Search

検索したいワードを入力してください

2019年09月11日

ITエンジニアの転職回数が多い理由3つ|ITエンジニアの転職ノウハウ

ITエンジニアは将来性がある一方で激務で残業時間も長く環境が劣悪であることが現状です。また、転職回数が非常に多いです。これらのことをきちんと把握した上で、ITエンジニアといった職業を選ぶのか否か自分で考え選択しましょう。

ITエンジニアの転職回数が多い理由3つ|ITエンジニアの転職ノウハウ

ITエンジニアの現状

ITエンジニアは転職が多いと言われています。そこで、ITエンジニアの現状と転職についてまとめました。転職の回数が多い事は何か理由があるはずです。

そこで、職業人気ランキングの上位に食い込むITエンジニアが実際のところどのような職業であるか説明をします。どの職業もそうですが、華やかに見えている面と厳しい面があります。このことを理解した上でITエンジニアというキャリアを選択することが最善です。

ITエンジニアの将来性

ネットワークシステムで構築された情報化社会の中でITエンジニアがどこの職場であっても募集を行っています。現状としてITエンジニアの人材は不足しています。採用の場所は増加傾向です。

しかし、現状の自分の能力に満足してしまうような人間ではITエンジニアは務まりません。常にITエンジニアとしての知識を詰め、学習しなければなりません。努力が必要です。また、ITエンジニアは業務量にくらべ給与が低いです。

ITエンジニアの転職回数が多い傾向にある

ITエンジニアは他業界と比較すると転職する回数が非常に多いです。20代であるのにすでに3社目であるといった事がごく普通にあります。これには複数の理由があります。これからその転職回数が多い理由について深く掘り下げて説明します。

ITエンジニアの平均転職回数が多い理由3つ

ITエンジニアの転職回数が多いことは読者の方々もぼんやりとは知っているでしょう。そのぼんやりとした部分を明確に記し、ITエンジニアがどのような職業で転職回数は多いのか知り、ITエンジニアという職業に就くか判断して頂けたらと考えています。

ITエンジニアの転職回数が多い理由1:労働環境が劣悪

ITエンジニアはクライアントの納期に追われるために、時間内に片づけられない業務量を任されることが多いです。

また、IT会社はクライアントの言いなりとなりやすいでしょう。そのため業務量が給与に対して多くなってしまいがちです。また、業界全体としてエンジニアは薄給といった考えが染みついている点にもあります。以上のことが転職回数増加の原因の1つです。

ITエンジニアの転職回数が多い理由2:同じ業務でも会社によって給料の差が大きい

IT業界は会社のヒエラルキーができてしまっています。基本的にIT業界では1つのプロジェクトに対して複数の会社が絡んでいます。ヒエラルキーの頂点には元請け会社、その下に1次下請け会社、その下に2次下請け会社など連なっています。

もちろん、元請け会社がコストを多く受け取ることができます。そして給与が小さくなります。また、下請け会社は下請け業務に追われるために自社開発の時間もありません。

ITエンジニアの転職回数が多い理由3:会社によって得られるスキルが違う

自社でネットワークシステムの開発を行う会社では新しいシステムを開発するためにAIといった最先端の知識を研究・開発を行うので得られるスキルが多いです。また、開発を行うため他分野の知識を身につける事もあります。

しかし、下請け会社にいってしまうと同じ知識での業務の繰り返しとなってしまいます。するとスキルが身につかず進歩がありません。

ITエンジニアの転職回数の多さが不利になる場合3つ

ITエンジニアの転職回数がいくら多いからと言ってそれが給与の増加などプラスにばかり働くわけではありません。逆に不利に働く場合もあります。その不利になる面について深く掘り下げます。

この注意点を理解してITエンジニアという業種を選択してほしいです。転職回数が多すぎる人のデメリットと転職回数の多い人の社会的評価についても記します。

ITエンジニアの転職回数の多さが不利になる場合1:同種の会社への転職

同業種の会社への転職として最も問題なのはスキル身につけるための転職かどうかということです。転職の前にどのような実績を前の会社で積み上げたのか証明する必要があります。

同業種の会社への転職がスキルを身につけるためという事を証明しなければ「どこで働いても続かない」「一貫性がない」と思われ自分の評価が下がってしまいます。それを考慮すると転職の回数が多すぎるといけません。

