Search

検索したいワードを入力してください

2019年09月02日

フリーランスエンジニアの案件探しするときに重視するべきポイント3選!

今やフリーランスと言う生き方はすっかり浸透しており、エンジニアでも会社に属さず仕事をしている人はいます。「フリーランスエンジニアの案件探しするときに重視するべきポイント3選!」について解説していきますので、参考にしてください。

フリーランスエンジニアの案件探しするときに重視するべきポイント3選!

フリーランスエンジニアになるには

フリーランスと言う生き方は、以前に比べてだいぶ浸透してきました。

しかしやはり企業に所属していた頃と違い、フリーランスは自分で仕事を獲得し、数々の手続きを自分でしなければいけません。それはエンジニアでも同じことで、案件を得るための膨大な努力と経験の積み重ねが成功できるか否かを分けます。

そしてその努力も闇雲にするのではなく、稼げるポイントを掴むことが大事なのです。

フリーランスエンジニアになるための手続き

フリーランスエンジニアになるために会社を退社したら、まずは国民健康保険や国民年金に加入して、必要なお金を払い忘れることがないようにします。

それから税務署で「個人事業の開業・廃業等届出書」という書類を提出すると、屋号がついて個人事業とし開業することができ、エンジニアの案件を得られるようになります。

開業してからは青色申告を申請したり、確定拠出年金を個人型に切り替えたりすると、生活がしやすくなります。

何歳までが適した独立時期なのか

一般的には、20代前半までに企業でエンジニアとしてのスキルを積んでから、30代でフリーランスエンジニアになるパターンが多いです。

もちろん経験があればフリーランスエンジニアとして案件を取ることができますが、経験が伴わないまま若すぎる状態で独立、あるいは未経験の状態から40代以降でフリーランスエンジニアになろうとすると、かなり努力をしなければならないこともあります。

フリーランスエンジニアの案件探しするときに重視するべきポイント3選!

フリーランスエンジニアとして生き残るにはとにかく案件を探すことです。しかし闇雲に案件を探して、手当たり次第に案件を得ると言う方法はあまりおすすめしません。

効率の悪い案件探しは、それだけで消耗してしまいます。また交渉の仕方がうまくいかないと、会社員のときよりも悪い条件で案件を受けなければいけないということもありえます。では、効率的に良い案件を探すには、どのようにしたらいいのでしょうか。

フリーランスエンジニアの案件探しのポイント1:既存のお客さんや知人からの紹介

一番優良な案件を取得しやすい方法は、やはり自分のことを知っている人からの紹介です。多くのフリーランスエンジニアは、会社員時代に培った顧客や知人から、プログラミングの案件を紹介してもらっています。

プログラミングの案件は他のフリーランスに比べて比較的仕事を得やすいですが、仕事が欲しいことをアピールしなければ意味がありません。フリーランスはとにかく人脈が大事と言うのはこういう事です。

フリーランスエンジニアの案件探しのポイント2:パートナーとなる営業を探す

フリーランスでエンジニアの仕事をしている人がいるのと同じように、フリーランスで営業活動をしている人もいます。そういったフリーランスの営業と手を組んで、案件を探していくのもひとつの方法です。

これもまたパートナーとなる営業探しが大事になってくるので、フリーランスエンジニアとして独立を考えはじめたら、まずは人脈を少しずつでも広げていくと、独立後ぐっと効率的に案件探しができます。

フリーランスエンジニアの案件探しのポイント3:SES・エージェントを活用する

もし今の人脈に不安を感じているのなら、「レバテック」などのフリーランス専用のエージェントを活用してみましょう。また「SE5」といったエンジニア専用のエージェントもあります。

それぞれ、どのような仕事がしたいかに応じて仕事を見つけることができます。一般的なクラウドソーシングでフリーランス案件を探すよりも、専門性のあるエージェントの方がしっかりした案件を探すことができます。

フリーランスエンジニアになるメリット4つ

フリーランスとしてエンジニアの仕事をするには、最初はとても不安ですし、大変なことも沢山あります。しかしフリーランスになることで、それ以上にもメリットもあります。

もちろん会社員の方が向いていると感じる方もいますが、これらのメリットに魅力を感じ、積極的に案件を増やすことが出来る自信のある方は、フリーランスに向いているでしょう。フリーランスのメリット4つをご紹介します。

