Search

検索したいワードを入力してください

ウェブ開発に必要とされる知識6つ|ウェブ開発者の現状や仕事内容は?

初回公開日:2020年01月29日

更新日:2020年01月29日

記載されている内容は2020年01月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

ウェブ開発に必要な知識と環境についてザックリとまとめました。知識についてはプログラミング言語だけの知識ではなくどのように業務をおこなうのか現場の状況も紹介しています。環境についてはウェブシステムの開発がどれほど実行しやすいのかまとめました。

ウェブ開発に必要とされる知識6つ|ウェブ開発者の現状や仕事内容は?

ウェブ開発者とは?

ウェブ開発に必要とされる知識6つ|ウェブ開発者の現状や仕事内容は?
ウェブ開発者とはどのような仕事なのでしょうか。ここではウェブ開発の「仕事内容」「平均年収」「現状」「プログラマーの違い」について触れながらウェブ開発者について紹介します。

ウェブ開発の仕事内容

ウェブ開発者は、ウェブデザイナーとプログラマーの仲介役です。

ウェブデザイナーがウェブサイトのアイデアを考え、ウェブ開発者は仕様通りに構築します。プログラマーはツールの完成までを担当し、ウェブ開発者はおそらくサイトのアップデート、保守をおこなうことになります。

それでは、ここでウェブ開発における必要とされる知識やツールに関して紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

ウェブ開発者の平均年収

ウェブ開発者の平均年収は、456万円となります。

年収は、企業によって大きく異なってきます。メガベンチャーと呼ばれる企業では、新卒でも年収が400万越えることも珍しくありません。現在、ウェブ業界では歴史が浅くこれからさらなる成長が期待される業界です。

業界全体の給与水準も底上げされていくことも期待できるでしょう。ウェブ開発の現場がいかに将来性があるかを知ることができます。

ウェブ開発者の現状

ウェブ開発者の現状として、年々成長が期待されて、実際に成長が著しい業界のひとつであると言われています。特に近年では、スマートフォンやタブレットといった時代の最先端のシステムが一気に普及されたことがおおいに理由として考えられます。

その一方で、有能な人材が集まらないといったデメリットもあります。

有能な人材が集まらないといった理由のひとつに、他の業界に比べてウェブ開発の現場が新しい業界であることが挙げられます。

ウェブ開発者とプログラマーの違い

プログラマーは、全く新しいアプリケーションか古いソフトウェアに上書きとして追加して一方ウェブ開発者はウェブサイトの見守りに特定の部分に重点を置くことです。

プログラマーとウェブ開発者の2つの違いについて考えてみましょう。

プログラマーは古いアプリケーションのコードを解読し、新機能を追加することを基本的におこないツールの完成までを担当します。一方ウェブ開発者は、サイトのアップデートや保守をおこないます。

ウェブ開発に必要とされる知識6つ

ウェブ開発に必要とされる知識とはどのようなものでしょうか。ここでは、ウェブ開発に必要とされる知識として「サーバOS」「Webサーバ」「プログラミング言語」などについて触れながら、必要とされる知識を紹介します。

ウェブ開発に必要とされる知識1:サーバーOS

サーバーOSとは、一般のOSとは違い高いインターネットの性能と安定感を求められるサーバー用に安定性を最優先に設計されたOSのことです。

クライアントと呼ばれる多くのコンピューターから接続の要求に応えるためにいくつかサービスを提供したり、それらを遠感覚から管理したりするためのサービスも求められます。

サーバーOSは主にそれぞれ適性が異なるために使用要素によってどのサーバーOS使用するのか判断することが必要となってきます。ウェブ開発に必要となる知識のひとつです。

ウェブ開発に必要とされる知識2:Webサーバ

Webサーバとは、Webブラウザからのリクエストに応じて静的画面や画像を表示するデータをWebブラウザーに送る働きのサーバーのことです。

Webサーバーは、利用者が手元で操作するwebブラウザなどのクライアントからの要望に自身の管理するデータなどを送信することができます。

サーバーと聞くと難しく聞こえるかも知れないが、会社が用意したパソコンにインターネット越しにそのパソコンのデスクトップやフォルダの中などを閲覧できるようにしています。

ウェブ開発者に必要とされる知識3:プログラミング言語

プログラミング言語とは、コンピュータへの指令であるプログラムを書くのに使われコンピュータに解釈できるように作られた人工言語で、プログラム言語もしくは、プログラミング言語とも呼ばれています。

他にも人の使う自然言語とあまりにもかけ離れてしまうとプログラムの作成効率が悪くなるため、人間に理解しやすい記号や、代数表現などを用いて開発されています。ウェブ開発の現場では最も重要な知識とも言えるでしょう。

ウェブ開発に必要とされる知識4:データベース

データベースとは、ある特定の条件に当てはまった大量のデータを集めて、追加、削除、検索など後で使いやすい形に整理した情報のかたまりのことを表します。

データベースを使用することによって複数のデータをまとめて管理でき、簡単に編集することができるようになっています。

ウェブ開発に必要とされる知識5:UIデザイン

UIデザインとは、ユーザーがWebサイトやアプリを快適に使用するための設計です。

UIの意味として、UserInterfaceと呼ばれておりInterfaceの意味には「境界面」、「仲介」などの意味があります。

UIの例として、Webサイトのフォント、イラスト、入力欄などありとあらゆる部分がUIとして利用されています。ウェブ開発の現場では、いかにユーザーにとって使いこなせるものにできるのかがUIデザインの本質です。

