Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月21日

会計事務所に就職するときのポイント10個|就職する際の注意点8つ

「会計事務所に就職するためには、どうすれば良いの?」と思っていませんか。会計事務所はスキル習得をしておくと就職が有利になります。今回、会計事務所への就職が有利になるスキル・就職の際に押さえておきたいポイント・注意点についてご説明していきます。

会計事務所に就職するときのポイント10個|就職する際の注意点8つ

会計事務所に就職するには?

この記事は、「会計事務所に就職したい」というあなたのための記事です。結論を言えば、会計事務所はスキルがなくても就職できます。なぜなら、業務で必要なスキルは就職後に身に付けるからです。

しかし、スキルがあると会計事務所へ就職しやすくなります。そのため、会計事務所へ就職する前にスキルを習得しておくと良いでしょう。では、どのようなスキルがあると会計事務所へ就職しやすくなるのでしょう。

会計事務所への就職に必要なスキル

会計事務所へ就職しやすくなるために必要なスキルは、Word・Excel・簿記・基本的な税法の知識です。なぜなら業務でWord・Excel・簿記・税法の知識を使うからです。

資格では、簿記検定・税理士・公認会計士のどれかを習得していると就職が有利です。スキルと資格以外では、コミュニケーションスキルが高いと就職が有利になります。なぜなら、業務でクライアントと深く関わるからです。

会計事務所に就職する際のポイント10個

会計事務所に就職する際に押さえておきたいポイントは全部で10個あります。

それは、就職先の選び方・研修制度・年齢構成・男女比率・所長の年齢・有資格者数・採用状況・勤務時間・受験生の就労・業務内容です。

なぜ、10個のポイントを押さえる必要があるのでしょう。それは就職に失敗しないためです。ここでは押さえておきたい10個のポイントについて具体的に解説していきます。

会計事務所に就職する際のポイント1:就職先の選び方を工夫する

会計士事務所に就職する際に、キャリアビジョンを実現できる会計士事務所を選びましょう。なぜなら、積めるキャリアと得られるスキルが会計士事務所ごとで異なるからです。

会計士事務所には規模が大きいところと規模が小さいところがあり、会計事務所ごとで業務内容が異なります。会計士事務所の選び方の工夫ポイントとしてあげられることは、自身のキャリアビジョンに沿って自身が成長できるかどうかに着目することです。

会計事務所に就職する際のポイント2:研修制度を確認する

会計事務所ごとに研修制度が異なり、研修制度が整っていない会計事務所もあります。未経験・無資格で会計事務所に就職する際には、就職したい会計事務所の研修制度をしっかりと確認しましょう。

会計事務所には、入社後に実務に入るために独学で知識を身に付けなければならないところと研修によるサポートが受けられるところがあります。長期的なキャリア形成を行うには、研修によるサポートが受けられるところがおすすめです。

会計事務所に就職する際のポイント3:事務所の年齢構成をみる

会計事務所への就職の際に押さえるポイントは、就職したい会計事務所の年齢構成です。会計事務所を選ぶとき、平均年齢ではなく、10歳区切りで人材が揃っているところを選びましょう。

平均年齢が低かったり高かったりと、年齢に偏りがある会計事務所は人材育成ができていないと言えます。しかし、10歳区切りで人材が揃っている会計事務所は、人材育成が上手くできてると言えます。

会計事務所に就職する際のポイント4:事務所の男女比率をみる

会計事務所への就職の際に押さえるポイントは、就職したい会計事務所の男女比率です。会計事務所を選ぶとき、性別に偏りがなく男女比率のバランスが良いところを選びましょう。

スタッフが女性ばかりだと、男性スタッフの育成ができてないと言えます。逆にスタッフが男性ばかりだと、女性スタッフの育成ができていないと言えます。しかし、スタッフの男女比率のバランスが良いところは、スタッフの育成ができていると言えます。

