Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月10日

独立しやすい仕事12選|独立のメリットとデメリットをご紹介!

独立する前に考えておくポイントを押さえておくことが、後悔しない独立開業のポイントです。では、独立開業しやすい仕事を12選取り上げて、詳しくご紹介しましょう。また、独立開業するメリット2つと独立開業のデメリットを3つそれぞれ詳しくご紹介します。

独立しやすい仕事12選|独立のメリットとデメリットをご紹介!

独立する前に考えておくポイント5つ

独立する前に、どのようなことを考えてからした方がいいのか考えることはありませんか。では、独立する前に考えておくポイント5つを取り上げて、それぞれ詳しくご紹介します。

独立する前に考えておくポイント1:事業内容を考える

独立する前に考えておくポイントは、事業内容を考えることです。独立する前には、自分がどのような内容の仕事をして働きたいのかよく考えることで、前向きに独立して働くことができます。

自分の持つ資格を活かしたり、体力的に無理なく始められる仕事、無理のない資金の範囲で始められるものを選ぶことが大切です。

また、ニーズの多い商品やサービスは何か具体的に取り上げ、必要とされているかよく考えて仕事を選びましょう。

独立する前に考えておくポイント2:広告宣伝の仕方

広告宣伝の仕方を独立する前に考えておくポイントです。自社と商品・サービスをアピールをするには、多くの人に魅力を宣伝します。

そのためには、幅広い年代にアピールできるCMがよいか、主婦向けに宣伝するための広告を使うか、若い年代向けにSNSを使うなど考えれば、その年代に合う広告宣伝の仕方になります。

また、企業のサービス・商品を宣伝するサイトに登録するなど、インターネットを上手く使うのもよい宣伝方法です。

独立する前に考えておくポイント3:人材確保はどうするか

独立する前に考えておくポイントは、人材確保はどうするかです。まったく一からのスタートである場合、独立して、新しい会社を経営するために働く社員が必要になります。

より事業内容に適した人材を確保するには、自社に興味がある人を一人でも多く集められるSNSや、転職エージェントサイトに登録しておくとよいでしょう。

また、地元密着型のサービスを扱う会社を設立するなら、地元の求人広告で人材確保するのもよい方法です。

独立する前に考えておくポイント4:開業資金の調達方法

開業資金の調達方法をどうするか、独立する前に考えておくポイントです。開業するにはオフィスビルを借りたり、事務用品を揃える、社員を雇うなどお金がかかります。

そのため、開業資金の調達方法を確実にし、後から足りないなどのトラブルが起こらないようにすることが大切です。

また、開業資金の資金調達の方法としては、銀行に相談して融資をしてもらう、ビジネスローンを使って資金調達をするなど考えてみるといいでしょう。

独立する前に考えておくポイント5:財務管理をどうするか

財務管理をどうするかを独立する時に考えましょう。会社の財務状況の把握をしっかりして、管理することは、経営を行う時には大切なことです。

そのため、財務管理に詳しい専門知識を持つ人材を確保し、財務状態や経営成績を表した決算書作成ができる人材を採用しましょう。

また、経理部門の機能を把握し、流れを把握できる人材、経営目標を立てることができる経理担当などを採用することで、財務管理が快適にできます。

補助金が利用できる職種もある

補助金が利用できる職種もあります。この補助金制度は、自分が住む国や地方自治体に申請すれば資金援助してもらえます。

返済する必要がないので、独立開業するための資金が少ない人は会社設立直後に助成金を利用し、働きやすい環境を整備するといいでしょう。

また、助成金は比較的少額ですが、申請は比較的クリアしやすいですし、いつでも申請可能です。都道府県によっては新規開業家賃補助制度もあり、店舗を安く借りられます。

独立開業しやすい仕事12選

独立開業がしたいと感じる人は、どのような仕事があるか考えるでしょう。そんな独立開業がしたい人のために、独立開業がしやすい仕事を12選取り上げて、それぞれ詳しく取り上げてご紹介します。

独立開業しやすい仕事1:レンタルビジネス

独立開業しやすい仕事はレンタルビジネスです。多くの人がレンタルしたいと感じるものを選ぶことで儲かるビジネスでもあり、気軽に始めやすいのが魅力的です。

レンタルするものは映画や音楽が人気ですし、家電・家具、靴や服、着物などのアパレル関係が選ばれています。

もっと大きく稼ぎたいなら、建設機械や自動車などマージンの高い物をレンタルするといいでしょう。建設業の景気が良ければ需要も多いのも魅力的です。

独立開業しやすい仕事2:マッチングビジネス

マッチングビジネスは独立開業しやすい仕事です。この仕事では、お金を必要とする人に、無理のない資金調達の提案をすることが仕事になります。

資金提供する会社とマッチングさせるこのビジネスは専門的用語などを学び、オフィスを構えて宣伝します。

また、コンサルタント業は独立開業しやすい仕事です。経営コンサルタントやファイナンシャルプランナーなどの知識を活かし、経営がしたい人に対して顧客にアドバイスをします。

