Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月25日

20~50代別にみるエンジニアの平均給与|おすすめ転職エージェントの紹介

皆さんこんにちは、今回は「20~50代別にみるエンジニアの平均給与|おすすめ転職エージェントの紹介」と題し、「Webデザイナーに転職する方法4つ」をピックアップし、その際に役立つおすすめの転職エージェント10選を具体的にご紹介します。ぜひご参考下さい。

20~50代別にみるエンジニアの平均給与|おすすめ転職エージェントの紹介

エンジニアとは

20~50代別にみるエンジニアの平均給与|おすすめ転職エージェントの紹介
エンジニアと呼ばれる職種にはさまざまな分野があり、ITエンジニア・システムエンジニア・シニアエンジニア、Webエンジニアなどをはじめ、最近では主に「IT関連企業でニーズの高いエンジニア職」がその主流を占めている傾向がうかがえます。

基本的にエンジニアというのは、「企業などで進められる特定のプロジェクト達成において、そのためのシステム開発・新規製品の発明などを手掛けるクラフト職」に認められます。

20~50代別にみるエンジニアの平均給与

20~50代別にみるエンジニアの平均給与|おすすめ転職エージェントの紹介
さてここからは「20~50代別にみるエンジニアの平均給与」と題して、実際にエンジニアとして働く場合に見られる平均給与がどれくらいかについて見ていきましょう。

一般的にエンジニアとして働く場合にもらえる平均給与はかなり高額とされる場合がありますが、それは所有する資格や実際に携わる職種、また参加するプロジェクト内容によって大きく変わってきます。そのあにも十分配慮しておきましょう。

20~50代別にみるエンジニアの平均給与1:20代

20~50代別にみるエンジニアの平均給与|おすすめ転職エージェントの紹介
まず20~50代別に見るエンジニアの平均給与において、そのうちの20代の平均給与を見ていきます。この場合は一般的に以下のようにあげられます。

(平均給与額)
・20~24歳で313.5万円前後(平均月額給与は19.6万円)
・25~29歳で390.5万円前後(平均月額給与は24.4万円)


ボーナスは平均して85万円前後となり、一般的には平均的な給与額となるでしょう。

20~50代別にみるエンジニアの平均給与2:30代

20~50代別にみるエンジニアの平均給与|おすすめ転職エージェントの紹介
次に20~50代別に見るエンジニアの平均給与において、そのうちの30代の平均給与を見ていきます。この場合は一般的に以下のようにあげられます。

(平均給与額)
・30~34歳で429.0万円前後(平均月額給与は26.8万円)
・35~39歳で489.5万円前後(平均月額給与は30.6万円)


ボーナスは平均して110万円前後となり、一般的には高額の給与額となるでしょう。

20~50代別にみるエンジニアの平均給与3:40代

20~50代別にみるエンジニアの平均給与|おすすめ転職エージェントの紹介
次に20~50代別に見るエンジニアの平均給与において、そのうちの40代の平均給与を見ていきます。この場合は一般的に以下のようにあげられます。

(平均給与額)
・40~44歳で550.0万円前後(平均月額給与は34.4万円)
・45~49歳で616.0万円前後(平均月額給与は38.5万円)


ボーナスは平均して120万円前後となり、一般的には高額の給与額となるでしょう。

20~50代別にみるエンジニアの平均給与4:50代

20~50代別にみるエンジニアの平均給与|おすすめ転職エージェントの紹介
次に20~50代別に見るエンジニアの平均給与において、そのうちの50代の平均給与を見ていきます。この場合は一般的に以下のようにあげられます。

(平均給与額)
・50~54歳で660.0万円前後(平均月額給与は41.3万円)
・55~59歳で654.5万円前後(平均月額給与は40.9万円)


ボーナスは平均して150万円前後となり、最高額の給与となります。エンジニアの場合、50代辺りがピークの平均給与です。

エンジニアの種類

20~50代別にみるエンジニアの平均給与|おすすめ転職エージェントの紹介
先述でもご紹介しましたように、エンジニアというのは各職種・企業によってさまざまな分野に分かれています。そのため就職・転職する場合には、まず「自分の得意分野・テクニカルスキル」の確保を念頭に置く上で、どの職種に就くかを慎重に検討する必要があります。