会計事務所に就職する際のポイント5:所長の年齢をみる

所長の年齢も会計事務所への就職の際に押さえるポイントです。なぜなら所長の年齢によって、職場の雰囲気や職場環境が変わるからです。そのため、会計士事務所を選ぶときには、所長の年齢を確認しましょう。

所長の年齢が高ければ、職場の雰囲気や職場環境が落ち着いているため、仕事と勉強の両立がしやすい傾向です。所長の年齢が低ければ、ベンチャー企業のように成長に貪欲なため、短期間で実力を身に付けられる傾向にあります。

会計事務所に就職する際のポイント6:有資格者の人数を確認する

有資格者の人数も会計事務所への就職の際に押さえるポイントです。なぜなら、有資格者の人数で会計事務所の業務品質と仕事と勉強の両立程度が図れるからです。そのため、有資格者の人数を確認しましょう。

有資格者の人数が多い会計事務所は業務品質の維持が行えており、仕事と勉強の両立もできるところだと言えます。しかし、有資格者が所長一人だけの会計事務所は業務品質の維持が行えておらず、仕事が多忙なところだと言えます。

会計事務所に就職する際のポイント7:未経験者の採用もしているか確認する

未経験者の採用も会計事務所への就職の際に押さえるポイントです。なぜなら教育体制が確立されているかという確認にもなるからです。そのため、会計事務所を選ぶときには、未経験者を採用しているかを確認しましょう。

経験者ばかり採用するところは教育体制が確立されていなく、未経験者ばかり採用するところは退職者が多いでしょう。おすすめなのは、経験者・未経験者共に採用をしているところです。

会計事務所に就職する際のポイント8:勤務時間を確認する

会計事務所に就職する際には、就職したい会計事務所の勤務時間を確認しましょう。なぜなら、残業が多いとワークライフバランスがとれなくなり、仕事と勉強の両立ができなくなるからです。

会計事務所は9時~17時としているところが多く、残業が多く発生する時期は1月~5月です。6月~9月は閑散期なため、残業は滅多に発生しないです。6月~9月にも残業が多く発生する場合、残業が状態化している可能性があるでしょう。

会計事務所に就職する際のポイント9:税理士試験受験生が働いていることを確認する

会計事務所に就職する際には、その会計事務所に税理士試験受験生が働いていることを確認しましょう。なぜなら税理士試験受験生が働いている会計事務所は、税理士試験に理解があるところだからです。

仕事と税理士試験勉強の両立は難しく労力を要します。そんな税理士試験に理解がある会計事務所は試験前に試験休暇が取れるところ、資格取得のための学費を補助するところがあります。

会計事務所に就職する際のポイント10:業務内容を把握する

会計事務所に就職する際には、その会計事務所の業務内容を把握しましょう。なぜなら、会計事務所ごとによって業務が異なるからです。そのために業務内容を把握しましょう。

会計事務所に得意な分野、もしくは重視している分野が存在していることがあります。そのため、自分が勉強した分野と会計事務所の分野に違いが生じてしまいます。違いが生じることで勉強したことが生かせなくなり、実力が身に付かないということもあります。

会計事務所に就職する際の注意点8つ

会計事務所に就職する際に注意しておきたいことが8つあります。それは、職場環境の差・休暇制度・男女比率・離職率・所長の人格・残業時間・給与水準・働きやすさです。なぜなら会計事務所ごとによって違うからです。

8つポイントを注意することにより、その会計事務所がどういう会計事務所なのかを把握できます。ここでは会計事務所に就職する際に注意しておきたい8つのポイントを解説します。

会計事務所に就職する際の注意点1:職場環境の差

会計事務所のクライアント・業務分野によって職場環境に差が生じます。会計事務所に就職する際には、会計事務所の業務分野・クライアントによって職場環境に差が生じることを理解しましょう。

会計事務所の方針と個性がクライアント・業務分野に反映され、クライアント・業務分野が職場環境に反映されます。職場環境を理解するためには、事務所見学ができる場合は事務所見学を行いましょう。

