Search

検索したいワードを入力してください

2019年04月19日

入社後に社員が活躍できる研修|この3つは抑えておくべき

皆さんこんにちは、今回は「入社後に社員が活躍できる研修|この3つは抑えておくべき点」と題して、「入社後に社員が活躍できる研修」の種類をメインに取り上げ、その際の研修内容や種別、効率の良い研修・セミナーの参加方法などをご紹介します。

入社後に社員が活躍できる研修|この3つは抑えておくべき

入社後に社員が活躍するためには

入社してからも新入社員にはいろいろな研修やセミナーなどが課され、それぞれの催し・イベントによって社員としての育成がなされます。そうしたステップを踏みながら、社員は入社後からも「自分の活躍できる分野」を探していくことになるでしょう。

ビジネスマナー、会社の基本理念、入社後に必要とされるスキル(ニーズ)、これらをまず再確認しておき、その時々で役立つ技能・スキルを着実に身に付けることが必要です。

採用担当が抱える悩み

入社後に社員が活躍できる研修|この3つは抑えておくべき
採用担当が抱える悩みについてはいろいろありますが、特に多いのが「新入社員をその入社後にどのように育てればいいか」という点です。これは社員がそれぞれ個別能力・スキルを持ち合わせていることに理由があり、一概にはその育成方法が決まらない点にあります。

内部研修・外部研修をはじめ、それぞれの研修やセミナーにはさまざまな種別がありますが、個別能力・スキルをどのように見極め、社員を育てるかは至難の業になります。

悩み1:採用しても社員が育たない

これは就活・転職時に多く見られる例ですが、「会社に入ったからもう大丈夫」、「入社してしまえばこっちのもの」などといった安心感から、採用後・入社後にそれぞれの新入社員が育たない傾向がよく見られます。この点も採用担当は非常に悩むところです。

入社後に社員というのは「自分に与えられた仕事分野で必要な能力・スキルを伸ばすこと」が必要になりますが、入社できたという安心感から覇気が萎えることがあります。

悩み2:社員にもっとやる気を出してほしい

「社員にもっとやる気を出してほしい」というのはすべての企業の理想となりますが、この点でも先述と同じく、入社後の安心から気持ちが和らいでしまい、そのまま楽をして育ってくれない傾向がよくあります。この点は入社後セミナーなどでもよく言われます。

入社してから自分が何をすべきか・どのように会社の期待に応えるべきかなどといった、「今自分がすべきこと」に着目することがすべての社員に求められます。

悩み3:優秀な社員ばかり離職してしまう

塾や予備校でもよく見られますが、「できる生徒だけが優秀になって、できない生徒は置いてけぼり」といった傾向がありますが、これが入社後の社員にもよく見られています。どんどん覇気を燃やして仕事に専念する社員もいれば、真逆の社員もいます。

このような入社後の社員に見られる能力差をどのように埋めるか、その上でどのように仕事に専念させるか、といった点もすべての企業では求められることになります。

活躍できる社員を育てる研修とは

基本的に企業が入社後の社員に勧めるセミナーや研修というのは、「それまでのスキルをさらに向上させること・実務経験を伸ばすこと」を目的としており、つまり以前の状態よりも何らかの形で成長させることを理念としています。

この研修が持つ本来の目的を掲げつつ、すべての社員はその入社後からまず「自分の現在のステータス」を吟味しながら、それ以上の能力・スキルを身に付け、さらに企業ニーズに応えることが課されます。

社員研修を行うメリット4つ

入社後に社員が活躍できる研修|この3つは抑えておくべき
社員研修の4つのメリットについてですが、これには入社後の社員に課されるすべての企業の期待が含まれます。とにかくどんな仕事にも積極的に挑戦する覇気を養い、その上で必要なスキルを身に付け、以前より成長することが目的とされます。

さらにその場に応じて臨機応変の対応ができる実務能力の向上も期待され、主に人間力を十分発揮できるよう、いろいろなパターンの研修が用意されています。

研修のメリット1:積極的な挑戦と失敗ができる

研修というのは、まだ本式の仕事をする前の準備段階となるため、いくら失敗してもそれを挽回する覇気があれば問題ありません。そのための「訓練の場」となるため、何事にも果敢に挑戦することが喜ばれ期待されるでしょう。

特に新入社員はその入社後から「少しでも能力を発揮できる部署」へ配属されるため、企業側としてもこの研修で能力・スキル分析を進めることを目標とします。その点を十分踏まえて参加しましょう。

