Search

検索したいワードを入力してください

2019年04月19日

総合商社と専門商社の違いとは?それぞれの強みと弱み3つ

商社には、総合商社と専門商社があります。それぞれの商社には、大きく異なる点があり強みと弱みもあります。これから商社へ転職したい人は、特徴を確認しておきましょう。総合商社と専門商社の違いと転職に有利なエージェントを紹介します。

総合商社と専門商社の違いとは?それぞれの強みと弱み3つ

総合商社と専門商社の違いとは?

総合商社と専門商社の違いとは?それぞれの強みと弱み3つ
商社勤務葉エリート集団のイメージがあり、憧れている人も多いでしょう。商社には総合商社と専門商社があります。それぞれの商社は業務内容や取扱商品に違いがあるのはご存知ですか。総合商社と専門商社の違いを比較してみましょう。

総合商社とは?

総合商社とは、取扱い品が多岐に渡っている大規模な卸売業者です。日本には、「三菱商事」「伊藤忠商事」「丸紅」「三井物産」「住友商事」「豊田商事」「双日」になります。総合商社と言う形は海外ではあまりなく、メーカーが直接販売部門を持たない独特のスタイルから発達した形態です。

総合商社は、世界各国に渡って買い付けや販売をしているグローバルさが特徴です。総合商社で活躍するには外国が堪能な方が有利でしょう。

専門商社とは?

総合商社と専門商社の違いとは?それぞれの強みと弱み3つ
専門商社とは、ある特定の分野で専門性に特化したビジネスを展開する会社の事です。医薬品や食品、化学など、専門性の高い分野で原料の調達から製造から取引まで行っています。売上比率50%以上の特定商品がある会社の事を専門商社と呼びます。

専門性の高い商品を取り扱う事で、豊富な知識と独自のノウハウがあります。取引の仲介的立場になることが多いですが、コンサルティングやファイナンス事業を展開する専門商社もあります。

総合商社と専門商社のそれぞれの強みと弱み

総合商社と専門商社の違いとは?それぞれの強みと弱み3つ
総合商社と専門商社は、業務内容が異なることがわかりました。それぞれの商社には強みと弱点があります。これから商社入社を考え人は、それぞれの強みと弱みを理解してから就職しましょう。

総合商社の強み3つ

総合商社と専門商社の違いとは?それぞれの強みと弱み3つ
総合商社は「三菱商事」「伊藤忠商事」「丸紅」「三井物産」「住友商事」「豊田商事」「双日」で5大商社と言われています。多くの人が知っている5つの会社では、どのような事が行われているのでしょうか。総合商社だからこそできる、強みについて考えてみましょう。

1:規模の大きいビジネスができること

総合商社と専門商社の違いとは?それぞれの強みと弱み3つ
5大商社では、各社異なった事業の強みがあります。総合商社の強みは、資本力、信用、情報力でしょう。資本力があると、新しい分野への進出も容易で先行投資が余裕をもってできます。

また、総合商社は信用もあるので、どのような仕入れ先から原材料を仕入れても取引に応じてくれるでしょう。販売先と取引口座を開く時もスムーズです。総合商社の強みを活かした情報力で、多岐に渡った新鮮な情報を糧に大きなビジネスができます。

2:ビジネスの幅広さ

総合商社と専門商社の違いとは?それぞれの強みと弱み3つ
総合商社は取り扱う品が多いですから、多岐に渡るビジネスが展開できます。最近は、総合商社同士が同じビジネスに投資をして、発電やガスのインフラ関係のプロジェクトを立ち上げています。

中心業務としているトレーディングでは、関連会社や子会社に事業を頼む事もでき、仕入れから流通まで自社で完結する事もできます。

3:逃げ場があること

総合商社は特定の分野に特化していないため、ある分野が不調でも他の分野で補うことができます。繊維分野が思わしくなくても、食品分野で利益を得られるなど、逃げ場が多くあることで事業のリスクを分散する事ができます。

専門商社と比べると、安心してスケールの大きな事業ができるでしょう。

総合商社の弱み2つ

総合商社と専門商社の違いとは?それぞれの強みと弱み3つ
総合商社は規模の大きな仕事ができて、取り扱う内容も幅広いです。失敗も上手くカバーができて弱点など無いような気がします。しかし。総合商社でも専門商社と比べると弱みがあります。総合商社はどのような弱点があるのか調べてみましょう。

1:ニッチな商品が扱えない

専門商社と比べると規模の小さな仕事やニッチな商品が取り扱えません。事業を失敗してしまうと、スケールが大きい分リスクも甚大なります。ニッチな商品を取り扱えないことで、限られた顧客としか取引ができない弱みがあります。

