Search

検索したいワードを入力してください

2019年04月22日

Webデザイナーに活かせる資格15選|年収と将来性

Webデザイナーになるために資格は必要なのかと疑問に思った人はいるでしょうか。未経験でもWebデザイナーにはなれますが資格はあった方がいいです。そこで、Webデザイナーの仕事内容とWebデザイナに活かせる資格、働き方や年収、将来性を紹介していきます。

Webデザイナーに活かせる資格15選|年収と将来性

Webデザイナーになるには資格が必要?

Webデザイナーになろうと考えている方で、資格が必要なのか気になる方がいるでしょう。Webデザインに関する仕事に従事していれば、資格がなくてもWebデザイナーとして名乗ることができるので資格は必要ありません。

 しかし、就職や転職活動を行う際に、どれぐらいのスキルがあるのかを企業に証明する場面がよく見られます。資格を取得していれば、スキルレベルを証明しやすくなるので、取得することをオススメします。

Webデザイナーの仕事内容は?

Webデザイナーの仕事内容は、クライアントから依頼されたWebサイトのデザインを担当することです。クライアントからの要件に沿ったWebサイトを完成させることが重要になります。そのため、全体の構成をもとにデザインを構築しなければなりません。

ここからは、Webデザイナーの仕事内容について具体的な内容を3つピックアップしましたので、紹介します。

Webサイトの構成とレイアウトの取り決め

まず最初に、クライアントの要件をもとに、制作するWebサイトの全体の構成とレイアウトを決めます。この時にWebサイト全体のイメージやキービジュアルも決める場合が多いです。例えば、イメージを決める前からデザインをしてしまうと、後で全然異なるようなイメージに決まった時にデザインを変更する必要があります。

そのため、あらかじめWebサイトの全体像を固めることで、これ以降の作業が進みやすくなるからです。

Webサイトのデザイン制作

Webサイトの全体的な構成とレイアウトが決まったら、Webサイトのデザイン制作をしていきます。WebデザイナーはPhotoShopやIllustratorなどのグラフィックソフトを使用して、Webサイトの配色、ロゴやアイコンの配置、写真や画像の加工と配置をおこなっていきます。

また、見た目だけでなく、使い勝手の良いユーザーインターフェースを考慮する必要があるのもWebデザイナーの特長です。

Webサイトのコーディング

Webサイトのデザインが決まったら、コーディングをします。コーディングには、HTMLやCSS、JavaScriptなどの言語を使用します。HTMLでWebサイトの文章や画像の表示、CSSで配置やフォント、文字サイズなどのデザインを行い、JavaScriptでサイトの動きを加えます。

Webデザイナーはユーザーの使いやすさだけでなく、見た目の美しさを意識しながら、ミリ単位のデザイン調整をします。

Webデザイナーに活かせる資格15選

Webデザイナーに活かせる資格には、民間企業が制定している資格から、国家資格までたくさんの資格があります。資格によって難易度や知識にそれぞれ違いがあるので、それらの資格の中から15個紹介していきます。

資格取得には、効率的に学習が可能で正確な情報を得ることができ、Webデザイナーにとって必要なスキルを習得できるのでWebデザイナーを目指す方は紹介した資格の中からどれか取得してみると良いでしょう。

Webデザイナーに活かせる資格1:Webデザイン技能検定

Webデザイン技能検定は、厚生労働省が認定している国家資格です。ランクは1級から3級とあります。資格内容はデザインはもちろん、インターネットやWebサイト運用など幅広い知識が求められます。

初めて受ける場合は3級が良いでしょう。3級の難易度は低いので、Webデザイナーを目指している人や職業としている人なら誰でも受験できます。ただし、1級と2級は実務経験が必要な上、難易度も難しいです。

Webデザイナーに活かせる資格2:Webデザイナー試験

Webデザイナー試験は、株式会社ワークスコーポレーションが認定している民間資格です。資格内容はWebデザインのルールやHTMLやCSSの言語、Webサイトの実装技術についてです。試験方法はコンピュータを使用するCBT方式です。

Webデザインの基礎的な知識を網羅し、実務を想定した試験内容の資格なので、これからWebデザイナーを目指している人は取っておくとよい資格です。

Webデザイナーに活かせる資格3:Webデザイン・スペシャリスト

Webデザイン・スペシャリストは、アメリカで開発された国際資格です。資格内容はWebサイトの開発基礎、Webデザイン要素などです。基礎的なWebデザイン技術に合わせて応用的な技術力も求められます。また、ブラウザの互換性やデザインソフトについての実務に必要な知識も求められている資格です。