研修のメリット2:講師から知識やスキルをインプットできる

もちろん研修ですから、そこで講師からいろいろな知識・スキルをインプットすることができます。この場合でも、できるだけ積極的に勉強しておき、今の自分に必要な能力・スキルがどんなものかについて、独自で把握しておくことが大切になるでしょう。

そのためには入社前から「自分に不足している能力・スキル」について考えておき、その研修で培うべき・補充すべき内容をしっかりインプットしておくことが大切です。

研修のメリット3:普段かかわらない他部署の人とも交流ができる

企業で行なわれる研修というのは、あらゆる部署から一か所に集まり、そこで特定のテーマを掲げた形でなされます。そのため、普段ほとんど関わらない部署の人とも交流することができ、その点では「その会社の概要的な内容・状況」がわかる場合が多いでしょう。

つまりこの点の魅力は、「自分の能力・スキルが見合う部署」をその交流によっては把握することができるという点です。その機会をぜひ大事にしましょう。

研修のメリット4:OJTと違って時期や内容を人事がコントロールできる

入社後に社員が活躍できる研修|この3つは抑えておくべき
OJT(On-the-Job Training、オン・ザ・ジョブ・トレーニング)というのはいわゆる「現任訓練」のことで、実際に企業において行なわれる業務を実地の形で就業し、リアルタイムで仕事のノウハウを覚えていくやり方になります。

研修ではこのOJT方式をほとんど取らず、その時期・機会・内容を人事が改めて設け、きちんと研修内容を確立して用意します。そのため、内容を落ち着いて学ぶことができるでしょう。

研修内容が現場で活きない理由2つ

研修をたくさん受けたからと言って、その内容が完全に発揮されるとは限りません。むしろ研修で覚えた内容・勉強したスキルが「まったく生かせない」という社員の方が多いくらいで、入社後でも多くの社員はこの点で悩むことがあるでしょう。

この「研修内容が現場で活きない理由」は大きく分けて2つあると言われ、1つ目は「研修後に行動目標が設定されていないこと」2つ目は「両者の実用が乖離していること」です。

研修が活きない理由1:研修後に行動目標が設定されていない

まず1つ目の理由になりますが、この「研修後に行動目標が設定されていない」というのは、その研修を受けたら「はいそれで終わり」となっており、その内容・培ったスキルを具体的にどのように仕事に生かすかを考えていないという結果を指しています。

これは入社後の新入社員の傾向に非常に多く見られており、研修と仕事とをまったく別物として見てしまっており研修はその場合、クリアするハードル程度にしか捉えていません。

研修が活きない理由2:研修内容と現場での仕事に乖離がある

次に2つ目の理由の「研修内容と現場での仕事に乖離がある」ですが、これは研修内容と会社で行なう実務とがまったく乖離してしまっており、新入社員が自分でその研修内容を仕事に結び付けられない姿勢になります。つまり、実力不足の点が見受けられます。

これは入社後の重役社員でも非常に多い点で、研修内容と実務との接点をまず見出しておき、それに分析を加えながら、仕事の利益にどのように結び付けるかが基準になります。

社員が活躍するための研修のポイント

さて、ここで「社員が活躍するための研修のポイント」について少し具体的に見ていきましょう。社員が入社後に活躍する分野を見付けるためには、まず3つのパターンを把握することが大事です。「目標」、「情報の共有」、「自己反省」、この3点が重要です。

研修を受ける際にはまず「その内容を実務にどのように結び付けるか」を想定した上で、具体的な目標を設けておき、そのための自己能力の不足する点を補う必要があります。

社員が活躍するための研修のポイント1:現場をイメージした具体的な目標設定をさせる

入社後に受ける研修ではすべて、「実務の現場を適切にイメージすること」が大切になります。そのイメージをもって研修内容をどのように結び付けるかを具体的に考え、そのための能力・スキルを実践的に確保していくことが必要となるでしょう。

自分が配属される部署の仕事を想定しておき、その仕事に見合った研修内容をピックアップしていく形になります。その上で研修内容と実務との斡旋力が要されるでしょう。

社員が活躍するための研修のポイント2:受講者の目標を人事や現場マネージャーと共有をする

これはマネージャー・人事との協力型のスキルアップになります。入社後すぐの新入社員というのはまだ会社に入って間もないこともあり、具体的に研修内容をどのように生かすべきか、わからない点が多くあります。

その「研修と実務とを具体的にセッションできない点」に配慮した上で、現場マネージャーと密接に協力しておき、必要なスキルポイントを教えてもらうことにステップアップがあります。

