Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月01日

エンジニアにチームビルディングが必要な理由6つ|おすすめの手法とは?

チームビルディングは組織を活性化してパフォーマンスを向上させるため、エンジニアにも必要とされています。そこで今回は、エンジニアにチームビルディングが必要な理由6つと、おすすめの手法についてご紹介していきます。チームビルディングの大切さについて学びましょう。

エンジニアにチームビルディングが必要な理由6つ|おすすめの手法とは?

チームビルディングとは

チームビルディングとは20年前頃からいわれてきたビジネスにおける考え方で、一人では到底成し遂げられない目的や目標を達成できるチーム作りのことです。

従来のように、一人のリーダーからなる戦略ではなく、チームの一人一人が即戦力となり、同一の目的や目標に向かって突き進んでいくプロジェクト作りが行われています。

ワークやプログラム・研修といった具体的な方法も含めてチームビルディングと呼ばれるようになりました。

チームビルディングの目的

チームビルディングの目的とは、チームのパフォーマンスの向上です。

チームビルディングによりメンバーそれぞれの能力が一つにまとまり、目標達成が容易になることが目標です。そのように堅固な組織であれば、チームのパフォーマンスが向上して、課題解決に対する能力が飛躍的に高まるはずです。

コミュニケーションも活性化されて、メンバー同士の建設的なディスカッションが増え、組織の変革が起こると考えられています。

チームビルディングの効果

チームビルディングにより、チーム目標が達成できる効果があります。

チームビルディングによる一番の効果が、協力関係による技術革新でチームの目的が現実化することです。チーム内の人間関係が密になれば、困ったときに相談しやすい環境を作ることができます。早期の問題解決は、短期間の目標達成へと繋がります。

チームの皆が助け合うことでパフォーマンスが向上して、イノベーションをスムーズに行うことが可能になります。

エンジニアにチームビルディングが必要か

エンジニアは一見、個人主義の仕事のようですが、仲間同士で情報を共有して目標に向かっていく業務が多いため、チームビルディングが必要です。

エンジニアは相手を納得させる開発をすることが仕事なので、コミュニケーション能力は必須です。そのためにも、チームビルディングのような研修が必要です。

エンジニア同士の技術面の協力や情報交換などが活発に行われれば、自社の業務のさらなる発展が期待できます。

エンジニアにチームビルディングが必要な理由6つ

エンジニアにもチームビルディングが必要であることを6つの項目に分けてご紹介していきます。

チームビルディングで仲間意識を高めてコミュニケーションを上げていくことは、エンジニアの仕事にたいへんプラスになる行為です。チームビルディングを通して互いの誤解を解くきっかけにもなりますし、よりよい仕事へ向けて相互理解が進みます。積極的に進めていきましょう。

エンジニアにチームビルディングが必要な理由1:チームと個人のバランスをとる必要がある

エンジニアはチームを組んでひとつのプロジェクトに取り組むことが多いので、個人の仕事を押し進めながら、チームワーク作りにも積極的に参加する必要性があります。

エンジニアはクライアントへの説明・説得能力や、仲間とのコミュニケーション能力が高くなければ優秀であるとはいえません。仕事をやり遂げるためには、メンバー同士の信頼関係がなくては、相互に協力を得て良い業務をこなしていくことができないからです。

エンジニアにチームビルディングが必要な理由2:チームで急な対応に突然追われることがある

エンジニアチームが急な仕事の依頼を受けたときに、手を抜かれるのではないかなどと疑心暗鬼になって互いの協力関係が崩れることがないように、日頃から信頼関係を築いておく必要があります。

チームで仕事をする場合は、わからないところを聞き合ったり補い合う協力関係が必要ですが、それ以上に、前向きに仕事を進めていける信頼関係が大切です。急な業務もチーム一丸となって対応できるように、訓練をしておく必要があります。

