Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月16日

最終面接結果待ちの間にできること8選|不安な気持ちを少しでも解消しよう

最終面接の結果待ちの平均期間は?、最終面接の結果待ちの間にできること8選、最終面接の結果待ちの間の気分転換方法4選(適度な運動をしてみる、身の回りを掃除してみる、趣味に打ち込む、普段しない行動をする・行かない場所に行く)、まとめ

最終面接結果待ちの間にできること8選|不安な気持ちを少しでも解消しよう

最終面接の結果待ちの平均期間は?

企業によって採用面接が終わってから内定通知を出すまでの流れは違います。それによって採用通知が届く時期も変わってきます。期間は長くても2週間程度です。

採用方法としては電話、メール、郵送が一般的です。採用の場合は電話のケースが多く、その理由は以後のスケジュールの詳細を伝えるためであることが考えられます。

最終面接の結果待ちの間にできること8選

最終面接の結果待ちにはどのような過ごし方があるのでしょうか。やっとの思いで最終面接まで漕ぎ着け、あとは採用通知を待つだけという段階まできたらどのように過ごしたら良いか不安な方も多いでしょう。

人生を左右する就職活動はまさに一大イベント、そのような期間中でもできることはいくつかあります。ここでは最終建設の結果待ちにはどのような過ごし方があるのかご紹介していきます。

最終面接の結果待ちの間にできること1:結果通知までの期間を知る

最終面接の結果を発表する通知がいつどのような形で行われるかを知っておくことは大切なことです。結果が良いものなら準備が必要になりますし、ダメだった場合は次を考えなければいけません。

基本的には最終面接の際に企業側から採用通知が行われる日程を知らされます。そうでなかった場合は通知タイミングについてしっかり確認しておきましょう。

最終面接の結果待ちの間にできること2:通知期間が遅くなる理由を知る

大手企業であるほど選考に時間がかかります。最終面接を受けた企業からいつまで経っても連絡がこない、または採用通知の予定日が過ぎても連絡がこない。このような場合は選考に時間がかかっていることが考えられます。

通知に時間がかかっている場合に待つ期間としては2週間程度をみましょう。待ってみても連絡が無い場合はこちらから企業に問い合わせましょう。その場合は失礼の無いようにマナーや連絡方法には注意しましょう。

最終面接の結果待ちの間にできること3:結果通知が来ない時の問い合わせ方

問い合わせすることを想定して準備しておこう。最終面接の結果通知が遅れている場合は連絡をしてみましょう。結果を問い合わせる方法としてメールを送信する方法があります。

就活では採用通知が遅れることも考えられるので、結果待ちをしている期間中にあらかじめ問い合わせ用のメールを作成しておくのもいいでしょう。メールでは、通知時期がいつであるかと時期を確認しておかなったことを謝罪する旨を伝える内容にしましょう。

最終面接の結果待ちの間にできること4:他企業の選考も視野に入れておく

志望企業の内定をもらえるまで就活は続けておきましょう。最終面接が終わってから結果が通知されるまでにできることとして、他の企業の選考をしておくのも大切です。

最終面接の結果が良くなかった場合はまた就職活動を続けなければいけませんし、内定をもらえたとしても他に条件の良いところがあれば辞退する可能性もありえます。

自分の人生が決まると言っても過言ではない就職活動です、少しでも条件の良い企業を選考しましょう。

最終面接の結果待ちの間にできること5:客観的に自身の面接を見直してみる

自分自身をアピールできる面接力をつけましょう。最終面接の結果が遅くて待ち遠しいと不安な場合は、その時間を有効に使う方法として「客観的に自身の面接力を見直してみる」というものがあります。

見た目では分からない内面を試すために面接を行いますが、面接に必要な知識だけを頭に入れているだけでは十分とは言えません。客観的に自分を見る目が大切で、とくに自身の苦手なことを知ることは大きなメリットであると言えます。

最終面接の結果待ちの間にできること6:必要書類の準備

採用後に提出が必要な書類を揃えておいてください。入社の際に提出しなければならない書類があります。いざ採用が決まってから揃えるよりも時間のあるうちに揃えられるものは準備しておきましょう。

