Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月02日

システムエンジニアのレベルに応じた担当業務4つ|SEに向いている人3選

システムエンジニアとは、システムの設計・開発・テストを手がける職種のことです。プログラマを統括する仕事をしています。そこで今回は、システムエンジニアのレベルに応じた担当業務4つと、SEに向いている人3選について詳しくご紹介していきます。

システムエンジニアのレベルに応じた担当業務4つ|SEに向いている人3選

システムエンジニア(SE)

システムエンジニアとは、クライアントとともにシステム設計を行ない、出来上がったプログラムの品質をチェックする仕事です。

システムエンジニアは、プロジェクトの大まかな設計や情報システム開発の上流工程を担当しています。クライアントの要求に応えられるような仕様を決定していく仕事です。

その際、マネジメント的な業務として、予算や人員配備、計画の進捗具体の管理など、マネージャーとしての役割も行います。

プログラマとの仕事との違い

システムエンジニアとプログラマの違いは、システムエンジニアが設計と試験を行い、プログラマが作る作業を受け持つことです。

システムエンジニアは顧客からヒアリングした内容に基づき設計書を描く設計士のような役割をしています。プログラマはプラグラミング言語を使って設計図通りにプログラミングを行う技術者としての役割が大きいです。

出来上がったプログラミングをシステムエンジニアが試験チェックして仕事が完成します。

システムエンジニア(SE)の具体的な仕事内容

システムエンジニアはクライアントの要求通りにシステムを設計する上流工程を行っています。

システムの細部も設計していきます。また、出来上がったシステムを繋ぎ合わせる結合試験や、システム全体の動きをチェックする総合試験のための項目表の作成も担当します。

システムエンジニアの仕事は会社によって違いますが、経験年数によってレベルが違うので、業務内容も違ってきます。プログラマと同じだけのITスキルがあります。

システムエンジニア(SE)のレベルに応じた担当業務4つ

システムエンジニア(SE)のレベルに応じた担当業務4つをご紹介していきます。

システムエンジニアは経験年数によってレベルが違います。そのレベルごとにできる仕事の内容が違います。システムエンジニアの業務は、努力と経験を積み重ねて修得するしかない仕事だからです。

人によって成長のレベルは違いますが、だいたいの目安として、システムエンジニアとして何年働けばどのレベルに達するかを、詳しく見ていきましょう。

システムエンジニア(SE)のレベルに応じた担当業務1:初級レベル経験年数1〜3年

システムエンジニアの初級レベル経験年数1〜3年は、プログラミングとテストの時代です。

システムエンジニアは最初の3年は修業の場となります。このレベルで最初に任される仕事は、プログラミングと単体のテストです。

システムエンジニアの最初のレベルでは、プログラマとしての仕事が主になります。次第に、特定言語のプログラミングが簡単にできるようになっていきます。

システムエンジニア(SE)のレベルに応じた担当業務2:中級レベル経験年数3〜6年

システムエンジニアの中級レベルは、経験年数3〜6年の人で、詳細設計から始まり基本設計ができるようになることが理想です。

このレベルは、まだプログラマとしての位置にいます。この時期に、しっかりとプログラミングの知識を身につけていくことで、優れたシステムエンジニアに成長できます。詳細設計を難なくできるレベルに成長していることが大切です。

独り立ちできたら、システムエンジニアとしての業務に入っていきます。

システムエンジニア(SE)のレベルに応じた担当業務3:上級レベル(ゼネラリスト)経験年数6年〜

システムエンジニアの上級レベル(ゼネラリスト)経験年数6年〜で、基本設計ができるレベルです。

経験年数が6年を越えたあたりから、本格的にシステムエンジニアとして独り立ちできます。システムの基本的な部分に着手することができます。クライアントとの業務も徐々に覚えていきます。

システムエンジニアらしい上流工程の仕事に着手できるレベルになり、コミュニケーションや責任能力が問われはじめる時代です。

システムエンジニア(SE)のレベルに応じた担当業務4:上級レベル(スペシャリスト)経験年数6年〜

システムエンジニアとして上級レベル(スペシャリスト)になる人は、経験年数6年以上の技術者です。

要件定義や見積もりを行い、PLクラスのマネジメントが徐々にできるようになっていきます。10年以上となれば、PMクラスのマネジメントも行えるレベルに達することができます。

業務知識が幅広く求められるときでもあります。仕事を通じて会得したスキルとコミュニケーション能力を、大いに発揮すべき時期です。

システムエンジニア(SE)に向いている人3選

システムエンジニアに必要とされる主な能力をご紹介していきます。

これらの能力がある人が、システムエンジニアに向いている人です。プロジェクトの規模が大きくなれば大きくなるほどこれらのスキルがシステムエンジニアに求められていきます。

