Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月10日

iOSのデベロッパーになるための5ステップ|おすすめの書籍4選

近年、iOSのアプリを開発するデベロッパーという仕事が人気です。iOSのデベロッパーになるためには、どのようなことを学べば良いのでしょうか。ここではiOSのデベロッパーになるための5つのステップと、おすすめの書籍をご紹介します。ぜひ読んでみてください。

iOSのデベロッパーになるための5ステップ|おすすめの書籍4選

人気の仕事iOSのデベロッパーとは

iOSのデベロッパーになるための5ステップ|おすすめの書籍4選
近年、iOSのデベロッパーという仕事が人気ですが、「iOS」や「デベロッパー」という単語になじみがなく、どのような仕事なのかよく分からないという方も多いのではないでしょうか。

iOSのデベロッパーとは、実はスマートフォンやタブレットを使う私たちにとって身近な仕事です。ここでは人気の仕事、iOSのデベロッパーとは何かについてご紹介します。

iOSとは

iOSのデベロッパーになるための5ステップ|おすすめの書籍4選
iOSとは、Appleが開発するオペレーティングシステムのことで、iPhone、iPod touch、iPadの全てのモデルに搭載されています。過去にはiPhone OS、OS X iPhoneという名前でしたが、2010年から現在のiOSという名称になりました。

iOSは世界で2番目によく使われるモバイルオペレーティングシステムで、世界一はGoogleの開発したAndroidです。

デベロッパーの仕事

デベロッパーの仕事は、オペレーティングシステムに対応するソフトウエアを開発することです。スマートフォンで使えるアプリを独自に開発したり、既に開発しリリースしてあるアプリを修正・更新するために、アップデートしたりするのが仕事です。

iOSとAndroidではオペレーティングシステムが違うため、両方にアプリをリリースするには別々に開発する必要があります。

iOSのデベロッパーになるための5ステップ

iOSのデベロッパーになるための5ステップ|おすすめの書籍4選
iOSとはAppleが開発するオペレーティングシステムのことで、iPhone、iPod touch、iPadで使われ、デベロッパーとはオペレーティングシステムに対応するソフトウエアを開発する仕事だということがわかりました。

では、iOSのデベロッパーになるためにはどのようにしたら良いのでしょうか。ここでは、iOSのデベロッパーになるための5ステップについてご紹介します。

iOSデベロッパーへのステップ1:スキルを身につける

iOSのデベロッパーになるための5ステップ|おすすめの書籍4選
iOSデベロッパーになるためのステップ1は、スキルを身につけることです。 iOSでアプリを開発するには、Swiftというプログラミング言語を覚えなければなりません。

まずプログラミング言語を勉強し、次にプログラミング言語を使って簡単なプログラムを作れるようにします。プログラミング言語は難しいため、書籍を購入し学ぶか、プログラミングの勉強会などに行くと良いでしょう。

必要なスキル

iOSデベロッパーになるために必要なスキルは、Swiftというプログラミング言語です。プログラミング言語にはSwiftのほかにもさまざまな言語がありますが、AppleがSwiftという言語を使うことを推奨しているため、iOSデベロッパーになるにはSwiftを学ぶ必要があります。

また開発ツールは英語のため、英語をある程度理解し読めることが、iOSデベロッパーになるために必要なスキルです。

iOSデベロッパーへのステップ2:道具をそろえる

iOSのデベロッパーになるための5ステップ|おすすめの書籍4選
iOSデベロッパーになるためのステップ2は、道具をそろえることです。 iOSデベロッパーになるには、プログラミング言語を使用するためのパソコンが必要です。

アプリ開発自体は開発ツールを使えばWindowsでもできますが、Windowsでできるのはデバッグまでで、アプリの配布・公開は未対応です。アプリ公開までを行うには、Macが必要になります。

必要なもの

iOSデベロッパーになるために必要なものは、プログラムを組むためのMacです。

Macを持っていればAppleが無料で配布しているXcode(エックスコード)という無料の統合開発ツールをダウンロードして使え、アプリの制作からデバッグ、App Store公開までスムーズに作業できます。

iOSデベロッパーへのステップ3:Appleの開発者登録

iOSデベロッパーになるためのステップ3は、Appleの開発者登録をすることです。 Appleの開発者登録とは、アプリをApp Storeで配布するための開発ライセンスのことで、Apple IDを持っていれば登録ができます。

開発者登録は個人でも法人でも可能で、アプリを配布するにはAppleの審査に通る必要があります。Appleの開発者登録には二種類あり、登録料とアプリの公開範囲がそれぞれ異なります。