しかし、ニッチな商品を取り扱えなくても総合商社で多くの商品知識を得ることで、ニッチな商品が見えてくると言ったメリットも併せ持っています。

2:先読みが外れると損失も大きい

総合商社と専門商社の違いとは?それぞれの強みと弱み3つ
総合商社で総合職に就くと、国内外から商品を仕入れ、輸出や国内企業への卸売りを仲介する事になります。先を読みながら商品を売り込み利益を出すのが仕事ですが、先読みが外れると一回の取引で数億円から数百億円の損失を負う事もあります。

失敗しない為には、従業員の専門知識や語学力が必要になってきます。広い視点を持って経済状況を考えながら仕事に取り組む必要があります。

専門商社の強み3つ

総合商社と専門商社の違いとは?それぞれの強みと弱み3つ
総合商社に比べて専門商社は数が多く、就職をするにもハードルが低いでしょう。内定が取りやすいのも特徴で、専門手稲分野を取り扱うため入社後のイメージがしやすいです。総合商社と比べると、希望していた配属先で働くことができる確率が高い特徴もあります。

専門商社には、どのような強みがあるのか見ていきましょう。

1:専門分野での人脈の豊富さ

総合商社と専門商社の違いとは?それぞれの強みと弱み3つ
専門商社は、専門商材に対する知識やネットワークの強さが特徴です。製造者と顧客の両方に対して豊富な人脈が築けます。繋がりの強さが仕事をスムーズにしてスピード感のある取引が実現します。

また、専門部やに人脈が多くあることで、業界の動向や今後の市場をある程度予測する事もできます。歴史の長い会社ほど過去の失敗を活かせるので、専門的な分野で力を発揮できるでしょう。

2:専門分野の業界に精通

専門商社は、専門性に特化した特定の分野を取り扱うことになります。得意としてる分野では、幅広く名が知れ渡り社名を見るだけで消費者は安心感を抱きます。専門分野の知識を磨くなら専門商社がおすすめです。

また、特定の分野の知識を付けることで、キャリアを築きあげることができ、もし転職を考える時も同じ分野で活躍する事ができます。仕事として興味を持っている分野がある人は、専門商社に就職をしたほうが良いでしょう。

3:顧客が近い

総合商社と専門商社の違いとは?それぞれの強みと弱み3つ
専門商社は顧客との関係性が近いため、スピード感を持って話が進められます。総合商社ですとトップダウンで決定までに時間がかかる所、顔見知りの関係性なので話が早くなります。顧客との関係が近いことでメンテナンスも簡単になり、長期的なお付き合いも可能になります。

スピード感を持った取引を希望するなら、専門商社の方が仕事がラクに進みます。このようなメリットがあるので、わざわざ専門商社を選ぶメーカーもあります。

専門商社の弱み2つ

総合商社と専門商社の違いとは?それぞれの強みと弱み3つ
専門商社は、総合商社には無い人との深いつながりや豊富な専門知識がありました。しかし、専門商社にも弱点はあります。総合商社とは違う、専門商社の弱点を知って就職に役立てましょう。

1:専門分野の需要の落ち込みや市場縮小などの影響が大きい

専門商社は専門性に特化した仕事内容ですから、何らかのミスがあると大きな影響を受けてしまいます。総合商社ですと他の分野でカバーできますが、専門商社だとそうはいきません。

影響をもろに受ける事で業績が悪化し、カバーする事ができないので、立て直しに時間がかかる場合もあるでしょう。時代の流れで市場が縮小してしまうと、大きなダメージを受けることになります。

2:自由度が低い

総合商社と専門商社の違いとは?それぞれの強みと弱み3つ
専門商社は取り扱っている商品が限られていますから、専門部や以外のノウハウがありません。自由度が低く、知識が無いことに関しては顧客をサポートする事もできません。自由度の高い総合商社と比べると、仕事の範囲が決められてしまうので不自由に感じるでしょう。

さまざまな事にチャレンジしたい人は総合商社が向いており、専門性の高い分野を突き詰めていきたい人は専門商社でやりがいを感じられるでしょう。

総合商社や専門商社に転職する際に利用したい転職エージェント10選

総合商社と専門商社の違いとは?それぞれの強みと弱み3つ
商社で働くにはある程度のスキルが必要になってきます。どのような職を希望するのかを考えて資格取得をしておきましょう。転職をする時は、ハローワークや転職エージェントを利用して、幅広い手段を使って進めていくと良いでしょう。

ここで紹介する転職エージェントは、インターネットに掲載されていない求人情報を紹介してくれる企業です。上手にエージェントを活用して、念願の商社へ転職しましょう。

1:マイナビエージェント

マイナビエージェントは、IT系やメーカーの求人が多めですが、商社の求人も紹介してもらえます。はじめて転職する人に対応した「未経験」の求人や「第二新卒」の求人が多くあるのが特徴です。20代で商社に転職をする人は利用してみましょう。

