Search

検索したいワードを入力してください

2019年08月20日

エンジニアのアウトプットで見られるポイント7つ|アウトプットの方法とは

エンジニアにおけるアウトプットの必要性をご存知でしょうか。現在エンジニアであったり志望に基づく勉強を進めている方は知っているかもしれませんが、エンジニアにとってのアウトプットとは何か、なぜ必要なのか、それらのポイントをご紹介します。

エンジニアのアウトプットで見られるポイント7つ|アウトプットの方法とは

エンジニアにおけるアウトプットとは

アウトプットは「成果・実績・外に出す・出力」などの意味で使いますが、エンジニアが行うアウトプットは主に「情報発信」を表します。それは業務外で行うものであり、エンジニアとしての知識や技術についての内容になります。

業務外での情報発信

業務外で情報を発信することには、もちろん賃金が発生しません。なぜ業務外に情報発信としてのアウトプット作業を行うのかと言えば、自分がどのようなエンジニアなのかを示すためです。

エンジニアを要する会社では、エンジニアやその志望者が行うアウトプット内容から「どのように有益なエンジニアか」を推測します。オープンなアウトプットがあることで、人事におけるメリットが生じる可能性があるということです。

インプットした情報や知識を発信する

エンジニアがアウトプットする内容は「エンジニアとしての情報(技術や知識)」ですので、その前に情報のインプット(情報を自分に取り込むこと)を要します。インプットがなければアウトプットはできない、ということです。

エンジニアはその仕事をしている中で専門的な情報を知り得ますし、就職や向上のために自主勉強もしているはずです。そのようにインプットの機会は自然と訪れるので、それを構成立てて発信していきます。

エンジニアはアウトプットが重要視される

エンジニア以外の職業では、アウトプットが必要という概念はあまりないと言えます。しかし、IT社会が進む現代に増加するエンジニアにとっては重要なものになると言われています。

転職時の評価対象

エンジニアという職業では、アウトプットの有無や質が重視されます。特に就職や転職の段階ではアウトプットの内容も1つの判断要素になるため、公開されたアウトプット場があった方が有利です。

しかし、ただアウトプットしているだけではエンジニアとしての価値が見出せません。最も無難な内容はスマホアプリやWEBサービスなどのプロダクト(生産品)についてですが、読者にとって需要と有益性ある内容を考える必要はあります。

エンジニアのアウトプットで見られるポイント7つ

アウトプットは誰でもできるものですので、ただやるだけではエンジニアにとっての意味に欠けます。それでは、エンジニアのアウトプットでは何がポイントになるのでしょうか。

ここからそのポイントについてご紹介していきます。

エンジニアのアウトプットで見られるポイント1:どれだけ情報をインプットしているか

エンジニアのアウトプットで見られるポイント、1つ目は「どれだけの情報をインプットしているのか(あなたにインプットされた情報量)」です。価値あるアウトプットができるだけのインプット内容があるかどうかを判断する、ということになります。

インプットされた情報量が多ければ多いほどアウトプットできる量も多くなるので、アウトプット能力だけでなくインプット量にも目は行きます。情報量は内容の質にも関係するためです。

エンジニアのアウトプットで見られるポイント2:積極性

エンジニアのアウトプットで見られるポイント、2つ目は「積極性」です。これはあくまでアウトプットにおける積極性のことであり、どれほど率先して自身の技術や知識を発信しているのかを見ます。

判断では「発信の頻度」が最も分かりやすい要素となりますが、時代の流れや需要を読んだ上での発信内容であることも判断要素となります。時代の流れや需要を読むという意識は、エンジニアとしての知識欲や向上心に結び付くためです。

エンジニアのアウトプットで見られるポイント3:アウトプットの表現方法

エンジニアのアウトプットで見られるポイント、3つ目は「アウトプットする時の表現方法」です。これはいわゆる「構成力」や「文章力」に結び付くもので、読者に伝わりやすいものであるかが重要なところとなります。

世の中には表現の自由がありますので、あくまで個人的な見解に基づく判断をされることはありません。問題なのは「エンジニアとして」の話であり、サービスの開発と提供をする側としての意識や能力をはかるものです。

