Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月09日

転職初日を印象よく乗り切るにはどう過ごす?心得ておくべきこと7つ

転職初日にいい印象を与え、新しい職場に早く溶け込むために必要なポイントと、転職初日に注意すべき点をまとめました。交換が持てる転職者として、身だしなみや持ち物の確認、初日の過ごし方と挨拶文の作り方を、例文も交えて紹介しています。

転職初日を印象よく乗り切るにはどう過ごす?心得ておくべきこと7つ

転職初日って何するの?

転職初日は最も緊張する瞬間です。自己紹介を兼ねた挨拶や会社案内、就業規則、入社手続きなど、必要なことがたくさんありすぎて緊張と不安に襲われてしまい、前日から落ち着かなくなってしまう人がほとんどでしょう。

そこで、入社当日に失敗をしてしまわないように、事前にいくつかの準備しておくべきポイントをまとめてみました。

転職初日の心得7つ

転職初日は何かやる事が多いため、肝心な事を忘れてしまいがちです。新しい職場への不安もあるので緊張もしやすく、ちょっとした事でパニックに陥ってしまいます。

そうならないためにも、あらかじめ転職初日に必要な7つのポイントをしっかりと抑えておきましょう。

転職初日の心得1:出社時間は確認する

遅刻は社会人として失格という事は分かっていても、転職初日は遅刻しやすい日という事を知っておく必要があります。何の障害もないと思えても、今までとは違う流れで行動することが多いと、思いもよらぬ失敗や手違いが生じます。

事前に出社時間を確認し、身支度や持ち物の準備をしておきましょう。通勤に関しても、会社までの経路をあらかじめ下見して、朝の時間帯に合わせて模擬出勤をしておくと安心です。

転職初日の心得2:身だしなみ注意

転職初日の服装は、あなたの印象を決める重要な要素でもあります。職場によってテイストが異なるので、事前に確認をしておくといいでしょう。

しかし、いくらカジュアルな職場だったとしても、初日は挨拶をする機会が多くなるので、ある程度品位を保った服装で敬意を示す事も大切です。転職初日はシンプルでオーソドックスなスタイルを心がけ、紺や白などの目を惹かない色合いにして、清潔感と上品さを重視しましょう。

転職初日の心得3:挨拶は笑顔で簡潔に

転職初日の挨拶は、その職場での人間関係の構築にはとても重要です。

自己紹介の重要なポイントは、後ほど話題になりやすい事です。趣味や特技などを話す事で会話の糸口がつかみやすくなり、共通の趣味を持っている人からも話しかけられやすくなります。

自己紹介は笑顔で丁寧にハキハキと、1分~3分以内に収まる程度の簡潔な内容になるよう意識しましょう。

転職初日の心得4:職場の基本ルール確認

転職初日は挨拶や各種手続きで終わってしまうこともありますが、会社によっては初日から実務に就く場合もあります。事前にしっかりと規則に目を通して、会社の基本ルールを覚えておきましょう。

また、職場にはマニュアル化されていないルール、流儀など独特の文化が存在します。以前の職場ではこうだった、と決めつけるのではなく、積極的に受け止めることで早めに慣れることができ、仕事もやりやすくなります。

転職初日の心得5:職場の雰囲気に溶け込む

転職の初日は新卒の初日とは違いい、まわりはあなたを一人前の社会人として見ています。なので、転職初日はとにかくまわりに溶け込むように心がけをしましょう。

自分から積極的に挨拶をし、一緒に働く人達の名前と顔を早く覚えましょう。また、たとえ年下であってもアルバイトやパートであっても、そこで働く人達はみんなあなたより社歴の長い人たちです。円滑なコミュニケーションを取るためにも、謙虚な姿勢で望みましょう。

転職初日の心得6:休憩や退社のタイミングは自分で決めない

転職初日は色々な人が話しかけてきます。休憩や退社の時には、上司や先輩に確認を取りましょう。特に同僚や先輩は新入社員のランチのことを気にかけてくれる人が多いです。気遣いの可能性を考えずに一人で出掛けてしまうのはやめましょう。

同じように、退社の際にも提示になったからと勝手に帰ってはいけません。退社のタイミングは大抵は会社の人が促してくれます。いつの間にか居なくなっていたというのは避けましょう。

転職初日の心得7:転職後しばらくは休暇申請を出さない

転職初日に休暇申請を提出するのは、上司や先輩に悪いイメージを与えかねません。転職後しばらくの間は、休暇の必要な予定を作らないようにしましょう。法事などどうしても外せないものに限り、入社日より数日経ってから上司に相談してください。

