Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月15日

webデザイナーとエンジニアの違い5つ|将来性やおすすめのエージェント

webデザイナーという言葉はよく耳にすると思います。ではwebエンジニアという職業があるのを知っていますか。webデザイナーと深く関わりのある仕事です。今回は二つの仕事の違いを紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

webデザイナーとエンジニアの違い5つ|将来性やおすすめのエージェント

webデザイナーとは?

webデザイナーとはwebサイトとアプリのデザインと、デザインをしたデータのコーディングの仕事をする人です。

職場によってはデザインのみ、コーディングのみが仕事となることもあります。IT業界の中では未経験者でも就職しやすい職種となっています。

webデザイナーの将来性

素人でもソフトを使い簡単にWebサイトが作れる時代になってきており、webデザインの知識のみで仕事をしていくのは、難しくなっているのが現状です。

これからのwebデザイナーは深くプログラミングの知識を身につける、マーケティングにも強いなどデザイン以外のスキルを身につける必要性が出てきています。

将来を考えるのであれば、webディレクターやフロントエンジニアへステップアップすることをおすすめします。

webデザイナーの転職率

webデザイナーの転職率は高いです。これは給与の割りにwebデザイナーの仕事が過酷なためと企業にとらわれず自分の生きかたを大事にする人が多いためです。

スキルを身につけたら独立しフリーランスとして働く人もいます。続けて企業で務める場合、経験とスキルを武器に、より条件のよい職場へ転職を繰り返します。

また、webデザイナーからwebプロデューサーなどにキャリアアップする人も少なくありません。

webエンジニアとは?

webエンジニアとは、サイトの設計、プログラミング、テスト、保守をおこなうエンジニアです。大きく、フロントエンドエンジニアと呼ばれる仕事とバッグエンドユーザーという仕事に分かれます。

フロントエンドエンジニアはwebデザイナーのデザインをもとに、webブラウザの構築や開発を行う仕事です。バッグエンドユーザーはサーバーやOS、データベースなどのデータ処理を管理する仕事になります。

webエンジニアの将来性

IT業界の市場自体が伸びているので、今後もかなり需要のある職種となっています。

特にスマートフォンアプリの開発ができるエンジニアのニーズが高まっています。なぜなら、スマートフォンのアプリが開発できるエンジニアの数は、ニーズに対し少ないため市場価値が高くなっています。

webエンジニアの転職率

エンジニアという職業事態にブラックなイメージがあり転職率は高そうですが、Webエンジニアに関しては意外にも転職率は低いといえます。

これはwebエンジニアはSIer・SESなどほかのエンジニアに比べ、ワークバランスがよく、高いモチベーションが維持できる環境にあるためと考えられます。

また、給与面の理由からwebエンジニアにキャリアチェンジする他業界のエンジニアも多いです。

webデザイナーとエンジニアの違い5つ

WebデザイナーとWebエンジニアの違いは何でしょうか。

webサイトを作成するのにどちらも必要不可欠な仕事です。では2つの仕事の違いは何でしょう。webデザイナーとWebエンジニアの違いを5つご紹介いたします。

webデザイナーとエンジニアの違い1:仕事内容

webデザイナーの仕事は、デザインをメインとし、エンジニアの仕事は、webデザイナーがデザインしたサイトの作成、サーバーの処理がメインとなります。

極端に表現するならwebデザイナーは美術的、エンジニアは工学的な仕事になります。コーディング部分がかぶることはありますが、エンジニアはサーバーの処理も担当しますのでPHPやMySQLなど、サーバーサイドの言語を扱う必要があります。

webデザイナーとエンジニアの違い2:必要なスキル

webデザイナーはデザインとコーディング、エンジニアはプログラミングのスキルが求められます。

webデザイナーはPhotoshop、イラストレーターなどの画像加工技術とコーディングの知識が求められます。エンジニアはプログラミングに関する深い知識と技術が必要です。また、高度なセキュリティ知識も求められます。

webデザイナーのプログラミング知識はエンジニアほど求められません。

webデザイナーとエンジニアの違い3:年収

webエンジニアの平均年収は400~600万円、それに対しwebデザイナーの平均年収は約300万~400万円とwebエンジニアの方が年収が高いです。

webエンジニアは企業によって、新卒でも年収400万円を超えることは珍しくありません。30代で年収600万円、経験や努力次第で年収1000万円も夢ではありません。それに対しwebデザイナーは多くても年収約500万円となっています。

