Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月14日

組織の一員として自覚すべきこと10|必要とされる能力7つ

人は社会的な生き物です。ほぼ全ての人が学校や会社などの何らかの組織に属しながら社会生活を営んでいます。この記事では組織の一員として自覚すべきことに加えて、組織の一員であるために必要とされる能力についてご紹介しているので、ぜひご覧ください。

組織の一員として自覚すべきこと10|必要とされる能力7つ

組織とは?

組織の一員として自覚すべきこと10|必要とされる能力7つ
人は一人では生きていくことはできません。幼少期から思春期にかけては幼稚園や小中高や大学という組織の中で、成人してからは社会人として企業という組織の中で社会生活を営む人が大半でしょう。

組織とは、共通の目的や役割意識を持った人々によって構成された集合体のことであり、秩序や序列があるという特徴をもっています。

我々が社会生活を送っている学校も企業も、あるいは地域のボランティアチームも組織の中に含まれます。

組織の種類

組織の一員として自覚すべきこと10|必要とされる能力7つ
組織と一口に行っても、その種類は多岐にわたります。組織の代表的な種類としては、機能別組織や事業別組織、あるいはカンパニー制組織などが挙げられるでしょう。

機能別組織は経理や販売業務など、異なる複数の機能を持った集合体であり、事業別組織とは本社が統轄する形でさまざまな事業を請け負う複数の組織から成る集合体です。

カンパニー制組織は、事業別組織の各事業部門により多くの権限と独立性を与えた組織となります。

組織の一員とはどういうことか?

人は社会的な生き物であり、人生の中でさまざまな組織に属して生きることになります。

組織の一員になるということは個人プレーではなくチームプレーをも重視せねばならないということであり、自分の個人的な利益や損得勘定のみで動くのではなく、組織に属する人々やひいては組織そのものの利益を考えて活動せねばならないということでもあります。

つまり、組織の一員になることには協調性と他者への思いやりが不可欠だと言えます。

組織の一員として自覚すべきこと10

組織の一員として自覚すべきこと10|必要とされる能力7つ
誰にも会わずに、またどの組織にも属さずに一人で生きるというのは、現代社会においてほぼ不可能なことです。ほとんどの人は、多かれ少なかれ組織の中に属し、組織の一員としての側面を持ちながら人生を送ることになります。

特にビジネスパーソンとして働く人は、会社という組織の一員としての働きを強く求められることになります。ここからは、組織の一員として自覚すべきことをご紹介していきますので、参考にしてみてください。

組織の一員として自覚すべきこと1:組織の目的

組織の一員として自覚すべきこととしてまず挙げられるのが、組織の目的を理解するということです。

ビジネスパーソンならば、自分が属する企業がどのようなことを目的に活動をしているのか、どのような点において率先性をもって利益を上げねばならないのかを十分に理解することが必要です。

組織の一員として、自分の属する組織の目的を理解し、その実現のために自分に与えられた役割を全うすることが大切だと言えるでしょう。

組織の一員として自覚すべきこと2:ビジネスマナーを守ること

ビジネスマナーを守るというのも、組織の一員として自覚すべきことのひとつに含まれるでしょう。

きちんとした敬語を使うこと、挨拶をしっかりとすることなど、社会人として基本的なビジネスマナーを習得し、それらをいかなる時も実践することも、組織の一員として必須です。

ビジネスマナーの悪い人間がいれば、その人が属している組織に対して「あんな常識のない人間を雇うなんて」と否定的な目が向けられてしまうからです。

組織の一員として自覚すべきこと3:組織の一員としての言葉遣い

組織の一員として自覚すべきことのひおっつとして、きちんとした言葉遣いを心がけるということも挙げられるでしょう。

多くの組織は水平的な関係ではなく上下関係や序列があり、自分よりも上の立場の人に対しては適切な言葉遣いで敬意をもって接しなければなりません。

組織内の序列を考え、組織の秩序を乱さないように、目上の人に対しては敬語を必ず使うということも、組織の一員として必ずすべきことのひとつです。

組織の一員として自覚すべきこと4:組織の中の自分の役割・立ち位置

組織の中での自分の役割やポジションについても、組織の一員として自覚すべきことのひとつに含まれるでしょう。

組織の一員として組織をよりよくしていくためには、自分が組織の中でどのような役割を求められているのか、どのような立ち位置にいて何をすべきかを理解する必要があります。