採用が決まる前に用意できるものは、「年金手帳、雇用保険被保険者証、源泉徴収票、給与振込先の届書」が主なものです。「給与振込先の届書」を除く3つの書類は、最後に勤めていた会社から退職するときに受け取ります。

最終面接の結果待ちの間にできること7:内定後の動きを考えておく

最終面接の結果、内定をもらったからといって出勤初日までダラダラと過ごしていてはいけません。まずやるべきことは労働条件のチェックです。入社してから「話が違う」ということのないようにしっかりチェックしましょう。

その項目は主に、「入社時期、試用期間の有無、労働時間(残業など)、賃金(基本給や賞与など)、休日(週に何日か、融通は効くか)」といったところです。

最終面接の結果待ちの間にできること8:お礼状・お礼メールの作成

最終面接を終えてあとは結果待ちとなったときにできることとして、「お礼の気持ちを伝える」というものがあります。お礼のメールは最終面接当日か翌日に送信します。

お礼のメールを送信したからといって結果に影響はでませんが、良い印象を与えることはできるでしょう。メールの内容は最終面接の印象や感謝を伝えるものにして、タイミングは最終面接当日か翌日までの早い内に送信しましょう。

最終面接の結果待ちの間の気分転換方法4選

張り詰めた気持ちをリラックスさせる時間も大切です。長く就活をしていると、良くない結果が続いて気持ちが弱くなってしまうこともあります。

それによって就活に対する意欲が減退して、「就職できるならどこでもいい」といった投げやりな考えになりがちです。

毎回新鮮な気持ちで就活に臨めるように、適度にリラックスすることは何よりも大切です。諦めずに就活を続けることで、思わぬ企業との出会いが期待できるでしょう。

最終面接の結果待ちの間の気分転換方法1:適度な運動をしてみる

適度な運動をすることでリラックス効果を得ることができます。また身体を動かすことで骨が丈夫になり、関節や筋肉にも良い影響を与えます。それによって疲れにくくなり、血液もきれいになって見た目にも若返りの効果が期待できます。

さらに脳の活性化や免疫機能の上昇、気分がリラックスすることで不安感や疲労感の解消と良いことづくしです。

最終面接の結果待ちの間の気分転換方法2:身の回りを掃除してみる

部屋の掃除や整理をしてスッキリする。

部屋をキレイに掃除することで得られるメリットには、「部屋がキレイになる、どこに何があるか把握できる、部屋のスペースを広くする、充実感が得られる」といったものがあります。

新鮮な気持ちで就活を続けるには気分転換が必要です。普段から部屋をキレイにして整頓を心がけることで気持ちを入れ替えるきっかけになるでしょう。

最終面接の結果待ちの間の気分転換方法3:趣味に打ち込む

ネガティブな気持ちは、趣味に没頭することでポジティブに変えるのも一案です。最終面接の結果が気になって気持ちが落ちこんでいるときは、趣味に没頭してみましょう。

心理的に不安を抱えている状態では何をしても効果が出にくいものです。しかし、趣味であれば時間や不安を一時的にでも忘れて楽しむことができるので、気持ちを前向きにするためには有効です。

最終面接の結果待ちの間の気分転換方法4:普段しない行動をする・行かない場所に行く

いつもと違う行動をとってみてください。就活はとにかく毎回新しい気持ちで臨むことが大切です。そのためには生活の中に適度な刺激があったほうが気分転換になるでしょう。

すぐにできるものとして「いつもと違う道を通ってみる」があります。普段の景色とは違ったものを目にすることで意外な発見があったりして良い刺激になります。

最終面接の結果待ちの時間を有効に活用しよう

最終面接の結果は気にせず、自分らしく過ごしてはいかがでしょうか。最終面接までいければもう一息です。結果が残念なものであっても気持ちを新たにして、できる限り希望の条件にあった企業に挑戦を続けましょう。

大切なのは、あなたがあなたらしく活躍できる職場であるということです。そのためにも最終面接の結果待ちの期間は有効に使いましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related