Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月21日

2Dデザイナーの仕事内容5つ|2Dデザイナーに必要な能力や資格とは?

2Dデザイナーはドットを利用してイラストを描きますが、時に3Dの技術も必要になる場合もあるため3Dの知識や技術を身に付ける必要があるでしょう。仕事内容はただ平面のイラストを描くだけでなく、設定などを話し合うためにコミュニケーション能力が必要です。

2Dデザイナーの仕事内容5つ|2Dデザイナーに必要な能力や資格とは?

2Dデザイナーとは

2DデザイナーはAdobe Photoshopなどのイラスト用ソフトウェアを利用し、平面のイラストやグラフィックを描くデザイナーです。3Dデザイナーがポリゴンを駆使してイラストを作成するに対し、2Dデザイナーは主にドットを駆使します。

2Dデザイナーの仕事内容は、主にCorel PainterやPhotoshopなどの描画ソフトウェアを利用し、グラフィックを作成することです。

2Dデザイナーのニーズ

2Dのアニメーションを動かすためのLive2D、Spineなどのツールが活かされるようになっているため、これから可能性が広がっていく傾向にあります。

今後は仕事内容も新しくなり、新たな技術やツールが開発されることが予想されるため、最新の除法を把握し、新しいことに色々と挑戦していきましょう。挑戦心を持つことで、2Dデザイナーの価値は次第に高くなっていきます。

2Dデザイナーの将来性

現代はアニメやゲームの世界でCGが活用されるシーンが多く、色々な業界で需要がこれから大きくなっていくことが考えられるのが2Dデザイナーという仕事です。スマホアプリの人気が高いことを理由に、2Dデザイナーは将来性がある職種となるでしょう。

IT技術がこれから発達することが見込まれるため、仕事内容や環境が変わっていく可能性があることが考えられており、最新の技術や知識を取り入れられる人が向いています。

2Dデザイナーの平均年収

2Dデザイナーの平均年収は300万円~450万円が目安で、全体で約26%です。次に500万円代が約21%ですが、仕事内容や環境によってやや変動します。またゲーム業界全体が3Dを取り入れてきているため、2Dデザイナーの収入はやや低めです。

2Dデザイナーで活躍する人は、フリーランスで働く人が現在は増えてきています。フリーランスの場合は、本人の努力次第で収入を望めるでしょう。

2Dデザイナーの仕事内容5つ

2Dデザイナーという業種名は聞き覚えがあっても、仕事内容までを把握している人は少ないでしょう。2Dデザイナーは名前のとおり、平面でアニメやゲームキャラクターのデザインをする人です。

キャラクターのデザインだけなく、ユーザーインターフェイスや背景もデザインすることがあります。しかし2Dだけにこだわらず、実は3Dの知識も求められます。ここからは、2Dデザイナーの仕事内容を詳しく見ていきましょう。

2Dデザイナーの仕事内容1:キャラクターデザイン

2Dデザイナーの仕事内容1つ目は、キャラクターデザインです。担当の2Dデザイナーがキャラクターをデザインし、アニメーションが必要な場合はそのゲームの世界観、ターゲットにする年齢層から判断して動作を付けていきます。

方法は色々とありますが、標準的なのはパラパラマンガのように、ポーズ全身を一枚ごとに描いて早く動かしていくという方法です。手間はかかりますが、格闘ゲームでは最も取り入れられています。

2Dデザイナーの仕事内容2:背景デザイン

2Dデザイナーの仕事内容2つ目は、背景をデザインすることです。建物の中や屋上、また森や火山のふもとなどをデザインします。また火山の噴火や風が吹いて木の葉が揺れるような様子の他に、格闘ゲームでの攻撃を受けた際に出てくるエフェクト効果もデザインします。

キャラクターのステータスや、FPSゲームなどに表示されるスコアおよび結果表示画面などもデザインすることがあるでしょう。

2Dデザイナーの仕事内容3:UIデザイン

2Dデザイナーの仕事内容3つ目は、UIデザインです。UIはユーザーがアプリやウェブサイトを快適に利用するための物で、サイトごとに利用されている字体や入力欄、イラストなど色々な物が対象です。いかに使いやすい物をデザインできるかが重要視されます。

UIデザインが大切な理由は、優れているかどうかでサービスの使いやすさに影響を与えるためです。UIデザインが悪いと、欲しい情報を見つけにくくなるでしょう。

2Dデザイナーの仕事内容4:2Dモーションのデザイン

2Dデザイナーの仕事内容4つ目は、2Dモーションのデザインです。戦闘や会話にキャラクターの動きを合わせ、動作を付けていきます。キャラクターの表情にも動作を付けたりするため、キャラクターに命を吹き込む大切な役割です。

使用するツールは、動作を付けるためのSpineやLive2Dなどの専門性の高い物を使う必要があります。アニメーションの演出に合わせ、見栄えが良くなるように動かす必要があるでしょう。

2Dデザイナーの仕事内容5:UXデザイン

2Dデザイナーの仕事内容5つ目は、UXデザインです。UXは、ゲームのステータス画面やボタン操作などの機能面や操作性をより良くするする仕組みを表します。

ただ理解しやすかったり使いやすいだけでなく、利用者のやりたいことや行動性を把握し、心地良く楽しい物の実現を目指しています。上記のUIデザインとの違いは、UXはUIをデザインするために必要です。そのためUIは、UXの一部と言われています。

2Dデザイナーに必要な能力5つ

2Dデザイナーに求められる能力は、主にコミュニケーション能力とハイレベルなデザイン力です。デザイン力を求められる理由は、2Dでも平面のデザインだけを上手にできていれば満足という訳ではありません。

