Search

検索したいワードを入力してください

医療機器サービスエンジニアとは?仕事内容5つと年代別平均年収

初回公開日:2019年09月18日

更新日:2019年09月18日

記載されている内容は2019年09月18日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

医療機器サービスエンジニアは、病院で設置される機械に深く関わる仕事です。仕事はとてもハードですが、平均年収は比較的高いです。医療機器サービスエンジニアはどんな仕事をしているのか、また年代ごとの年収はどれくらいになるのかを紹介します。

医療機器サービスエンジニアとは?仕事内容5つと年代別平均年収

医療機器サービスエンジニアとは

医療機器は定期的なメンテナンスが必要です。人工呼吸器や麻酔器、CTなどの医療機器は常に万全の状態を保ち続けることが大事であり、メンテナンスをすることが医療機器サービスエンジニアの主な仕事です。

医療機器は人の命にかかわる重要な機械であり、一つの誤作動が生死を分けます。お医者さんのように、誰かの命を助ける仕事が医療機器サービスエンジニアです。

医療機器サービスエンジニアの仕事内容と年収も紹介します。

医療機器サービスエンジニアの将来性

医療機器サービスエンジニアは人々の健康に関わる仕事であるため、需要は非常に高く、将来性も大きいです。業務の難易度も高いですが、必要な知識を積極的に身につけていくことで需要も上がっていきます。

体力も使うため、年齢が上がることで現場で活動することは難しくなりますが、マネジメントや後輩の指導を行うことが増えていきます。医療機器サービスエンジニアの仕事はこれからも需要が上がり、将来性にも期待できます。

医療機器サービスエンジニアの仕事内容5つ

まずは医療機器サービスエンジニアの仕事内容について紹介します。医療機器サービスエンジニアの仕事内容は多岐にわたりますが、まずは大まかな内容を5つだけ知ってみましょう。

サービスエンジニアに求められるスキルは非常に高度です。まずは医療機器を扱うにおいて必要な仕事内容を把握して、それから知識を身に付けましょう。勉強を重ねれば、医療機器を扱えるようになります。

医療機器サービスエンジニアの仕事内容1:機器の定期点検

まず、医療機器サービスエンジニアにとって最も大事な仕事となることが、機器の定期点検になります。医療機器を動かすには、きちんと稼働しているかを確認することが大事であり、制御や計測が正しく行われているかを定期点検する必要があります。

サービスエンジニアになるには、機械についての正しい知識が必要です。機器の定期点検が行えるようになれば、医療のサービス貢献にも繋がります。

医療機器サービスエンジニアの仕事内容2:故障時の修理対応

どんなに優れた機械でも、使い続けていればいつかは故障します。故障しては充分な医療を行うことができないため、修理対応がサービスエンジニアには求められます。医療機器が故障した時、適切な修理ができるようになればサービスエンジニアとしての需要も上がります。

医療機器の修理業に関するスキルは、求人サイトでも大々的に募集されています。スキルを身に付ければ、就職または転職の際に大きく役立ちます。

医療機器サービスエンジニアの仕事内容3:機器導入時の設置

医療機器を実際に導入する時は、どのように設置するのかを考える必要があります。設置する病院やクリニックの内装を把握して、医療機器のサイズや性能と照らし合わせながら設置場所を決めることもサービスエンジニアの仕事です。

大型の医療機器は簡単に動かすことができないため、体力だけでなく判断力が求められます。部屋の見取り図と医療機器のサイズを見比べながら、医療機器の置き方を決めることも大事です。

医療機器サービスエンジニアの仕事内容4:初期設定から試運転

実際に医療機器を設置した後は、初期設定が必要です。設置したら終わりではなく、実際に動かすように設定することが大事です。初期設定をすることもサービスエンジニアの仕事であり、また試運転で医療機器が動いているかもチェックする必要があります。

