Search

検索したいワードを入力してください

2019年04月19日

自己都合退職の失業保険受給までの10の流れ|必要な持ち物7つ

仕事を辞める際、ほとんどの場合が自己都合による退職になります。では、自己都合で退職した場合には、どのような手続きが必要なのでしょうか。仕事を辞めないとなかなか縁のない失業保険ですが知っておけば得することもあります。まずは勉強してみましょう。

自己都合退職の失業保険受給までの10の流れ|必要な持ち物7つ

失業給付とは

正社員やアルバイトやパートなどいろいろな働き方がありますが、社会保険に加入している場合、給与から雇用保険という項目で引かれているのをご存知でしょうか。

社会保険の種類は、健康保険と厚生年金があり健康保険は40歳以上の場合、介護保険料がかかります。同じように雇用保険が引かれますが他の保険に比べると安価であるため何のための保険かわからない人もいます。実は雇用保険は失業給付を受けるために必要な保険です。

自己都合退職で貰える総額

雇用保険は失業保険とも言われ、自己都合にしろ会社都合にしろ退職後に次の仕事が決まっておらず、働く意思がある場合に手続きをしておけばもらえる保険です。失業保険の給付を受けるまでの流れはややこしいですが、仕事を探している間のつなぎ収入になります。

自己都合による退職の場合、失業保険はどれくらいの金額をもらえるのでしょうか。失業保険でもらえる金額は、働いていた期間や失業保険給付の流れによっても変わります。

自己都合退職での失業給付の注意

失業保険の給付で注意しなければいけないのは、給付までの流れをきちんと把握しておくことです。次に手続きをしておかなければいけません。会社都合の退職であれば失業保険給付までの流れは早いですが、自己都合の場合すぐには給付されません。

しかも、失業保険を給付されるためには、仕事を探しているという姿をハローワークに見せなければいけません。退職したショックを受けた流れで手続きしなければ失業保険は給付されません。

自己都合退職の失業保険受給までの10の流れ

自己都合の退職の場合、失業保険が給付されるまでに時間がかかります。基本的な流れとしては、手続き後の待期期間の7日間後から3ヶ月後に認定日があり、その際に失業保険の一部が支給されます。

認定日に失業保険でもらえる金額は、退職前6ヶ月の給与を180で割り賃金日額を出します。次に賃金日額の60~80%が基本手当の日額になります。この基本手当に認定日までの日数をかけた金額が支給額になります。

1:「雇用保険被保険者証」の確認

失業保険でもらえる金額も大切ですが、手続きを終わらせないことには支給されません。また、待機期間を過ぎた後に仕事が決まった場合、失業保険から就職祝い金ということでお金が支給されます。特典もある失業保険を得るためには手続きが必要です。

最初の流れとして確認するのは、退職時に会社からもらう雇用保険被保険者証です。会社によっては社会保険の手続き後にくれる場合がありますので、なくさないようにしましょう。

2:「離職票」をもらう準備

退職時にすぐ離職票をもらえるということはほとんどありません。一般的には、退職後の最後の給与が支払われた後、またはシメ日が終わった後に送られてくる場合が多いです。有給消化などもあり退職日が前後することもありますので、ほぼ1ヶ月前後はかかると考えておきましょう。

離職票には、退職前6ヶ月の給与や自己都合による退職理由などが書かれています。国民健康保険や国民年金などを手続きする流れで必要な場合があります。

3:「雇用保険被保険者資格喪失届」「離職証明書」の確認

失業保険を受けるためには、会社を辞めているということと失業保険を現在払う資格がなくなったという証明が必要になります。ハローワークに提出するのは離職票ですが、国民健康保険や国民年金の手続きをする際に、いつ辞めたのかという日付が必要になります。

離職票に時間がかかる場合には、先に離職証明書をもらっておくと流れがスムーズです。自己都合の退職の場合、自分で決めていた退職日がずれてしまう事はよくあります。

4:「離職票」の受取

離職票を受け取るまでには、会社とのやりとりという流れも必要です。特に自己都合で退職した際は、会社も積極的に離職票の手続きをせず、失業保険の流れが先に進まないという事もあります。

逆に言えば、会社から離職票をきちんともらうことができれば、失業保険の手続きは流れに沿って行えばいいのでスムーズです。立つ鳥後を濁さずともいいますが、自分の生活がかかる場合もある失業保険です。流れが遅れないようにしましょう。

5:求職の申込

失業保険は、流れ的に手続きさえ終われば認定日を経て給付されるまでぶらぶらと何もしないで過ごすというわけにはいきません。自己都合の退職は期間があるからと仕事を探す気がない人には、失業保険からは何も出ません。

失業保険の給付を受けるための最初の流れとして、ハローワークで失業していることと働く意思があるということを確認する手続きをします。必要書類をそろえて、ハローワークの窓口に提出します。

6:待期期間

自己都合で退職した場合、次の仕事探しに意欲的な人や最初から独立希望で失業保険の流れどころか手続きそのものをしていない人もいます。そのような人の場合は、失業保険をもらう事自体流れに入れてませんので、待機期間を考える必要はありません。

自己都合や会社都合の関係なく退職後に失業保険の給付を考えている場合は、7日間の待期期間が必要になります。この期間は仕事が決まっても失業保険は給付されません。

7:「雇用保険受給説明会」に出席(⑤の手続後およそ10日後)

自己都合や会社都合に関係なく、次の認定日までにこういう求職活動をしてくださいと最初の雇用保険受給説明会で案内があります。アルバイトをする場合や就職が決まった際にどんな手続きをするという説明もあります。また、仕事が決まっていても申告しなかった場合のペナルティなど少し怖い説明もあります。