ウェブ開発に必要とされる知識6:企画と設計

企画と設計とは、プログラミングする前にどのようにウェブを作るのか企画し設計することです。

最初の設計がとても重要になってきており、しっかり考えて作らないとつじつまが合わない設計や、あとから機能をつけることを忘れてしまうなど、かなりの大ダメージとなることも有りうるので企画と設計はウェブ開発で重要な役割になっています。

ウェブ開発に使う代表的なプログラミング言語5選

ウェブ開発に使う代表的なプログラミング言語にはどのようなものがあるのでしょうか。ここでは「Java」「Ruby」「PHP」といったプログラミング言語に触れながら代表的なものを紹介します。

ウェブ開発に使う代表的なプログラミング言語1:Java

Javaとは、様々な分野で人気の高いプログラミング言語のひとつです。

過去の言語の仕様を受けつかずに新たに設計されており、強力なセキュリティー機構や豊富なネットワーク関連の機能が標準で用意されており、ネットワーク環境で利用されることを強く意識した仕様となっています。

Javaで開発されたソフトウェアは特定のコンピュータ機種などに左右されることなく、大体のプラットホームに適用しているため、ウェブ開発で比較的使用されている言語のひとつです。

ウェブ開発に使う代表的なプログラミング言語2:Ruby

Rubyとは、他のプログラミング言語とは違い、楽しくプログラミングできるように設計された初心者が学習しやすいプログラミング言語です。

また、日本で開発された初めてのプログラミング言語です。プログラミング言語の未経験者でも比較的早くに技術習得のできる言語のひとつとなっているため初心者にはおすすめのプログラミング言語となります。

ウェブ開発に使う代表的なプログラミング言語3:PHP

PHPとは、サーバーサイトで動作するプログラミング言語です。

PHPは動的なWebページの製作が可能となっており、動的なWebページで比較的有名なのがGoogle Chromeでの検索です。プログラムが定められたルールに従って自動で生成して対応しているものとなっています。

その他にTwitterも動的なWebページとなりユーザーごとや時間帯ごとによって表示するコンテンツを変えることができます。

ウェブ開発に使う代表的なプログラミング言語4:Java Script

Java Scriptとは、ユーザーとWebサイトやWebサービスとのやりとりの幅を広げる言語です。

例として、文字サイズやデザイン色の変化などWebページに動きを出すために幅広く使用されています。

ブラウザさえあれば、動作の確認といった開発環境がそろうため学習しやすい言語です。Web業界の幅広い分野やウェブ開発の現場などに携わりたい方にはおすすめの言語となっています。

ウェブ開発に使う代表的なプログラミング言語5:Python

Pythonとは、少ない文量で簡単にプログラムがかけたり、読みやすいので誰でも同じような構文に仕上げることができるプログラミング言語となっています。

規模が大きく複雑になりコードが見づらくなることによる読み間違いや書き間違いなどのミスの発生を減らし、覚えやすく扱いやすい言語となっています。

今や、「人工知能」や「ウェブ開発」、「教育の分野」など幅広い分野で使用されている言語となります。

ウェブ開発に必要なツール4選

ウェブ開発に必要なツールにはどのようなものがあるのでしょうか。ここでは「PC」「テキストエディタ」「ブラウザ」などに触れながらウェブ開発に必要なツールを紹介します。

ウェブ開発に必要なツール1:PC

PCとは、パーソナル・コンピュータを省略したものでユーザーから指示を与えることで様々な処理を実行するものです。

パソコンは、「個人の」という意味ですからパソコンとは個人用コンピュータとなり、普段は触れることのなかったコンピュータを身近にしたものです。

つまり、現在のデスクトップ型やノート型だけがパソコンではなくタブレット端末やスマートフォンもパソコンと呼べるのです。ウェブ開発には無くてはならないものです。

ウェブ開発に必要なツール2:テキストエディタ

テキストエディタとは、コンピュータで文字情報のみのファイルやテキストファイルを作成、編集、保存するためのソフトウェアです。

メモ帳とは違う点として、色を付けることができて特定の文字数で改行や折り返しができるように使いやすいようにカスタマイズされています。

そのため、プログラミング言語で書かれたものの作成や編集する作業ではよく使用されることが多いです。また、Windowsにも「メモ帳」というソフトが付いていますがこちらもテキストエディタとなります。

ウェブ開発に必要なツール3:ブラウザ

ブラウザとは、本来はコンピュータの様々な閲覧のためのソフトウェア一般を指す言葉で、単にブラウザと言っても、Webブラウザのことを指す場合が多いです。

ウェブブラウザはウェブページを閲覧するためのアプリケーションソフトウェアのことです。URLより指定されたサーバーよりHTMLファイルや画像データなどを取り寄せて、その内容を解析し人が実際に見やすいようにウェブページを表示する働きを持っています。

ウェブ開発に必要なツール4:HTML

HTMLとは、Webページの文字や画像、文章といった土台となる要素を構成するための重要なツールです。HTMLタグで印をつけて、Webページを構造化することからHTMLはマークアップ言語と呼ばれています。

HTMLにて製作したWebページは、誰でも同じタイミングでアクセスすれば同じコンテンツを閲覧することができて、Webページをブラウザに表示するための書き方やルールになります。そのため、HTMLの書き方やルールを学ぶことでウェブ開発の知識に繋がります。

開発の現場を知ってウェブ開発者として活躍しよう!

最後になりますが、現在ウェブ開発業界は比較的右肩上がりの業績となっており将来に期待を十分に持てる業界となっています。

一方で、ウェブ開発に関して未経験となるとまず知識を増やすことから始まるので知識を知らない人からすれば、知識を詰め込むのに精一杯ということもあるでしょう。

その一方で、今や多くの方々に使用されているパソコンの知識を学ぶことはウェブ開発に役に立ちますのでぜひこの記事を読んで参考にしていただけたらと思います。

Related