各業界に精通したキャリアアドバイザーと共に、専任制で商社への転職をサポートしてくれます。丁寧なアドバイスを心掛けているので、未経験者でも利用しやすいサービスです。

2:パソナキャリア

人材派遣の大手パソナキャリアは、独自の案件が多い転職エージェントです。他の転職エージェントでは紹介されない求人を紹介してもらえるでしょう。対面サポートでは東京・大阪・名古屋が利用できます。

約67%以上の人が年収アップをしており、商社への転職も期待できるでしょう。無料登録で利用できて、登録時に履歴書や職務経歴書はいりません。希望の専門商社が見つかるか登録してみましょう。

3:doda

doda転職エージェントは、専門スタッフが就職活動をバックアップしてくれます。利用者の希望や適性を考えて自分に合った総合商社や専門商社を紹介してくれます。はじめての転職にも安心な、履歴書や職務経歴書の書き方もキャリアアドバイザーがサポートしてくれます。

また、面倒な書類提出や言いにくい条件も代行してくれて、誰でも安心して転職ができます。大手のエージェントですから登録して損は無いでしょう。

4:JACリクルートメント

JACリクルートメントは、イギリスが資本の外資系会社です。成長企業や外資系の求人が多く登録されているのが特徴です。希望する商社の担当者と直接関わって、転職を進めていくのが特徴です。

どのような雰囲気な商社なのか、具体的な様子を聞けるので転職後のイメージがしやすいでしょう。総合商社と専門商社で迷っている人は、担当者の話を聞きながら絞り込んでも良いでしょう。

5:リクルートエージェント

リクルートエージェントは、転職支援実績NO1のサービスです。一般の求人サイトに紹介されていない、非公開の案件を20万件取り扱っています。今まで見つけることができなかった商社の案件に巡り合えるでしょう。

在籍しているキャリアアドバイザーは、各業界に精通した経験豊富な人ばかりです。利用者の希望やスキルを考えながら求人広告を見つけてくれます。希望する総合商社や専門商社へ転職をサポートしてくれます。

6:ビズリーチ

ビズリーチは厳密に言うと転職エージェントではありません。転職エージェントやヘッドハンターの情報をまとめて紹介しているサイトです。ビズリーチに登録をすると数多くのメールが届くようになります。全てをチェックして気になる内容にだけ返信する形になります。

ビズリーチはレベルの高い転職情報を多く取り扱っています。希望する総合商社と専門商社を見つけて転職を成功させましょう。

7:Spring転職エージェント(アデコ)

アデコグループの転職エージェントです。アデコはスイスに本社を構える人材サービス会社です。世界60か国に展開する、グローバルな求人情報と長年の実績があります。

大きな特徴は、専門分野に精通したコンサルタントが希望に沿った質の高い求人を提案してくれます。希望する総合商社や専門商社が見つかったら、利用者と企業の両方を担当します。新たな商社で長期的に活躍できるようにアドバイスをしてくれます。

8:type転職エージェント

首都圏の求人を中心に取り扱っている転職エージェントです。都心で働く事を希望している人に向いており、豊富な情報量で企業の内容が良くわかります。ここの案件は非常に細かく記載されており、企業が求めている情報がわかりやすいです。

自分が求めている、総合商社と専門商社の条件と一致しているか確認して利用することができます。

9:ワークポート

ワークポートは、転職コンシェルジュと呼ばれるスタッフがきめ細かなサポートで再就職を応援してくれます。データ解析によって示された内容を基に、自分に最適な就職先を提案してくれます。今まで気が付かなかった点を発見し、将来を見据えた転職先を提案します。

転職活動中は、eコンシェルジュを使って状態を確認しながら転職を進めていきます。好きな時間に状況を確認し面接を予約する事ができるので、働きながらの転職に利用しやすいです。

10:ハタラクティブ

ハタラクティブは、未経験の求人を数多く取り扱っています。はじめて総合商社や専門商社へ転職する時に役立つでしょう。転職アドバイザーはマンツーマン対応で、きめ細かくサポートします。アドバイザーが直接企業を訪ねて仲介するので、応募企業の様子を知ることができます。

働きながらでも再就職を進めやすくするために、面接日の調整も仲介に入って調整してくれます。20代で商社考えている人におすすめのエージェントです。

総合商社と専門商社の違いを理解しよう

総合商社と専門商社の違いとは?それぞれの強みと弱み3つ
総合商社と専門商社は業務内容が異なりました。専門知識を持っていたり、やりたい事が具体的に決まっているなら専門商社を選ぶと良いでしょう。総合商社は幅広い経験ができるので、大きな事にチャレンジしたい人に向いています。

商社を希望するなら、どちらのタイプが良いのか考えて転職を成功させましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related