Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月08日

退職までに必要な期間は|仕事を辞めるときによく起こるトラブル6つ

人それぞれに事情はあるでしょうが、退職をすると決めたら次に考えるのはいつ辞めるかということです。通常では退職するまでにどのくらいの期間が必要なのでしょうか。退職をするまでの期間の常識と、退職の流れやトラブルについてまとめて紹介します。是非最後まで読んで下さい。

退職までに必要な期間は|仕事を辞めるときによく起こるトラブル6つ

退職するまでの期間は平均的に短い?

一般的に退職するまでの期間は、引継ぎ期間を考えると、1か月程度は必要だと言われています。ただし会社によっては取り決めされているところもありますので、前もって確認しておきましょう。

取り決めのない場合、民法では2週間前の告知することを義務づけられていますので、その期間を目安に考えてみるのもひとつの方法です。

告知してから2週間では少し短か過ぎますが、平均的には1か月から3か月で退職する人が多いです。

退職願いから次の会社入社までの流れと期間

それぞれに事情はあるでしょうが、転職をするために現在勤めている会社を退職するとき、円満に退職をするためには、そのようなマナーを考えておくべきでしょうか。

退職願いを出してから、退職をするまでには何をすべきか、また次の会社に入社するまで、スムーズに行うにはどのように行動をすべきでしょうか。

以下に、退職願いから次の会社へ入社するまでの期間の流れを順にあげてみました。

事前に退職の申し出をする

退職を決めたら、自分が退職をしようと考えている日までの間のできるだけ早い期間に、退職の申し出をしなければいけません。正式に退職願いを提出するまでに、上司へ事前に申し出るようにします。

その時に上司と退職までの流れや引継ぎなどの段取りを決めます。

会社にとってもその後の人材の補充も考えなければいけませんので、退職の申し出はできるだけ早い期間にするようにしましょう。

就業規則により3か月の期間が必要な場合も

退職の期間は法律的には2週間以内と決められていますが、それぞれの会社でも就業規則として取り決められている場合があります。

退職をしようと考えたら、まず自分の会社の就業規則の確認をしておきましょう。通常引継ぎで必要な期間は1~2か月程度あれば済みますが、時には3か月の期間は必要であると決められている場合があります。

会社によってはプロジェクトの区切りとして3か月を目途に期間設定している場合もあります。

同時に転職活動を進めるなら

退職のために、会社の就業規則や引継ぎにかかる期間などを考慮することはとても重要なことですが、転職をするのなら、その活動にかかる期間についても考えておかなければいけません。

退職をしたらすぐに次の会社へ転職できるよう、転職活動もできるだけ行っておくようにしましょう。また転職先で面接を行って内定が決まったら、あまり転職先を待たせるわけにはいきませんので、それらの期間のバランスも考えておく必要があります。

書類審査:1週間程度

転職にかかる期間についても細かく計画を立てておく必要があります。退職してからスムーズに転職まで運ぶにはしっかりとした準備が必要です。

自分の希望する転職先を決めたら、転職先の指示する要項に従って書類を作成し提出をします。転職先の書類審査は一般的には1週間程度を目安にします。

その書類審査の結果次第で面接を行うことになりますので、それからどのようなスケジュールになるのかを考えていきます。

面接(日程調整も含む):6週間程度

転職先から書類審査の結果が届いてから、担当者と面接の日取りを打ち合わせして、その結果が出るまでの期間は約6週間程度になります。

この期間に退職の準備を行います。面接の結果を受けてから、できるだけ早く行動を起こせるようにしておかなければなりません。

ただあまり早すぎても、面接に受からなかったり、思っていた仕事ではなさそうなので辞退するなどの場合も考慮して、慎重にスケジューリングする必要があります。

内定・意思決定・退職願い:1週間程度

転職先で面接を受けたあと、内定の通知が届いたら、その会社に本当に転職するのかどうかの意思を決定しなければいけません。そしてなるべく早い期間で、その答えを転職先に伝えます。

転職先に入社する意思を伝えたら、現在勤めている会社に退職願いを提出します。この時点では次の職場も決まっていますし、退職することの最終決定をすることになります。次の職場の都合もありますが、その期間は約1週間程度を目安にしましょう。

