Search

検索したいワードを入力してください

2019年04月19日

グラフィックデザイナーになるには?求人応募の際のポイント5つ

グラフィックデザイナーの求人を探す際に、必要なスキルは何かから、求人を探す際の注意点を紹介していきます。そして、求人を探す際の、転職エージェントを使うことで得られるメリットは何かから、オススメのサイトをお伝えしていきます。

グラフィックデザイナーになるには?求人応募の際のポイント5つ

グラフィックデザイナーとは?

商品のパッケージやパンフレットのような広告媒体、または、ウェブサイトのグラフィックなどを作成します。雑誌のデザインから、CD・ゲームまた、経験のある方なら、CMも手掛ける方もいるので求人の内容も多岐に渡ります。多くの方は、広告企業に入社します。

実際にグラフィックデザイナーとはどのような仕事なのか、年収から、仕事に必要なスキル、仕事の探し方までをご紹介していきます。

グラフィックデザイナーの仕事内容

グラフィックデザイナーは、主に紙媒体や印刷物のデザインをするのが仕事です。デザイン中で、自分の中にある知識や技術を使い、商品の良さや情報を正しく伝えるのが役目です。

そして、クライアントとの打ち合わせも、大事な仕事の1つです。クライアントが納得できる商品を納品できなければ、修正の依頼は何度も入るのでいつまでも仕事が終わりません。そのため、クライアントのイメージを打ち合わせで形にできるのかが重要になります。

グラフィックデザイナーの年収

グラフィックデザイナーの平均年収は、300万円〜400万円になります。日本の平均年収が420万円ほどになるので、グラフィックデザイナーの年収は作業量の割には他と比べても割に合わない仕事とされています。

ただ一概にグラフィックデザイナーがこの330万円の平均年収だとは言えません。求人では上記の年収が一般的になりますが、フリーランスの場合や独立をするとスキル次第では、1000万以上を稼ぐ人もいます。

グラフィックデザイナーに必要なスキル

グラフィックデザイナーには、商品をPRする際に、視覚的にアピールできるデザイン技術や知識が必要になります。また、企業が扱うグラフィックやデザイン関連のソフトのスキルが必要になってきます。

また、必要な資格はありません。未経験者なら資格を持っていると求人に応募したサインのアピールポイントになりますが、スキルがあれば採用されます。なので、どのようなスキルが必要なのかをお伝えしていきます。

グラフィックデザイナーに必要なスキル1:Illustrrator

Illustratorはアドビ社が提供する、アプリケーションソフトです。グラフィックデザイナーなら使えるのが当たり前のソフトになり、求人に関してはIllustrator資格があるのが前提に載せているものが多いです。

Illustratorには認定試験というものがあり、スタンダードとエキスパートあります。グラフィックデザイナーを目指すなら、スタンダードの認定試験を受けておくと有利になります。

グラフィックデザイナーに必要なスキル2:Photoshop

Photoshopとはアドビ社が提供するアプリケーションソフトです。こちらも、グラフィックデザイナーなら使えるのが当たり前のソフトなので、扱えないようなら求人で雇ってもらうのは難しくなるでしょう。

Photoshopの能力を測定する試験があり、試験の受講資格に制限はありません。なので、グラフィックデザイナーの求人に応募する前に、まずは試験を受けてみるのもいいでしょう。

グラフィックデザイナーに必要なスキル3:色彩検定(R)2・3級

色彩検定では、色についての配色技法や専門分野についてを幅広く学ぶことができます。自分の感覚や経験だけで扱うのではなく、色を見ることにより得られる心理効果や、色彩の調和するための実践的な技術や知識などの、理論の土台を身に付けることができるようになります。

グラフィックデザイナーの求人に限らず、クリエイターの仕事をしている方にもスキルアップをすることができるのでオススメです。

グラフィックデザイナーに必要なスキル4:DTPエキスパート

営業から現場にいたるまで、DTP制作の基礎から応用知識や能力を幅広く身に付けることができます。公益社団法人 日本印刷技術協会が行なっている認証制度であり、パートナーとして活躍できる人物を育成することを目的とする制度です。

時代とともに要求される能力や知識は変化している中で、印刷業界を生き抜いていくための知識や能力を得ることができます。有名な資格なので、キャリアを広げるのにも持っていたい資格になります。