基礎的なWebデザインのスキルや知識が求められるのでWebデザイナーを目指している人は挑戦してみると良いでしょう。

Webデザイナーに活かせる資格4:Photoshop®クリエイター能力検定試験

Photoshop®クリエイター能力検定試験はサーティファイが認定している民間資格です。資格内容はPhotoshopについてです。難易度はスタンダードとエキスパートの2つです。スタンダートは、作業の正確さや合理性が求められます。エキスパートではクライアントのニーズに対応している創造性のあるコンテンツ制作が求められます。

WebデザイナーにはPhotoShopの技術は必須なので、オススメの資格です。

Webデザイナーに活かせる資格5:Illustator®クリエイター能力検定試験

Illustator®クリエイター能力検定試験はサーティファイが認定している民間資格です。資格内容はIllustatorについてです。難易度はスタンダードとエキスパートの2つがあります。Photoshopと同軸にスタンダートでは作業の正確さが求められ、エキスパートでは創造性の高いコンテンツ制作が求められます。

Photoshopと同じくIllustatorも必須の技術なのでオススメの資格です。

Webデザイナーに活かせる資格6:画像処理エンジニア検定

画像処理エンジニア検定は、CG-ARTSが認定している、民間資格です。資格内容は画像処理技術についてです。近年画像処理技術はニーズが高まっていますし、Webサイトではたくさんの画像が扱われているので、Webデザイナーは画像処理技術も必要になっていきます。

Webデザイナーを目指している人は、Webサイトが複雑化し、画像処理も多くなっているので、将来的に活躍が期待できる資格なのでオススメです。

Webデザイナーに活かせる資格7:色彩検定

色彩検定は文部科学省が公演している公的資格です。資格内容は色に関する知識についてです。Webデザイナーだけでなく、デザイン関連の仕事に従事している人に人気の資格です。公的資格なので企業へのアピール力が高いことから、就職・転職活動にも有利です。

Webデザイナーを目指している人は、色彩感覚も大切なので、効果的な色使いや配色の知識を習得できるので、取っておくと良いでしょう。

Webデザイナーに活かせる資格8:カラーコーディネーター試験

カラーコーディネーター試験は、東京商工会議所の検定センターが認定している民間資格です。資格内容は、Webデザインにおける実践的な色彩の知識についてです。Webサイトの配色によって、Webサイトの印象もガラッと変わります。ですので、Webデザイナーはコーディングスキルだけでなく、色に関する知識も大切になります。

Webデザイナーを目指している人で、色彩について学びたい方にオススメです。

Webデザイナーに活かせる資格9:アドビ認定エキスパート(ACE)

アドビ認定エキスパートはAdobe社が認定している民間資格です。資格内容はAdobeソフトの技術や知識です。PhotoshopやIllustratorなどのデザインソフトの技術や知識が必要になり、経験を積み重ねれば効率よく作業ができるので、デザイン力の向上や業務効率化を目指したい方にはオススメの資格です。

難易度はPhotoshopやIllustratorクリエイター能力試験より高くなっています。

Webデザイナーに活かせる資格10:アドビ認定アソシエイト(ACA)

アドビ認定アソシエイトはAdobe社が認定している民間資格です。資格内容はPhotoshopやIllustratorの利用スキルやWebデザイン現場における共通知識や表現力についてです。アドビ製品に関する資格なので、国内だけでなく世界中でスキルを証明可能なので、海外でも活躍が期待できる資格です。

Webデザイナーを目指している人で、特に海外に視野を入れている人にオススメの資格です。

Webデザイナーに活かせる資格11:Webクリエイター能力認定試験

Webクリエイター能力試験はサーティファイという企業が制定している民間資格試験です。資格内容は制作環境、Webサイトの構成と設計、HTMLやCSSなどです。スタンダードとエキスパートの2つの難易度があり、スタンダードは実技問題のみです。

エキスパートは実技と筆記試験があり、出題範囲も多いです。また、出題内容もビジュアルデザインや運営と管理に関する知識が加わっていきます。

Webデザイナーに活かせる資格12:HTML5プロフェッショナル認定資格

HTML5プロフェッショナル認定資格は、LPI-Japanが認定する民間資格です。資格内容はHTML5はもちろん、他にもCSSやJavaScriptなどのコーディングに関することがあります。難易度はレベル1とレベル2の2つで、エンジニアレベルの内容となるので難易度は高いです。