いくら休暇を取る権利があるからといって、入社の当日から仕事の事より休暇の申請を先に出すのは控えましょう。

転職初日の自己紹介・挨拶のポイント

転職初日を印象よく乗り切るにはどう過ごす?心得ておくべきこと7つ
転職初日の挨拶は、笑顔でハキハキと、そして長すぎず簡潔な文章が基本です。当日になって何を話したら良いかパニックになってしまうことのないように、前日にあらかじめ自己紹介の内容を書き出しておきましょう。

自己紹介の時には、笑顔でていねいに、はっきりと話しましょう。聞き取りやすいように、気持ちゆっくりと大きめの声で話すように心がけ、言いよどんだり噛んでしまっても、焦って早口にならないよう意識しましょう。

転職初日の自己紹介・挨拶のポイント1:名前・経歴

転職初日の自己紹介に欠かせない最低限の項目は、名前と経歴です。名前は名字だけではなく、フルネームで聞き取りやすいようにはっきりした発音を心がけましょう。心持ちゆっくりにすると、聞き取りづらさも軽減します。

また、前職で担当していた業務の内容も簡潔に伝えましょう。実績を並べ立てたり大きな仕事に関わった事を話すと自慢話に聞こえてしまうので注意が必要です。

転職初日の自己紹介・挨拶のポイント2:出勤して感じた魅力

転職初日の自己紹介で名前や経歴以外にも伝えることはたくさんありますが、転職初日に感じた職場の雰囲気や魅力を伝えることも、円滑な人間関係を築くための後押しになります。

あなたが先輩や同僚にどう思われているのか不安なように、先輩や同僚もあなたにどう思われているか不安に感じています。挨拶の時に少しでも職場の雰囲気や魅力を伝える事で、あなたに好意的な印象をもってくれる可能性が高くなります。

転職初日の自己紹介・挨拶のポイント3:自分が貢献できることをさりげなくアピール

中途採用者は新卒者と違い、社会人として何らかの知識や経験を持っているものとして見られています。転職をしてきた人がいたら、前の職は何だったのか、あなたがどういう人材なのかが気になります。

前職が今の仕事と関係のあるものならば当然ですが、関係のない業種だったとしても、会話のきっかけとして自己紹介に盛り込んでおきましょう。

しかし、実績をあまり言い過ぎると嫌味や自慢に聞こえてしまうので注意が必要です。

転職初日の挨拶例文

ここまで、転職初日の挨拶のポイントをいくつか紹介してきました。次は転職初日に必要な挨拶の例文をあげてみます。

自己紹介で盛り込んでおきたい内容は、名前と経歴、会社に対して感じた魅力、仕事に対する意欲です。どのような形で求められるか分からない場合は、何パターンか事前に用意しておきましょう。

文章作りが苦手な人や、なかなかいい挨拶文が思いつかない人は、以下の例文を参考にアレンジをして使ってみてください。

経験ありの職業

おはようございます。本日からお世話になります◯◯(フルネーム)です。趣味は△△で休日には××をしています。このたびご縁をいただき一緒に働かせていただく事になりました。

前職では◯◯の仕事に5年間従事しておりました。この経験を活かし即戦力として活躍できるよう精一杯努力してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

ポイント

この紹介文のポイントは、自分の趣味や休日の過ごし方を伝えることで、同じ趣味の人との会話のきっかけが掴めるようになる事です。

また、前職で何をしていたかを伝えることで経験者であることをさり気なく伝え、新しい仕事に対する意気込みも表しているので、周囲に期待を持ってもらえます。

経験なしの職業

本日からお世話になります、◯◯(フルネーム)です。前職で△△の業界の営業として5年間努めておりました。

転職初日で緊張していたのですが、皆様からの温かい声かけや気遣いがとても暖かく、これから皆さんと一緒に働けるのがとても楽しみになりました。

この仕事は未経験なので不慣れな点も多く、皆様にはご迷惑をおかけするかと思いますが、一日も早く戦力として働けるよう努力していまいりますので、よろしくお願いいたします。

ポイント

この紹介文は、自分が経験者ではない事をはっきりと伝えることで、同僚や先輩がどのような教え方をすれば良いのかの目安を示すことができるようになっています。

同時に、新しい会社の雰囲気を好意的に捉えて相手に伝えることで、これからの人間関係を円滑にできる可能性が高くなります。

事前に準備をして緊張を和らげよう

転職初日に焦って失敗をしないためにも、事前に準備をしておくことが重要です。

持ち物や服装、会社までの通勤経路の確認はもちろんのこと、新しい会社のホームページなどで可能な範囲で情報収集をしておくとスムーズに入っていけるようになります。

また、自己紹介文も何パターンか用意しておくことで、状況に応じて使い分けることができるので、事前にしっかりと書き出しておきましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related