたらどうする?しつこい引き止めをうまく断る方法5つ
そもそも、退職の申し出をされた時に慰留されるのはなぜなのでしょうか。ポジティブな理由で慰留をされることもあれば、ネガティブな理由で慰留をされることもあります。

ここではまず、会社側がどのような意図をもって慰留をしてくるのか、その理由について詳しく解説していきます。慰留を受けた時には、以下のどのパターンに自分が当てはまるかどうかチェックしてみてください。

理由1:あなたが優秀だから

慰留を受ける理由としてまず挙げられるのが、あなたが優秀だからということです。優秀な人材であればあるほど、その人が職場から抜けてしまうと企業に大きな損失があるため、企業側は「この人にはもっとうちで働いてほしい」と慰留をすることになります。

ヘッドハンティングや引き抜きを受けるほど優秀な人材であれば、どの会社も失いたくないと思うのはある種当然でしょう。

理由2:人手不足で採用難だから

慰留されたらどうする?しつこい引き止めをうまく断る方法5つ
人手不足であり新たな社員を採用するのが難しい状況にあるということも、企業が慰留をする理由として挙げられるでしょう。

取り立てて優秀な人材でなかったとしても、その人が抜けると仕事が十分に回らなくなるほどの人手不足の状態ならば、企業側としては「この人が抜けた穴を埋めるのが大変だからそのまま働き続けてほしい」と考え、慰留を行うはずです。

理由3:退職者が多く周囲への影響が心配

企業が慰留を行う理由のひとつに、退職者が多くて職場に悪影響を及ぼす可能性があるということも含まれるでしょう。

ブラックな労働環境で退出者が続出している中、あなたが退職をすればそれが引き金となってまた新たな退職者が出てしまい、職場が成り立たなくなってしまうため、そのようなリスクを恐れて、会社側はあなたのことを無駄に慰留しようとするはずです。

理由4:あなたのためにならないと思っている

慰留されたらどうする?しつこい引き止めをうまく断る方法5つ
企業が慰留を行うのは必ずしもネガティブな理由ばかりでなく、あなたのためを思って慰留をするというパターンもありえるでしょう。

一時的な感情で退職をしたいと申し出たことが明らかな場合や、早まって仕事を辞めてしまえばあなたのキャリアに瑕がつくことが明白な場合は、あなたの将来のことを考えて親切心で慰留をしてくれる場合もあります。

このような場合は、上司の慰留に耳を傾けたほうがよいでしょう。

しつこい慰留を断る方法5選

慰留されたらどうする?しつこい引き止めをうまく断る方法5つ
はっきりと退職を伝えたにもかかわらず、しつこく慰留を受けて退職願をなかなか受け取ってもらえず悩んでいるというビジネスパーソンも少なくないことでしょう。

では、このようなしつこい慰留にはどのように対処すればよいのでしょうか。結論から言うと、慰留を受け入れず、ひたすら断り続けるのがベストです。

ここからはしつこい慰留の断り方の具体例をご紹介していきますので、ぜひ参考になさってみてください。

方法1:家庭の事情だと言う

しつこい慰留の断り方としてまず挙げられるのが、「家族の事情で辞めざるを得ない」とつ垂れるという方法です。

子供の病気や家族の介護など、どうにもならない家庭の事情を理由にすれば、会社側としても無理を言ってあなたに職場に留まってもらうための正当な理由をなくしてしまいます。

本当に家庭の事情で退職するのでない場合、嘘がバレないようにぼかしながら伝えるとよいでしょう。

方法2:「やりたいことが見つかった」

「他にやりたいことが見つかった」ということも、しつこい慰留に対するおすすめの断り方として挙げられるでしょう。

ネガティブな理由ではなく、やりたいことが見つかってそのために退職をしたいというポジティブな理由であれば、会社側は「これ以上慰留をしても効果がないな」と判断するようになるはずです。

あなたが将来に対して真剣に考えており、そのための退職であることをきちんと説明しましょう。

方法3:「転職先のほうが条件が良い」

慰留されたらどうする?しつこい引き止めをうまく断る方法5つ
しつこい引き留めに対するおすすめの断り方のひとつに、「もっと条件のよい転職先が見つかった」ということも含まれるでしょう。

給料や待遇などが今の仕事よりもよい転職先が見つかれば、現職に留まる理由は全くなくなってしまうため、その旨を伝えれば無駄な慰留もなくなるはずです。

ただし、このように現職と転職先をあからさまに比較してしまうと、上司や同僚から反感を買ってしまう恐れもあります。

方法4:上司との会話を避ける

しつこい慰留への対処法のひとつに、上司との会話や接触をなるべく避けるということも挙げられるでしょう。

もちろん業務上必要な会話や報告・相談・連絡はこれまで通りきちんと行うべきですが、それ以外では接触をしたり会話をすることを避ければ、慰留の話をしつこくされることも少なくなるはずです。

こちらから物理的に距離を取り、あなたが慰留の話に応じる気がないことを上司に察してもらいましょう。

方法5:「もう決めたことですから」

「もう決めたことですから」とにべなく断るということも、慰留されたときにおすすめの断り方のひとつです。

慰留をされた時に上司の話を素直に聞いてしまうと、「勝算がある」と判断されてしつこく慰留を受けることになるので、そのような事態を防ぐためにも「ありがとうございます、ですがもう決めたことですのでこれ以上は」ときっぱりと断りましょう。

