Search

検索したいワードを入力してください

2019年08月20日

エンジニアの働きやすいオフィスの条件8選|働きやすいオフィスの事例

エンジニアの仕事でデスクワークをしている人は、オフィス環境を重要視するでしょう。長時間のデスク作業は体への負担も大きくストレスを感じます。エンジニアの働きやすいオフィスの条件とは何か、実際に取り入れている企業の事例についても併せて紹介します。

エンジニアの働きやすいオフィスの条件8選|働きやすいオフィスの事例

エンジニアに快適なオフィスが重視される理由とは

エンジニアの仕事はとても多くありますが、デスクワークとなる人たちは長時間同じ体制で働くことになります。その身体への負担というのはかなり大きく、作業効率も左右されることから、エンジニアにとっては快適なオフィス環境が非常に重要となります。

では、快適なオフィスとはどのような環境でしょうか。

長時間労働

エンジニアの仕事は長時間労働になります。同じ環境で働き続けるとストレスを感じることがあります。少し一息つけるようなカフェスペースやリラックスルームを設置すると良いでしょう。

また、仕事に集中して取り組みたい時に利用できる個別スペースを設けると、周囲の雑音をシャットダウンして作業できます。長時間働いても負担にならない環境にすることで快適だと感じます。

パソコン作業

エンジニアはパソコン作業がメインになります。デスクはデュアルディスプレイが置ける広さがあるデスクにします。最低でも横幅は120cmは必要でしょう。オフィスの広さを考えながら、可能な限り大きいデスクを設置すると快適でしょう。

パソコン作業がメインの作業はディスプレイの広さが業務に直結すると考えられています。現場で働くエンジニアの声を聞いて、デスクやディスプレイサイズを決定すると良いでしょう。

デスクワーク

エンジニアは一日のうち長時間いることになるデスクとチェアは、疲れにくいものを選びます。バランスチェアや長時間座っていても負担にならない椅子を選び、デスクはできるだけ大きなものを選んで作業効率を上げましょう。

できれば、体への負担軽減のためにも、エンジニアごとに体にあった特注のチェアにすることも頭に入れておきましょう。機能性の良い椅子は値段が高いですが、結果的に生産性をあげますから初期投資として考えましょう。

エンジニアに働きやすいオフィスにする効果

エンジニアが働きやすいオフィスにする最大のメリットは、生産性の向上です。仕事をする環境によって仕事の効率は変化します。一日の大半を過ごすオフィスの環境を整える事で、働き方や人格形成まで役立ちます。

エンジニアが働きやすいと感じるオフィスではストレスが軽減され、楽しみながら仕事ができる余裕が生まれます。社内の雰囲気も良くなり生産性が良くなり、会社の業績も上がるでしょう。

エンジニアの働きやすいオフィスの条件8選

エンジニアが働きやすいオフィスはどのような環境でしょうか。エンジニアの働きやすいオフィスの条件8選として、快適に仕事ができるように取り入れてみたいアイディアを紹介します。

エンジニアの働きやすいオフィスの条件1:個々の作業に没頭できる

エンジニアが作業に没頭できる空間づくりには「音楽」が効果的だと考えられています。オフィスに音楽を流すことで周りの雑音が遮断されて集中力がアップします。心地良い音楽が流れている事で居心地が良くなりリラックします。

また、デスクで会議を行う時は情報漏えいの役割も果たします。音楽を流す時は、適度なボリュームで心地よいと感じるジャンルを選びましょう。

エンジニアの働きやすいオフィスの条件2:好きな時に飲食が可能

現在、IT企業などで多く取り入れられているフリードリンク制では、会社の一画に冷蔵庫を設置して、社員が無料でドリンクを利用できます。わざわざ外へ買いに行かなくても済むことから好評だと言われています。

エンジニアは集中して作業をすることが多く、フリードリンク制にすると、中断することなく作業を続けられるオフィスづくりができます。

エンジニアの働きやすいオフィスの条件3:腰に負担の無い椅子やデスク

エンジニアは座って仕事をする時間が長いです。長時間座る事を前提にした椅子にすると快適に仕事ができます。企業によっては長時間座っても疲れ知らずと言われている椅子を使い、先行投資しているケースもあります。

長時間同じ体制でも疲れない事はとても重要です。疲れ知らずだと継続的なパフォーマンスも期待でき、作業効率が良くなります。快適なエンジニアのオフィスにするなら、椅子にこだわってみましょう。

