Search

検索したいワードを入力してください

2019年09月30日

エンジニアの志望動機で大切なポイント6つ|エンジニアで求められる人材

エンジニア職への就職や転職をする際、どのような志望動機が望ましいのでしょうか。この記事では、エンジニア職への志望動機の作成のポイントとエンジニアや、IT業界に求められる人材の特徴をご紹介いたします。エンジニア職への就職や転職の際に活かしていきましょう。

エンジニアの志望動機で大切なポイント6つ|エンジニアで求められる人材

エンジニアの現状とは

エンジニアとは、工学(エンジニアリング)に関して専門的な知識やスキルを持っている職業の総称です。エンジニアの現状はどうなのでしょうか。

ここでは、エンジニアの仕事内容や現状、需要と今後についてご紹介いたします。

エンジニアの仕事内容

エンジニアの仕事内容は、多岐にわたります。例えば、代表的なシステムエンジニアは、コンピューターシステムの開発において、提案から設計・開発・テストまでの一連の流れを担います。

また、プログラマーは、システムエンジニアが制作した仕様書を基にしてプログラミングを行い、さまざまな機能を実装していく仕事です。

そのほか、サーバーやネットワークの管理、アプリの設計開発などを行うエンジニアもいます。

エンジニアの現状

エンジニアは、一昔前までは機械設計や電子デバイス開発のエキスパートといったイメージが多かったですが、最近では特にIT業界においてコンピューター関連のエンジニアが急増しています。

エンジニアの仕事も細分化され、たくさんの種類のエンジニアが存在しています。

エンジニアの需要と今後

IT技術の発展のスピードは目覚ましく、今後もますます技術革新が予想されていることから、エンジニアの需要は急激に伸びています。

また、技術の高度化に伴い仕事が細分化され、エンジニアに求められる専門性も上がっています。

これからのエンジニアには、常に技術向上を図ることだけではなく、コミュニケーション能力などの社会人としての基礎的な部分も求められていくと考えられています。

エンジニアの志望動機で大切なポイント6つ

エンジニアとして職に就くためには、面接で志望動機を伝えなければなりません。ここでは、エンジニアの志望動機で大切なポイントを6つ紹介いたします。

6つのポイントを押さえた志望動機を作成し、面接官へしっかりアピールしましょう。

エンジニアの志望動機で大切なポイント1:なぜIT業界なのかを書く

エンジニアの志望動機で大切なポイントの1つめは、なぜIT業界なのかを書くことです。

IT業界は、今後も成長が期待される花形の業界なので、漠然とした憧れから志望する人も多いです。その中で面接官に一際印象付けるためには、なぜIT業界を志望するのかを具体的に伝えることが大切です。

IT業界で働くことで何を成し遂げ、何を得たいのか、そのビジョン志望動機で伝えることが大切です。

エンジニアの志望動機で大切なポイント2:エンジニアとして具体的に何を成し遂げたいのか

エンジニアの志望動機で大切なポイントの2つめは、エンジニアとして具体的に何を成し遂げたいのかを説明することです。

面接官は、その人が自分の会社に来て何をしてくれるのかを少ない面接時間の中で見極めようとしています。志望動機の中で、エンジニアとして具体的に何を成し遂げたいのかを伝えることで、採用後のビジョンを示すことができます。

志望動機で採用後のイメージを与えることができると、採用に近付くでしょう。

エンジニアの志望動機で大切なポイント3:エンジニアの中でもなぜその会社なのか

エンジニアの志望動機で大切なポイント3つめは、エンジニアの中でもなぜその会社なのかを力強く説明することです。

エンジニアを応募している会社はたくさんあります。その中でもなぜこの会社を選んだのかを強くアピールすることで、志望度合いの高さを伝えることができます。

他の会社とは違う独自の魅力を見つけ、志望動機の中でどうしてもこの会社に入りたいことを示せば、面接官への強いアピールになるでしょう。

エンジニアの志望動機で大切なポイント4:前向きな姿勢を感じさせるようにする

エンジニアの志望動機で大切なポイント4つめは、前向きな姿勢を感じさせるようにすることです。

就職や転職の際、前向きな姿勢をアピールすることはとても大切です。面接官も人間です。会社にとって必要な人材であることはもちろん大事ですが、単純に一緒に働きたいと思える人を採用します。