グラフィックデザイナーに必要なスキル5:クライアントの意図を理解するコミュニケーション能力

クライアントが持ってくる仕事は、漠然としたものが多いです。その漠然とした情報を元にデザインを作っても、クライアントによっては却下され、やり直してを繰り返してしまいます。

そのため、グラフィックデザイナーにはこのコミュニケーション能力が重要になります。漠然としたものから、打ち合わせを重ねて、クライアントの意図を読み取り、自分の経験や知識とすり合わせて1つの形にしていきます。

グラフィックデザイナーに必要なスキル6:マネジメント

グラフィックデザイナーの仕事は、決まった形やガイドラインがないので、必ずどこかで見切りをつけて仕事を進めなければなりません。このスケジュールの管理ができないと、納期に間に合わなくなり、信用を落としてしまうことになります。

自分のマネジメントができるようになれば、自分の課題も見えるようになり、スキルアップはもちろん、仕事の機会も増えるでしょう。求人の際には、マネジメントできる方は重宝されます。

グラフィックデザイナーに必要なスキル7:リサーチ力

デザインは、必ず知識と情報がなければ制作してくことはできません。知識は、文字の配置や色による心理効果などのことです。情報は、デザインする商品の情報や、この商品の見込み客になる人や、クライアントの理念などです。

知識や情報に関してはいくら調べても足りません。その中から、いかに必要な情報だけ集めることができるかが、グラフィックデザイナーに必要な力になります。

グラフィックデザイナーの求人を探す際の注意点

グラフィックデザイナーの求人に応募する際には、ポートフォリオが必要になります。あそこのポートフォリオ自体を用意しておかなければ応募することもできません。

また、求人票は数多くあり、全てを自分で見ているようで時間がたらなくなってしまいます。なので、少しでも時間を節約するためにも、求人探す際の注意点を紹介していきます。

グラフィックデザイナーの求人を探す際の注意点1:インハウスデザイナーより収入は低め

メーカーや企業に、その企業専門のデザイナーとして雇われるのがインハウスデザイナーになります。インハウスデザイナーの仕事は、既存のサービスの改善が多く、一からデザインをすることが少ないです。グラフィックデザイナーの方が、スキルアップはしやすいでしょう。

大手企業なら、給与は安定し、労働時間や福利厚生の部分でも条件がいいことが多いです。ですが、中小企業などでは、やはりそれなりの求人条件にはなってきます。

グラフィックデザイナーの求人を探す際の注意点2:ポートフォリオは必ず作成しておく

グラフィックデザイナーだけでなく、クリエイティブな仕事になら共通することですが、ガイドラインが基本的にないので、その人がどのような仕事をするのかがわかりません。ポートフォリオはその仕事のガイドラインになります。

求人の応募の際には、ポートフォリオが9割で判断されてしまい、読み手の立場に立ち、伝えたいことを正しく伝えられるているかを見られます。企業が求めているものがそこにあるのかを見直しましょう。

グラフィックデザイナーの求人を探す際の注意点3:転職エージェントを利用する

業界の全体のことを知るためにも、転職エージェントを利用するのがオススメです。業界に詳しいキャリアアドバイザーが多いので、働き方や給与の平均はどれくらなのかや、自分に合った求人を探してくれるなど、さまざまなサポートをしてくれます。

また、未経験の方のための、実際の面接や採用試験などに向けたサポートもあるので、グラフィックデザイナーになるなら、転職エージェントを利用するのが効率的です。

グラフィックデザイナーの求人を探す際の注意点4:就労支援施設では探さない

都心と地方では、クリエイティブ関係の仕事の求人量には大きな差があるため、ネットや転職エージェントを利用する方が効率がいいです。

地方でも求人は出ますが、数が少ないので、1つに絞るよりもたくさんの企業に応募をする方が自分が探している職場と出会うことができます。

グラフィックデザイナーの求人を探す際の注意点5:使用するソフトのチェック

IllustratorやPhotoshopなどが主流でしたが、会社によっては、違うソフトを使う会社もあります。転職活動をする際には、平行してたくさんのソフトに触れるようにした方がいいでしょう。

扱えるソフトが増えるだけでも、それだけで、転職をする際の求人の幅が広がります。

未経験からグラフィックデザイナーを目指すのは難しい?