今組織のために何が必要であり、そのために自分がどのような貢献ができるのかを理解できてこそ、立派な組織の一員だと言えるでしょう。

組織の一員として自覚すべきこと5:報告・連絡・相談

組織の一員として自覚すべきこと10|必要とされる能力7つ
組織の一員として自覚すべきことのひとつとして、報告・連絡・相談のいわゆる「ほうれんそう」の重要性も挙げられます。

組織の一員として組織で働くためには、常に他の人々と案件についての情報や現状の問題を共有しておく必要があり、勝手な自己判断によって組織に損害を与えてしまわないよう、上司への報告・連絡・相談をきちんと行う必要があります。

どんな時でも「ほうれんそう」を怠らないことも、組織の一員として必須です。

組織の一員として自覚すべきこと6:時間厳守

組織の一員として自覚すべきこと10|必要とされる能力7つ
時間をきちんと守るということも、組織の一員として自覚すべきことでしょう。組織の一員として働くということは、組織内の他の人に迷惑のかからないような言動を取らねばならないということですが、もしも自分が仕事を遅らせてしまえば、他の人にも迷惑をかけてしまいます。

また、締め切りに遅れれば企業が取引をしているクライアントの心証を悪くしてしまい、組織全体のイメージが悪化してしまうため、時間厳守は鉄則です。

組織の一員として自覚すべきこと7:組織の代表として見られること

組織の一員として自覚すべきことのひとつとして、組織の代表として周囲から見られるということも挙げられるでしょう。

たとえ末端のポジションにあったとしても、組織の一員は外部の人間からするとその組織を代表しているように見えるため、組織の代表として見られていることを自覚し、組織の対外的なイメージや評判を落とさないように責任ある言動を取らねばなりません。

組織の一員として自覚すべきこと8:チームワーク

チームワークの大切さも、組織の一員として自覚すべきことのひとつに含まれるでしょう。

組織の一員として働くということは、自分とは考え方や価値観・性格が異なる組織の構成員とも協力して円滑に仕事を進めねばならないということであり、そのためには協調性を身につけることやチームで働くという意識を持つことが欠かせません。

他の構成員と衝突することなく、チームで一丸となって同じ目標のために働けることが必要です。

組織の一員として自覚すべきこと9:自律的に行動する

組織の一員として自覚すべきことのひとつとして挙げられるのが、自律的に行動するということです。

常に上司から指示されなければ何をしていいのかわからない「指示待ち人間」は組織にとって価値がなく利益をもたらなさない存在ですので、そのような人物にならないように自分の頭で考え、自律的に行動することも組織の一員として必要でしょう。

また、意欲的かつ主体的に仕事に取り組む姿勢も大切です。

組織の一員として自覚すべきこと10:良好な人間関係を維持すること

組織の一員として自覚すべきこと10|必要とされる能力7つ
良好な人間関係を構築し、それを維持するということも組織の一員として自覚すべきことのひとつです。

組織の一員として組織の中で働くためには、周囲の人々と良好な関係を築く必要がありますし、ちょっとした意見の違いや価値観の違いでいちいち他の構成員と対立したり衝突しては、組織全体の雰囲気がギスギスして悪化してしまいます。

組織内の雰囲気や仕事の効率性を上げるためにも、人間力が高いことが必須です。

組織の一員として必要とされる能力7つ

組織の一員として自覚すべきこと10|必要とされる能力7つ
以上で見たように、組織に属して組織の一員として働くためには、勝手な単独行動を慎み、他の構成員と協力しながら共通の目標に向かってつき進める協調性が必要です。

