Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月02日

エンジニアが疲れを感じる原因5つ|エンジニアの疲れへの対処法4つ

エンジニアは目や腰が疲れるたいへんな仕事です。そこで今回は、エンジニアが疲れを感じる原因5つとエンジニアの疲れへの対処法4つをご紹介していきます。エンジニアとして続けていくための工夫や身の振り方について、考察していきましょう。

エンジニアが疲れを感じる原因5つ|エンジニアの疲れへの対処法4つ

エンジニアの仕事は疲れとの闘いである

エンジニアはとても疲れる仕事です。

エンジニアはただ機械を操作するだけと思われがちですが、そんなことはありません。クライアントの要望に、常に応え続けなければいけないというプレッシャーがあります。人間関係のストレスは、技術職の中でも相当なものです。

また、コンピューターは常に正確ですが、人間はいつも最高の状態であるとは限りません。正確性のあるものを相手にしているエンジニアは常に疲労を感じています。

エンジニアが疲れを感じる原因5つ

エンジニアがなぜ疲れを感じるのか、その原因を探っていきましょう。

エンジニアは頭だけ動かしているイメージがあるので、肉体的・精神的な疲労はないと思われがちですが、そんなことはありません。脳の疲れは肉体的な疲労へと繋がり、精神へも影響していきます。

エンジニアの仕事はクライアントや仲間との人間関係もたいへん気を使いますし、業務そのものの進捗状況がストレスになることもあります。

エンジニアが疲れを感じる原因1:トラブルがあると昼夜問わず働くことになる

エンジニアは時間が不規則なので、疲れを感じやすい仕事です。

エンジニアは自身のプロジェクトや担当したデータベースなどが故障した場合に、メンテナンスをしなくてはいけない義務があります。エンジニアの仕事はアフターフォローがメインといっても過言ではありません。

プログラムそのものの不調や不備が原因のトラブルもありますが、使用者側の操作間違いによる不具合も起こります。予測不可能の状態で働くことになります。

エンジニアが疲れを感じる原因2:パソコン業務で目や腰の負担がある

エンジニアの仕事は目と腰が疲れる仕事です。

エンジニアは、ほぼ座りっぱなしの状態で行う作業がほとんどです。目と腰の疲労は、体全体の不調へと繋がっていきます。精神的にも良くない箇所に疲れを感じる仕事なので、健康管理が大切です。

しかし仕事の進捗具合でついついやり過ぎる・やってもやっても終わらないなどの事情が起こりがちです。同じ姿勢の仕事はたいへん疲れると、覚えておきましょう。

エンジニアが疲れを感じる原因3:常に勉強し続けねばならない環境

エンジニアは最新の情報を知らなければできない仕事なので、ストレスを感じやすい環境に常にさらされています。

最新のテクノロジーを理解しておかないと、日進月歩のエンジニアの世界にはついていかれません。コンピューターウイルスなども日々、新しい型が増殖しています。さまざまな不足の事態に対応できなければ、エンジニアとしての業務そのものが成り立たなくなります。

プレッシャーとの闘いで疲れが溜まりやすい仕事です。

エンジニアが疲れを感じる原因4:チームでの業務が多い

エンジニアはチームで動くことが多いので、人間関係のスキルが高くなくてはやっていけません。

人に気を使う仕事は疲労が溜まりやすくなります。エンジニアはクライアントとの関係もありますし、コミュニケーション能力がたいへん必要とされる仕事です。

技術面だけが突出していてチームで働くことが苦手な人は、職場そのものが負担となり疲労しやすくなる可能性が高くなります。

エンジニアが疲れを感じる原因5:「トラブルなし」が当然とみられる

エンジニアは高い水準の技術力を必要とされるため、大きなプレッシャーが疲れを呼びやすい職種です。

エンジニア、イコール完璧な技術者と思われがちです。エンジニアのミスではなくプログラムそのものの間違いであっても、完璧に修正しなくては相手は納得しません。

トラブルなしが当然のエンジニアの世界では、皆がたいへんなストレスとプレッシャーにさらされています。疲れの大きな原因となっています。

エンジニアの疲れへの対処法4つ

エンジニアの疲れへの対処法を4つご紹介していきます。

エンジニアの仕事はたいへん疲れます。皆が疲労を抱えている考えてよい世界です。それをどうやって上手く調整して乗り越えていくかも、エンジニアにとっての大切な仕事です。

4つの対処法を詳しく理解して、仕事の一環として参考にしていきましょう。

エンジニアの疲れへの対処法1:デスク環境から変えてみる

目や腰の疲労はエンジニアに付きものですが、椅子の高さやパソコンの位置・明るさを調整するなどの工夫で、疲れにくい状況を作り出すことができます。

エンジニアの人はついつい、仕事を優先してデスクの状況まで気がまわらないことがあります。資料を手前に置かずにパソコンは高い位置で使いやすい場所へ置く、椅子の角度を調整するなどの工夫で、いくらでも環境は変えられるので、ぜひ、挑戦してみてください。

エンジニアの疲れへの対処法2:職種の異動を視野にいれる

エンジニアの疲れの原因が業務そのものだとしたら、職種を替える必要があります。

エンジニアの仕事があまりにも疲れやすく、自分に向いていないと感じたら、業務そのものを変更してもらいましょう。エンジニアという仕事が向いていない可能性があるからです。

エンジニアの疲れへの対処法3:一度休んで切り替える

エンジニアが疲れから脱却できないと感じたときは、長い休みを取るなどして、リフレッシュしてみる必要があります。

同じ環境や同一の仕事のくりかえし、または業務そのものの行き詰まりが原因で、体と心が悲鳴を上げている可能性があります。それが疲れとなって生活に表れているのです。

働き過ぎで疲労が蓄積していくと、大きな病気となって表面化する可能性があります。そうなる前に、ゆっくり休んで、心も体も切り換えましょう。

エンジニアの疲れへの対処法4:転職を考える

エンジニアの方がどうしても疲れる環境に身を置いていると感じる場合は、転職も視野に入れて行動してみましょう。

エンジニアが疲れる環境の原因が職場や仕事そのものにあると感じている人は、思い切って転職をしてみるのもひとつの対処方法です。転職活動をしている間に、気が紛れて疲れが軽減される可能性もあります。

違う職種へ転職してみるのもいいですし、まったく違う環境の職場を選んでみるのも良いでしょう。

エンジニアの現状とは

エンジニアは人手不足です。

スマホの普及やAIの発達で需要はあるのに、それにふさわしいエンジニアが育っていない現状があります。エンジニアの仕事は経験と熟練の技、最新技術の修得が必須なので、なかなか後続が育たないことが実情です。

エンジニアの需要

エンジニアの需要は年を追うごとに増えています。

特に大きなプロジェクトを先導できるシステムエンジニアの需要が増しています。需要は多いのに、それに見合うエンジニアがいないため、常に求人がかけられています。外国人エンジニアの台頭などもあり、日本のエンジニアの熟成が期待されています。

エンジニア業界の将来性

AIやスマホの普及で、エンジニアの将来性が期待されています。

エンジニアの仕事は体力勝負のところがあります。外国人エンジニアに負けないメンタルと技術を身につけて、新しい技術をどんどん吸収する向上心のある技術者の台頭が待ち望まれています。

エンジニアの疲れの原因を知り上手く対処しよう

エンジニアを続けるには疲れと上手く付き合っていく工夫が必要です。

エンジニアは疲れる仕事です。今回の記事を参考にして自分自身の体力やメンタルに気を配りながら、賢く業務をこなしていきましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related