志望動機の中で、一生懸命仕事をしてくれそうな前向きな姿勢を伝えることで、採用されやすくなると言えるでしょう。

エンジニアの志望動機で大切なポイント5:志望した経緯にエピソードを交える

エンジニアの志望動機で大切なポイント5つめは、志望した経緯にエピソードを交えることです。

面接官は、会社のどこに魅力を感じ、なぜ志望してくれたのかを具体的に知りたいと考えています。志望した経緯を詳しく説明することで、その会社への興味関心の高さをアピールすることができます。

志望した経緯に具体的なエピソードを交えることで、面接官への伝わりやすさが上がり、他の求職者と差が付く志望動機になるでしょう。

エンジニアの志望動機で大切なポイント6:実績を交えて書く

エンジニアの志望動機で大切なポイント6つめは、実績を交えて書くことです。

面接官は、この人が自分の会社に来て何をしてくれるのか、会社にとって必要な人材なのかを見極めようと面接をしています。そんな面接官にとって一番響くのが実績のアピールです。

志望動機の中で、今までどんな経験をしどんな実績を上げてきたのかを分かりやすく伝えることはとても有効です。具体的な数字や指標を使って説明できると効果的でしょう。

エンジニアやIT業界に求められる人材

エンジニアやIT業界に求められるのはどんな人材なのでしょうか。ここでは、エンジニアやIT業界に求められる人材の特徴を5つご紹介いたします。

これらの特徴を上手く面接でアピールすることができれば、エンジニアとしての就職や転職に有利になると言えるでしょう。

コミュニケーション能力がある

エンジニアやIT業界に求められる人材の特徴の1つめは、コミュニケーション能力があることです。

会社では、単に技術力が高いだけの人は求められなくなっています。同じ部署内での同僚や上司、先輩との挨拶や連絡は必要不可欠ですし、関係部署や取引先との連絡や調整を求められることもあります。

コミュニケーション能力があることは、エンジニアやIT業界に求められる人材の特徴として重要といえるでしょう。

内容を要約する力がある

エンジニアやIT業界に求められる人材の特徴の2つめは、内容を要約する力があることです。

エンジニアやIT業界の仕事は、お客様や関係各所への説明をする機会が多いです。そのため、内容を分かりやすく要約して伝える力が必要になります。

面接の際にも、面接官の質問に対して、内容を要約して分かりやすく伝えることができれば、エンジニアやIT業界に求められる人材であることのアピールになるでしょう。

アウトプット能力

エンジニアやIT業界に求められる人材の特徴の3つめは、アウトプット能力が高いことです。

エンジニアやIT業界では、高い専門知識や技術力を持っている人が数多くいます。その中で活躍するためには、単に知識や技術を持っているだけではなく、持っている知識や技術を分かりやすくアウトプットする能力が必要です。

アウトプット能力が高い人は、エンジニアやIT業界で即戦力として活躍することができるでしょう。

技術力が備わっている

エンジニアやIT業界に求められる人材の特徴の4つめは、技術力が備わっていることです。

エンジニアやIT業界の人材にとって、技術力があることは当たり前と言えます。最低限の技術力だけではなく、人よりも得意な技術をアピールできると良いでしょう。

また、知識量が多いことも技術力の一つとして大事な武器になります。

常に技術力の向上のために励むべき業界であることは、肝に銘じておく必要があります。

何事にも興味を持てる

エンジニアやIT業界に求められる人材の特徴の5つめは、何事にも興味を持てることです。

何事にも興味を持てる人は、視野が広く、新たなビジネスチャンスやより広い人脈を手に入れやすいと言えます。

さらに、さまざまな物事に触れる機会が多いと考えられるため、ビジネスや技術に関する新しいアイディアも浮かびやすいと言えるでしょう。

響く志望動機でエンジニアの就職・転職を成功させよう

いかがでしたか。エンジニアやIT業界で求められる人材像をしっかりと意識し、志望動機のポイントを押さえることで、面接官に響く志望動機を作成し、エンジニアの就職・転職を成功させましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related