Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月10日

内定を待ってもらうためのマナー5つ|マナーを守り満足できる就職をしよう

就活で内定はもらえたけど、まだ企業調査が終わっていないという人や第一志望の結果が届いていないということが頻繁に起こりえます。そこで役立つのが内定を待ってもらうことです。今回は内定を待ってもらうためのマナーを5つ紹介し、発生するリスクも解説いたします。

内定を待ってもらうためのマナー5つ|マナーを守り満足できる就職をしよう

内定保留とは?

内定を待ってもらうためのマナー5つ|マナーを守り満足できる就職をしよう
就職というのは非常に大きな分岐点であり、その分岐点で悩むのは当然のことです。その悩みを体現したのが内定通知を待ってもらう内定保留となります。

もちろん、内定保留にもメリットとデメリットがありますのでむやみやたらに活用するわけにもいきませんが、待ってもらうことが必要な状況にある方はどうしても活用しなければいけなくなるでしょう。

内定を待ってもらう学生が増えている理由3つ

内定を待ってもらう学生が内定保留を選ぶのは昔からありましたが、今ではこの内定を待ってもらう学生が昔よりもかなり増えているといわれております。

特に、この就職活動はいろいろとルールが昔とは異なっておりこのルール変更の弊害が内定を待ってもらう学生の増加につながっているとすら言われているので、その部分も注目していきましょう。

内定を待ってもらう理由1:就職活動の短期化

2017年から実は新卒採用選考解禁のルール変更があり、6月からとなっています。そのため、どうしても就職活動が短期決戦になりがちで、企業研究や業界調査が思うように進まず、内定を待ってもらう学生が増えています。

自分の一生涯に関係する就職となりますので、できるだけ調査するのは当たり前です。これが短期決戦化することで時間が足りなくなってしまいどうしても内定を待ってもらうケースが増えてしまいます。

内定を待ってもらう理由2:求人情報との相違

このように短期決戦化することで学生側が企業や会社を調べる時間が少なくなってしまい、求人情報と多少の錯誤があったとしてもその情報の裏打ちに時間がかかってしまいます。

ある程度余裕があれば調べたうえで面接などを受けられるので、内定をもらったときにすぐに返事を出すことができますが、その時間もない状況に立たされることがしばしばあるので、内定を待ってもらう状況になってしまいがちです。

内定を待ってもらう理由3:もっといい会社があるという期待

「もっといい会社が見つかる可能性がある」という期待から、内定を待ってもらうという行為は昔からあります。

すでにほかの会社から内定をもらっている場合も、洗濯に悩みますので内定を待ってもらうというケースもあるでしょう。第一志望の結果がこれからわかるという人も待ってもらうという選択肢を選びます。

内定を待ってもらうためのマナー5つ

ただし、企業側も無条件で内定を待ってくれるわけではありません。必ず企業側や会社側に内定を持ってもらうためにも行うべき事柄がいくつかあります。

特に多いのが「とりあえず待ってもらいたいからあやふやな返事をすること」です。これは悪いイメージにつながりますので、必ず明確に持ってもらう期限を理由付きで説明してください。

内定を待ってもらうためのマナー1:採用担当者に直接伝える

電話越しに伝える場合、採用担当者が不在のために伝えてもらうというケースがありますが、それはNGで基本的には必ず企業の担当者に内定を待ってほしいという旨をきちんと伝える必要があります。

そこでは必ず理由はあるのかとかいつまで待てばいいのかといった質問がされますので、その質問にもしっかりと回答する姿勢が大切になります。

内定を待ってもらうためのマナー2:保留する理由を明確に伝える

内定を待ってもらう場合は必ず何らかの理由がありますので、そちらを明確に伝えましょう。理由を濁してしまうと逆に辞退したいのではという不安を与えますので、濁さないほうがいいです。

第一志望の企業選考がまだ終わっていないという人でも「受験した企業選考がまだ終わっていません」と明確に説明してください。家族の意見をきっちりと聞いて判断したいという人もその旨を伝えましょう。

