Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月11日

エンジニアの英語力を効果的に伸ばす方法6選|エンジニアに英語力は必要か

エンジニアがスムーズに業務するためには英語力が必要です。また、より研究・開発の活発である国で働きたいのならばより必要です。グローバル化する現代社会で英語力をたかめる事は非常に武器になります。じぶんをより高めたい人は英語の勉強を積極的に行いましょう。

エンジニアの英語力を効果的に伸ばす方法6選|エンジニアに英語力は必要か

エンジニアの現状

コンピューターに強く、将来はエンジニアになりたいとお考えの方も多くおられることでしょう。では、エンジニアを取り巻く現在の環境とはどのようなものなのでしょうか。

情報化がますます進む昨今において、エンジニアは最も需要の高い職種のひとつであると言われています。

もちろん職場によって給与や労働環境はまちまちですが、能力のあるエンジニアは高収入を得て活躍していると言っても差し支えないでしょう。

エンジニアの将来性

では、エンジニアの将来性は果たして明るいと言えるのでしょうか、それとも暗いのでしょうか。

グローバルなレベルでIT化が進んでいる現代社会において、エンジニアは今後もますます需要が高まる職業であると考えられており、どこでも引っ張りだこになるので転職もしやすいと言われています。

つまり、エンジニアの将来性はかなり高いと言えるでしょう。

エンジニアに英語力は必要か

以上でご紹介したように、エンジニアは需要も将来性も高く、コンピューターに強い人にはおすすめの職業だと言えるでしょう。

エンジニアの仕事と言うとコンピューターと向かい合って黙々と作業するというイメージが強いですが、よりよい労働環境の職場に勤め高収入を得たいと考えるならば、実は英語力が必須になってきます。

そのため、エンジニアをしながら日夜英語の勉強をしている人も多いほどです。

エンジニアに英語力が必要な理由3つ

「エンジニアにはコンピューターなどに関する専門知識さえあればいいのでは?」「日本企業に勤めているならば英語力は必要ないのではないか」と考える方もおられることでしょう。

ですが、エンジニアとして活躍し高収入を得るためには、英語力は欠かすことができないスキルのひとつです。それはいったいなぜなのでしょうか。

ここからは、エンジニアに英語力が必要な主な理由についてご紹介していきます。

エンジニアに英語力が必要な理由1:技術に関する情報は英語が多い

エンジニアに英語力が必要な理由としてまずご紹介したいのが、技術に関する情報は英語が多いからということです。

エンジニアとしての仕事をこなし、より成長を遂げるために必要な情報は日本語よりも英語のほうが圧倒的に多く、その質も高いと言われています。

そのため、日本企業で日本人の同僚のみと仕事をしているエンジニアでも、英語力は必然的に求められることになるでしょう。

エンジニアに英語力が必要な理由2:外国人エンジニアの増加

外国人エンジニアがどんどん増えてきているからというのも、エンジニアに英語力が必要な理由のひとつとして挙げられるでしょう。

近年日本企業もグローバル化の影響を受けて、優秀な外国人エンジニアを積極的に雇用するようになってきているため、彼ら・彼女らとコミュニケーションを取り円滑に業務を遂行するためには、どうしても英語力が必要になってきます。

エンジニアに英語力が必要な理由3:キャリアの選択肢を増やすことができる

エンジニアに英語力が必要な理由のひとつとして知っておきたいのが、キャリアの幅が広がるからということです。

英語力のあるエンジニアならば日本企業のみならず、給与の高い外資系企業で務めるという選択肢を取ることも可能ですし、日本から飛び出して世界で活躍することも夢ではありません。