では、組織の一員として他にどのような能力が必要とされているのでしょうか。ここからは、組織の一員として組織に利益をもたらせるような人物になるために欠かせない能力やスキルを7つピックアップしてご紹介していきます。

組織の一員として必要とされる能力1:コミュニケーション能力

組織の一員として自覚すべきこと10|必要とされる能力7つ
組織の一員として必要とされる能力としてまず挙げられるのが、コミュニケーション能力です


組織で働くということは年齢も性別も考え方も、またバックグラウンドや国籍も違う人と同じ目標を共有し、その実現のために協力せねばならないということですので、そのためには自分と異なる人間と円滑に意思疎通を図り、良好な関係性を構築するためのコミュニケーション能力が欠かせません。

組織の一員として必要とされる能力2:チームワーク

組織の一員として自覚すべきこと10|必要とされる能力7つ
チームワークも、組織の一員として必要とされる能力として挙げられるでしょう。

勝手な単独行動を取らず、他のチームメンバーと足並みを合わせながら同じ目標を掲げ、その実現のために手を取り合って働けることが、組織の一員には欠かせません。

協調性があること、和を乱さずに対人関係でトラブルを起こさない人間力があること、何よりも他のチームメンバーを思いやり、時にはサポートできる思いやりがあることが大切です。

組織の一員として必要とされる能力3:責任感

組織の一員として必要とされる能力のひとつに、責任感も含まれるでしょう。

どんなに下っ端の人間であっても、外部の人間からするとその組織を構成するれっきとしたメンバーであり、その人の振る舞いが組織の評判や信頼に直結することになりますので、組織を代表する自覚を持ち、責任感を持って善良な振る舞いができることも大切です。

組織の一員として必要とされる能力4:思いやりや感謝の心

組織の一員として自覚すべきこと10|必要とされる能力7つ
組織の一員として必要とされる能力のひとつとして挙げられるのが、思いやりや感謝の気持ちです。

組織で働くということは、さまざまな人と助け合いながら働くということであるため、自分を支えてくれる人や自分に指導してくれる人に対して感謝の気持ちを持ち、それをきちんと伝えられる素直さと謙虚さが必要でしょう。

また、困っている人がいれば助けを差し伸べられる優しさを持っていることも大切です。

組織の一員として必要とされる能力5:全体を把握する力

全体を把握する力も、組織の一員として必要とされる能力として挙げられるでしょう。

組織の一員として組織に貢献するためには、組織の全体的な目標を把握し、それを実現するために自分が組織の中でどのような役割を果たす必要があるのかをきちんと理解しておく必要があります。

目の前の仕事だけに囚われるのではなく、常に自分が全体の中でどのような立ち位置にいるのかを自覚できてこそ、立派な組織の一員と言えるでしょう。

組織の一員として必要とされる能力6:問題解決能力

組織の一員として自覚すべきこと10|必要とされる能力7つ
組織の一員として必要とされる能力に、問題解決能力も含まれるでしょう。トラブルが起きた時にパニックになったり感情的にならずに、チームのため、ひいては組織のために冷静に現状を分析し、改善点や対処法を実践できる人物は、組織の鏡だと言えます。

組織の一員として必要とされる能力7:ビジネススキル

ビジネススキルも、組織の一員として必要な能力のひとつです。ビジネスマナーを心得ていること、組織が掲げる目標を実現するために必要なスキルを習得していることも、組織に利益をもたらすためには欠かせません。

組織の一員という立場を認識しよう

組織の一員として自覚すべきこと10|必要とされる能力7つ
今回は組織の一員として自覚すべきことについて特集してきましたが、いかがでしたでしょうか。

自分が組織の一員であること、そして自らの言動が組織の評判に直結することをよく自覚し、組織にふさわしい人物になれるように自己鍛錬を行っていきましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related