Search

検索したいワードを入力してください

エンジニアの目標設定のポイント6選|目標設定の注意点や難しい理由とは?

初回公開日:2019年10月01日

更新日:2020年08月27日

記載されている内容は2019年10月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

適切な目標設定はモチベーションを上げ、日々の仕事に前向きに取り組む原動力になります。営業と違ってエンジニアは数値目標が掲げづらいため、目標設定が難しく感じられます。ここでは、エンジニアが効果的な目標設定をするためのポイントをまとめています。参考にして下さい。

エンジニアの目標設定のポイント6選|目標設定の注意点や難しい理由とは?

目標設定は重要

エンジニアとしてどうなりたいか具体的にイメージし、そのための目標設定を行うことは、働く基盤・モチベーションになります。

なりたい自分が明確になれば、5年後、10年後のキャリアビジョンが描きやすくなります。そして、それを達成するための目標設定が簡単になります。

的確な目標設定は、登山の道標と同じ役割を果たします。どんなに実現が難しく思えるビジョンでも、目標設定さえ間違えなければ必ず実現できます。

目標設定をする理由

目標設定はビジョンに向かうための一里塚です。

漫然と与えられた業務だけをこなしていたのでは、あっという間に周りから取り残されてしまうのがエンジニアの世界です。技術は日進月歩です。常に先端を走っているためには、将来のビジョンと的確な目標設定が必要です。

大きなビジョンに向けての努力は、時に遠すぎて挫折しそうになりますが、実現可能な目標を段階的に設定できれば、一歩ずつ着実にビジョンに近づくことができます。

エンジニアの目標設定とは

エンジニアの目標設定に数字を掲げることは難しいです。

営業と違い、エンジニアの目標に数値設定することは難しいです。営業なら「月○万以上の売り上げ」や「月○件の新規開拓」と数字で目標設定できますが、エンジニアは数字で成果を表す仕事ではないからです。

会社を軸とすると数値目標に目が向きますが、個人を軸とすると目標は見つけやすくなります。まずは、技術を磨くことに目を向けてみましょう。

エンジニアの目標設定の注意点

3年後、5年後の自分をイメージして目標設定しましょう。

エンジニアの世界は、技術が日進月歩で学ぶ意欲がなければあっという間に置いて行かれてしまいます。そのため、資格取得を目指すことは、目標設定としては実現の可能性の高い手堅いものだと言えます。

但し、資格取得に照準を合わせて、将来のビジョンを持たなければ、単なる資格ゲッターに終わってしまいますので注意しなければなりません。

エンジニアの目指す方向性とは

エンジニアが会社に貢献できる形は何であるのか考えましょう。

営業は売り上げで会社に貢献します。エンジニアは何で会社に貢献できるのでしょうか?それは技術力です。安定・安心した技術力は企業の武器です。

エンジニアは確かな技術力を提供することで高い信頼性を獲得します。一人一人が高い技術力を身に付けることが、企業の信用を高めることにつながります。

マネジメント志向

エンジニアは、その資質によって大きく「マネジメント志向」と「スペシャリスト志向」に分けられます。

プロジェクト遂行にあたって、人との折衝や納期調整ができる人は「マネジメント志向」であるといえます。

社内外問わず高いコミュニケーション能力が求められ、予算や納期などのプロジェクト全体のマネジメント力も問われるのがプロジェクトマネージャーです。その資質を備えているのがマネジメント志向のエンジニアです。

