Search

検索したいワードを入力してください

2019年07月05日

転職で内定承諾の決め手になるポイント8つ|転職で後悔しないために

この記事では、転職先から内定をもらったけれど、承諾するか否か悩んでいる人に、アドバイスをします。転職先の内定承諾の決め手になるポイントを8つ、後悔しないて転職するための考え方のヒントについて3つお伝えしますので、ぜひ参考にしてください。

転職で内定承諾の決め手になるポイント8つ|転職で後悔しないために

転職市場の現状

転職で内定承諾の決め手になるポイント8つ|転職で後悔しないために
転職市場の現状は活況です。ほぼすべての業界で求人が増加または横ばいの傾向で、この状況が少なくとも2020年までは続く予測です。20代30代の転職はもちろん、職種によっては40代50代にとっても、転職を考えている方には有利な状況といえるでしょう。

転職市場の動向

転職市場の動向は、個人の仕事に対する価値観が変わり、今後ますます業界の垣根を超えた人材の異動が激しくなるとみられています。特にIT系に強い人材はどの企業でも渇望され、好待遇での転職がますます増えるでしょう。

ヒトがしている仕事が将来AIにとって代わられる、という話題も尽きませんが、慢性的な人手不足の医療・介護分野や、飲食系サービス業はまだしばらく同じ状況が続くと見込まれます。

転職で内定承諾の決め手になるポイント8つ

転職で内定承諾の決め手になるポイント8つ|転職で後悔しないために
ここからは、現在売り手市場といえる転職において、内定承諾の決め手になるポイントについてお伝えします。複数の内定をもらう場合もあるでしょう。そんな時に、新卒採用時ほど情報が得られず、比較しにくいこともあります。

ここでは、内定承諾を決める8つのポイントについて、具体的にお伝えしますので参考にしてください。

転職で内定承諾の決め手になるポイント1:待遇が良くなる

転職で内定承諾の決め手になるポイントその1は、なんといっても待遇が良くなることです。30代転職希望者のおよそ7割の方が、転職の際重視することに、年収を挙げています。

年収が上がればおのずとモチベーションも上がります。仕事をしていく中でなにか納得できないことがあったとしても、これだけ年収をもらっているのだから、仕方ないと割り切る材料にもなります。

転職で内定承諾の決め手になるポイント2:将来性がある

転職で内定承諾の決め手になるポイント8つ|転職で後悔しないために
転職で内定承諾の決め手になるポイントその2は、転職先の業界、会社に将来性があるということです。一大決心をして転職をするならば、将来性があり、安定が見込める会社に転職しましょう。そのためには日ごろから気になる業界についての情報収集は欠かせません。

転職で内定承諾の決め手になるポイント3:得るものと失うものを天秤にかける

転職で内定承諾の決め手になるポイントその3は、得るものと失うものを天秤にかけることです。転職することによりこれまでと生活が変わります。仕事内容はもちろん、年収、勤務時間や人間関係も変化するでしょう。

転職によって得られるものと手放さねばならないものを天秤にかけてみます。そしてその中で自分にとって何が必要で、何が必要ではないのかを見極め、納得できることが決め手となります。

転職で内定承諾の決め手になるポイント4:評価基準が明確

転職で内定承諾の決め手になるポイント8つ|転職で後悔しないために
転職で内定承諾の決め手になるポイントその4は、評価基準が明確であることです。あらかじめ公開されている企業が求める人材は、具体的でわかりやすいものであることが決め手です。

自分が面接官だとしたら、自分をどのように評価するでしょうか。転職サイトなどから一般的な評価シートをダウンロードし、自己分析してみましょう。

転職で内定承諾の決め手になるポイント5:通勤など時間効率が良い

転職で内定承諾の決め手になるポイントその5は、通勤など時間効率が良いことです。通勤時間は、毎日のことなのでなるべく短いに越したことはありません。乗り換えがある場合でも、アクセスの良さや、混み具合によっては許容範囲になる場合もあります。

