Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月03日

Web系に転職するなら知っておきたい9つのこと|年収は?未経験可?

Web系への転職をお考えの際には、必要とされる要素や年収などを確認しておくと、転職活動がスムーズに運びます。こちらの記事では、Web系の仕事に関する情報をご紹介します。SeとWeb系の違いやSlerについてなど、ぜひ参考にしてください。

Web系に転職するなら知っておきたい9つのこと|年収は?未経験可?

Web系とは

Web系とは、ウェブシステムを指す言葉で、Web系に付随する仕事を行う、Webエンジニアの方々などに関連性のある用語です。

Web系は、近年の急速な社会のIT化に伴って幅を利かせるようになりました。

Webエンジニアの方は、ウェブシステムの構築などを任されます。現代特有の職種であり、今後さらに多くの人材が求められると予想される分野です。

これから転職を考える際は、Web系も候補の一つに入れてみましょう。

Web系の企業とは?

Web系の企業とは、ウェブアプリケーションやウェブサイトの構築など、ウェブに関連する業務を行う企業を指します。

ウェブ技術を駆使したサービス展開が特徴で、広く普及するSNS関連分野や、ウェブ経由で利用することのできる便利なアプリの開発なども請け負います。

Web系への転職には、ウェブに関わる技術の理解は欠かせません。HTMLやCSS、その他のWebプログラミング言語を学んでおくことはとても有効です。

Web系エンジニアの仕事内容

Webエンジニアの仕事内容は、インターネットを介してユーザーに提供されるサービス、アプリケーションなどの開発を行うことです。

PCのウェブサイト、モバイル端末向けのウェブサイトなどで使用されるプログラムの開発が職務の一環となります。

高い水準の技術を持っていたなら、採用される確率の高まる仕事です。Webエンジニアの需要は年々伸びており、何らかの業種への転職をお考えの際には、十分有効な選択肢と言えます。

Seとは?

Seは、業務を発注したクライアントの意向に沿ったシステムを設計する仕事を行う、システムエンジニアを指します。クライアントの要望をしっかりと聴き取り、その希望を反映する仕様を決めなくてはなりません。

予算などを考慮しながら、目的の遂行へ向けたチームのマネジメントを行うことも、業務の範囲内となります。高い水準の技術に加え、明快なコミュニケーション能力を持つことも、システムエンジニアには求められます。

SeとWeb系との違いは?

システムエンジニア(Se)とWeb系とでは、通常行われる業務の工程段階が異なります。Seがシステムの設計を行うのに対し、Web系のプログラマーはそれらの設計書に基づいてウェブ関連の開発を行います。

また、Seの業務範囲はウェブにとどまらず、広範囲なIT知識と技術を駆使し、クライアントの要求を満たすシステム設計を構成していきます。

Web系が取り扱う業務範囲は、基本的にはウェブに関連する範囲となります。

SIerとは

Slerとは、「システムインテグレーター」を意味する、ソフトウェア開発の受注、情報の処理サービスを引き受ける存在を指します。

Sler企業は、前述の項目などをサービスとして提供することで、IT分野において重要な役割を果たしています。

Sler企業は、ITに関連しない企業や官公庁に対し、適切なITの導入を行うといった業務を行います。コンサルタント業の側面もあり、今後ますます需要が伸びると予測されます。

SIerとWeb系の違いとは?

SlerがITシステムの構成、構築を請け負うのに対し、Web系は、ウェブに関連するシステム、サイト構築やウェブアプリケーション開発などに力を発揮する分野です。

Sler企業はITの開発、導入におけるコンサルタント業を併せて行う事業者です。Web系はウェブ関連の開発や運用が主なフィールドとなります。

Web系企業への転職をお考えの際は、企業の業務内容がSlerではなくWeb系であることを確かめましょう。

フロントエンドとサーバーサイド

「フロントエンド」とは、デジタル端末のモニタを閲覧するユーザーが視認する画面とそのデザインといった構成を、「サーバーサイド」とは、ユーザーが確認することのない、サーバーにおけるプログラムの実行や管理を指します。

ユーザーの入力に対し、サーバーサイドは対応するレスポンスを返します。ウェブを閲覧するユーザーが希望する入力結果を得られるのは、サーバーサイドでプログラムが実行されているためです。

Web系の年収は?

Web系企業に所属するエンジニアの年収は、400万円から500万円前後が平均的な値です。ただし、Webエンジニアに支給される報酬は、企業の規模や成功度合いで、だいぶ異なります。

これからのWeb系の企業は、より発展していく可能性があり、さらに業務と人材の需要が伸びることで、それらの動向が年収に反映されることも考えられます。

現状Webエンジニアの給与は高くないとは言え、成長が見込める業種でもあります。

Web系への転職のために知っておきたい9つのこと

Web系への転職を検討される際に、知っておきたい項目を9つご紹介します。Webの仕組みやWebプログラミング言語、セキュリティなど、転職を前に押さえておきたいことがたくさんあります。

Webに関連する幅広い知識と技術をしっかりと身につけておけば、何も怖くありません。Web系企業で勤務を始めるにあたり、コミュニケーション能力を磨いておくことも有益でしょう。

