Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月16日

良いValue Propositionを作るコツ10個|必要な背景3つ

ValuePropositionはビジネス用語の一つであり、自社のサービスを顧客に伝える大事な手段にもなります。起業家にとっては忘れてはいけない言葉であるため、ValuePropositionの意味や実際の作り方についてもいくつか紹介します。

良いValue Propositionを作るコツ10個|必要な背景3つ

Value Propositionとは

Value Proposition(バリュープロポジション)とはマーケティング用語の一つであり、お客様の視点から見て満足できる価値を意味します。

自分の企業が提供するサービスにどれだけの価値があるかを示しており、競合他社と比べてどんな差別化がされているかを宣伝するときに使います。

Value Propositionは起業家にとって知っておくべき言葉であり、説明することが重要とされています。

ビジョンとの違い

Value Propositionとよく似た言葉にビジョンがありますが、Value Propositionが他社との差別化を示すことに対して、ビジョンは自社の将来像が主な意味です。

ビジョンを掲げることも企業の発展には必要ですが、主な対象は自社とそこで働く社員になり、Value Propositionは外部の人間になります。

社員のやる気を向上させる時にビジョンを使いましょう。

良いValue Propositionを作るコツ10個

Value Propositionのことについて知った後は、実際に作るコツについても10個ほど紹介します。

Value Propositionは優れたビジネスを進めるにおいて必要不可欠であり、競合他社との差別化を図るためにはきちんと作る必要があります。

ここから紹介するコツを参考にして、ユーザーの心を動かせるほどの素敵なValue Propositionを作ってみましょう。

良いValue Propositionを作るコツ1:3秒で分かるようにする

良いValue Propositionは一目見ただけでわかるものが多く、その企業の強みが非常に伝わりやすいです。

Value Propositionを長々と書いても読む気をなくしてしまい、例え企業のサービスがどれだけ優れていても、ユーザーには伝わりません。

まずは3秒で内容が伝わるようにValue Propositionをまとめられるよう、内容を整理しながら自社の強みを伝えていきましょう。

良いValue Propositionを作るコツ2:得られる効果を表現する

Value Propositionの本質は企業にとって大きな特徴となるサービスであり、利用することでどんな効果が得られるのかを伝える必要があります。

Value Propositionの中で、どんなメリットがあるのかを簡単に伝えるようにすることができれば、ユーザーからも確実に評価されます。

実用例と効果、そして過去の実績や口コミも合わせて紹介すれば、Value Propositionとしても評価されます。

良いValue Propositionを作るコツ3:自社だけの強みを書く

Value Propositionの中で自社だけの強みを書けるようになれば、競合他社との違いがユーザーにも伝わりやすくなります。

他との差別化がどんな風にされているのかが、Value Propositionにとって重要なポイントでもあるため、自社だけの強みをきちんと書く必要があります。

もちろん、自社だけの強みを過信するような書き方は厳禁であるため、客観的に俯瞰した目線で強みを書くようにしましょう。

良いValue Propositionを作るコツ4:あいまいな言葉をさける

Value Propositionの中に曖昧な言葉が含まれていたら、外部からの信用はがた落ちするため、明確な表現を使いましょう。

「企業の成長につながることもある」や「お客さまに利益を与える可能性がある」など、不確実な表現が含まれていたら、見ている人も不安にさせてしまいます。

Value Propositionで説得力を与えたい場合、利用者の満足をきちんと保証できる書き方を心がけましょう。

良いValue Propositionを作るコツ5:専門用語を使わない

多くの人にValue Propositionを見て欲しい場合は、専門用語を使ってはいけません。

特に求められるスキルに専門性が高い業界の場合、全くかかわりのない人にValue Propositionを見せても、具体的な内容が伝えることは難しいです。

すべての人が専門知識を持っているとは限らないという認識を持ちながら、どうすればValue Propositionが伝わりやすいのかを考えてみましょう。

良いValue Propositionを作るコツ6:ターゲットをきちんと書く

良いValue Propositionを作るコツ10個|必要な背景3つ
Value Propositionを発表するにおいて、企業が提供する商品やサービスのターゲットをきちんと書くことも大事です。