webデザイナーとエンジニアの違い4:有利なスキル

エンジニアはプログラミングの知識だけでなく、サーバー構築の知識が有利なスキルになり、webデザイナーは深いプログラミングの知識が有利なスキルとなります。

またどちらも、コミュニケーション能力、マーケティング能力など本来の仕事スキル以外の付加価値が有利なスキルとなります。

webデザイナーとエンジニアの違い5:働き方

webデザイナーもエンジニアも働き方は多種多様です。

例を挙げると会社勤務、在宅勤務、フリーランス、派遣など新しい働き方から従来の働き方まで多彩です。働き方が選べるため他業種に比べ育休、産休がとりやすく、職場復帰もしやすい、女性に優しい環境となっています。

webデザイナー・エンジニアにおすすめの転職エージェント

WebデザイナーもWebエンジニアも会社に勤めるだけでなく、フリーランスや在宅勤務など働きかたの選択肢がたくさんあります。

そんなWebデザイナーとWebエンジニアにおすすめの転職エージェントをご紹介いたします。

レバテックキャリア

IT・Webの業界と技術に精通した専任のキャリアアドバイザーのいる、エンジニアやクリエイターのための転職、フリーランス、派遣を支援するエージェントです。

キャリアコンサルタントの業界知識が深いためひとりひとりに的確なアドバイスをしてくれます。またじっくりと話を聞いてからマッチングをしてくれるのでミスマッチも少なく選考確率も高いです。

マイナビエージェント×IT

業界大手のマイナビエージェントがとくにIT業界に力を入れている求人です。

利用者の多く方がIT業界未経験もしくは浅い経験年数にも関わらず、転職に成功しています。また、女性や20代、30代の転職に強いのも特徴です。求人の約8割が非公開求人となっています。

Spring転職エージェント

世界規模No1の「アデコ」が展開する転職エージェントです。新卒からエグゼクティブまで、守備範囲が非常に広いのも特徴です。

またフリーランスの人材紹介もしています。エンジニア系はその道のエキスパートというわけではないのですが、非常に幅広い業界に事例があり、経験豊富なキャリアコンサルタントが今までの経歴をもとにキャリアをよりよくアピールするテクニックなど相談に乗ってくれます。

パソナキャリア

サポート体制が手厚いので転職がはじめてのかた、転職が不安なかたにおすすめのエージェントです。また女性の気持ちがをわかってくれるので転職を考えている女性にもおすすめします。

他社に比べて求人件数が少なく、高度な専門性に対するアドバイスが受けられないという評判もある一方、求人の質がよく丁寧など総合的にみれば評判はいいと言えます。

正社員求人以外にも派遣の紹介も行っています。

社内SE転職ナビ

社内勤務のエンジニア求人のみを扱ったエージェントです。客先常駐案件は一件もありません。

また求人情報以外にも転職セミナーや面接対策セミナーなどを無料で実施しています。面談方法もカジュアル面談、キャリア面談、オンライン面談の3種類があり自身の転職活動状況により選べます。求人の7~8割が東京となっています。

マイナビクリエイター

人材紹介会社大手の「マイナビワークス」が運営する、WEB・IT・ゲーム業界に強いした転職エージェントです。

優良求人の紹介だけでなく、業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍しているのも魅力の1つです。転職者に寄り添いスキルや経験、性格を考慮し、キャリアアップに繋がる質のいい求人を厳選し紹介してくれます。

無料で受けられるセミナーを定期的に開催しており、はじめての転職に不安がある人にも対応しています。

webデザイナーとエンジニアの違いを知ろう

webサイトのレイアウトをおこなうのがwebデザイナー、プログラミンをおこなうのがwebエンジニアの仕事となります。

webデザイナーもサイトの作成をしますが、高度なプログラミングが必要な部分は、webエンジニアの作業となります。

このように仕事の線引きがあいまいな部分もある2つの仕事の大きな違いは、サイトのデザインをするのは、webデザイナーのみです。

webデザイナーとエンジニアの違いを理解し、自分のキャリアにつなげていきましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related