Webデザイナーを目指している人や現役Webデザイナーで、コーディングに自信がない人は受けてみると良いでしょう。

Webデザイナーに活かせる資格13:PHP技術者認定試験

PHP技術者認定試験は、PHP技術者認定機構が認定する民間資格です。資格内容はPHPというWebサイトのコーディングに使用する言語についてです。難易度は初級、上級、認定ウィザードの3つあります。特に、認定ウィザードは通常の試験と異なり、研究論文やコードを提出する論文審査方式になっています。

Webデザイナーを目指している人や現役の人もPHPのスキルは必須なので、受けてみると良いでしょう。

Webデザイナーに活かせる資格14:ウェブ解析士認定試験

ウェブ解析士認定試験は、ウェブ解析士協会が認定している民間資格です。資格内容はWebサイトのデータ解析についてです。難易度は初級、上級、ウェブ解析士マスターの3つあります。上級以上の試験では、事前に講座を受ける必要があり、SNSの検証やモバイル端末の測定などより高度なデータ解析スキルが求められます。

Webサイトのデータ解析も必要なのでWebデザイナーを目指している人は受けてみると良いでしょう。

Webデザイナーに活かせる資格15:GoogleアナリティクスIQ試験

GoogleアナリティクスIQ認定試験は、Google社が認定している資格です。資格内容はGoogleアナリティクスというデータ解析ツールの使い方や知識についてです。IT業界大手のGoogle社が認定しているので、世界中にスキルの証明ができる資格です。

Googleアナリティクスが導入されているWebサイトも多いので、Webデザイナーを目指している人は取っておいたほうが良いでしょう。

Webデザイナーの職場は?

Webデザイナーを目指している人にとって、Webデザイナーが仕事をするのに過ごしている職場について気になっているでしょう。Webデザイナーの職場には、Webサイト制作会社はもちろん、在宅勤務やインハウスといったさまざまな働き方や職場があります。

ですので、Webデザイナーの職場について3つ紹介していきます。

Webデザイナーの職場:インハウス

インハウスとは、社内の中のWeb制作部署で働く働き方です。企業のホームページを社内で制作・運営することが多く、ホームページの更新や改善がメインのお仕事になります。

近年急速にインターネットが普及しており業務スピードも早く、外部の制作会社に依頼していると制作に間に合わないことがあり、社内だけで処理した方が効率が良いので、インハウスWebデザイナーの需要は年々高まってきています。

Webデザイナーの職場:広告代理店・制作会社

Webデザイナーに活かせる資格15選|年収と将来性
広告代理店や制作会社で働くWebデザイナーはクライアントから受注したWebサイトをデザインする働き方です。インハウスと違ってさまざまなWebサイトの案件が多数あるので、幅広いスキルを身につけることができます。Webサイト制作の技術を高めたい人にはオススメの働き方です。

クライアントとの関わりがあることから、納期があり、急に変わることもあるので、納期前は特に忙しくなるのも特徴です。

Webデザイナーの職場:在宅勤務・フリーランス

在宅勤務やフリーランスで働くWebデザイナーは、育児や家事で忙しし主婦の方や自分のWebデザインスキルを発揮することのできる働き方です。フリーランスとしてWebデザイナーになるには自宅にインターネット環境とパソコン、デザインソフトがあれば可能です。

フリーランスを始めたばかりの頃は収入が不安定なので、デザインスキルだけでなく安定した収入を得るために営業活動を行うスキルも必要になっていきます。

Webデザイナーの年収と将来性は?

Webデザイナーの年収は働き方の性質上、幅がありますが平均350万円と言われております。また、Webデザイナーはスキルが重視されている職種なので、スキル次第では年収700万円なども可能な職業です。

Web業界はインターネットの普及から年々拡大を続けています。ですので、Webデザイナーの需要は高まっています。それに、デザインやコーディングの技術も日進月歩なのでスキルアップを意識すると良いでしょう。

Webデザイナーに活かせる資格取得に挑戦してみよう!

Webデザイナーはデザインやコーディングスキルが重要視される職業です。就職・転職活動においても、そのスキルの証明のために資格が必要になってくるシチュエーションが多くあります。

Webデザイナーになろうという折角の機会ですので、就職や転職のためだけでなく、自身のスキルアップを目的とした資格取得に挑戦することが大切です。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related