エンジニアとしてより高い給与を得たいのならば、英語力を身に着けキャリアの選択肢を広げる必要があります。

エンジニアの英語力を効果的に伸ばす方法6選

以上でご紹介したように、コンピューターと向き合うことの多いエンジニアと言えども、今や英語力は必須のスキルになりつつあります。

しかしそうはいっても、英語が苦手でなかなか英語力が身につかないとお悩みのエンジニアも少なくないことでしょう。

ここからはエンジニアの英語力を効果的に伸ばす方法についてご紹介していきますので、ぜひ参考になさってみてください。

エンジニアの英語力を効果的に伸ばす方法1:身の回りのものを英語に設定する

エンジニアの英語力を効果的に伸ばす方法としてまずおすすめしたいのが、身の回りのものを日本語ではなく英語に設定するということです。

たとえば、テレビリモコンの「音声切り替え」のボタンを押せば、NHKなどのニュースやハリウッド映画を英語で聞くことも可能です。

また、スマートフォンも日本語から英語の表示に切り替えることができますので、さまざまなディバイスを英語に設定してみてください。

エンジニアの英語力を効果的に伸ばす方法2:ITエンジニア向けの英語教材で独学

ITエンジニアのための英語教材で時間のある時に勉強をするというのも、エンジニアの英語力を効果的に伸ばす方法として挙げられるでしょう。

ITエンジニア向けに最近ではさまざまな難易度の英語教材が出版されていますので、ぜひそのようなものを活用して独学をしてみてください。

英語力が身につくだけではなく、エンジニアとしてのスキルも向上するので一石二鳥だと言えるでしょう。

エンジニアの英語力を効果的に伸ばす方法3:英語の技術書を使用する

エンジニアの英語力を伸ばすための効果的な方法のひとつとして、英語の技術書を使用するということも挙げられます。

日本語ではなく英語の技術書を普段から用いることで、頭の中を英語モードに切り替え、普段から英語に接することで英語力を養うことができるでしょう。

エンジニアの英語力を効果的に伸ばす方法4:英語を学ぶアプリを使用

英語を学べるアプリを使用するというのも、英語力を伸ばしたいとお考えのエンジニアにぜひおすすめしたい方法のひとつに数えられるでしょう。

最近では無料のものから有料のものまで、さまざまな英語学習アプリがリリースされていますので、そのようなものをぜひ活用して空き時間や寝る前などに英語の学習をしてみてはどうでしょうか。

エンジニアの英語力を効果的に伸ばす方法5:英会話教室に通う

独学で英語を学ぶのに挫折してしまいそうならば、英会話教室に通うのもおすすめの方法です。

英会話教室に通えば、「サボってしまいたい」という独学を挫折させる誘惑に打ち勝つことができますし、生の英語を学ぶことができるので英語の読解力だけでなく会話力も向上することでしょう。

同僚の外国人エンジニアとコミュニケーションを取る必要がある方には、英会話教室がこのような理由からおすすめです。

エンジニアの英語力を効果的に伸ばす方法6:TOEICの勉強をする

TOEICの勉強をするというのも、エンジニアが効果的に英語力を伸ばすために実践すべき方法として挙げられるでしょう。

TOEICの勉強をしてよいスコアを取ることができれば転職市場での価値が高まり、よりよい収入・労働環境のエンジニアのポストに転職も可能になります。

エンジニアに求められる英語力のレベルは?

そもそも、エンジニアはどの程度の英語力を身に着けておくべきなのでしょうか。

エンジニアの技術に関する情報は圧倒的に英語が多いので、最低限でもそれらの情報をスムーズに読みこなせる英語力は必須となります。

ただ、外資系企業で高収入のエンジニアのポストを得ようと思うのならば、読解力のみならずネイティブ並みのライティング・リスニング・スピーキングの英語力が求められるでしょう。

英語力を向上させてエンジニアの幅を広げよう

今回はエンジニアに求められる英語力について特集してきましたが、いかがでしたでしょうか。

今の職場で英語力がさほど必要とされていなかったとしても、エンジニアとしてキャリアアップをする上で英語力は欠かすことができないスキルですので、将来の選択肢を増やすためにもぜひ積極的に英語力を磨きましょう。

Related