万全の準備を整え、良い転職を実現させましょう。

Web系への転職のために知っておきたいこと1:Webの仕組み

Web系への転職を目指す時には、Webという技術の仕組みを押さえておく必要があります。ウェブはどのようにしてユーザーの望むレスポンスを返すのか、情報を得ておきましょう。

ウェブブラウザを閲覧するユーザーのリクエストが、サーバーに対して送信されること、また、ワールド・ワイド・ウェブという用語の詳細や、W3Cなどの知識も深めておくといいでしょう。

Web系への転職のために知っておきたいこと2:HTML/CSS

Web系への転職をお考えの際には、ウェブサイトを構築する言語、「HTML」と「CSS」について学んでおきましょう。ウェブサイトを制作する際に基本となるコーディング技術を得ておくことは非常に有益です。

HTML(ハイパーテキストマークアップランゲージ)はウェブサイトの基盤を構成し、CSS(カスケーディングスタイルシート)はウェブサイトのデザインやレイアウトなどを調整します。

これは独学でも習得できます。

Web系への転職のために知っておきたいこと3:Webプログラミング言語

Web系への転職に際し、Webプログラミング言語についての理解を深めることは有益です。Webプログラミング言語には「Java」や「PHP」といったものがあり、独学で習得することもできます。

他にも、「Python」や「Ruby」など、学ぶ機会は開かれています。取り掛かりやすい「Java」などから初めてみてはいかがでしょうか。

Web開発を行うためのプログラミング言語について押さえておきましょう。

Web系への転職のために知っておきたいこと4:フレームワーク

Web系への転職を視野に入れる際は、「フレームワーク」についても理解しておきましょう。

「フレームワーク」とは、開発するシステムの効率を高めてくれる機能を指します。これは、プログラミングにおいて、とても役立つ機能となります。

「ソフトウェアフレームワーク」とも呼ばれ、たくさんのプログラム開発現場で重宝されています。開発にかかる工程、時間の短縮が得られ、業務の遂行に一役買います。

Web系への転職のために知っておきたいこと5:Gitの操作

Web系への転職を目指す際には、「Git」の操作についても覚えておきましょう。「Git」は、作成したプログラムのコードといったものの変更履歴を確認し、管理することのできる優れたシステムです。

複数のチームでプログラムを書く時など、どのような時にコードが変更されたのかが記録されることは大変有用です。

「Git」は、ソースコードを編集する際にとても役立つシステムで、開発の現場において重用されています。

Web系への転職のために知っておきたいこと6:データベース

Web系への転職を目指す際には、「データベース」についての知識を得ておくと有益です。「データベース」とは、あらゆるデータの蓄積を管理するシステムを指します。

膨大な量のデータをコンピュータ上で整理整頓する役割を果たし、Web系の企業においても重宝されます。

企業の管理するデータは大変な量があり、人海戦術で整理することは効率的ではありません。データベースはそうした手間を解消してくれる優れたシステムです。

Web系への転職のために知っておきたいこと7:セキュリティ

Web系への転職を検討する際は、セキュリティについての理解を深めておくと良いでしょう。日夜、世界各地で発生するウィルスや不正アクセスなどの脅威に対する防御の知識を持っておくことは大切です。

ウェブに関する業務を扱う際には、クライアントやユーザーの方々のためにも、盤石なセキュリティのもとでサービスを提供することが欠かせません。

たくさんの良書やウェブコラムなどから情報を得て、未知の脅威に備えましょう。

Web系への転職のために知っておきたいこと8:コミュニケーション能力

Web系への転職を検討する際には、コミュニケーション能力が身についているかをチェックしましょう。Web系企業で働くには、対人関係をスムーズに築くことが必要となります。

クライアントの要望をヒアリングするなど、コミュニケーション能力は必須の項目です。

努力で身につけることのできるスキルですので、磨きをかけていきましょう。どうしても苦手な方は、相手の話に耳を傾けるところから始めてみると良いでしょう。

Web系への転職のために知っておきたいこと9:新しいことへの学習意欲

Web系への転職を検討される方に求められるものの1つは、新しいことへの学習意欲です。ウェブ業界に関する知識や情報、刷新される項目は、世界中で日夜目まぐるしい勢いで更新され続けているため、対応できる人材が必要です。

Web系企業での勤務を始めた後も、たくさんのことを学び続け、良質なスタッフの一員とならなくてはなりません。

学習意欲を持つ方は、新しいことをどんどん吸収し、重宝される人材となることでしょう。

未経験でもWeb系に転職できる?

未経験からWeb系へ転職する場合、たとえ業界未経験でも、十分採用される可能性はあります。

誰でも最初は未経験から始まります。フォロー体制の整っている会社もありますので、未経験を理由に諦めることはありません。

もちろん、Web系の会社で求められる水準の技術が備わっていれば、より採用に結びつく確率は高くなります。

どのような職種でも、実力のある方は求められます。知識と技術を磨き、応募してみましょう。

Web系への転職も選択肢の一つ!

Web系への転職は、さらに発展し続ける可能性のある分野への挑戦でもあり、非常に有益です。これまで、IT業界が大規模に発展するとともに、Webエンジニアは企業から多くの需要がある職種となりました。

ウェブの黎明期からPCの発展期にかけてバリバリと仕事をこなした方々が、高齢化されていることも、今後、Webエンジニアが多く求められる要因の1つとなっています。

技術を磨き、万全の準備を整えて打って出ましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related