Search

検索したいワードを入力してください

2019年04月11日

Webデザイナーになるために必要なスキル3つ|仕事内容と職場

Webデザイナーは、今やなくてはならない存在です。しかし、仕事の内容や必要なスキルが十分に理解されていないことが多いです。そこで、Webデザイナーの仕事内容やスキル、おすすめの資格などを紹介していきます。Webデザイナーを目指す人は、必見です。

Webデザイナーになるために必要なスキル3つ|仕事内容と職場

Webデザイナー

Webデザイナーになるために必要なスキル3つ|仕事内容と職場
Webデザイナーは、インターネットのサイト運営で重要な役割を担っている仕事です。ただ、実際の仕事内容などはあまり詳しくは知らないという人が多いのではないでしょうか。

そこで、Webデザイナーの仕事内容や必要なスキル、どのような職場環境なのかについて詳しく紹介していきます。Webデザイナーに興味があるという人は、チェックしておくと良いでしょう。

Webデザイナーの仕事内容

Webデザイナーになるために必要なスキル3つ|仕事内容と職場
では、まずはWebデザイナーの仕事内容について詳しく紹介していきます。大まかにはWebサイトのデザインを担当している人という認識の人が少なくないでしょう。

しかし、Webデザイナーの仕事は世間にはあまり知られていないような細々とした仕事もあります。さらに、Webデザイナーには今回紹介しきれていない仕事をしている場合もあるので注意しましょう。

Webサイトの構成とレイアウトを決める

Webデザイナーになるために必要なスキル3つ|仕事内容と職場
世間的にも知られているWebデザイナーの仕事は、Webサイトの構成とレイアウトを決めるということです。Webサイトを見ていて構成が素晴らしいと感じた人は、Webデザイナーの仕事ぶりが良いということでしょう。

この仕事では、サイトのベースになる部分やボリュームを決めていきます。Webデザイナーは、さまざまな物を組み合わせるセンスのある人が多い職業だと言えるでしょう。

Webサイトのデザインを作る

Webデザイナーになるために必要なスキル3つ|仕事内容と職場
Webサイトの色やイラストなどを決めるのは、Webデザイナーの重要な仕事です。カラフル過ぎるイメージのサイトもあれば、シックな雰囲気で人気のあるサイトもあります。

Webデザイナーは、そのサイトのターゲット層を狙ったデザインをする必要があります。例えば、年配の男性向けのサイトなのに若い女性のサイトのようなピンクやカラフル過ぎる色をチョイスすることはNGです。

Webサイトのコーディングを行う

Webデザイナーになるために必要なスキル3つ|仕事内容と職場
Webサイトのコーディングを行うのは、Webデザイナーの重要な仕事です。Webデザイナーは、クライアントと話し合いWeb言語を使ってサイトを作り上げていきます。

この分野は、Webデザイナー以外では難しいことが多いです。そのため、大手企業でも専門のWebデザイナーを雇って自社サイトの運営をしてもらうことが多いです。Webデザイナーを目指す人は、専門の言語の勉強が必要でしょう。

Webデザイナーになるために必要なスキル3つ

Webデザイナーになるために必要なスキル3つ|仕事内容と職場
それでは、Webデザイナーになるために必要なスキルを3つ紹介していきます。Webデザイナーになりたいと考えている人は、このスキルを身に着けるようにしましょう。

そして、今回紹介したスキル以外にもWebデザイナーになるために必要な能力があります。独学で勉強したり、学校に行ったりして独自のスキルを身に着けておくことが何よりも大事でしょう。

必要なスキル1:企画力

Webデザイナーになるために必要なスキル3つ|仕事内容と職場
Webデザイナーになるために必要なスキルの1つ目は企画力です。どれだけでデザインが優れていても、顧客に選んでもらえないと仕事を受注することが難しいです。

Webデザイナーになるために必要な企画力は、顧客がどのようなサイトを作りたいかを汲み取ることが大事です。どれだけ素晴らしいデザインでも、コンセプトに会っていないと見向きもされないでしょう。

必要なスキル2:デザイン力

Webデザイナーになるために必要なスキル3つ|仕事内容と職場
さらに、Webデザイナーはデザイン力も優れている必要があります。デザインに関しては、センスや勉強でカバーすることが大事です。Webデザイナーになりたい人は、デザインの勉強をしっかりしましょう。

そして、Webデザイナーには「Illustrator」や「Photoshop」などのソフトを使いこなすことが大事です。どのように使いこなしたらいいかは、経験がものを言う場合が多いです。