未経験からグラフィックデザイナーを目指すには、少し時間がかかります。まず、求人に応募する際もポートフォリオがなければ応募すらできないので、会社が雇いたくなる作品を制作する知識や技術を身につけなくてはなりません。

そして、自分が勉強している間にも、他のグラフィックデザイナーは求人に応募しているので、自分は遅れていることを自覚しなければ就職は難しくなるでしょう。そのため、時間がかかることは覚悟しましょう。

結論:応募は可能だがかなり険しい

グラフィックデザイナーの求人に応募するのは、ポートフォリオさえあればできます。ですが、その先の面接まで行くには、ポートフォリオのできがよくなければ難しくなります。

グラフィックデザイナーの求人ではポートフォリオのでほぼ決まります。応募先の企業がどのような人材を求めていて、その企業がどのような商品を取り扱って定期を食べたいるのかを十分に研究してポートフォリオを作っていくのが良いでしょう。

未経験の場合は転職エージェントの利用がおすすめ

ポートフォリオが良ければ稀に採用してもらえる会社もありますが、未経験者でそのようなことがあるのはほとんどありません。

また、求人票でしか得られない情報も、転職エージェントでは働き方からその会社のことについてや、面接の際に給与交渉までしてもらえる転職エージェントもあります。さまざまなサポートがあるので効率よく就職を目指しているのであれば、エージェントサイトを使うようにしましょう。

グラフィックデザイナーへの就職・転職おすすめのエージェント

数ある転職エージェントサイトの中から、どれを選べばいいかわからないと方も多いです。転職エージェントの中にはグラフィックデザイナーの求人に特化したサイトもあれば、ポートフォリオを制作する際に楽に作れるシステムを導入しているサイトもあります。

これから、グラフィックデザイナーが1番最初に登録しておいたほうがいい、3つの転職エージェントサイトを紹介していきます

おすすめエージェント1:マイナビクリエイター

グラフィックデザイナーなどの専門的な求人では、未経験者の求人が少なくなっていますが、このマイナビクリエイターでは数多くの未経験者の求人が載せてあります。

他にも、転職エージェントからポートフォリオの作り方から採用時に関わってくる面接対策まで全てをサポートしてくれます。未経験者にとっては、このようにサポートが充実しているため一番最初に登録する、転職エージェントとしてはオススメです

おすすめエージェント2:マスメディアン

グラフィックデザイナーなどの広告・ウェブ・マスメディアに対する求人に強みを持ち、企業専門のデザイナーであるインハウスの求人も取り扱っている転職エージェントです。

日本で初めて広告専門誌を創刊した会社のグループ会社なので、グラフィックデザイナーの転職を考えているなら、頼れるエージェントが揃っています。独自のインハウスの求人も載せているので、安定して仕事をしていきたい方にはオススメです。

おすすめエージェント3:dodaエージェントサービス

この転職エージェントは他のサイトよりも求人票の職種が細分化されているため、自分に合った職種を一番探しやすいです。ここまで求人票を詳細に載せているサイトは、他にはありません。

また、このエージェントサイトは全国の仕事を載せているサイトでもあるので、グラフィックデザイナーの求人を探すなら登録しておきましょう。

グラフィックデザイナーへの就職・転職は少々スキルが必要

グラフィックデザイナーは、実績があり知識とスキルがあれば、仕事をもらうことができます。そして、技術も必要ですが、最低限のコミュニケーション能力がないと厳しい職業です。

さまざまなスキルを要求されるので、少しの時間を無駄にしないためにも、サポートをしてもらえるのなら、全て任せてスキルを磨くために時間を使いましょう。

グラフィックデザイナーを目指す場合には転職エージェントを活用しよう

転職エージェントサイトでは業界の知識はもちろん、面接時の対策やポートフォリオの作り方、またポートフォリオを最大限に活用できる仕組もあります。そして、求人数はもちろん、サイト独自の専門的な求人票まで扱っている所もあります。

そして数ある求人の中から自分に合った求人を探してくれるサポートをしてくれるので、グラフィックデザイナーからの転職をする際は転職エージェントサイトを活用するのは効率的です。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related