Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月20日

保育園内定のお礼状は必要?|保育業界への人気求人サイト12選

希望する保育園から内定をいただけたときは、このうえなく嬉しいものです。しかし、そこで就職活動は終わったわけではありません。内定を受け取った後も、働きやすい環境を作り上げるために、しっかりとマナーを守り、内定のお礼状の書き方を覚えておきましょう。

保育園内定のお礼状は必要?|保育業界への人気求人サイト12選

保育園・保育業界の現状と将来性

保育園内定のお礼状は必要?|保育業界への人気求人サイト12選
年々少子化が進む日本において、保育業界の将来性に不安を覚える方も多くいます。また、少子化の流れは今後もまだ続くと考えらます。

だからと言って保育業界に将来性がないわけではありません。現代社会においては、共働きをする家庭が多く、核家族も増えていることから、保育士の需要は増加傾向にあります。

そこで今回は、保育園に就職を希望する方のために、内定のお礼状の書き方と、おすすめの求人サイトを紹介します。

保育園・保育業界の現状

今もなお待機児童は増え続けており、共働き家庭が増えていく中で、より長時間子供を預けておける保育園の需要が高まっています。

しかし、少子化に伴い廃園を余儀なくされる保育園もあり、需要と供給のバランスが取れず、保育士も保育園も足りていないというのが現状です。

保育園・保育業界の将来性

現在では、待機児童の増加に伴い保育園を新たに設立する地域も増えてきています。また、商業施設や美容院、スポーツジムでも託児所を設けている場所も多く、保育園や保育士の需要は年々高まりつつあります。

これまでは、年収の低さから保育園への就職を敬遠する方も少なくありませんでしたが、今後も保育士や保育園の需要は高まることが予想され、賃金や待遇も向上する可能性が高く、将来的に期待されている業界でもあります。

内定のお礼状とは

保育園内定のお礼状は必要?|保育業界への人気求人サイト12選
希望する保育園から内定を貰うというのは大変喜ばしいことです。しかし、保育園から内定を受け取ったからといって、それで終わりではありません。内定を受け取ったら、必ず先方にお礼状を出しましょう。

内定のお礼状は、内定をいただいたことに対する感謝を表す手紙ですが、内定のお礼状を出すか出すことで、今後の人間関係を良好にできます。そこで次に、保育園への内定のお礼状の書き方について紹介していきます。

内定のお礼状を出すタイミングは

保育園への内定のお礼状にも、出すべきタイミングがあります。希望する保育園から内定をいただいたら、あまり日にちを置かず、なるべく早くお礼状を郵送しましょう。

内定をいただいたその日のうちにお礼状を出すのが難しかった場合でも、翌日までには必ずお礼状を出すようにして下さい。

内定のお礼状を送るツール

保育園内定のお礼状は必要?|保育業界への人気求人サイト12選
最近では、保育園へ電話で内定のお礼を述べたり、メールで内定のお礼状を送る方も少なくありませんが、お住まいの地域によってはメールで内定のお礼状を送ると、印象が悪くなることもあります。

保育園から内定をいただいた時は手間を惜しまずに、お礼状を手書きにして、なるべく早く郵送しましょう。

内定のお礼状の書き方

保育園内定のお礼状は必要?|保育業界への人気求人サイト12選
保育園から内定を受け取ったら、まずお礼状を送るのがマナーです。内定のお礼状は、前文と主文、末文、後付けというように構成されています。

内定のお礼状を出すことで、先方に良い印象を与えることができ、保育園側にやる気や誠意を伝えられれば、今後仕事がスムーズに運びます。それでは次に、内定のお礼状の具体的な書き方について紹介しましょう。

前文

内定のお礼状の前文は、頭語と季語、安否の挨拶の順に構成されます。内定のお礼状の頭語には、「拝啓」または「謹啓」を用いると良いでしょう。

季語はその月ごとによって異なっており、例えば11月であれば「晩秋の候」、12月であれば「初冬の候」、1月は「新春の候」、2月は「厳寒の候」、3月は「早春の候」となっています。

最後に「貴園ますますご清栄のこととお喜び申し上げます」という挨拶で締めくくりましょう。

主文

内定のお礼状の主文は、まず「お越し言葉」から始まります。「お越し言葉」には、「つきましては」「さて」「この度は」といった言葉がありますが、保育園への内定のお礼状を書くのであれば、「この度は」を使うとよいでしょう。

「起こし言葉」を書き入れたら、次に内定をいただいたことに対する感謝の気持ちを書き入れましょう。

末文

保育園内定のお礼状は必要?|保育業界への人気求人サイト12選
末文の構成は、「結びの言葉」と「結語」からなります。「結語」とは、前文に用いた「拝啓」「謹啓」といった「頭語」とセットで用いる場になり、頭語に「拝啓」と書いたのであれば、結語には「謹啓」または「敬具」、頭語に「謹白」と書いたのであれば、結語には「敬白」と書きます。

結語の前には結びの言葉として、「取り急に書面にてお礼申し上げます」などと書いておくとよいでしょう。

後付け

後付けには、氏名と日付、新卒者であるならば学校名、宛名を書きます。宛名については、採用担当者の個人名まで書き入れますが、個人のお名前が分からなければ「採用担当者様」と書いてもかまいません。

保育園内定のお礼状はマナー

保育園内定のお礼状は必要?|保育業界への人気求人サイト12選
内定を受け取った後は、お礼状を出すというのが社会人として必要なマナーですので、先方のお名前など、間違えのないよう注意しましょう。