引継ぎ・有休消化:4週間程度

退職届を会社が受理してから退職するまでの期間は、その会社によってさまざまです。退職を告知してからいつ辞めるのかを取り決めているところもあります。

取り決めのない場合には、民法では退職の2週間前には告知することを義務付けてますが、実際には引継ぎなどで約4週間程度の期間が一般的に必要とされています。またあまり実行する人は少ないですが、辞めるまでの期間に有休の消化をする方法もあります。

仕事を辞める際によく起こるトラブル6つ

中途退職する場合にはトラブルがつきものです。できれば今までお世話になった職場ですし円満に退職をしたいものですが、定年退職のようにはなかなか祝福して送り出してくれません。

退職をする際には、同僚などからのやっかみや、嫌がらせなどがあります。このことで、スムーズにいくはずの、退職からの転職が計画通りにいかないことも。以下の仕事を辞める際に起こる6つのトラブルから上手く回避する術を考えてみましょう。

1:退職日を会社の都合の良いように決められる

自分の都合で退職を決めたのであれば、少なからず職場に対しては申し訳ないという気持ちが湧いてくるものです。そのため退職日などを、会社側の都合で強引に決められてしまうことがあります。

しかし転職先との約束もあるのですから、そこはきちんと自分の意思を伝える必要があります。ただ、やはり今までお世話になってきたわけですから、できるだけお互いに譲歩しながら決めるようにしましょう。

2:会社が退職を認めてくれない

よくあるのが、会社が退職を認めてくれないという場合です。その会社にとって、なくてはならない存在だと言ってくれるのはとてもありがたいことですが、もう決まってしまっているなら、やはり誠意をもって理解してもらうしかありません。

転職活動は控えて、その期間に引継ぎをしっかり行うようにします。立つ鳥跡を濁さず、自分の抜けたあとのことも考えること、それが自分を必要としてくれる会社への礼儀です。

3:有給休暇の消化を認めてくれない

あまり実行する人はいませんが、残っている有給休暇の消化を申し出ても認めてくれないことはけっこうあります。

確かに有給休暇は労働者に認められている権利ですが、実際には本当に使う人はあまりいません。会社の同僚たちに嫌がられたり、迷惑かけたりするのを避けるためでもあります。

そういったことを踏まえて、会社側も当然のような態度で、有給休暇の消化を認めてくれない場合があります。

4:退職金が支払われない

退職金制度は必ず設けなければならないという法定義務はありませんので、そもそも退職金がないという会社はあります。退職金制度を設けていない会社では当然退職金はもらえません。

ただ退職金制度があるにも関わらず退職金が支払われなかった場合には問題です。会社側に自身で交渉したり、労働センターなどに相談してみるのもいいでしょう。退職金がもらえる期間は退職日から7日以内と義務づけられています。

5:引継ぎ等に伴う人間関係の悪化

退職をするには、その人の仕事を誰かが引き継がなくてはいけません。すぐに補充の人材がいればいいですが、なかなかその部署で仕事に慣れた人が入るのは難しいですし、あとは残った人たちで退職者のフォローをしなければいけないのが実状です。

そんなことから、せっかく上手くいっていた人間関係も、徐々にひびが入ってしまうことがあります。引継ぎ一つでも、人間関係が悪化してしまうことはあります。

6:会社支給の物品等の返却トラブル

長い期間勤めていると仕事で使用していた物品がすっかり自分のもののようになっていることがあります。使い勝手もよく、長い期間の自分のくせがついてしまっているので、残しておいても誰も使いこなせないだろうと感じることもあります。

しかしどんなに一緒に過ごした期間が長くてもそれは会社の物品です。退職する際には必ず返却しないといけません。トラブルになる前に自ら返却しましょう。

おすすめの転職エージェント10選

転職をするなら、エージェントにお任せするのが一番です。ただ転職エージェントはかなりたくさん存在します。またエージェントごとに得意な職種や転職者の年齢層などがあります。まずは自分に合った転職エージェントを探すことが大切です。

新しい自分の未来のために、失敗のない転職をしましょう。その手助けとして、以下のおすすめの転職エージェント10選を参考にしてみて下さい。

1:doda

20代から30代向けの転職エージェントです。はじめて転職を希望するような、初心者向けのサイトとなっています。まずは転職先を決めるためのいろいろなお役立ちのコンテンツが揃っています。