Apple Developer Programに参加する

Appleの開発者登録には二種類あり、アプリをApp Storeで配布するための開発者登録と、社内用にアプリを配布するための開発者登録に分かれます。

iOSデベロッパーになるには、アプリをApp Storeで配布するための開発者登録であるApple Developer Programに参加する必要があります。 参加するにはApple IDと、ライセンス料として年間99USドルが必要です。

iOSデベロッパーへのステップ4:iOSアプリを作成する

iOSデベロッパーになるためのステップ4は、iOSアプリを作成することです。 再利用可能なプログラムのライブラリを参考にしたり、Appleの公式ドキュメントを読んだりして開発の知識を深め、オリジナルのアプリを作成しましょう。

プログラムが組めたら、Xcodeに付属しているiOSシミュレータでデバッグして、プログラムが正常に動くか確かめます。正常に動くまで何度も修正しましょう。

アプリの登録

アプリを登録するには、iTunes Connectにサインインし、「マイ App」から「新規 App」を選択し、各項目を選択し「作成」を押します。 アプリを配布するには、配布用証明書とApp ID、ストアプロビジョニングプロファイルが必要なので作っておきます。

次に「マイ App」から「リリース対象アプリ」を開き、価格、アプリの説明、スクリーンショット、年齢制限など詳細設定の確認・変更を行います。

アプリのアップロード

アプリを登録したら、iTunesConnectにアプリをアップロードします。 Xcodeでストア公開用のアプリを開き、ProductのArchiveから「Upload to App Store」を押します。

optionを設定し「Next」を押したら、ipaファイルの確認画面が現れるので、証明書やプロファイルの内容を確認し「Upload」を押します。「Upload Successful」と出れば完了です。

iOSデベロッパーへのステップ5:iOSアプリをリリースする

iOSデベロッパーになるためのステップ5は、iOSアプリをリリースすることです。 アプリをアップロードすると処理が行われ、30分程度でアプリを審査へ提出する準備が整います。

iTunes Connectの「App Store」を押し、「{バージョン番号} 提出準備中」を選択します。「ビルド」の横にある「追加」ボタンを押し、審査提出用のビルドを選択して、「保存」で保存します。

リリースに必要なもの

iOSアプリをリリースするための必要なものは、 Apple ID、Apple Developer Programへの参加とライセンス料、配布用証明書とApp ID、ストアプロビジョニングプロファイル、スクリーンショットです。

Appプレビューを設定する場合は、別途Appプレビュー用のデモ動画が必要です。

アプリの審査

iOSアプリをリリースするには、アップルのアプリの審査を通る必要があります。 iTunes Connectの「審査へ提出」を選択し、質問に答え「送信」を押すと、アプリが審査へと提出されます。アプリが審査待ちの状態になるため、メールで審査結果が来るまで待ちましょう。

審査を通ればアプリがリリースとなります。審査が通らなかった場合は、問題解決センターを開いて問題を解決しましょう。

iOSのデベロッパーにおすすめの書籍4選

iOSのデベロッパーになるための5ステップ|おすすめの書籍4選
iOSのデベロッパーになるためには、Swiftというプログラミング言語を覚えることが必要です。プログラミング言語は複雑で難しいため、初心者の方はまず分かりやすい入門書を買い、本を片手にプログラミングしてみることをおすすめします。

初心者におすすめのiOSアプリ開発の書籍はどのようなものがあるのでしょうか。ここでは、iOSのデベロッパーにおすすめの書籍4選をご紹介します。

iOSのデベロッパーにおすすめの書籍1:絶対に挫折しないiPhoneアプリ開発「超」入門

「絶対に挫折しないiPhoneアプリ開発「超」入門」が、iOSのデベロッパーにおすすめの書籍です。iOSの開発書の中で、最も売れているのがこの書籍です。

この本はとことん初心者にわかりやすく、一つ一つの手順を丁寧に解説しており、本を読み進めていく中でサンプルとして、地図アプリやSNSアプリ、カメラアプリが作れます。プログラミング初心者の方、一度プログラミングに挫折した方におすすめの書籍です。

iPhone系のアプリ開発本
基本アプリ開発する中で覚える本になっています。
まず、地図アプリを開発し、ほとんどコーディングなしでアプリが出来ることが体験します。入門前夜として変数やfor分などの最低限の言語の知識をつけた後、部品を理解してゆきます。ボタンがついていて、押すとメッセージが変わるアプリを通じてオートレイアウトを理解しSNSアプリ、カメラアプリの開発ニュースリーダーなど次第に高度なものにトライしてゆきます