社員が活躍するための研修のポイント3:定期的に目標の確認と振り返りを行う

研修を受けた後、そこでインプットしたスキルを上手く実務につなぎ合わすことができたとしても、その後の定期的な反省はとても大切です。それは「研修内容を着実に生かせているかどうか」の反省にもなり、その後の仕事率を伸ばすための土台にもなります。

この自己反省によってその時々での「自己能力の不足」も同時に確認できるため、その不足する点を意図的に補うことが可能になるでしょう。この点が実に大切です。

社員が活躍できる環境づくりのためには

入社後に社員が活躍できる研修|この3つは抑えておくべき
社員が活躍できる環境づくりについてですが、まず企業側として重要なのは「社員個別の能力・スキルを最大限に発揮させること」と、その「能力を十分に発揮できる環境」を継続維持していくことになります。

これは入社後の社員育成の際、どの企業でも確実に必要とされる点です。このための育成プランが具体的に検討されており、ベンチャー企業や中小企業などをはじめ、あらゆる部署でもこの環境設定がなされます。

リテンション・マネジメントとは?

入社後に社員が活躍できる研修|この3つは抑えておくべき
最近でもよく言われる「リテンション・マネジメント」ですが、これは「能力の高い社員をその状態のままで現状維持し、その実力をそのまま継続的に企業利益に結び付けること」を指します。つまり、社員個別の能力を最大限に発揮させることにつながります。

入社後の社員の実力というのは、今後の成長過程を含め、ほとんどの企業において未知数にあります。その未知の部分の能力を継続的に発揮させることが重要になります。

優秀人材が辞めない会社にするためのポイント3つ

どの企業でも、優秀な人材を手放すことは非常に大きな損失です。そのため、優秀な人材を育てていく上で「勤続してくれる社員育成」がとても重要となり、そのための環境設定・管理が非常に求められることになります。

入社後の社員を継続的に育成し、その後ずっと辞めさせないよう配慮する上では、常に社員が仕事にマンネリせず、さまざまな仕事に対して覇気を持てる体制づくりが大切になるでしょう。

優秀人材が辞めない会社にするためのポイント1:新しい提案ができる風土づくり

入社後に社員が活躍できる研修|この3つは抑えておくべき
どんな職場にも、社員の誰もが意見を言える柔軟な環境体制が好まれます。「自分の意見なんてどうせ通らない」と思わせてしまう企業というのは、社員育成の環境づくりの点で失敗しています。この柔軟な仕事環境・体制を作ることによって、社員育成は破格に伸びます。

入社後すぐにこのような柔軟な仕事環境であるとわかれば、ほとんどの社員は辞職することなく、少しでも長くその職場に残ろうとするでしょう。

優秀人材が辞めない会社にするためのポイント2:ワクワクするビジョンづくり

仕事に覇気を持たせるためには、まず「仕事をマンネリ化させないよう工夫してみること」で、そのための環境づくりが非常に大切になります。毎日仕事をする上では、どうしても新鮮さがなくなり、それによってやり甲斐を別の職場に見付ける可能性も出てきます。

1つの企業として、社員にこのような気持ちを持たせることは好ましくなく、入社後から継続的に「社員の志気を高めるための環境づくり」を心がけることが大切です。

優秀人材が辞めない会社にするためのポイント3:多様なキャリアプランの用意

入社後に社員が活躍できる研修|この3つは抑えておくべき
先述でも触れましたが、毎日同じ仕事ではどうしても飽きがきてしまい、それだけで仕事がマンネリ化して覇気がなくなります。このような仕事のマンネリ・やる気が落ちてしまう環境を脱却するためにも、多様なキャリアプランを用意することは大切です。

新入社員が入社後から「いろいろな仕事ができる」と認識する上で、柔軟な仕事環境があると知れば、それだけで「やり甲斐を持てる仕事」との出会いを期待することができます。

入社後に社員が活躍できるためには研修とその後のマネジメントの両方が大切

入社後に社員が活躍できる研修|この3つは抑えておくべき
いかがでしたか。今回は「入社後に社員が活躍できる研修|この3つは抑えておくべき点」と題して、「入社後に社員が活躍できる研修」の種類をメインに取り上げ、その際の研修内容や種別、効率の良い研修・セミナーの参加方法などをご紹介しました。

企業に入社して自己能力を育成するためには、さまざまな研修に参加する上で、その内容と実務とを斡旋する力を身に付けなければなりません。そのためのスキルを早期に会得しましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related