この職種には主に、システムエンジニア、プログラマー、インフラエンジニア、Webエンジニアなどの有名どころがならび、どれも専門性の高い職種となります。

システムエンジニア

20~50代別にみるエンジニアの平均給与|おすすめ転職エージェントの紹介
まずシステムエンジニアについてですが、この職種はエンジニアの中でも特に総括能力が求められやすい職種となり、チームで特定のプログラム作業・起案を設計する上で、そのチーム全体で設計・実装・テスト・運用・管理などが課されます。

転職エージェントを利用する時でも、システムエンジニアを希望する場合は技術・能力はもちろんのこと、主にコミュニケーション能力の高低が求められるでしょう。

プログラマー

20~50代別にみるエンジニアの平均給与|おすすめ転職エージェントの紹介
転職するにあたってもこの「プログラマーになりたい」と希望する求職者も年々かなり増えてきており、IT市場を俯瞰する上でそのニーズはさらに高まることが期待されます。特にプログラマー・エンジニアというのは密接な関係に認められます。

プログラマーの場合は平均給与も高く、主にコーディング・ページやサイトのデコレーションを担う分野もプログラマーとしての実務に課されやすくなっているため、多彩な勉強が必要です。

インフラエンジニア

20~50代別にみるエンジニアの平均給与|おすすめ転職エージェントの紹介
インフラエンジニアは、サーバエンジニアとネットワークエンジニアの両方の仕事を担いながら、ネットワーク設計の外にも、企画品のテスト・リリースに関する管理をはじめ、各種サイトが正常に稼働するかどうかの管理も行ないます。

その平均給与はプログラマーと同じく高額で、まずエンジニアの基本情報を確認する上で、インフラエンジニアとしての複雑な作業内容をしっかり把握することが大切です。

Webエンジニア

20~50代別にみるエンジニアの平均給与|おすすめ転職エージェントの紹介
Webエンジニアは、普段ユーザーが利用している多種のネットサイトを構成する仕事となり、システム設計・コーティング・デコレーションなどをはじめ、他にも多彩な設計を含めてWebサイト構築の土台を作り上げていきます。

基本的にITエンジニアとしてはIT技術・スキルの基礎を習得していれば問題なく、その平均給与はIT職種の内では人波で、そのぶん昇給のチャンスが多いでしょう。

エンジニアにおすすめの転職エージェント3つ

20~50代別にみるエンジニアの平均給与|おすすめ転職エージェントの紹介
さて、先述では「エンジニアに関する基本的な知識」をはじめ、その場合の平均給与などについてご紹介しましたが、ここからは「エンジニアにおすすめの転職エージェント3つ」と題し、効率の良いおすすめ転職エージェントをご紹介していきます。

エンジニアに転職する場合はさまざまな職種があるため、転職エージェントを駆使しながら、まずは自分にとって最適な職種を選ぶことが重要になります。

Geekly

当エージェントでは「派遣求人」の転職斡旋率が高い上、主に中途採用での転職成功率が卓越している点に魅力があり、平均給与・福利厚生面の充実を踏まえ、さらに求職者個別に見られる能力・スキルに合わせた転職支援が特徴的です。

サイトの活用方法も非常に利便性が高く、誰にとっても簡単な情報操作だけで必要な項目を確認できるという、非常に優れたサポートが強みとなります。

レバテックキャリア

当サイトの魅力は「転職後の安定を考慮したサポート力」が非常に高く、その上で「転職後の平均給与・福利厚生面」の充実を図る配慮も充実している、主に中途採用の場合に実践的な転職エージェントとして有名です。

エンジニアにとして転職する際でもアフターサービスは他の転職エージェントと比べて高く、転職後でもしっかりとしたアフターケア定着率も高くなるでしょう。

マイナビエージェントIT

さまざまな世代から支持され続け、一般に見られる転職エージェントランキングでも常に上位にある「マイナビエージェントIT」についてのご紹介です。

当サイトはその名のとおりにまず「IT関連企業への転職斡旋率」が非常に高く、この場合も平均給与・福利厚生面の充実を想定する上で、求職者にとって理想的な転職活動を約束してくれるでしょう。

エンジニアの平均給与を知ろう

20~50代別にみるエンジニアの平均給与|おすすめ転職エージェントの紹介
いかがでしたか。今回は「20~50代別にみるエンジニアの平均給与|おすすめ転職エージェントの紹介」と題し、「Webデザイナーに転職する方法4つ」をピックアップし、その際に役立つおすすめの転職エージェント10選を具体的にご紹介しました。

エンジニア関連の職種へ転職する場合は、自己スキルに見合った職種をまず選び、平均給与・福利厚生面の充実を徹底して(事前に)調べておくことがまず大切です。

Related