2:リクルートエージェント

オススメの年齢層は40代です。働き盛りの40代は、中途半端な年齢ということもあって、転職は一番難しいと言われています。

しかしこのリクルートエージェントは、好条件の求人の多い、「非公開求人」の取扱の数は業界でも最大を誇っています。そのため、40代の転職者でも希望する求人と出会う可能性の高いサイトとなっています。

豊富な企業のデーターベースの量をみても自信のある転職エージェントです。

3:Spring転職エージェント

得意な年齢層は40代です。あまり知られていないエージェントではありますが、40代にとっては穴場的な転職エージェントです。担当者の対応やサポートが丁寧で、ひとりひとりにきちんとした対応をしてくれますが、そこがSpring転職エージェントの最大の魅力ともいえます。

おかげで転職率の低いとされている40代でも転職成功率が非常に高くなっています。また企業から直接情報を入手しているところにも、大きなメリットがあります。

4:ビズリーチ

年収の高い人のための求人が充実しています。特に管理職やグローバルな領域での仕事を探しているひとにはおすすめですし、得意な分野でさらに年収アップも見込めます。

ビズリーチの特徴は、担当コンサルタントを自分で選ぶことができることができるところです。また登録しておけば、大手企業などから直接スカウトが受けられます。そのまま使える簡易履歴書などもありとても便利です。オススメ年齢層は50代です。

5:キャリアカーバー

キャリアカーバーとはリクルートが運営する、ハイクラスな求人に特化した転職エージェントです。

キャリアカーバーに登録すると大勢いるヘッドハンターから、スカウトを受け取ることができるようになります。非公開の良質な仕事の依頼も多く、満足のいく仕事に出会うことができます。

登録するレジュメは全て匿名となっており、情報が企業に知られることはなく、安心して利用することができます。

6:パソナキャリア

基本的には20代、30代の年齢層向けです。

パソナキャリアは人材紹介で有名なPASONAが運営しています。そのため、以前からの大手企業とのつながりも強く、大手のグローバル企業など、良質な求人が多数あります。特にバックオフィス系の求人が特に充実しています。

7:JACリクルートメント

オススメの年齢層は50代のハイキャリア層です。JACリクルートメントは年収600万円から2000万円程度の年収を希望のミドルハイクラスの人を対象に転職の支援を行っています。50代の経験やスキル、実績が豊富な専門職や管理職の人は、必ず登録をオススメします。

JACリクルートメントはこのようにハイキャリア層に特化しているのですが、600万円以下となってしまう場合には、サポートから外されてしまいます。

8:クライスカンパニー

オススメの年齢層は30代の、ハイキャリア層です。ヘッドハンティングをメインにはじめたクライスカンパニーは20年の経験豊富な実力派です。永い年数によって培われた実績は、多くの企業からの厚い信頼があります。ハイクラスの独占案件を多数保有しているのも魅力的です。

またコンサルタントの質に自信があり、30代のハイキャリアの方々のパートナーとして相応しいキャリアコンサルタント揃いです。

9:ロバートウォルターズ

ロバートウォルターズは、1985年にロンドンで設立されました。現在世界30か国のオフィスがあり、グローバル人材の転職エージェントとして、優れた実績と経験と信頼を築き上げてきました。

日本では2000年に東京オフィスを設立してから、グローバル人材に特化した、外資系の人材紹介の転職エージェントとして実績をあげてきました。取り扱っている職種は、今までの経験を生かしてさまざまな分野を取り揃えています。

10:リクナビNEXT

リクルートキャリアが運営する転職エージェントのリクナビNEXTは、全国にある豊富な企業情報の中から、自分のスキルや経験、資格などから検索することのできるサイトです。

自分の情報を匿名で登録しておくと、興味を持った企業から直接オファーやスカウトされることもあります。簡単で便利なため幅広い年齢層に利用されています。

退職までの期間をしっかり理解し円満退職しましょう

円満に退職するには、退職までの期間を有効に使い、しっかりと準備をしておく必要があります。期間を有効に使うためには、その期間についてあらゆる面から理解することが大切です。

一般的には、退職を告知してから実際に退職するまでの期間を利用して転職活動を行います。また転職先との面接をしてから通知がくるまでにはどのくらいの期間があるのか、退職の引継ぎにはどのくらいの期間が必要かなどを、細かく計画しておきましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related