よくある引き止めの例

慰留されたらどうする?しつこい引き止めをうまく断る方法5つ
以上では、しつこい慰留に対する断り方の具体例について見てきました。では、実際に世間のビジネスパーソンはどのような慰留を受けているのでしょうか。

その具体例が分かれば、あらかじめ対処法を講ずることもできるでしょう。ここからは、退職を願い出た会社員に対して行われる、よくある引き止めの事例をご紹介していきますので、ぜひチェックしてみてください。

例1:会社にとっての重要性を強調する

よくある引き止めの例としてまず挙げられるのが、会社におけるあなたの重要性を強調するというパターンです。

「君は職場に欠かせない人間だ」「わが社を担っていく存在だ」などとあなたのことを過剰に持ち上げ、賞賛することで現職に対する未練を引き出し、あなたの退職を引き止めようとする作戦です。

あなたが特に優秀でない限り、このようなセリフはいずれも引き止めのための「お世辞」ということになります。

例2:給料を上げる・待遇を良くすると言われる

給料や待遇を改善するということも、よくある引き止めのパターンとして挙げられるでしょう。

給料や待遇を改善することをちらつかせながら、退職を防ごうとする企業も少なくありませんが、必ずしも引き止め時に提示された内容が実現されるわけではありません。

給料や待遇が改善される確実な保証がないのであれば、慰留を受けずに退職したほうが良いと言えるでしょう。

例3:代わりの人が見つかるまで続けてほしいと言われる

よくある引き止めのパターンのひとつに、「君の代わりの社員を採用するまで仕事を続けてほしい」ということも挙げられます。

人手不足で社員の採用がなかなか難しい企業では、あなたに抜けられると仕事が十分に回らなくなるため、辞めるのは致し方がないとしても、せめてもう少し仕事を続けてほしいと考えています。

ですが、これはあくまで企業側の都合ですので、断りたい時には断っても問題はありません。

例4:異動などを提案される

異動などを提案されるということも、よくある慰留のパターンでしょう。職場の人間関係や業務内容が理由で退職を願い出た場合には、「何も仕事を辞めることはない、他の部署に異動をさせよう」と会社側が提案してくれることもあります。

異動の提案がただの口約束ではなく、きちんと履行してもらえるものであり、なおかつあなた自身が仕事を続ける意欲が少しでもあるならば、退職を考え直すのも一つの手です。

例5:脅される

残念ながら、引き止めのパターンとして脅されるということも往々にしてあります。

ブラック企業では、長時間労働やサービス残業に圧倒的な低賃金が原因で社員が退職を申し入れるのは当然であるにも関わらず、「辞めるなんて許さない」「辞めたらどうなるかわかってるだろうな」と脅迫を行って恐怖で支配し、退職を踏みとどまらせようとする企業も存在しています。

脅迫を受けた場合は、すぐに労基署に相談しましょう。

しつこい慰留を避けるためのポイント

しつこい慰留を受けるのはストレスが溜まるものですので、できるだけ避けたいところでしょう。

ここからはしつこい引き止めを回避するためのポイントをご紹介していきますので、ぜひチェックしてみてください。

ポイント1:繁忙期を避ける

まず大切なのが、繁盛期を避けて退職の申し出をするということです。繁盛期にあなたが抜けてしまうと仕事が十分に回らなくなってしまうため、上司はなおさらあなたのことを引き止めようとします。

だからこそ、繁盛期ではなく比較的仕事が少ない時期に退職を申し出るべきでしょう。

ポイント2:退職を決めていない段階で話すことは避ける

退職を決心していない段階で上司にその話をするのは避けるということも、大切なポイントのひとつです。

退職の意思が固まっていない段階で上司に退職の話をしてしまうと、引き留め工作に簡単にひっかかってしまうでしょう。

ポイント3:退職を決めたらすぐ伝える

しつこい慰留を避けるポイントのひとつとして、退職の意思を固めたならばすぐに上司に伝えるということも挙げられます。

上司に退職を申し出にくいのは心理的に十分理解できますが、はっきりと伝えなければあなたに迷いや付け入る隙があると判断され、しつこい慰留を受けてしまいかねません。

ポイント4:退職前に転職先を決める

退職前に転職先を決めるということも、しつこい引き留めを避けるためのポイントです。退職を申し出てその場で慰留を受けたとしても、「実はもう転職先が決まっていますので」と伝えれば、それ以上無駄な慰留を受けることもなくなるでしょう。

転職理由が明確ならひきとめられても失敗しない

慰留されたらどうする?しつこい引き止めをうまく断る方法5つ
今回は退職を申し出た際に受ける慰留について特集してきましたが、いかがでしたでしょうか。

家庭の事情ややりたいことが見つかったなど、退職の理由が明確であれば、引き止め工作を受けてもそれに惑わされる心配はありません。

退職を申し出る際には、明確な退職の理由を用意しておき、慰留を受けた際にはきっぱりと断るようにしましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related