Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月15日

プログラミングに関する法則・原則7選|エンジニア向けの転職エージェント

プログラミングはエンジニアとして訓練された方々の、原則に沿った優れた技術によるものです。これららエンジニアを目指す方にプログラミングの原則と、今現在エンジニアとして就活をしている方におすすめの転職エージェントをご紹介します。

プログラミングに関する法則・原則7選|エンジニア向けの転職エージェント

プログラミングに関する法則・原則

プログラミングには、その世界やエンジニアに共通する法則や原則というものがあります。

プログラミングを勉強していると、よくみかける言葉です。難しいことを言っているような気がしますが、とらえ方や勉強の段階によってなるほどと思えることが増えてくるでしょう。

プログラミングに関する法則・原則7選

プログラミングに関する原則を7つご紹介します。

エンジニアがプログラミングを行う課程や、作業のタイミング、作業の原則、また全体の工程にまつわることなどが出てきます。つまづいた時などに振り返ってみるのも良いでしょう。

プログラミングに関する法則・原則1:デメテルの法則

デメテルの法則とは、最小知識の法則ともいいます。

実際にプログラミングをする過程で、あまりに多くの仮定や想定を盛り込むと、収集がつかなくなることがあります。そのようなことを防ぐために、構造やプロパティに対する仮定を最小限にするべきであるというのがデメテルの法則です。

知らない、分からない分野・オブジェクトには関わらず最小限のオブジェクトでプログラミングするという原則です。

プログラミングに関する法則・原則2:ヴィルトの法則

コンピュータのソフトウェアとハードウェアの性能に関して、ソフトウェアはハードウェアが高速化するより、急速に低速化するという原則です。

ハードウェアは日々進化し、新しい媒体も出てスピードも速くなっています。しかし、ソフトウェアはそれほど大きく変化したを感じることがありません。自己啓発的な意味合いもある法則です。

プログラミングに関する法則・原則3:ブルックスの法則

ブルックスの法則は、プログラミング開発の課程に関する原則です。ソフトウェアを開発のためにチームが作られます。しかし、その工程に遅れが出ているとき、その遅れの修正のために新たなエンジニアを追加投入することは、さらに工程を遅らせるという原則です。

どれだけ優秀なエンジニアが投入されても、チームに馴染み習熟して力を発揮するまでには時間を要します。かえってコストがかかり、工程も遅れるだけという原則です。

プログラミングに関する法則・原則4:ホフスタッターの法則

ホフスッターの原則とは、作業や見積もりに関する原則です。作業には、いつも予測以上の時間がかかるものであるといっています。これは、プログラミングならず日々の生活の中でも実感できる方も少なくないでしょう。

「ホフスッターの法則を計算に入れても」という一文は、さまざまな場面に登場します。時間や見積もりには猶予をもって取り組むべきということでしょう。

プログラミングに関する法則・原則5:コンウェイの法則

コンウェイは、コンピュータ初期のプログラマーです。コンウェイは、システム設計をする組織は、自分たちの組織の構造をそのままコピーした構造の設計をしてしまうと言っています。

同じエンジニアが設計するとすれば、納得のいく原則です。これが良く作用するか、なれ合いのように悪く作用するかはその組織自体がどのようなコミュニケーションスキルをもっているかによるでしょう。

プログラミングに関する法則・原則6:ボーイスカウトの規則

ボーイスカウトは、その名のとおりボーイスカウトの集団のことです。ボーイスカウトは、来る前より山を綺麗にして帰ります。それを習ってモジュールをチェックインする際は、チェックアウト時よりも美しくするという原則です。

綺麗にするということは、無駄であったり余計な変数などを削除し、わかりやすくすることです。結果的にバグを生みにくくし、修正も楽になるということになるでしょう。

プログラミングに関する法則・原則7:驚き最小の原則

プログラミングに関して二つの要素があり、それが矛盾していたり分かりづらいとき、それに対して人間のユーザーやエンジニア、プログラマーが行う動作は最も驚きが少なく当然と思いやすいものを選ぶべきという原則です。

どうしようかなと迷ったら、使う相手はどの方法が最も自然で驚かないかと考えるという、ユーザビリティ、つまり使用性、使いやすさ、使い勝手に関する法則・原則です。

エンジニアにおすすめの転職エージェント5選

エンジニアの方におすすめの転職エージェントをご紹介します。

さまざまな転職エージェントがありますが、職種によって得意不得意があります。エンジニアに有利な転職エージェントを利用して、転職活動をするとよいでしょう。

エンジニアにおすすめの転職エージェント1:リクルートエージェント

ITエンジニアの転職活動に関して、新たなスキルを獲得するための転職をしたいとき、求めるスキルと仕事内容を納得した転職をしたい、また働き方としてワークライフバランスも考えたいなどという希望に添えるような支援をモットーとしています。

業界の知識が豊富なアドバイザーが、企業風土・具体的なスキル要件・企業の人材の見方などのノウハウからさまざまな角度から求人を探してくれるでしょう。

エンジニアにおすすめの転職エージェント2:パソナキャリア

パナソキャリアは、各業界の専任アドバイザーがいます。IT・エンジニア業界にも精通したアドバイザーが、キャリアカウンセリングから面接や履歴書のアドバイスまで細かいことも相談に乗ってくれます。

利用者(転職者と企業双方)の満足度をあげることを目標としています。結果、パソナキャリアにしか求人がないという独占求人が最も多い、信頼度の高い転職エージェントです。

エンジニアにおすすめの転職エージェント3:マイナビエージェント

プログラミングに関する法則・原則7選|エンジニア向けの転職エージェント
マイナビエージェントは、キャリアアドバイザーが全面的に転職活動をサポートしてくれます。自分では、細かいことに気付くことが苦手であったり、転職活動のための時間をなかなかとれないというときにおすすめです。

約8割が非公開求人ということは、人気企業や人気の職種の採用に強いといえるでしょう。一般的な求人票にない情報を得ることもできます。

エンジニアにおすすめの転職エージェント4:doda

業種や職種ごとの専任アドバイザーがおり、特にITエンジニア・ものづくり系設計・開発職などに特化しているので、エンジニアとしての転職も有利になるでしょう。すぐに登録しなくても、dodaフェアなどで情報を得ることができます。

職務経歴を登録しておくと、逆に企業からオファーをうけることもできたり、求人件数の多さでさまざまな可能性が考えられるのもおすすめな転職サイトです。

エンジニアにおすすめの転職エージェント5:JACリクルートメント

JACリクルートメントの特徴は、専門職や管理職に特化した転職エージェントであることです。

外資系エージェントなので外資系やグローバル企業にも強く、登録している企業も上場企業がほとんどで安心です。現時点である程度のキャリアを積み、さらにステップアップしたい場合などによいでしょう。

すぐに相談するのが不安な場合は、企業説明会や相談会が開催されるので、まずそこに参加してみるのも良いでしょう。

プログラミングに関する法則・原則について理解を深めよう!

エンジニアとして働く以上、その業界に精通した法則や原則を理解して、チームで共有して活用したいものです。当たり前のことだとしても、言葉として知らないと知っているとではまた使い方が違ってきます。

エンジニアとして技術以外の引き出しを増やすためにも、ぜひプログラミングの法則や原則を活用してみてください。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related