そのサービスは誰に向けたのか、主にどんな悩みを抱えている人のために作られた商品であるかを明確に表現すれば、ユーザーの心に突き刺さります。

今の時代はインターネットが発達しているため、ターゲットを明確にすれば、Value Propositionに価値を感じる人は必ず現れます。

良いValue Propositionを作るコツ7:顧客のニーズに応える

Value Propositionを作るコツの一つには、顧客のニーズに応えられるという保証があることも表現することです。

自社の強みやターゲットの明確化はもちろんのこと、最終的には顧客のニーズに応えることが重要です。

きちんと書かれていないValue Propositionにユーザーは価値を感じることはできないため、実際に提供したいサービスのことは徹底的に分析しましょう。

良いValue Propositionを作るコツ8:事業をするためのプロセスを書く

Value Propositionの実現に向けたプロセスも簡潔に書くことで、ユーザーはさらに説得力を感じることができます。

そのサービスを事業にするためには、どんな経緯があり、またどんなサポートを受けているのかを書くことで、具体性を与えることができます。

もちろん、長々とValue Propositionの中で書いてはユーザーからは読まれないため、数行程度でまとめられるように書きましょう。

良いValue Propositionを作るコツ9:顧客の喜びも書く

Value Propositionの中では、企業のサービスを評価している顧客の喜びも書いてみましょう。

口コミで好意的な意見が広まっていれば、そのサービスに価値があることの証明でもあり、利用者を増やす大きな後押しにもなります。

ただし、好意的な口コミをねつ造してはいけないので、実際に行ったアンケートの結果をValue Propositionに混ぜましょう。

良いValue Propositionを作るコツ10:わかりやすくまとめる

Value Propositionの締めくくりとして、これまでに紹介してきた要素をわかりやすくまとめれば、印象にも残りやすいです。

Value Propositionで大事な点は情報がまとめられていることと、利用者がすぐに内容を把握できることです。

自社のプレゼンでもあるため、サービスの長所をわかりやすくまとめれば、見る人の印象にも残りやすくなります。

Value Propositionが必要な背景3個

Value Propositionが必要とされる背景もあり、それを知っておくことで実際に作るための参考にすることもできます。

Value Propositionを明確に作る必要性や、実際に企業側が得られる効果についても考えた上で作っていけば、ユーザーだけでなく企業にも利点があります。

ここからはValue Propositionが必要な背景を3個ほど紹介するので、参考にしてみましょう。

Value Propositionが必要な背景1:顧客のニーズの細分化

今の時代はインターネットの発達によって、顧客のニーズは至るところで拾えるようになったため、Value Propositionはニーズの細分化に対応する必要があります。

一つのサービスでも、顧客のニーズは多様化するようになったため、課題を明確にすることで差別化にも役立ちます。

まずは顧客のために何ができるのかを考えて、ニーズの応え方を考えればValue Propositionを作る参考にもなります。

Value Propositionが必要な背景2:企業側の得意分野の構築

Value Propositionには企業の特徴やサービスを書く必要があるため、自分たちにとっての得意分野を振り返る機会にもなります。

自分たちが何のためにビジネスを行っていて、サービスを作る際にどんなことを心がけているのかを考えることも、Value Propositionを作る参考にもなります。

Value Propositionはサービスの提供だけでなく、今後のことを考えるきっかけにも繋がります。

Value Propositionが必要な背景3:企業側のシェアの確保

今の時代は数多くのサービスが提供されているため、新しいビジネスを始めても長続きできる保証はないため、確実にシェアを確保する方法が求められます。

Value Propositionでサービスの価値を説明できるようになれば、新しくユーザーを獲得するチャンスにも繋がるため、きちんと作ることが求められます。

良いValue Propositionを作成しましょう

良いValue Propositionを作成することは簡単なことではなく、実現のハードルも非常に高いですが、ユーザーから評価される大きなチャンスにも繋がります。

ユーザーが何を求めており、自社が提供するサービスでニーズを満たせることを表現すれば、信頼を得ることが可能です。

まずは自分たちの強みを把握して、わかりやすい伝え方を考えることが、Value Proposition作成の第一歩です。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related