Search

検索したいワードを入力してください

2019年08月16日

コミュニケーションデザイナーの仕事内容3選|仕事で必要なこととは?

本記事は、コミュニケーションデザイナーに興味があるという方を対象にしたもので、役割や仕事の内容、平均年収、コミュニケーションデザイナーとして必要なことを説明しています。ぜひ参考にして、コミュニケーションデザイナーについて知りましょう。

コミュニケーションデザイナーの仕事内容3選|仕事で必要なこととは?

コミュニケーションデザイナーとは

コミュニケーションデザイナーとは、企業がお客さまとの関係をよりよいものにするためには、どのようなことをするべきかということを考える仕事をする人のことを言います。

このコミュニケーションという言葉の意味には、意思を疎通させるというものであり、企業側からコミュニケーションをとることで、お客さまと良い関係を築くことができます。

コミュニケーションデザインとは

コミュニケーションデザインとは、企業が自社の商品やサービスを販売するためにマーケティングを行うということに近い意味を持っています。その中で、お客さまとのつながりをよりよいものにするための方法を考えることを言います。

また、デザインという言葉の意味には、自社が抱えている問題を解決することができるようなアイデアを生み出すという意味もあります。

コミュニケーションデザイナーの役割

コミュニケーションデザイナーの役割は、お客さまに自社の商品やサービスを宣伝する方法を考えるというものがあります。

どのような方法で宣伝することで、より自社の商品やサービスの魅力が伝わるのかということを考えます。

また、コミュニケーションデザインをする際は、手段も大切ですが、行うことの目的が重要で、宣伝方法を考えるだけでなく、どれだけ魅力を伝えることができるかということも考える必要があります。

コミュニケーションデザイナーの仕事内容3つ

コミュニケーションデザイナーの仕事内容にはいくつかのものがあります。

その中で、本記事では、新商品のメディア広告を企画制作する、Webディレクターの仕事に似ている、新しいアイデアやデザインを使って解決するという3つの仕事があります。

コミュニケーションデザイナーについて知りたいという方は、このような仕事内容をしっかり把握しておく必要があります。

コミュニケーションデザイナーの仕事内容1:新商品のメディア広告を企画制作する

コミュニケーションデザイナーの1つ目の仕事内容は、新商品のメディア広告を企画制作するということです。

自社の新商品を多くの方に知ってもらうためには、テレビなどのマスメディアだけでは知ってもらうことができないという可能性も十分にあります。

そこで、コミュニケーションデザイナーは、マスメディア以外の他のメディアを活用して、自社の新商品を宣伝する広告を企画制作します。

コミュニケーションデザイナーの仕事内容2:Webディレクターの仕事に似ている

コミュニケーションデザイナーの2つ目の仕事内容は、Webディレクターの仕事に似ていることをするということです。

まず、Webディレクターとは、ホームページの作成や改善、改修をするという仕事を行います。

そして、コミュニケーションデザイナーは、現在多くの人が利用しているSNSを活用していることが多くなっています。このようなSNSを活用してコミュニケーションを改善しているという仕事を行っています。

コミュニケーションデザイナーの仕事内容3:新しいアイディアやデザインを使って解決する

コミュニケーションデザイナーの3つ目の仕事内容は、新しいアイデアやデザインを使って解決をするということです。

コミュニケーションデザイナーは、デザイナーとしても仕事も担っており、自社にこれまではなかったアイデアやデザインを作成します。

このような新しいアイデアやデザインを活用して、企業がお客さまとコミュニケーションを取る際に足りなかった部分を解決していきます。

コミュニケーションデザイナーの平均年収は?

コミュニケーションデザイナーは、最近できた仕事であるため、平均年収に関する統計的なデータは少ないですが、平均年収は、400万円~800万円といわれています。

また、コミュニケーションデザイナーで正社員として働く人とアルバイトとして働く人の平均年収は異なってきます。本記事では、それぞれの年収の違いも説明していきます。ぜひ参考にしてください。

正社員の場合

コミュニケーションデザイナーの正社員の平均年収は、500万円程となっています。

また、ボーナスも問題なく支給されるため、これ以上の年収を得ることも可能となっています。

しかし、一部の口コミでは、残業が多くなり、業務時間に見合った給料をもらうことができないという声もあるため、コミュニケーションデザイナーとして働く前に、就職する企業のことをしっかり把握しておく必要があります。

アルバイトの場合

コミュニケーションデザイナーのアルバイトの平均年収の統計的なデータは出ていませんが、正社員の500万円よりも低い金額となっています。

繁忙期と閑散期での仕事の量の差が激しいため、多くもらえる月とそうでない時があります。コミュニケーションデザイナーとしてアルバイトをする際は、このようなこともしっかり把握しておく必要があります。

コミュニケーションデザイナーに必要なことは?

コミュニケーションデザイナーとして働くためには、いくつかの必要なことがあります。

その必要なこととは、幅広い経験とWebでのコミュニケーションを設計すること、コンテンツに企画力と制作力あることという3つのことです。

また、幅広い経験のなかには、広報やマーケティングの経験が必要となり、Webでのコミュニケーション設計のなかには、SNSを運用することの能力が必要となります。

幅広い経験がある

コミュニケーションデザイナーとして働くためには、幅広い経験が必要となります。

その中でも、広報やマーケティングとしての経験が重宝される傾向があり、このような経験があることによって、お客さまとよりよい関係を築く手段を考える際に、どのような方法を取るべきかということを考えやすくなります。

また、そのような戦略を考える能力もマーケティングの経験を積むことで得ることができるので、重要となります。

広報やマーケティング

広報とは、自社の商品やサービスを市場で知ってもらうことを目的としたマーケティングの一部となっています。

また、マーケティングとは、広報も含んだ、消費者や市場の動向を分析して、新たなお客さまを見つけたり、それに基づいた戦略を立てるということを指します。

コミュニケーションデザイナーは、このような能力が必要とされ、広報やマーケティングの能力を基にお客さまと良い関係を築いていきます。

WEBでのコミュニケーション設計

コミュニケーションデザイナーとして働くためには、Webでのコミュニケーションを設計する能力も必要となります。

現代は、Webでコミュニケーションをすることが多くなり、このような能力は必須となります。

また、近年では、SNSを通じた自社の商品やサービスを宣伝することも効果的な方法であるため、このようなSNSを運用することのできるスキルも必要となります。

SNSの運用能力

コミュニケーションデザイナーとして働くためには、SNSを運用する能力が必須となります。

近年では、FacebookやTwitter、InstagramなどのSNSが流行しており、多くの企業は、このようなものを活用して宣伝活動を行っています。

そのため、これまでに企業のアカウントまたは個人のアカウントを運用した経験があるという実績が重宝され、企業からコミュニケーションデザイナーとして必要とされます。

コンテンツ企画力や制作力がある

コミュニケーションデザイナーとして働くためには、コンテンツの企画力や制作力があるということも必要とされます。

このような能力があることによって、コミュニケーションデザインや宣伝の方法が幅広くなり、より多くのお客さまと繋がることができます。

コミュニケーションデザイナーについて知ろう

本記事では、コミュニケーションデザイナーについて、またその役割を説明してきました。また、コミュニケーションデザイナーの仕事内容や働くために必要なことなどを説明してきました。

コミュニケーションデザイナーとして働くことはどのようなことなのかということを知りたい方は仕事内容などは、必ず把握しておく必要があります。

そして、把握したうえで、さらにコミュニケーションデザイナーについて理解していきましょう。

Related