通勤時間が長くても、その時間を利用して、読書をしたり、資格の勉強をしたり、有効に利用できればそれも決め手のひとつになるでしょう。

転職で内定承諾の決め手になるポイント6:社風が合う

転職で内定承諾の決め手になるポイント8つ|転職で後悔しないために
転職で内定承諾の決め手になるポイントその6は、社風が合うことです。就職活動中の企業の担当者や、面接官の対応は誠実でしたか。会社の雰囲気は自分のイメージとかけ離れたものではなかったでしょうか。

組織に所属するということは、その社風になじんでいくことが必要です。この人達とだったらうまくやっていけそうだと思えたらそれは大きな決め手になります。

転職で内定承諾の決め手になるポイント7:希望条件をほぼ満たしている

転職で内定承諾の決め手になるポイントその7は、希望条件をほぼ満たしていることです。転職先の会社が、何もかも自分の希望どおりの条件を備えていることは極めて少ないでしょう。

自分がどうしても譲れない条件を満たしていれば、入社後の後悔は最小限におさえることができ、それは内定承諾の決め手となります。

転職で内定承諾の決め手になるポイント8:周囲からのリアルな評判が良い

転職で内定承諾の決め手になるポイントその8は、周囲からのリアルな評判が良いことです。いわゆる口コミも含め、その企業についてよい評判が耳に入るということは、重要な内定承諾の判断材料になります。自信をもって入社できるでしょう。

転職で後悔しない選択をするには?

転職で内定承諾の決め手になるポイント8つ|転職で後悔しないために
転職先は入社してみないとわからないのが本当のところです。転職で後悔しない選択をするにはどのような点に気をつけたらよいのでしょうか。

ここでは3つのアドバイスをさせていただきますので、ぜひ参考にしてください。

ダメでもまたやり直せるという気持ちを持つ

転職には多くの時間、精神的なプレッシャーなどさまざまなストレスを受けます。転職するのであれば、ぜひ納得のいく、良い転職をしたいと誰もが考えます。だからもし転職した先で何か見込み違いやトラブルに巻き込まれ、うまくいかなかったら、と思うとどうしても消極的な決断をしがちです。

しかし、時は確実に流れ、あなた自身も必ず成長し続けています。ダメでもまたやり直せるという強い気持ちをもって、進んでいきましょう。

希望が100%叶う会社はないと知る

転職で内定承諾の決め手になるポイント8つ|転職で後悔しないために
転職は、今の現状になにか不満や不都合があり、その状況をかえるために決意します。転職先には、あれこれ自分の希望や夢を持ってしまうのは当然といえます。

しかし、自分の希望が100%かなう会社はありません。自分の中の転職する条件の優先順位を明確にし、ある程度叶えられていたら内定承諾をお勧めします。なぜなら全て希望どおりの会社が見つかって入社したとしても、入社後に新たな問題が出てくる可能性もあるからです。

期限に迫られて妥協しない

転職活動をするときは、通常複数の会社に応募するでしょう。そこで、第一希望でない会社から先に内定をもらい慌ててしまうことがあります。採用担当者に回答を迫られ、ついつい妥協して内定承諾をしてしまうという話を聞きます。

このように内定承諾の回答期限に迫られて妥協するのは避けましょう。会社に応募する順序もよく考え、いざという時にはきちんと事情を説明できる準備をしておきましょう。

転職時の内定承諾の決め手を知ろう

転職で内定承諾の決め手になるポイント8つ|転職で後悔しないために
ここまで、内定をもらったときの、承諾する決め手になるポイントについて、具体例をあげて8つお伝えしてきました。転職後の自分が最も大切にしたいものは何か、転職の軸をしっかりと定め、ブレのない転職活動をしましょう。

内定はゴールではなくスタートです。悔いのない決断ができるような決め手を参考に、新しいキャリアをスタートさせてください。心から応援しています。

Related