独立開業しやすい仕事3::仕事経験・人脈を活かした仕事

仕事経験と人脈を活かした仕事として、職人で独立開業をすることが可能です。大工や左官、鉄筋工として働いていた人は、独立するだけの腕の良さがあれば、親方として独立開業できます。

最初は一人で仕事を請け負って働き、金銭的に余裕が出てきたら職人を雇うなどして、会社にしていくといいでしょう。

とび職や植木職人などで職人として働く人もおり、早くに弟子入りをして経験を積み、独立開業することがポイントになります。

独立開業しやすい仕事4:ITビジネス

ウェブデザイナーも独立開業しやすい仕事です。家でできるこの仕事は、企業のイメージが分かりやすいホームページを製作します。

ユーザーの見易さと利便性を考えつつ、ウェブサイトのレイアウトを行うウェブデザイナーは、CSSやHTMLの知識を身につけることが必要です。

また、プログラミングも家で直接企業と契約して、仕事を受注します。作成した後は定期的なホームページのメンテナンスを行えば、さらに収入が得られます。

独立開業しやすい仕事5:清掃業ビジネス

独立開業しやすい仕事が清掃業です。未経験もスタートできる清掃業は、固定のビルやマンションを丁寧に掃除します。

1人で自宅でも開業できますし、フランチャイズに加盟すれば、本部からのバックアップやサポートを受けられます。

また、ペースやコツを掴むことで毎月の希望売上額をアップすることができる、やりがいのある仕事です。

独立開業しやすい仕事6:エステ・ネイルなどの美容ビジネス

女性が独立開業しやすい仕事は、エステやネイルビジネスです。テナントを借りたり、家の一部を改装してできるこのビジネスは、美容に興味がある人で、手先が器用な人なら独立開業して働けます。

この仕事では、エステティシャンやネイリストの資格を取得することが求められます。そのため、通信教育や夜間の専門学校などで勉強して資格を取得したり、化粧品を販売して、収入を得る販売ビジネスも同時に行うことが可能です。

独立開業しやすい仕事7:運転技術を活かしたビジネス

運転技術を活かしたビジネスは独立開業しやすい仕事です。個人タクシー業は運転士としての免許を取得し、ある程度経験を積み、仕事用の車を購入するなどして独立できます。

他にも、大型のトラック運転手として免許を取得し、独立開業して仕事を自ら取り、建築資材や企業向けの荷物を運ぶ仕事があります。

個人宅へ荷物を運ぶ軽トラ宅配業は、独立資金も比較的少ないのですぐに始めやすく、独立開業しやすい仕事です。

独立開業しやすい仕事8:介護事業

介護事業は、介護経営の仕組みについて学ぶことが好き、高齢者と触れ合うことが好きな人であれば未経験でも参入しやすい事業です。

訪問介護からデイサービスなど色々な方法で仕事ができる介護事業は、フランチャイズに加盟すればより独立開業のためのノウハウを学ぶことができます。

また、介護事業で独立開業するためには、ホームヘルパーの資格が必要ですが、加盟店に加入すれば資格を取得するためのアドバイスを受けられます。

独立開業しやすい仕事9:カフェ・レストラン事業

カフェやレストラン事業は独立開業しやすい仕事です。カフェは客が寛げるスペースを提供し、レストランでは立地を考えて、客層に合う価格での料理を出すことが求められます。

食材の仕入れ単価を考えて料理を作り、提供するこの事業は、店舗を借りる賃貸料も考えることが必要です。

また、開業資金を払って加盟店に加入すれば、会社側が店舗や必要なものを提供するフランチャイズのオーナーとして独立開業する方法もあります。

独立開業しやすい仕事10:教室運営

特技を活かして独立開業しやすい仕事が教室運営です。花を生けることが得意な人は生け花教室を、書道が得意な人は書道教室を、ピアノが得意な人はピアノ教室を自宅やテナントを借りて開きます。