Photoshop

Photoshopは、ビットマップ画像編集アプリケーションソフトウェアです。Webデザイナーで画像分野を運営する場合は、必ず使うソフトと言えるでしょう。

このソフトを使えば、美しいグラフィックを作ることもできます。Webデザイナーを目指す人は、無料で使える体験版もあるので、使い勝手が良いかどうかを試してみると良いでしょう。日本語でも使えるので、人気が高いです。

Illustrator

ベクターイメージ編集のソフトウェアとして人気があるのが、Illustratorです。Illustratorも、Webデザイナーになるためには使いこなしておきたいところです。

言語はプログラミングの基本なので、Webデザイナーを目指す人は、まず言語の勉強から始めてみることもおすすめです。Illustratorが使いこなせれば、デザイン力も大幅にアップします。

必要なスキル3:コーディング力

Webデザイナーになるために必要なスキル3つ|仕事内容と職場
Webデザイナーは、サイトをコーディングする力も必要です。粘り強さや根気が必要なスキルなので、Webデザイナーを目指す人は努力して見につける必要があります。

このスキルは、HTMLやCSS、JavaScriptなどを根本から理解しておく必要があります。覚えることが多いので初心者は一つずつ覚えることが大変ですが、必要なスキルなので頑張りましょう。

HTML

HTMLとは、ウェブページを作成する時に使われている言語です。現在ネット上に公開されているサイトの多くは、HTMLが使われて作られています。

さらにHTMLは、ハイパーテキストや見出しや段落を作る機能もあります。サイトの見やすさに大きく関係してくる部分なので、理解しておくことが必要です。HTML文書が読めれば、Webデザイナーへの第一歩になるでしょう。

CSS

Webデザイナーになるために必要なスキル3つ|仕事内容と職場
CSSは、文書のスタイルに関連するソフトです。Webデザイナーになりたい人は、マスターしておく必要があります。このソフトは、HTMLやXHTMLでが使われる場面で利用されます。

基本中の基本になることが多いので、Webデザイナーはしっかりと勉強しておく必要があります。スタイルシートを上手く活用することは、検索エンジンに理解されるために役立ちます。

JavaScript

プログラミング言語の種類であるJavaScriptは、Webデザイナーにとってマスターしておくべきソフトです。Webデザイナーは、マイクロソフトやGoogleなど採用しているJavaScriptを使いこなす必要があります。

さらにJavaScriptは、英語や日本語などの複数の言葉やフレームワークのコンパイル先としても使われています。

jQuery

jQueryは、難しいと思われがちなJavaScriptコードを簡単に付けることができるように開発されました。Webデザイナーの卵で、JavaScriptが難しいと感じる場合は採用してみましょう。

このjQueryは、少ない記述でプログラミングをすることができます。Webデザイナーまではいかなくても、ネットでデザインを楽しみたいという人からも支持されています。

PHP

PHPは、 Web開発にぴったりな汎用スクリプト言語です。利用しているサイトも多いので、Webデザイナーはしっかりと理解しておく必要があります。

この言語は、他のプログラミング言語に影響を受けている部分が多いです。そのため、Webデザイナーを目指す人は同時に勉強すると分かりやすいでしょう。この言葉は、平易な文法が利用されていて初心者にもおすすめです。

WordPress

WordPressは、PHPを利用して作られています。サイト運営を始めて行うという人も使いやすく、広告収入などを目指して素人がホームページを作成する際にも役に立ちます。

Webデザイナーの立場からしても、WordPressを使ったサイトはデザインがテーマによって簡単にチェンジできるなどメリットがあります。プラグインを利用して、簡単にカスタマイズもできます。

Webデザイナーの職場

Webデザイナーになるために必要なスキル3つ|仕事内容と職場
それでは、Webデザイナーはどのような職場で働いているのかについて詳しく紹介していきます。Webデザイナーになりたい人は、どのような職場で自分が働いているのか想像してみると良いでしょう。

職場は、その違いによりメリット、デメリットがあります。目指すWebデザイナーはどのような働き方なのかを考えながらチェックしてみると良いです。

Webデザイナーの職場1:インハウス

インハウスWebデザイナーとは、会社に所属しているWebデザイナーのことです。勤務している会社のWebサイトの更新やサービスをより良いものにしていくことが、メインの仕事です。

この職場は、比較的安定しています。ただ、0からサイトを作り上げるという機会が少ないのでワクワクしないというWebデザイナーも少なくありません。安定かワクワク感のどちらをとるかが、ポイントです。