初期設定はサービスエンジニアでなければ進められないことが多いため、実用まで進めることが義務です。お医者様のサポートのため、医療機器の初期設定が必要になります。

医療機器サービスエンジニアの仕事内容5:プロジェクト参画

サービスエンジニアとしての経験を積み重ねていくことで、医療機器を開発するためのプロジェクトを参画する機会も増えていきます。プロジェクト参画の経験もあれば、転職の際に大きく有利になり、何よりも当人の評価も上がります。

医療機器の技術も進歩しており、最先端の技術を使った機器を開発するチャンスが訪れる可能性もあります。サービスエンジニアとして活躍し続けて、知識と経験を深めることが大事です。

医療機器サービスエンジニアの年代別平均年収

医療機器サービスエンジニアで働くのであれば、年代に別れた平均年収についても知ってみましょう。医療機器を扱う仕事であるため、ハードな仕事が非常に多いですが、その分だけ年収は高いです。

転職サイトでも医療機器サービスエンジニアの年収は高く表記されていることが多いです。医療機器サービスエンジニアの需要は高く、その分だけ年収も優れています。この仕事に興味があれば、年収についても把握してみましょう。

20代の平均年収

医療機器のサービスエンジニアでも、まだ経験が浅ければ平均年収は350万円ほどになります。もちろん、当人が成果を出し続けていれば600万円を超えるケースもあり、700万円に届く可能性も充分にあります。

会社によっても変わりますが、若いうちから積極的に勉強を重ねながら成果を出していけば、評価と同時に年収も上がります。自分の年収を上げたくなったら、努力を重ねていきましょう。

30代の平均年収

30代を超えていけば評価されることが多く、平均年収は450万円にまで昇ります。もちろん、年齢に関係なく努力を積み重ねれば、平均年収はより上がることも期待できます。

30代は働き盛りの年代であり、もっとも期待されています。周りからの期待に応えれば、年収だけでなく異例のスピードで出世することもできます。

40代の平均年収

40代にもなれば、平均年収は550万円を超えることが多いです。この年代になれば現場よりも、リーダーとして新人の指導や全体のまとめを担当することが多くなります。

これまでの功績を活かしながら、深い知識で業務を進めていくことで周りからも信頼されるようになり、年収も上がります。ただし、年齢にこだわって努力を怠ってしまえば、年収が下がることは言うまでもありません。

医療機器サービスエンジニアからのキャリアチェンジ

サービスエンジニアとして経験を積み重ねてから、別の仕事に進みたくなったらキャリアチェンジについても考えてみましょう。医療機器を取り扱った経験は、他業種でも活かせる可能性が高いです。

どのようなキャリアチェンジの仕方があるのかも紹介します。

テクニカルサポート

テクニカルサポートはコンピューターの操作方法に関する問い合わせを受け付ける仕事です。電話やメールを通じて、ユーザーからの問い合わせに対応するため、機械に関する深い知識と技能はもちろんのこと、コミュニケーション能力が求められます。

医療機器サービスエンジニアの経験があれば、ユーザーのトラブルにも適切な対処ができるようになるため、キャリアチェンジ先としても選ばれることが多いです。

セールスエンジニアやFAE

技術作業を行いながら、ユーザーの課題解決に向けた営業をこなすセールスエンジニアもキャリアチェンジの対象になります。同じように、技術の知識で営業をサポートするFAE(フィールドアプリケーションエンジニア)もキャリアチェンジ先として多く選ばれています。

これまでの技術を活かしながら、ユーザーに接することができるため、セールスエンジニアやFAEは人気が高いです。

医療機器サービスエンジニアのやりがいは大きい

医療機器サービスエンジニアはハードな仕事になりますが、人の命を預かっているのでやりがいは大きいです。もちろん、年収も高い傾向にあり、当人の実力と成果次第ではより上を目指すこともできます。

経験を積み重ねていけば、キャリアチェンジの選択肢も増えます。努力を積み重ねれば、周りからの信頼も上がるため、より高度な業務も任されます。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related