フリーランスエンジニアになるメリット1:仕事を単価や内容で選べる

フリーランスの強みとしては仕事内容を選べることでしょう。会社員であれば基本的に依頼された案件は全て受注しなければなりませんが、フリーランスは内容や単価をある程度交渉する事ができます。

もちろん、自分のメリットだけ要求してはだんだんと仕事が来なくなってしまうので、相手の要望もある程度ヒアリングして双方納得いく形の案件を取りつける事がエンジニアとして重要です。

フリーランスエンジニアになるメリット2:働く時間・場所が自由

フリーランスエンジニアの最大のメリットは、仕事道具さえあればどこでも仕事が出来るという事です。

もちろん毎朝満員電車に乗る必要もありませんし、大雨や台風など普通の会社員が業務進捗をを止められるような状況であっても、自宅にいながら仕事をする事ができます。

また案件をしっかりと納品できれば働く時間も自由なので、家事や育児と両立しながら働くことも可能です。

フリーランスエンジニアになるメリット3:確定申告・経営などさまざまな知識が身につく

経理や節税に関することは普通の会社員では必要がありませんが、フリーランスにとっては必須の知識です。しかし逆に考えると、普通の会社員とは違う知識がつくので、もし万が一不測の事態が起こったとしても対応できます。

エンジニアにおいても同様で、フリーランスならば積極的に知識をつけなければいけません。逆に、案件を得れば得るほど知識が蓄積されていくのがフリーランスのエンジニアで、大きな強みです。

フリーランスエンジニアになるメリット4:職場の人間関係で悩まなくなる

会社員が抱える悩みのひとつが人間関係です。上司や同僚との関係を気にしなければならない職場は意外にも多く、場合によっては仕事のストレスよりも大きいパターンもあるのです。

エンジニアであってもこれは同じですが、フリーランスならばこういった職場の人間関係というものはほぼ無縁です。フリーランスとは、わずらわしい人間関係に悩まされることなく、ひたすら案件をこなすことができる効率的な働き方なのです。

会社員のほうがいいところ

ここまではフリーランスのメリットを紹介してきましたが、会社員であることにも当然大きなメリットがあります。

なによりも会社と言う大きな後ろ盾がある事は、お金を稼ぐにあたって心強いものであり、フリーランスと大きく違うことです。

会社に属して、会社員としてのメリットを享受しつつエンジニアの技術を積み、それからフリーランスとして独立するかどうかを検討しても遅くはありません。

会社員のほうがいいところ:すぐに相談できる同僚・上司がいる

フリーランスエンジニアの案件探しするときに重視するべきポイント3選!
フリーランスであれば、例えばミスをしたとき、自分が全て責任を負わなければいけません。しかし会社員であれば、何か問題が起こったときに相談が出来る上司がいますし、一緒に案件を進めてくれる同僚がいます。

仮にエンジニア同士でなくても、同じ環境で同じクライアントを相手にしている人がいるという時点で、かなり心強いでしょう。そういった存在が可視化できるのも会社員のメリットです。

会社員のほうがいいところ:安定した収入がある

会社員は毎月必ず何万円といったふうに、収入が安定しています。

また長く会社に在籍しているだけでもボーナスや昇給などが保証されているところもありますし、休んでも有給休暇を使うことによって収入が減らないことも大きなメリットです。

一方フリーランスのエンジニアは一度体調不良で休めばその分収入は減りますし、収入を増やすためには案件の数を増やさなければいけません。

会社員のほうがいいところ:税金などの手続きを会社に任せられる

会社員時代、給料から様々な税金が天引きされてがっかりした経験があるでしょう。しかしこうやって税金が天引きされているから、毎月漏れることなく納税する事ができているのです。

フリーランスの場合は、こういった税金の対策を全部自分でしなければなりません。

フリーランスエンジニアについて理解を深めよう!

フリーランスエンジニアの仕事は、必ずしも簡単にできるものではありません。毎月安定した案件を得るためには、多くの知識や工夫が必要になってきます。

しかし会社にとらわれないからこそ、オリジナリティのあるプログラムを作ることが出来るのもフリーランスエンジニアの魅力です。フリーランスエンジニアになるためには、どういったことが大事なのかしっかりと理解を深めましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related