すごいです。カメラアプリとか地図とか難しいと思われるものが、「作って覚える」スタイルで進んでゆくのでとてもわかりやすくて良いです。swiftの全体像はわからないもののアプリ課金や公式ドキュメントの読み方までついているこの本、さすがに至れり尽くせりで満足です。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E7%B5%B6%E5%AF%BE%E3%81%AB%E6%8... |

iOSのデベロッパーにおすすめの書籍2:iOSアプリ開発デザインパターン入門

「iOSアプリ開発デザインパターン入門 」が、iOSのデベロッパーにおすすめの書籍です。この本はプログラミング中級者向けの書籍で、プロトコル指向について、iOS開発のTips、MVCやMVVMのデザインパターンなど、iOS開発に必要な設計について学べます。

プログラミング初級者から中級者へのステップアップとして最適な書籍です。

実務経験半年の初心者エンジニアです。
今までオブジェクト指向などなんとなくこんな感じかなー程度でしかわかっていませんでしたが、この本でああそういうことだったのかと気づかされる部分がたくさんありました。オブジェクト指向・プロトコル指向などの概念的な部分をここまでわかりやすく説明できている本はなかなかないのではないでしょうか。そういう意味でiOSアプリ開発者以外の人が読んでも大いに役に立つと思います。

出典: https://www.amazon.co.jp/iOS%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%AA%E... |

iOSのデベロッパーにおすすめの書籍3:これからつくる iPhoneアプリ開発入門

「これからつくる iPhoneアプリ開発入門」が、iOSのデベロッパーにおすすめの書籍です。楽器アプリ、マップ検索アプリ、タイマーアプリなど、豊富な種類のサンプルのアプリを作りながら、Swiftの文法を学べます。

初心者のためにXcodeの使い方が詳しく丁寧に書かれているため、Xcodeの使い方が分からない方、とりあえず動くアプリを作ってみたい方におすすめです。

Swiftの入門書として最高の参考書だと思います。
これまでプログラミングというものに全く触れてこなかった人でも、xcodeというエディタ、Swiftという言語がどのようなものなのかを十分に理解出来るはずです。
多くのプログラミングの参考書や解説サイトの中には「このコードを書けば、この動作が出来ます。」「ここでは〇〇と記述し、あとで解説します。」などコードの記述方法を書き、”何故”そのように記述しなければならないのかを省略したものが間々あります。
しかし、この本ではデリゲート、アンラップといった初心者が最初に抵抗を感じるあろう部分を使うたびに、わかりやすく、丁寧に解説してくれます。ちょっと丁寧すぎるくらいです。笑
ただSwiftを書けるだけでなく、"何故そう記述するか"を理解することができる本です。
反面、高度な内容には全く触れられていないので、続けてより高度な参考書を見つけてレベルアップしていくのが望ましいでしょう。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%81%93%E3%82%8C%E3%81%8B%E3%8... |

iOSのデベロッパーにおすすめの書籍4:本気ではじめるiPhoneアプリ作り Xcode

「本気ではじめるiPhoneアプリ作り Xcode」が、iOSのデベロッパーにおすすめの書籍です。ヤフーのベテランデベロッパーの作者による、iOSアプリ開発の解説書です。Xcodeの入手からアプリ登録・リリースの準備、審査に提出するまでの流れを詳しく学べます。

多少難解ですが、実用的な知識が詰まっています。基礎的な知識があり、実際にアプリを作ってリリースまでたどり着きたいと思っている方に最適な書籍です。

Androidアプリの開発経験はあるものの、iPhoneアプリはまったくの素人…そんな私でしたが、この本と「絶対に挫折しないiPhoneアプリ」で勉強し、わずか1ヶ月でiPhoneアプリをリリースすることができました。「絶対に…」はより入門者向けの内容となっており、プログラム初心者やアプリ開発自体が初めての方に向いていると思います。

一方、こちらはある程度ベースがないと厳しいかもしれませんが、Swiftについてはページを割いて丁寧な説明があり、Xcodeについても豊富なキャプチャ画像で順を追って解説してくれているので、iPhoneアプリの基礎~ちょい実践を学ぶには最適の書だと思います。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E6%9C%AC%E6%B0%97%E3%81%A7%E3%8... |

iOSのデベロッパーを目指そう

iOSのデベロッパーになるための5ステップ|おすすめの書籍4選
iOSデベロッパーの仕事は、iPhone、iPod touch、iPadで使えるアプリを開発したり、既にリリースしてあるアプリをアップデートしたりすることです。iOSデベロッパーになるためには、Swiftというプログラミング言語を覚え、Macを用意して開発者登録をする必要があります。

iOSのデベロッパーになるための5ステップと、おすすめの書籍を参考にして、iOSのデベロッパーを目指しましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related