Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月03日

失敗してもいいと思うメリットは?失敗してもいいと思える方法10選

仕事で失敗してもいいと思うことは、新しいことへチャレンジし、その先へつながる成功への大きな一歩を踏み出すために、とても重要なことです。この記事では仕事で失敗してもいいと思うことのメリットや、失敗してもいいと思える方法を詳しく紹介しています。

失敗してもいいと思うメリットは?失敗してもいいと思える方法10選

仕事で失敗してもいいと思うメリット3選

仕事で失敗してもいいと思うことは、実は仕事をする上でとても大きなメリットをもたらしてくれます。

「失敗すること=だめなこと」と思いがちな世の中ですが、決してそんなことはありません。仕事で失敗してもいいと思うことが、どんなメリットをもたらしてくれるのか、詳しく説明していきます。

仕事で失敗してもいいと思うメリット1:楽な気分で仕事ができる

1つ目の仕事で失敗してもいいと思うメリットは「楽な気分で仕事ができる」ことです。

仕事で失敗してはいけないと思うと、つい緊張してしまい肩に力が入りすぎるあまり、本来の力が発揮できなくなってしまいます。反対に、失敗してもいいと思うことで気持ちに余裕ができます。余計な力が抜けることで、思いがけない力が発揮され予想以上の成果をあげられる可能性があります。

楽な気持ちで仕事ができることは、仕事全体のパフォーマンスを上げることにつながります。

仕事で失敗してもいいと思うメリット2:失敗に対する耐性が付きやすい

2つ目の仕事で失敗してもいいと思うメリットは「失敗に対する耐性がつきやすい」ということです。

失敗しないように気を付けることはもちろん大切ですが、全く失敗を経験したことがないと、突然の失敗にどう対処したらいいのかが分からず混乱してしまいます。

しかし、仕事で失敗してもいいと思うことで、失敗したときにはその原因を考え、対処方法を考えることができるようになります。失敗しても大丈夫だという経験を重ねることが、自信にもつながっていきます。

仕事で失敗してもいいと思うメリット3:新しいことにチャレンジしやすい

3つ目の仕事で失敗してもいいと思うメリットは「新しいことにチャレンジしやすい」ということです。

失敗してはいけないと思うと、新しいことを始めるときに失敗を恐れるあまりつい尻込みしてしまいます。しかし、失敗してもいいと思うことで、新しいことにも意欲的にチャレンジすることができます。

新しいことにチャレンジしやすいということは、大きなチャンスを手にする可能性があるということです。

仕事で失敗してもいい思うためのポイント10選

仕事で失敗してもいいと思うメリットを理解したとしても、すぐに仕事で失敗してもいいと思うことは難しいでしょう。

そこで、仕事で失敗してもいいと思えるようになるためのポイントを、詳しく説明していきます。

仕事で失敗してもいい思うためのポイント1:失敗の中に成功の種があると考える

1つ目の仕事で失敗してもいいと思うためのポイントは、「失敗の中に成功の種があると考える」ことです。

「失敗は成功のもと」ということわざがあります。仮に失敗をしたとしても、そこから「このやり方は違った」と気づくことができます。さらに「では、このやり方をしてみるのはどうだろう」と、失敗を新たな気づきのきっかけにすることができます。

失敗をするのは決して無駄ではないということです。

仕事で失敗してもいい思うためのポイント2:自分は裸一貫だと意識する

2つ目の仕事で失敗してもいいと思うためのポイントは、「自分は裸一貫だと意識すること」です。

裸一貫とは「自分のからだ以外、資本となるものを何も持たないこと」を意味します。仮に仕事で失敗してしまっても、その失敗から得た体験や知識は決して人に奪われることはありません。

いつでも「裸一貫で再起できる」と思うことで、失敗を恐れることなく新しいことにチャレンジすることができます。

仕事で失敗してもいい思うためのポイント3:失敗を分析する習慣を付ける

3つ目の仕事で失敗してもいいと思うためのポイントは、「失敗を分析する習慣をつける」ということです。

失敗をしたときに、ただ「失敗してしまった」と落ち込むだけでは失敗した意味がありません。「どうして失敗してしまったのか」「どうすれば失敗せずにすんだのか」をその都度分析する習慣をつけることが、とても重要です。

失敗をその都度しっかり分析することで、その失敗を次に活かすことができます。

仕事で失敗してもいい思うためのポイント4:必要以上に責任を感じない

4つ目の仕事で失敗してもいいと思うためのポイントは、「必要以上に責任を感じない」ということです。

もちろん、失敗をしたらきちんと反省をするということは大切です。しかし、必要以上に責任を感じてしまい、ずっと落ち込んだままでは次に進むことはできません。

しっかりと失敗を反省した上で、どうして失敗をしてしまったのかを分析し、それを次の仕事にどのように繋げていくのかということの方が、さらに大切なことです。

仕事で失敗してもいい思うためのポイント5:失敗はオープンにする

5つ目の仕事で失敗してもいいと思うためのポイントは、「失敗はオープンにする」ということです。

失敗をしてしまうと、恥ずかしさもありつい隠したくなるのが人間です。しかし、失敗したときこそ、早くオープンにすることが重要です。

失敗を隠したままにしておくと、さらに大きな問題に発展してしまうことがあります。火事のときも初期消火が大切なように、仕事でも最初の小さな失敗のうちにオープンにして、多くの人で早期解決にあたることが大切です。

仕事で失敗してもいい思うためのポイント6:言い訳はしない

6つ目の仕事で失敗してもいいと思うためのポイントは、「言い訳はしない」ということです。

失敗するたびに言い訳ばかりしている人は、周りの人から不信感を持たれてしまいます。しかし、仮に失敗したとしても、きちんと自分の非を認めて謝罪することで、最終的には周囲の人との信頼関係がうまれます。