Webデザイナーの職場2:広告代理店・制作会社

広告代理店・制作会社で働いているWebデザイナーは、多いです。顧客のニーズに応えて、迅速に行動する必要があるでしょう。さらに、顧客との信頼関係も大事になってきます。

ただ、この職場では組織として働いているので自分の得意な分野で頑張ることができます。ただ、顧客の要望に振り回されて拘束時間が長いということも少なくありません。また、仕事を選ぶことができない人も多いです。

Webデザイナーの職場3:在宅勤務・フリーランス

最近増えてきているのが、在宅勤務・フリーランスのWebデザイナーです。自分のしたい時に仕事ができるので、働き方を見直したいという人の憧れです。

ただ、フリーランスの場合は、収入が安定していません。さらに、自分で営業したり企画したりする必要もあるので根気強く自分の才能を信じることができないと難しいでしょう。いきなりフリーランスではなく、他の職場を経て独立する人が多いです。

未経験のWebデザイナーにおすすめの資格6つ

Webデザイナーになるために必要なスキル3つ|仕事内容と職場
それでは、未経験のWebデザイナーにおすすめの資格6つ紹介していきます。資格があっても難しい世界ではありますが、少しでも就職を有利に進めたい場合は子の資格を持っておくと良いでしょう。

どの資格もいきなり合格するということは、困難です。まずは、勉強する時間を作って1つ1つ攻略していくようにしましょう。

資格1:Webクリエイター能力認定試験

Webクリエイター能力認定試験は、デザインとコーディング能力がどのくらいなのかをチェックするのに役立つ資格です。スタンダードとエキスパートの2種類あるので、まずはスタンダードを使ってみましょう。

この資格は、Webデザイナーだけでなくデレクターやプログラマーなどにも有効な資格です。実技問題もあります。

資格2:Photoshop®クリエイター能力認定試験

Photoshop®クリエイター能力認定試験は、画像の加工や編集技術を測定することが可能な試験です。こちらも難しさのレベルが2段階あるので、自分の実力に会ったものを選びましょう。

そして、公式問題集やテキストなどもあるので比較的チャレンジしやすい試験と言えます。Photoshopをマスターしたい人は利用してみましょう。

資格3:Illustrator®クリエイター能力認定試験

Illustrator®クリエイター能力認定試験は、Illustratorをどのくらい理解しているのかを知ることができます。年齢や学歴の制限が無いので、誰でも簡単に利用することができます。

さらにこの試験では、3か月程度勉強すればパスできたという口コミもあります。まず自信を付けたいという人にもおすすめです。

資格4:ウェブデザイン技能検定

ウェブデザイン技能検定は、国家資格です。難しい試験に合格して、将来は独立を勝ち得たい人におすすめです。関連国際標準規格などに基づいた問題が出されるので、しっかり勉強する必要があるでしょう。

この資格は、毎年4回開催されます。ただ、実施等級や実施都市が異なってくるのでしっかり確認しましょう。

資格5:HTML5プロフェッショナル認定資格

Webデザイナーになるために必要なスキル3つ|仕事内容と職場
HTML5プロフェッショナル認定資格は、Webデザイナーに人気の高い資格です。就職や転職などに役に立つので、勉強しておくと良いでしょう。仕事の幅を広げたい人は、チェックしておくべき資格です。

この資格は、無料のセミナーなども開催されています。自分の勉強しやすい方法で、資格取得を目指しましょう。

資格6:アドビ認定エキスパート

Webデザイナーになるために必要なスキル3つ|仕事内容と職場
アドビ認定エキスパートは、アドビソフトウェアの製品を上手く使えるかどうかを確認することができる資格です。アドビソフトウェアのアイテムを使う機会が多い人は、チャレンジすると良いでしょう。

この資格にパスすれば、製品の最新情報などの情報をゲットすることもできます。就職や転職にも役立つでしょう。

Webデザイナーの将来性

Webデザイナーになるために必要なスキル3つ|仕事内容と職場
Webデザイナーは、今後も盛り上がりが期待される業界です。進歩を続けているWeb業界において、ひときわ存在感があるでしょう。さらに、この仕事は、プログラマーやライターのセンスもあれば収入の大幅アップも夢ではありません。

どの職場で働くかによって、年収は変わります。フリーランスになって自分で仕事が選べるようになれば、高収入も夢ではないです。

Webデザイナーについての理解を深めて挑戦してみよう!

Webデザイナーになるために必要なスキル3つ|仕事内容と職場
Webデザイナーは、今後も盛り上がりが期待される職業です。スキルやセンスを磨いて、高収入を目指しましょう。Webデザイナーを目指している人は、夢に向かって努力すると良いでしょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related