会計事務所に就職する際の注意点2:休暇制度

会計事務所に就職する際に注意したいことは、休暇制度についてです。「どのような休暇制度があるのか」、「休暇制度は利用できるのか」ということを理解する必要があります。

会計事務所には、有給休暇・介護休暇・育児休暇・試験休暇があります。会計事務所を探すとき、「休暇制度はあるのか」、「休暇制度は利用できるのか」ということをしっかり確認しましょう。

会計事務所に就職する際の注意点3:男女比率を確認する

会計事務所に就職する際には、その会計事務所の男女比率をしっかりと確認しましょう。なぜなら、男女比率でもその会計事務所がどういう事務所なのかということが把握できるからです。

男女比率のバランスがよく、女性の中に子供がいる人がいる場合、その会計事務所の待遇が良いと考えられます。なぜなら、所長がスタッフ想いであり、男女問わず評価されているからです。

会計事務所に就職する際の注意点4:離職率

会計事務所に就職する際には、その会計事務所の離職率に注目しましょう。離職率は会計事務所の待遇を現わしており、離職率が高いと待遇に何かしらのトラブルがあると考えられます。

離職率が高い背景には、休暇がとれない・待遇が悪い・仕事が多忙・給料が低いなどがあります。離職率の高さを知るためには、面接時に前任者の退職理由を尋ねることも手段の一つです。担当者の答えで、その会計事務所の離職率を把握できます。

会計事務所に就職する際の注意点5:所長の人格

所長の人格も会計事務所に就職する際に注目しましょう。なぜなら、所長の人格に問題があると精神的に追い詰められる可能性があるからです。そのため、所長の人格に注目しましょう。

所長の人格に問題があると、毎日のように怒号を浴びせられ、職場の雰囲気が劣悪になることがあります。そうすると、所長の顔色をうかがいながら仕事をすることになります。そうならないためには、会計事務所の面接時に所長の人格にも注目しましょう。

会計事務所に就職する際の注意点6:残業時間

会計事務所に就職する際に注意したいことは残業時間です。閑散期にも関わらず繁忙期と同じぐらいの残業が発生しているようなら、慢性的に残業がある会計事務所になると考えられます。

閑散期にも関わらず、繁忙期と同じぐらいの月100時間の残業がある会計事務所も存在していると言われています。そのため、会計事務所を探すときには残業時間を確認しましょう。

会計事務所に就職する際の注意点7:給与水準

会計事務所に就職する際には、その会計事務所の給与水準に注意しましょう。給与水準が極端に低い場合、その会計事務所は慢性的にトラブルを抱えていることが考えられます。

仕事の量をこなせば給料も増えます。しかし、仕事の量をこなしても給料が極端に低い会計士事務所も存在します。会計事務所の給与は18万~35万円です。その会計事務所の給料と仕事の量が見合っているか確認しましょう。

会計事務所に就職する際の注意点8:働きやすさ

会計事務所に就職する際に注意したいことは、その会計事務所の働きやすさです。会計事務所は、実力・能力主義であるため男女の差別はないです。そのため、男女ともに働きやすいでしょう。

会計事務所は男女関係なしに出世できます。育児休暇なども利用しやすく、休暇後に復帰しやすい職場は働きやすいと言えるでしょう。そのため会計事務所に就職する際、休暇取得率を把握しておくことをおすすめします。

自分にあった事務所をみつけて就職しよう

いかがでしたでしょう。今回は会計事務所に就職するときのポイントと注意点についてご紹介いたしました。会計事務所の最大の選び方と注意点は、自分にあっているかどうかということです。

会計事務所を選ぶ際には、転職エージェントを利用することをおすすめします。なぜなら、担当者が自分に合う会計事務所の求人を探してくれるからです。今回の記事が会計事務所へ就職したいあなたのお役に立てれば幸いです。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related