失敗をしてしまうとつい言い訳をしてしまう人は多いでしょう。しかし、「言い訳はしない」と自分自身にしっかりと誓いをたて、それを守りましょう。

仕事で失敗してもいい思うためのポイント7:失敗しても死なないと考える

7つ目の仕事で失敗してもいいと思うためのポイントは、「失敗しても死なないと考える」ことです。

失敗を恐れるあまり、逃げ腰になっていては本来の力を十分に発揮できません。仕事で失敗をしたからといって、決して死んでしまうようなことにはなりません。むしろ、失敗から得られることが多くあります。

失敗しても死なないと、気持ちを楽にもって仕事に取り組むことで、より多くのチャンスを得られる機会に恵まれることになるでしょう。

仕事で失敗してもいい思うためのポイント8:偉人の失敗例を読む

8つ目の仕事で失敗してもいいと思うためのポイントは、「偉人の失敗例を読む」ことです。

世の中の偉人たちも、実に多くの失敗をしてきました。電球など数々の発明をしたトーマス・エジソンが「1000度の失敗をしたわけではない、1000のステップを経て電球が発明されたのだ」と話したというのは、とても有名な話です。

このように、多くの偉人たちも、数々の失敗を重ねることで成功を手に入れてきたということを知ることで、仕事で失敗をしてもいいと思うことができます。

仕事で失敗してもいい思うためのポイント9:失敗した自分を褒める

9つ目の仕事で失敗してもいいと思うためのポイントは、「失敗した自分を褒める」ということです。

失敗をしたときに、失敗してしまった自分を責める必要はありません。失敗したときに自分を責め続けることで、次に失敗をすることに臆病になってしまい、新しいことにチャレンジすることができなくなってしまいます。

失敗を恐れずにチャレンジしたこと、失敗してしまうまでにした努力、失敗したことによる気づきなど、失敗した自分をきちんと褒めてあげることが大切です。

仕事で失敗してもいい思うためのポイント10:常に自分を客観的にみる

最後の仕事で失敗してもいいと思うためのポイントは、「常に自分を客観的にみる」ということです。

主観的にものごとを見ていると、失敗してしまったことばかりにとらわれがちです。しかし、常に自分を客観的にみることで、どうして失敗してしまったのか、どうしたらいいのか、をいち早く気づけるようになります。

常に俯瞰して物事をみて、いつでも冷静に自分自身を分析できるようになることで、仕事で失敗をしてもすばやく対処できるようになります。

仕事で失敗した時に役立つ言葉4選

ここでは、仕事で失敗したときに役立つ言葉を4つ紹介します。

仕事で失敗してもいいと思うようにしていても、失敗することで落ち込んでしまうようなこともあるでしょう。そんなときに、これから紹介する言葉を思い出すことをおすすめします。

この言葉を思い出すことで、また前を向いて仕事に取り組むことができるでしょう。

仕事で失敗した時に役立つ言葉1:1勝9敗

1つ目の仕事で失敗したときに役立つ言葉は、ユニクロで有名な柳井正さんの「1勝9敗」です。

現在では大きな成功を収めている柳井さんですが、その過去には数多くの失敗がありました。この「1勝9敗」はそんな失敗を恐れずに次々と新しいことに挑戦してほしいという柳井さんの思いが込められています。

なぜ失敗したのかを分析し、次に活かすことが大切だと考えており、人間は失敗から多くのことを学ぶことを知っているため「10回のうち9回は失敗しろ」という意味でこの言葉を使っています。

仕事で失敗した時に役立つ言葉2:七転び八起き

2つ目の仕事で失敗したときに役立つ言葉は、「七転び八起き」です。

この言葉は有名な言葉なので知っている人も多いでしょう。「何回失敗しても、それに負けず、また勇気を奮い起こすこと」という意味をもつ言葉で、仕事で失敗したときにぴったりの言葉といえるでしょう。

何度失敗したとしても、そこから学び、得るものがあれば、それは決して失敗ではないということです。失敗を次につながられるように、立ち上がることが重要だと言えます。

仕事で失敗した時に役立つ言葉3:失敗は成功のもと

3つ目の仕事で失敗したときに役立つ言葉は、「失敗は成功のもと」です。この言葉もとても有名な言葉なので、誰もが一度は耳にしたことがあるでしょう。

「失敗してもその原因を追究したり、欠点を反省して改善していくことで、かえって成功に近づくことができる」という意味の言葉で、まさに仕事で失敗してもいいと思うことの本質を表している言葉だと言えます。

きちんと失敗に対する分析と改善をして、成功への大きな一歩につなげていきましょう。

仕事で失敗した時に役立つ言葉4:生きてるだけで丸儲け

4つ目の仕事で失敗したときに役立つ言葉は、「生きているだけで丸儲け」です。

この言葉はタレントの明石家さんまさんの座右の銘で、さらに娘のIMALUさんの名前の由来となっていることでもとても有名です。実はさんまさんは、テレビに出演しているときの明るいイメージからは想像もできないほど、壮絶な人生を送っています。

仕事で失敗しても死ぬことはない、多少失敗したとしても「生きているだけで丸儲け」というこの言葉を、ぜひ一度思い出してください。

失敗してもいいと考えチャレンジしよう

人は失敗から多くのことを学ぶことができます。失敗することを決して恐れずに、失敗してもいいと考えチャレンジすることは、仕事をしていく上で大きなチャンスを手に入れる機会を得ることになるでしょう。

仕事をする上で失敗は必ずついてきます。しかし、失敗を失敗のままにするのではなく、失敗した原因をしっかりと分析し、次に活かすことができれば、それは成功へつながる大きな一歩となります。そのことを常に忘れずに、失敗してもいいと考えチャレンジし続けましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related