エンジニアのアウトプットで見られるポイント4:自分の考えが入っているか

エンジニアのアウトプットで見られるポイント、4つ目は「自分の考えが入っているかどうか」です。世の中にはたくさんのエンジニア系アウトプットが存在するため、知り得たことをそのまま載せるだけではありふれた情報と化してしまいます。

また、自分の考えが含まれていることで「アイデアを生み出す能力」が感じられます。現代エンジニアには柔軟な発想が求められるため、「それに対してどう思うのか」という頭の働きは重要です。

エンジニアのアウトプットで見られるポイント5:様々な内容に触れている

エンジニアのアウトプットで見られるポイント、5つ目は「様々な内容に触れていること」です。あらゆる内容について触れられるということは、それだけインプットされた量が多いということに結び付きます。

多方面でのインプット量が多ければ、時代や人々の動向を察知した発想が生まれる可能性も出てきます。進化が繰り返される時代ですので、様々な内容を知っていること・それをまとめられること・先を考える思考力は重視されます。

エンジニアのアウトプットで見られるポイント6:本人の力量や知識量がどの程度か

エンジニアのアウトプットで見られるポイント、6つ目は「力量や知識量の程度」です。知識量は「インプット量」と同義ですが、力量はいわば「実力」のことであり、易々と身に付けられるものではありません。

しかし、エンジニアとしての価値や質を見出す上ではとても重要な要素となります。エンジニア歴の長さも実績や実力の指標となりますが、問題なのは「どれほどの取り組みなのか(意欲や熱意に基づくエンジニア能力)」でしょう。

エンジニアのアウトプットで見られるポイント7:文章の長さ

エンジニアのアウトプットで見られるポイント、7つ目は「文章の長さ」です。短文あるいは羅列的である方が単刀直入で知識のない者でも情報収集はしやすくなりますが、エンジニアのアウトプットで重要なのは「質」です。

情報および内容の質を判断する時には「情報量」の要素が大きく関係します。「分かりやすさ」も大事ですが、エンジニアとしての表現力やインプット量などをはかるためには、ある程度の文の長さが必要になります。

エンジニアのアウトプット方法

エンジニアがアウトプットを行う時には、いくつかの方法が挙げられます。向き・不向きもありますので、ここから紹介する方法の中から自分に合った方法が何なのかを参考にしてみてください。

プロダクトを開発する

プロダクトは生産品の意味ですので、エンジニアとしての生産を行うという方法になります。具体的には「プログラムを書く」こと、すなわち「サービスを開発すること」です。

もちろん、開発をして公開・提供するのであれば「管理」もしなければなりません。エンジニアで働く際は他エンジニアとなどと協力することが一般的ですが、個人で開発した時には全ての行程や管理を1人で行うため、アウトプットついでに良い経験にもなります。

ブログ

エンジニアがアウトプットする場としては、最も一般的な方法です。世の中で広く使用されている無料ブログを利用すれば、今すぐに費用負担もなくアウトプットを始められます。

ブログに似たプログラマ向けのサービスで「Qiita」というものもあり、ブログよりPVが伸びたりモチベーション向上のための仕組みがあたりするのは利点です。しかし知識が断片的になりやすいとの指摘もあるため、シリーズ化するなどの工夫を要します。

記事作成

ブログも記事作成の1つですが、技術系同人誌という形で作成する方法もあります。同人誌とは有志が自ら作成と発行を行った本のことですので、技術系に強い方や知識のある者が自分で作り発行したのが技術系同人誌ということになります。

販売・提供する場所は主に同人即売会ですが、各所でテーマやルールがあったりするので要確認です。また、中には技術書限定の即売会もあるため、どこに足を運ぶかのリサーチもしておきましょう。

エンジニアはアウトプットが重要

エンジニアにとってのアウトプットは「自分のエンジニアとしての価値や質を示すもの」であり、転職・就職の時に役立つものとなります。

自分のインプットにも繋がるため、エンジニアとしてやっていきたいのであれば習慣的・定期的・趣味的なアウトプットを行ってみましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related