2Dデザイナーは仕事内容によって、キャラクターや背景などを話し合う必要があるため、コミニュケーション能力が求められます。ここからは、2Dデザイナーに必要な能力について確認していきましょう。

2Dデザイナーに必要な能力1:ソフト技術

2Dデザイナーはソフト技術が必要な能力で、基本的にグラフィックツールやデザインツールの使用は仕事内容に含まれます。IllustratorやPhotoshopだけでなく、Live2Dなどの新しいツールも使えるようになる必要があるでしょう。

2Dにこだわらず、3Dツールも使いこなせていなければいけません。ただしZbrushやMaya、3Dcoatなど企業ごとで使うツールは異なります。

2Dデザイナーに必要な能力2:美術的技術

2Dデザイナーは美術的技術が必要な能力で、2Dツールだけを使えれば良いという訳ではありません。2Dデザイナーはキャラクターのデッサンを行える美術的技術、キャラクターを生み出す発想力を求められます。

流行や人気の物などを吸収する情報力も合わせて必要です。これは2Dデザイナーにこだわらず、デザインに関する仕事内容で必要とされるスキルなので、自分の得意分野を身に付けておきましょう。

2Dデザイナーに必要な能力3:流行への関心

2Dデザイナーは流行への関心が必要な能力で、バーチャルなどの仮想世界に積極的に取り入れます。2Dデザイナーは最近人気が高く、仕事内容が難しいため経験と高い技術が必要です。

スマートフォン業界は特に品質の高さとスピードが欠かせないため、2DだけでなくCG技術を活かした仕事が多く、効率的に業務をこなすことが求められます。最近の2Dデザイナーはパソコンの知識が必要なので、パソコンに詳しいと就職に有利です。

2Dデザイナーに必要な能力4:ドット絵の技術

2Dデザイナーはドット絵の技術が必要な能力で、2Dデザイナーはドット絵と関わりが深いです。ファミコンなどのゲームを作る際に、2Dデザイナーがドット絵を描く場合は色の数が限定されています。

アニメーションの制作も仕事内容に含まれ、パラパラマンガを描く要領で作成していきます。そのアニメーションを作成するのに必要な枚数の画を描き、順番に表示させるという方法です。

2Dデザイナーに必要な能力5:カード画の技術

2Dデザイナーはカード画の技術が必要な能力で、近年はカードゲームが流行っており、特にスマホのカードゲームが支持されています。収集するだけのカードゲームに向けたイラストはもちろん、テレビやスマホのゲームとなると必要な絵の枚数はとても多いです。

レアリティごとに画像に加工を施す必要があるため、バッチ処理などの自動で画像加工をしてくれるツールを行う場合があります。描画の他にも仕事内容はたくさんあります。

2Dデザイナーになるために有利な資格4選

資格がなくても2Dデザイナーになることはできますが、スキルアップのために必要な資格を持っておくと良いでしょう。例えばCGクリエイター検定は2Dだけでなく3Dのデザインの際に必要な技術を身に付けることができます。

色彩検定は色に関する理論を身に付ける資格で、色彩感覚あ必要なデザイナーは取得しておくと後でためになるでしょう。その他にも2Dデザイナーには必要な資格があるので、これから紹介します。

2Dデザイナーになるために有利な資格1:Photoshopクリエイター能力認定試験

Photoshopクリエイター能力認定試験は、仕事内容に関わりがある資格です。Photoshopソフトで、画像の加工や編集の能力が身に付くでしょう。デザイン業界での就職を考えている方は、取得していきます。

試験のレベルはスタンダードとエキスパートの2種類で、スタンダードは指示のとおりに正確にできるかを見ており、エキスパートは依頼先の要望に応えられる資料を作れるか銅貨を判断します。

2Dデザイナーになるために有利な資格2:Illustratorクリエイター能力認定試験

Illustratorクリエイター能力認定試験は、DTP業界において標準レベルの「Illustrator」の能力を測っています。民間資格ですが、取得することでDTP業界に通用するためどんな仕事内容に対応することができるでしょう。

フリーランスとして仕事をする際には、取得すると十分に活躍することができます。試験内容はスタンダードとエキスパートの2種類で、どちらも2回に分けて試験を行います。

2Dデザイナーになるために有利な資格3:CGクリエイター検定

CGクリエイター検定は2DCGの基礎やデザインの仕方、映像制作の基本知識などを身に付ける資格です。3DCGを製作する際の知識や技術に関して問われ、色々な仕事内容に対応することができます。

試験形式はベーシックとスタンダードの2種類で、ベーシックは2Dと3Dの基本的な知識と静止画の制作の仕方を身に付けます。エキスパートは3DCGを利用して映像に関しての知識と能力を測り、難易度はさらに高くなります。

2Dデザイナーになるために有利な資格4:色彩検定

色彩検定は色に対する資格で、2Dデザイナー以外の色々な分野で活躍します。色彩検定を持っているだけで、色に対する技術や知識が身に付き、色に関する仕事に役立てられるでしょう。

ゲームキャラクターの衣装のデザインや色合い、背景のデザインなど仕事内容で色を扱う場合は役に立ちます。また合格率は50%なので、比較的取りやすい資格です。

2Dデザイナーの仕事内容について知ろう

2Dデザイナーは、2Dに関する仕事ができれば十分だという訳にはいきません。3DのCGやデザインの技術を要する場合があるため、3Dの技術や知識を身に付けておく必要があるでしょう。

キャラクターや背景などの駒かな部分も話し合って決めなければいけないため、コミュニケーション能力も大切です。仕事内容は一人で行うことばかりかと思いきや、チームごとで作業する場合もあります。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related