ITエンジニアの転職回数の多さが不利になる場合2:離職期間や派遣期間がある

派遣といった雇用形式である場合には雇用上限期間があります。その場合どんなに自分に合った会社を見つけたところでその会社と付き合う期間は限られています。

また、とある会社での雇用期間が過ぎて終了してしまうと次の会社に派遣するまでの期間が必要です。それが離職期間です。そして、離職期間ができてしまうと次の会社に派遣される際に派遣されにくいです。そのため、転職の回数が多いと不利になることは自然です。

ITエンジニアの転職回数の多さが不利になる場合3:20~30代で4回以上の転職経験

20~30代で4回以上の転職はいくらIT業界であろうとも雇用先に多いと思われます。それほど多く転職していた場合たくさんのことを会社に思われます。転職回数が多すぎるとこのように評価されます。

・長く続けていないために専門分野に長けていない
・最初から最後までプロジェクトの経験を行っていない、回数をこなしていない
・マネージメント能力が養われていない
・忍耐能力が無い

ITエンジニアの転職のノウハウとは?

ITエンジニアの転職の回数が多い事は転職においては失敗です。しかし、職場環境が劣悪である場合や給与が少ないと言った場合には転職をせざるを得ません。転職回数が増えないためにITエンジニアが転職を行うノウハウについて記します。

アピール力で切り開く

転職の際に自分のスキルを向上するための転職であることをアピールすることがノウハウです。まず、前の職場でどのような実績をどれほどの回数残したのか説明することです。

その次にどのような経緯(目的)があって転職したいのかをきちんと伝えます。あとは、自分が転職した後のやる気を表現すれば良いでしょう。

転職の自由をポジティブに受け止める

転職の自由をポジティブに受け止めることは大切です。縛られていた職場から解放され選びたい企業を自分で選べます。ポジティブに考えるとなお面接などで積極的に主張することができ、成功に結びつきます。

目標設定をして挑む

目標設定は最も大切な事です。目標設定をしていなければ、会社をだらだらと選ぶことになります。そして、自分の前の職場と変わらない環境の職場にまた就いてしまうことになります。

まず、自分がどのようなスキルを身につけたいのか考えます。また、自分がどのような人間になりたいのか像を見つけることです。これによりどのような環境に自分が行きたいのか現実的にすることができます。このように前進する手助けになります。

志望理由を明確にする

志望理由の本筋は目標設定を行った際に定まっています。そして、後はその会社に入る事でその会社に何をもたらす事ができるのか考えます。その2つを理由に志望すれば転職は上手くいきます。自分の本心をさらけ出すと同時に自分の熱意を伝えれば上手くいきます。

ITエンジニアのキャリアデザインと転職

単に転職といっても転職に対する意味合いは複数あります。つまり、自分が何を求めて転職をするのかキャリアという観点から2とおりを説明します。自分がどのようなITエンジニアになりたいのか考えましょう。目標のITエンジニアを見つけることもおすすめです。

資格や技術習得のための転職

これは自分の能力を身につけるための転職です。つまり、スキル習得が目的です。転職のキャリア的な目的の大部分はこれではないでしょうか。今の自分のスキルに満足せず、自分の能力をより高めたいと本気で思う人だけが行います。

また、キャリの観点ではなく他の観点から見ると能力が上がることにより給与が上がることは明白です。その他にスキル習得能力が高いことにより自然と転職回数が増えてしまうということもあります。

起業のための転職

起業のための転職は必ずしもIT業界とは限りません。経営コンサル会社も経営についてプロの方々から学ぶ機会になります。なので、自分が会社をやっていくために不足している部分を磨く作業となります。

起業をすることは非常に大変です。時間がいくらあっても足りないほどたいへんです。安易に起業したいから転職すると決めるのではなく自分がどのような物を世の中に出したいのかといった目標が先です。

ITエンジニアは比較的転職の回数が多い

今までに記したように、スキル面から違う会社に転職を行う回数が多いです。現在の職場に満足せず、自分に合った会社を見つけることが最善です。回数の多い転職は安易にやるものではありません。

最初に入った会社で努力することも非常に大切です。転職を前提としてその職場に就くことはやめましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related