他には英語が得意な人は英語塾、そろばんが得意な人はそろばん塾と、塾で独立開業する人も多いです。

また、自宅で教室を開けば家賃もかからず、近所の子供を集めて、それから口コミや地元の掲示板や広告で教室を宣伝するといいでしょう。

独立開業しやすい仕事11:リペアビジネス

車があれば自由な働き方ができるリペアビジネスは、独立開業しやすい仕事です。ソファやバッグ、家具から車のホイールや内装をリペアする仕事もあります。

法人からのリピート受注を多く入れることで高い年収が期待できる仕事ですし、店舗が必要なく、一人で自宅で受注から出張ができ、低い額でフランチャイズに加盟できます。

スケジュールは自分で決めて、営業も進んで行えば、より高い年収も期待できます。

独立開業しやすい仕事12:一次産業ビジネス

一次産業ビジネスが独立開業しやすい仕事です。酪農や農業、畜産、漁業など脱サラした人も独立しやすいビジネスで、都会から郊外に移り住み、後継者として農業を引き継ぐ人も増えています。

また、一次産業ビジネスを始めるには、農業委員会に許可を貰い、さらに家畜の飼育方法や作物の育て方などを学ぶことが必要です。

先輩の酪農家などに仕事について教わりながら仕事を覚えていき、自分で経験を積みながら経験をさらに積めます。

独立開業するメリット2つ

独立開業はしてみたいけれど、どのようなメリットがあるのか気になる人も多いのではないでしょうか。では、独立開業するメリットを2つ取り上げて、それぞれ詳しくご紹介します。

独立開業するメリット1:自分次第で給料を上げられる

独立開業するメリットは自分次第で給料を上げられます。一人で仕事をすれば、それだけ売りあげた分は自分の給料になりますので、売りあげの良い月は高い給料にすることが可能です。

また、社長であれば、自分で給料の調整が簡単にできますし、もっと売上げ額が良くなればボーナスも高くできます。

さらに、独占業務の資格も得られますので、需要が高い人気の仕事を選べば、給料をどんどん上げられます。

独立開業するメリット2:全て自分の裁量で決められる

全て自分の裁量で決められるのが独立開業するメリットです。自分が社長となることで、時間の使い方をいつでも決めることができます。

また、今日はこの仕事と選んでやることで、より効率よく仕事ができますから、無理なく仕事を進めることも可能です。

さらに、自分の裁量で会社の方針を決めて、実行に移すこともできますし、何歳まで働けるか決められる、無理のない経営ができるメリットもあります。

独立開業のデメリット3つ

独立開業のメリットをお伝えしましたが、反対にマイナスのデメリットも幾つかあります。では、どのような独立開業のデメリットがあるのか3つ取り上げて、それぞれ詳しくご紹介します。

独立開業のデメリット1:軌道に乗るまで時間がかかる

独立開業のデメリットは、軌道に乗るまで時間がかかります。資金と知識があればすぐに独立開業できますが、まだまだ独立して会社の知名度もないし、人脈もない場合、客も少ないので商品やサービスが売れない日が続くこともあります。

そのため、リピーターとなる顧客を掴んだり、売上げが安定するまでには努力が必要です。独立開業して、気道に乗るように営業をしたり、宣伝にお金をかけるなどする必要があることがデメリットです。

独立開業のデメリット2:何をするにもお金がかかる

何をするにもお金がかかるのが独立開業のデメリットです。一から全てを揃えるにはオフィスを借りたり、机や椅子、事務用品、パソコン、インターネット関連など、全てを揃えたりするためにお金がかかります。

また、資格が必要な仕事ならば資格を取得するためのお金もかかり、自社の商品やサービスを宣伝するのにもお金が必要です。

社員を雇うためには求人募集にお金が必要ですし、社員数が多ければ多いほど給料にお金がかかります。

独立開業のデメリット3:失敗したらすべてを失う

独立開業のデメリットは、失敗したらすべてを失うことです。多額の資金を投資して開業した場合、倒産すれば一度にその資金を失います。

また、赤字で倒産すれば家や財産を売却し、借金返済に当てなくてはなりません。多額の借金で家族を養えなければ一家離散して失い、大切な車もペットも手放さなければならなくなる場合もあります。

さらに、社員を解雇して失い、自分の信用も失うことになってしまうのが独立開業のデメリットです。

後悔しない選択をして独立開業をしよう

後悔しない選択をして独立開業をしましょう。独立をした方が自分次第で給料が上げられるし、裁量で決められるなどのメリットがあるため、何も考えないで会社を辞めてしまう人も多いです。

しかし、資金も足りないし、人脈もないのに、独立開業しては後悔します。そのため、独立しやすく、資格も取りやすい仕事を選びましょう。

事業内容をよく考えたり、広告宣伝の仕方や人材確保、資金調達など独立の前によく考えることが大切です。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related