スペシャリスト志向

最新の技術知識や技能を身に付け実行することをいとわないのが「スペシャリスト志向」のエンジニアです。

プロジェクトに新しい技術を積極的に取り入れるチャレンジ精神を持ち、リスク管理ができるエンジニアはスペシャリスト志向のエンジニアです。

安定志向にあってはあっという間に他社に後れをとってしまう業界で先端を行くには、しっかりとした知識とリスク管理の基、新しいことにチャレンジしていく精神が必要です。

エンジニアの目標設定を行う際のポイント6選

エンジニアの目標設定にはコツがあります。

数字で設定することの難しいエンジニアの目標ですが、コツをつかめば的確な目標を設定することが可能です。

ここでは、6つのポイントに絞って、エンジニアの目標設定のコツをまとめています。参考にして、実現可能でかつ有効な目標を設定してみてください。

エンジニアの目標設定を行う際のポイント1:行動目標を定性的に設定

エンジニアの目標は具体的な表現を使って設定しましょう。

数値目標を掲げることが難しいのがエンジニアの目標設定です。その場合は、具体的な言葉で表現してみましょう。例えば「顧客満足度を向上させる」といった感じです。

但し、漠然とした内容では実現が難しくなります。具体的にどのような行動を起こすか内容を細分化して考えます。「クレームや問合せ対応の経緯を全て記録し、関係者で共有する」というように設定します。

エンジニアの目標設定を行う際のポイント2:チームの目標に沿ったもの

チームで実現する目標に沿って自分の立ち位置で考えてみましょう。

例えばシステム開発の現場でAIを活用することがチーム目標であった場合に、自分に何ができるかを考えます。新しい技術を取り入れることは、既存の開発方式も見直すことです。

チーム全体のあり方を見直す必要のあるミッションを遂行するには、メンバー一人一人の役割が明確でなければなりません。チーム目標から自分の役割を考えれば自ずと目標設定はできます。

エンジニアの目標設定を行う際のポイント3:目に見える資格や知識の設定

目標設定に悩んだら、まずは資格取得を目標に掲げてみてください。

エンジニアの資格は国家資格・ベンダー資格ともに非常に多くの種類があります。それらの中には段階的に取得するものもあります。例えば、国家資格では「基本情報技術者試験」「応用情報技術者試験」は有名です。

資格試験は、開催時期が春と秋などと決まっているものが多く、目標設定しやすくなっています。取得後は客観的なスキル指標としても有効です。

エンジニアの目標設定を行う際のポイント4:最終到達点を設定

エンジニアとしての理想の自分を思い描いてみましょう。

将来どんなエンジニアになりたいのか、具体的にイメージしてみましょう。例えば、プロジェクトマネージャーとしてプロジェクトを統括していきたいのか、フルスタックエンジニアとして一人でマルチに活躍したいのか、具体的にイメージできれば自ずとしなければならないことが見えてきます。

エンジニアの目標設定を行う際のポイント5:最短で実現できる目標を設定

ゴールを決めたら一番達成できそうな目標を設定しましょう。

今の自分の能力で一番実現可能な目標を設定してみましょう。例えば、将来プロジェクトマネージャーを目指すのであれば「年内にプロジェクトマネージャー試験に合格する」といった目標を設定します。

近い将来の目標設定でのポイントは、期限を決めることです。国家資格の多くは年に2回、春と秋で試験が行われるものが多いので、今年の目標として設定してみましょう。

エンジニアの目標設定を行う際のポイント6:3年後に達成する目標を設定

1年後の目標の次は3年後の目標を設定してみましょう。

エンジニアとしてのゴールが設定できたら、1年後、3年後、5年後くらいの間隔で目標を定めるとモチベーションを維持しやすくなります。

まずは、年内の資格取得に集中して勉強し、次に3年後プロジェクトのリーダーを目指す、という目標設定であれば前向きに取り組めるでしょう。試験に合格したら3年後を目指して新たに目標を設定します。

エンジニアの目標設定が難しい理由は?

エンジニアの目標は定量的な設定がしづらいためモチベーションアップにつなげることが難しいです。

「月○万円の売り上げ達成」といった数値目標が立てづらいエンジニアの目標は、ともすれば義務的になり、モチベーションを上げることが難しくなります。

なぜその目標を達成することが必要なのか、ではなく、その目標を達成することでどうなれるのかといった発想で考えることが大切です。将来の自分を思い描くことが鍵になります。

エンジニアの目標設定方法を知って参考にしよう

エンジニアの目標設定は営業と違い数値で表すことが難しいです。数値目標はプレッシャーはありますが、何をすべきかが分かりやすいというメリットがあります。

エンジニアの目標設定は、具体的に将来像を描くことでモチベーションを上げることができます。

プロジェクトを統括したいのか、フルスタックでマルチに活躍したいのかで目指す方向は分かれます。方向が決まったら、まずは、1年後に達成すべき目標について考えましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related