システムエンジニア(SE)に向いている人1:ITに興味がある人

システムエンジニアはまず第一に、ITに興味がなくては仕事が長続きしません。

システムエンジニアの仕事は新しい知識や情報を得ながら、日々成長していく内容ばかりです。ITそのものに興味や好奇心を示す性格でなければ、技術の進歩についていくことはできません。

ITにとても興味があれば、システムエンジニアとしてさまざまな業務に積極的に取り組むことができます。仕事にやりがいを感じることができるはずです。

システムエンジニア(SE)に向いている人2:技術トレンドに敏感な人

IT業界は技術のトレンドの移り変わりが激しい業界なので、常に最新の情報をインプットしていく必要があります。

最新技術に敏感でなくては、世の中のニーズに応えることはできません。適切なシステム開発ができるシステムエンジニアでなくては、レベルの高い領域を目指すことができないからです。

システムエンジニア(SE)に向いている人3:コミュニケーション力に自信がある人

システムエンジニアは要件定義や要求分析の工程で、顧客のニーズに的確に応える必要があるので、コミュニケーション能力は必須です。

クライアントの問題を正しく解決するためには、コミュニケーション能力を発揮して相手の意向を正しく理解する必要があります。システムエンジニアとして、チームをまとめる、皆を指導するなど、人間関係に関するスキルが求められる仕事だからです。

システムエンジニア(SE)におすすめの転職エージェント5選

システムエンジニアとして転職する際は、的確な転職エージェントをチョイスすることがポイントです。

転職エージェントには、「総合転職エージェント」と「特化型転職エージェント」の2つの種類があります。どちらもシステムエンジニアの幅広い領域の求人を持っていますので、それぞれの特性をよく把握してから、両方を上手に利用して転職を成功させていきましょう。

システムエンジニア(SE)におすすめの転職エージェント1:リクルートエージェント

リクルートエージェントは、業界最大級の非公開求人数が魅力です。

取り扱い職種が幅広いという特徴があり、ハイキャリア求人を見つけることができる点も、システムエンジニア向けの転職エージェントといえるでしょう。

特設サイトに、IT転職市場の状況や転職に役立つノウハウ、注目企業などの特集も組まれています。システムエンジニアだけでも3万件近い求人があり、選択肢が大いに広がる転職エージェントとしておすすめです。

システムエンジニア(SE)におすすめの転職エージェント2:パソナキャリア

パソナキャリアは、大手人材派遣会社パソナが運営する有名な転職エージェントです。

取引実績企業数は1万6000社以上で、業界トップクラスの高い信頼度が特徴です。パソナキャリアの最大の魅力は、サポートの丁寧さです。無理に求人を勧めてくるようなことはなく、親身になって、システムエンジニアの転職先を探してくれます。

IT関連に特に力を入れている点が特徴で、土日の面談も受け付けてくれています。

システムエンジニア(SE)におすすめの転職エージェント3:マイナビエージェント

マイナビグループが運営する転職エージェントです。

大手の強みを活かしたさまざまな求人を所有しているので、システムエンジニアとして活躍の場を広げることが可能です。ITに特化した求人サイトも用意されています。

豊富な求人数と万全サポートによる高いマッチング力が、システムエンジニアの転職として最大の魅力になっています。

システムエンジニア(SE)におすすめの転職エージェント4:doda

doda(デューダ)では、IT業界に精通したキャリアドバイザーが転職サポートをしてくれることで有名です。

システムエンジニアの求人に強く、IT系の非公開求人を3万件以上保有している点も特徴の一つです。IT業界出身のコンサルタントが多く在籍しているので、システムエンジニアの転職にはたいへん心強い転職エージェントです。経験に基づいた的確なサポートが期待できます。

ベンチャー企業の就職にも強みがあります。

システムエンジニア(SE)におすすめの転職エージェント5:JACリクルートメント

JACリクルートメントは、イギリスの外資系の日系転職エージェントです。

グローバルのハイキャリア案件に強く、上級レベルのシステムエンジニアを目指す人向けのキャリア志向型転職エージェントです。担当者が企業に直接交渉をしてくれる両面型の求人方法です。

外資系の高年収・ハイキャリア案件が多いため、システムエンジニアとしてさらに上のレベルへ行きたい人におすすめの転職エージェントです。

システムエンジニアのレベル応じた担当業務について理解を深めよう!

システムエンジニアは年数に応じてレベルが違い、仕事の内容が違うことを理解していおきましょう。

システムエンジニアの成長のスピードは人それぞれなので、一概に何年働いているからこれだけのスキルがあるとはいえませんが、目安として一般的なレベルをご紹介させていただきました。

最新の情報を入手しながらスキルを磨き、上級のシステムエンジニアを目指していきましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related