この期間には、待機期間も終了していますので、晴れて求職活動ができます。早期に仕事が決まれば、就職祝い金がもらえます。

8:1回目の失業認定日に出席(⑤の手続後およそ4週間後)

自己都合の場合、失業保険の給付までの流れとして、手続きのおよそ4週間後に1回目の失業認定日に出席しなければいけません。この認定日に出席したからと言って給付が始まるわけではありませんが、求職しているかどうかなどの確認があります。出席しなかった場合には、失業保険の給付が遅れる場合があります。

就職の面接など大きな用事がない限りは、必ず出席しましょう。

9:2回目の失業認定日に出席(⑦からおよそ3ヶ月後)

自己都合で退職した場合、失業保険が初めて給付される金額を確認するのが2回目の失業認定日です。流れとしては1回目の失業認定日と同じく求職をどれくらいしたのかという確認と、支払われる失業給付金の金額を知らされます。金額が間違っていることはほぼありませんが、もし違っていた場合にはその旨を伝えます。


以後、4週間程のペースで、決められた認定日に出席すれば失業保険の給付期間中は失業給付を受け取れます。

10:基本手当の受給

基本手当の受給は、銀行振り込みで行われます。認定日に給付金の金額を確認し、受給日に間違いなく振り込まれているか確認しましょう。もし認定日に知らされていた金額と違っていた場合には、それを証明できる書類や通帳を持ってハローワークに相談しましょう。

場合によっては、自分がアルバイトをしていたのを申告していたのに忘れていて、実際より少なくなったという事もありますので、きちんとチェックしておきましょう。

再就職手当について

失業保険の受給期間にもよりますが、全体の3分の1の期間以内に就職が決まった場合、再就職手当をもらうことができます。就職先に就職が決まったことを証明する書類を書いてもらわないといけませんが、手続きが終われば支給されます。

早期に就職が決まれば支給額も高くなりますので自己都合で退職した際は、この期間までに就職を決めるという流れを作っておきましょう。

失業保険受給手続きに必要な持ち物7つ

自己都合の退職でも、きちんと手続きをしていればあとは流れに沿って求職活動をすればいいですし、早期に決まれば再就職手当も支給されます。しかし、失業給付の手続きの流れで必要なものがわからなければ何もできません。こちらでは、失業保険受給手続きに必要な持ち物について説明します。

1:雇用保険被保険者離職票

自己都合や会社都合に関係なく、失業保険給付の手続きには雇用保険被保険者離職票が必要になります。こちらは会社から送られてくるもので、退職前6ヶ月の給与が記されています。この給与を元にして、失業保険の給付額が決まるのは前述のとおりです。

また、離職した日によっては月の給与が通常より少なくなることもありますが、その場合基本受給額も少なくなることがありますので、会社を辞める際には円満退職しましょう。

2:雇用保険被保険者証

失業保険は雇用保険というのが正式名称です。自己都合でも会社都合でも雇用保険の手続きの際には退職しています。しかし、在職中は給与の中から雇用保険を支払っています。それを証明するのが雇用保険被保険者証です。ハローワークで確認されますので、手続きをする際には忘れないようにしましょう。

3:個人番号確認書類

現在は国民総背番号ということで、1人1人にマイナンバーが振り分けられています。この番号でこれまで自己都合で会社を退職したことがあるかや、社会保険の支払いの有無などを管理できるようになっています。失業保険給付の流れは、いろいろ手続きがありますが最終的に支給されます。

1度給付されると2年間は失業給付を受けることができません。マイナンバーでその履歴がわかるようにするため必要になります。

4:身分証明書

自己都合で辞めた人を、辞められた会社がフォローすることはありません。離職票を送って来てくれたとしても、会社がこの人が本人で間違いないという証明はしてくれません。

失業保険給付の流れとして、本人以外では手続きができないようになっています。そのため身分証明書が必要になります。運転免許証などが一般的ですが、必要書類の1つであるマイナンバーも写真がついていますので使用することができます。

5:写真(2枚)

認定日に提出する書類や自分自身についてハローワークに提出する書類には、顔写真が必要になります。そこに貼り付けて認定日などの身分証明書代わりにします。ハローワーク関連の就職案内所などで使用する際や職業訓練を受ける際にも必要ですので、自己都合で自分の顔がわかる写真でも大丈夫ですが、できれば3ヶ月以内に撮影したものを使用しましょう。

6:印鑑

失業給付の認定日には、金額を確認した後に印鑑を押さなければいけません。それ以前に、ハローワークは公的な機関ですから、書類にかんしてはほぼ印鑑が必要になります。場合によっては本人の署名で大丈夫の場合もありますが、自己都合で印鑑をなくしたりしていない限り印鑑を持っていきましょう。

印鑑は100円ショップでも販売していますので、自分の名前の印鑑を購入しておくと便利です。

7:本人名義の預金通帳またはキャッシュカード

失業給付の給付金を受け取るために、自分名義の預金通帳を準備しましょう。また、キャッシュカードには銀行の口座番号なども記載されていますので、通帳が嫌な場合にはキャッシュカードを使いましょう。

自己都合退職した場合の失業保険受給の流れを知ろう!

自己都合で退職した場合、失業保険について全く知らないという人もいます。退職時に失業保険について教えてくれる会社は稀ですし、ハローワークも手続きしなければ何もしてくれません。しかし、失業保険の流れを知っておけば、自己都合で会社を辞めてしまった後でも期間限定ですが収入を得ることができます。

人はいつどうなるかわかりませんので、調べてわかる事や自分の身を守ることはしっかりと勉強しておきましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related