エンジニアにチームビルディングが必要な理由3:期限のある仕事が多い

エンジニアの仕事には期限があるので、チーム力を発揮して納期までに高品質で注文どおりの製品を提出する必要があります。

チーム内の信頼関係やお互いの協力関係が相互にしっかりとしていなければ、期限までに目標達成はできません。

互いのスケジュールをきちんと把握して、遅れている部分やわからなくて行き詰まっているポイントがあれば、助け合って納期までに仕事を終わらせなくてはいけないからです。

エンジニアにチームビルディングが必要な理由4:いくつかのプロジェクトを掛け持ちするのが基本

エンジニアはプロジェクトを掛け持ちしながら仕事をしていくので、マニュアルをしっかり作ってチーム内で計画的に業務を進めていきましょう。

掛け持ちしているプロジェクトの中で優先順位が高いものから順番に、チーム一丸となって仕事を進めていけば、効率よく仕事を進められます。

ひとりの人しかできない業務があればそれを優先してもらい、その他の仕事を他のメンバーが補うなどすれば、仕事を確実に終わらせることができます。

エンジニアにチームビルディングが必要な理由5:プロジェクトは同時進行が基本

エンジニアのチーム全員が、同じ目標に向かって頑張る意志が共有されなければ、仕事を成功裡に終わらせることはできません。

チームビルディングにより、チーム全体の目標や計画が共有化されて、共通認識のもとでプロジェクトが行われなければいけません。ひとつでも目標どおりのスケジュールまでに仕上がらない仕事があると業務が滞り、チームが間違った方向へ進んでしまい、失敗するケースに陥る可能性が高いからです。

エンジニアにチームビルディングが必要な理由6:タスクを互いに把握しあう必要がある

エンジニアのチームは目標と計画を共通の言語で共有し合うことで、目指すものは一緒だという信頼関係をもって仕事を進めていくことができます。

新しいことを開発したいメンバーと専門的で今までにないものを作ろうとしているメンバーがいた場合には、まったく方向性が違ってしまい、チームワークが乱れて良い仕事はできません。そのようなケースに陥らないように、タスクを互いに常に把握し合うことが必須となります。

エンジニアにおすすめのチームビルディング

エンジニアのチームビルディングは、個々が自由に発言できるタイプのもので、仕事の効率を上げる種類のワークがおすすめです。

エンジニアのチームビルディングは、チーム内の自然な対話とコミュニケーションが活性化するように、小さな勝利を計画的に積み重ねるような取り組みであるべきです。

そのために、普段から疑問点を聞き合い・教え合い、互いの進捗具合がわかるような、風通しの良い職場作りが大切です。

知識のアウトプット会を定期的に行う

エンジニアのチームビルディングとして、仕事の共有化のためのマニュアル作りによるアウトプットの定例化が推進されています。

エンジニアひとりひとりが自分勝手な仕事の進め方をすると、仕事の方向性がつかめなくなって全体的なパフォーマンスが落ちます。お互いのスキルや仕事内容を上手にアウトプットするためにも、マニュアル作りや作業手順書作りが有効です。

マニュアルで対応できない部分も、チームで補えるようになります。

プロジェクトの打ち上げを行う

エンジニアのチームビルディングとして、ランチ・飲み会などの食事会を活用する手法もあります。

特に力を合わせて行ったプロジェクトの打ち上げなどは、皆の心がひとつになれる瞬間です。ひと仕事終えてさっぱりとした気分でもあり、互いを労う気持ちも増しているときです。打ち上げをチームビルディングとして利用して、エンジニア同士の心の結びつきを高めていきましょう。

プロジェクトごとに組織図を作成する

エンジニアのチームビルディングとして、プロジェクトごとに組織図を作成する方法もおすすめです。

組織図を作ることで、専門的なエンジニアの仕事を見える形で体系付けることができます。個々のモチベーションも上がり、互いに共生して業務を進めていくことができるようになります。

エンジニアもチームビルディングは必要

エンジニアもチームビルディングが必要だと、おわかりいただけたでしょうか。

エンジニアの仕事はチームで行うことが多いので、普段からコミュニケーションを高めて、互いの仕事を把握しておくことが大切です。そのために、作業手順を明確にして組織図を作り、プロジェクト終了ごとに打ち上げをするなどの、チームビルディングをおすすめします。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related