内定を待ってもらうためのマナー3:いつまでに返事するかを伝える

内定を待ってもらうためには必ず期限がいつになるのかを伝える必要があります。ただし、これはいつ内定をもらったのかで期間が大きく異なるので注意してください。

大学4年生の6月以降は採用人数の調整もかなり大変になってくるので、期限は1週間程度に考えたほうがいいでしょう。これが大学3年生といった時期の早期内定ならば1ヶ月程度の内定保留でも問題ありません。

内定を待ってもらうためのマナー4:きちんと明確に伝えること

人間はだれしも後ろ暗いことと考えて物事を伝えようとすると、および腰になってしまったり声が小さくなってしまいがちです。なので、声量には気を使ってください。

ぼそぼそと聞き取りにくい声で内定を待ってもらうという旨を伝えるのはそれだけで悪印象となってしまいますので、適切な音量ではっきりと伝えましょう。

内定を待ってもらうためのマナー5:敬語の使い方に注意

内定を待ってもらうときには採用者と直接電話にてやり取りすることになりますが、そこで予想外な質問が飛んでくると普段使いなれていない敬語があやふやになることがしばしばあります。

なので、混乱しないようにトークスクリプトをあらかじめ用意しておき、質問が来てもしっかりと言葉に詰まることなく返答できるようになるといいでしょう。

内定を待ってもらう時に考えるべきリスク

内定を待ってもらう場合は待ってもらう側にも当然理由が存在しますが、どのような理由があったとしてもそれなりのリスクが発生してしまいます。

特に注意が必要なのが、志望度合いが低いと思われることではなく内定そのものが取り消しになってしまうケースです。内定を待ってもらうと伝えた後にすぐに取り消しになることはあまりありませんが、ゼロではありません。

志望度合いが低いと思われる

第一志望として入社してほしいというのは内定を出す企業側からすると当前の考え方ですが、内定を待ってもらうという言葉を聞いてしまうとどうしても第一志望ではないと考えてしまいます。

自分たちの会社を軽んじられていると考えてしまうとどうしても悪印象につながってしまいますので、内定を待ってもらう場合はこのリスクも考えないといけません。職場の人間関係に影響が出るレベルのマイナスではありませんが、注意しましょう。

内定取り消しになる

内定を待ってもらうと取り消しになる可能性があります。最終的に他の企業に行かれる可能性があるなら再度企業側も募集を行う必要があるので、保留されるぐらいなら取り消すという会社もゼロではありません。

どの会社が内定を待ってもらうと取り消しにしてくるのかまでは見えてきませんので、このリスクもゼロではないと考えて動く必要があります。

内定企業からのオワハラが増えている?

内定を待ってもらうためのマナー5つ|マナーを守り満足できる就職をしよう
オワハラを受けるケースで多いのが、内定を待ってもらうと伝えた後です。内定保留は他の企業に採用が決まれば移ってしまう確率が高いことを伝えるサインでもありますので、「就活終われハラスメント」も出やすくなります。

このようにオワハラを受けてしまう可能性があるという事実も、内定を待ってもらうリスクとなっているので注意しましょう。

内定の代わりに就活終了を迫られる

オワハラの具体的な行動は就職活動を終わるという意志を見せろと言われることです。かなり直接的な言葉ではありますが、ネット上を見るとこのような直接的な言葉を言われたという書き込みはしばしばあります。

2016年ごろから言われるようになったオワハラですが、しばらくの間は消えることはないでしょう。

食事会などで罪悪感や同情を利用する

オワハラの一つに役員との食事会を行って囲い込みをするというものがあります。これは内定者に恩を売って辞退しにくい状況にするというやり方です。

いわゆる、良心の呵責に訴える手段であり実は昔から実行されていた方法でもありました。特にバブル時代はこのやり方が顕著で、海外旅行に連れていかれるケースもあり、現代よりもオワハラがひどいという声もあります。

内定を待ってもらうことはリスクもある

内定を待ってもらう理由が就活生側にももちろんありますが、その結果拒否されてしまうリスクも企業側にも存在します。このリスクを減らすために企業側もいろいろと行動することもあります。

オワハラを受けてしまうと自分の考えた通りに行動できなくなってしまいます。このリスクを回避するためにも出来る限り待ってもらう期間は短くするか、リスクを回避できるような言い回しを覚えることも重要でしょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related