内定のお礼状は私的なものではありませんので、便せんや封筒は、模様のないシンプルなものを選んでください。

封筒の大きさは便せんを三つ折りにして入る程度の大きさを選びます。また、筆記用具についてですが、黒の万年筆、またはボールペンで書きましょう。

保育園・保育業界への人気求人サイト12選

保育園内定のお礼状は必要?|保育業界への人気求人サイト12選
共働き家庭が増加傾向にある現代では、保育士専門の求人サイトも年々増えてきています。しかし、あまりに多いと、どこに登録したらよいかわからなくなってしまいます。

そこで次に、特におすすめする求人サイトを12選紹介します。時間のない方や求人サイトの探し方がよくわからない方は、ぜひ参考にして下さい。

1:プラスナビ

保育園内定のお礼状は必要?|保育業界への人気求人サイト12選
プラスナビは、働くシングルマザーを支援する保育士求人サイトです。各地域の情報に詳しい専門のアドバイザーによる手厚いサポートをけることができ、ブランクのある方や就職、転職に不安のある方の相談にも応じてもらいます。

2:ジョブメドレー

ジョブメドレー制服の有無や年収、時給など、細かい希望を入れて絞り込めるため、より希望に沿った就職先を見つけることができる人気の高い求人サイトです。

収入のアップや就職、転職した方にお祝い金が出るなど、利用者の満足度も高く直接保育園に応募できるので、スピードを求めている方にもおすすめです。

3:FINE!(ファイン)

FINE!は、全国でもトップクラスの求人数を誇る求人サイトです。賞与が高い、残業がないなど、条件の良い保育園を多数取り扱っています。

また、保育業界に詳しいコンサルタントからアドバイスが受けられるので、なるべく失敗せず、早めに就職、または転職したい方におすすめです。

そのほか、「シンデレラ求人」とよばれる、就職先のほかにもFINE!から給与の補助が受けられるサービスがあることでも、人気の求人サイトです。

4:マイナビ保育園

保育園内定のお礼状は必要?|保育業界への人気求人サイト12選
マイナビ保育園は、厚生労働省から認可を受けている、老舗の求人サイトです。東京、神奈川、千葉、埼玉に限られていますが、求人数が10000件と多く、より質の高い求人を求めている方におすすめです。

また、コンサルタントが直接保育園を見学してスタッフの話を聞いているので、転職、就職に失敗したくないという方におすすめです。

5:保育ひろば

保育ひろばは、登録から面接までのスピードが速く、その日のうちに勤務することも可能です。また、電話連絡の時間帯など、細かな希望にも応じてもらうことができ、就職、または転職が決まった際にはお祝い金が受け取れるというのも魅力の一つです。

保育ひろばでは、都心から離れた地域に住む方の支援を行っていますので、地方から上京して就職、または転職を希望されている方にもおすすめです。

6:保育士バンク

現在子育て中のコンサルタントが多く在籍しており、家庭との両立といったお悩みにも対応してもらいます。

また、職務経歴書や履歴書の書き方、面接対策についてもサポートしてもらえるので、履歴書の書き方や面接に自信がない方にもおすすめです。

7:保育のお仕事

保育のお仕事は、保育士の求人サイトの中でも人気の高いサイトです。月々の利用者が、常に1000名以上おり、相談から入社後のサポートも無料で受けられます。

細かい条件を入れて検索ができ、専属のコンサルタントが1対1でサポートするため、希望条件以外にも、保育園の雰囲気や濃いく方針がマッチした求人ご紹介してもらいます。

8:保育士専門コンシェル(関東のみ)

保育士専門コンシェルは、多くの求人の中から希望に沿った求人を紹介してもらうことができ、コンシェルジュに依頼をすれば、非公開の求人の閲覧も可能です。

また、忙しくて時間がとれない方でも、コンシェルジュ転職活動を代行してもらうこともできます。

9:ほいく畑

株式会社ニッソーネットが運営する求人サイトで、特に福祉関係に特化している人材サービスです。

キャリアアップしたいといった要望にも応じてもらうことができ、有料ではありますが、保育士セミナーの受講も可能です。また、事前に職場を見学できるなど、保育園の雰囲気を事前に知ることができ、収入以外の希望に沿った就職先が見つけやすい求人サイトです。

10:保育メトロ

保育メトロは、上京して就職、または転職したいという方におすすめです。転職先をサポートするだけでなく、都内のとのエリアが住みやすいか、といった相談にも応じてもらえます。

また、家賃補助のある求人や、寮が完備されている求人を多く扱っているなど、地方から就職、転職を希望する方におすすめです。

11:スマイルSUPPORT保育

スマイルSUPPORT保育では、10000件以上と求人数が多く、非公開の求人数も公開されています。

保育士経験のあるコンサルタントかサポートしてくれ、面接の日程や先方に条件を伝えるなどの連絡も代行してもらえますので、働きながら就職したい方や、なかなか時間がとれない方でも利用しやすい転職サイトです。

12:保育マルシェ

保育マルシェは、特に40代から50代の方の転職サポートに力を入れている求人サイトです。保育の先進国であるフィンランドやイタリア、ハンガリーでの海外研修を受けることができます。

費用は40万円から50万円ほど必要になりますが、より良い条件の求人への転職や、キャリアアップを目指す方におすすめです。

内定が出たらしっかりと対応しましょう

いかがでしたか。今回は、保育園から内定を受け取った際のお礼状の書き方とおすすめする求人サイトについて紹介しました。

内定のお礼状は、必ず出さなければならないものではありませんが、お礼状を出すことで感謝の気持ちを伝えられ、先方に「この人はやる気がある」「マナーのしっかりした人」といった良い印象を与えられます。

新しい職場で気持ちの良いスタートを切るためにも、ぜひ内定のお礼状の書き方をマスターしましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related