エンジニアの働きやすいオフィスの条件4:リフレッシュ空間を作る

エンジニアの仕事は長時間デスクに座りっぱなしになるので、リフレッシュできる空間が必要です。会社の中にカフェを設置したりソファなどを置いて寛げる空間を作ります。リフレッシュする事で、頭がリラックスして新しいアイデアが思いつくこともあります。

また、リフレッシュ空間を作ると、他の部署との交流のきっかけづくりにもなります。仕事を円滑に進めるためにも、オフィスにリラックスできる空間があると良いでしょう。

エンジニアの働きやすいオフィスの条件5:自分の仕事がしやすい自席のカスタマイズ

エンジニアのデスクは大きいサイズを使用している事が多いです。書類や設計図を広げても、邪魔にならない広々としたサイズで、何か問題があったら周辺にいるメンバーと話し合う事も可能です。

企業によっては移動式のホワイトボードを設置して、自分のデスクで会議が行えます。仕事の流れによって自在に使えるオフィスが働きやすい環境でしょう。

エンジニアの働きやすいオフィスの条件6:すぐに相談ができる動線

エンジニアは長時間デスクに向かっているので、周辺の人達とコミュニケーションがとりやすいようにパーテーションを作らない会社もあります。個々で区切ってしまうと、どうしても会話しにくくなります。

パーテーションが無いと、座っていても周辺の人に相談をすることができて仕事がスムーズに進みます。エンジニアにとって快適なオフィスは、オープンな環境といえるでしょう。

エンジニアの働きやすいオフィスの条件7:目の疲れを解消する工夫

一日中パソコンを見ていると目の疲れが気になります。オフィスの一画に照明を抑え気味のエリアを作って疲れを癒しましょう。ソファなどリラックスできる環境にすれば、目の疲れをいやすアイテムを設置してリフレッシュ空間の完成です。

エンジニアに限らずパソコン業務が増えているので、照明にこだわった癒し空間を作ることで社員全体のストレスが軽減されるでしょう。

エンジニアの働きやすいオフィスの条件8:完全個室の設置

エンジニアは仕事によってひとりで集中して作業を進めたい時があります。そのような時に、個室があれば便利です。静かに仕事ができる個室を用意する事で、仕事にメリハリがついて効率が良くなります。

また、個室の設置が難しいなら少人数で作業できる空間設置でも良いでしょう。落ち着いた照明を使って静かに作業できる空間を作ります。オフィス内と違った環境にすることで集中力がアップします。

エンジニアの働きやすいオフィスの企業事例は

働きやすいオフィスにするために取り組んでいる会社があります。ユニークな取り組みをしている実例がありますから、参考にしてみると良いでしょう。エンジニアが多く在籍する企業の働きやすいオフィス環境を調べてみましょう。

ディップ株式会社

ディップ株式会社はエンジニアの働きやすい環境が整ったオフィスです。フロア全体は壁の無いオープンタイプのオフィスです。六本木のグランドタワー31階からの眺望は最高で、会議室やカフェから六本木の街が見下ろせます。

システム開発部の横にある書架には技術書が多く用意され、疑問があればすぐに調べられる環境が用意されています。一人になって作業ができる「こもルーム」も評判が良いです。

株式会社アカツキ

株式会社アカツキもエンジニアが働きやすいオフィスだと言われています。オフィス内にはロッククライミングや図書室のようなスペースが用意され、楽しみながら仕事を取り組める環境づくりがされています。

休憩スペースも充実しており、バリスタがいるカフェも完備しています。仕事に疲れたら気分転換できる新しいタイプのオフィスです。

株式会社ビズリーチ

株式会社ビズリーチは、エンジニアを中心にしたプロダクトづくり担当の社員が約3割いる会社です。エンジニアが多い会社ならではの工夫が多くあり、働きやすい環境づくりをしています。

エンジニアが働きやすい環境にするために、快適なデスクや椅子の設置はもちろん、技術系の書籍を読むスペースや砂浜やバンガローを設置しています。アイディア満載のオフィス環境は参考にしたいものばかりです。

エンジニアの働きやすいオフィスには特徴がある

エンジニアの働きやすいオフィスについて紹介しました。エンジニアは長時間座って仕事ををしており、多くのオフィスではデスクと椅子にこだわったオフィス環境を整えています。

オフィス環境と整える事は難しくはありません。働きやすいオフィスにしてストレスをなくしましょう。

Related