Search

検索したいワードを入力してください

2019年09月27日

面談で好印象なITエンジニアの特徴11個|面談前にチェックする項目3つ

ITエンジニアを目指す人にはぜひ知っていただきたい、面談で好印象なITエンジニアの特徴についてご紹介していきます。どれだけ優れた腕を持っていたとしても、面談で悪印象だと採用はされません。しっかりと面談で好印象を勝ち取りましょう。

面談で好印象なITエンジニアの特徴11個|面談前にチェックする項目3つ

ITエンジニアとは?

ITエンジニアという仕事はかなりメジャーになっていますが、実はITエンジニアにはたくさんの種類があると言う事をご存知でしょうか。ITエンジニアには大きく分けて4つの職種があって、それらは全く異なる仕事内容となっています。

4つとは、システムエンジニア・サーバーエンジニア・プログラマー・ネットワークエンジニアです。今回はITエンジニアの面談に関する情報をご紹介していきます。

ITエンジニアの現状

ITエンジニアの現状は、業界の急速な成長期を終えたため落ち着いてきています。過酷な労働環境が急増していましたが、昨今では働き方を見直している企業も増えているという実情があります。

とはいえ、ITエンジニアはパソコンシステムによっては深夜労働もあるので、面談のときに、しっかりと残業代についてや労働時間について確認をしておく事も、長く安全に働いていくために必要でしょう。

面談で好印象なITエンジニアの特徴11個

面談までステップを進める事ができたけれど、好印象を与えるITエンジニアになるにはどうすれば良いのか、実は簡単なコツがあるのでご紹介していきます。ITエンジニアとして好印象で面談をクリアしたい方はぜひご覧ください。

今回ご紹介していくITエンジニア面談で好印象を与える特徴は、11個あります。他の仕事であっても当たり前のように大切にされているビジネスマナーもたくさんあるので活かしましょう。

面談で好印象なITエンジニアの特徴1:身だしなみが綺麗

面談でまず好印象を与えるには、身だしなみを綺麗にすることです。

面談室に入ったとき、最初に身だしなみに目がいきます。スーツと指定が無かった面談であっても、しっかりとオフィスカジュアルであったり、きっちりとマナーあるファッションやメイク、小物使いを心がけましょう。

また、季節感を取り入れたりわかる範囲で社風などをイメージした身だしなみにするのも好印象でしょう。

面談で好印象なITエンジニアの特徴2:意欲的

面談のときに意欲的であると、ひじょうに好印象でしょう。ITエンジニアとしてその企業でやっていきたいという気持ちをしっかりと伝える事が大切です。

また、どのような仕事を展開していきたいとか、資格などにチャレンジしてみたいというビジネスビジョンを伝えられると、意欲がわかりやすいでしょう。面談ではぜひ恥ずかしがらずに積極的になってみてください。

面談で好印象なITエンジニアの特徴3:ハキハキと明瞭に話す

ITエンジニアは接客業ではありませんが、やはり会話はハキハキと明瞭に話した方が面談での印象は良くなります。質問への受け答えはもちろん、自分自身のことを伝えるときにも、過度に恥ずかしがるのは止めましょう。

給与や勤務時間などについては聞きにくかったり、正直に希望を伝えるとダメかなと感じて萎縮していくことが多いですが、ハキハキと明瞭に話していたら仕事でもしっかりと対応してくれるイメージを持ってもらえます。

面談で好印象なITエンジニアの特徴4:話が端的で分かりやすい

話は長くダラダラとしてしまうのではなくて、端的でわかりやすくしましょう。面談の時間は企業にとっても貴重なので、あまりまどろっこしく話していると呆れられてしまいます。

落ち着いて心と頭を整理しながら、話をわかりやすくまとめて話してください。面談なので緊張もあるでしょうから、事前に聞かれそうな事や聞きたい事をピックアップしておくのも良いのではないでしょうか。

面談で好印象なITエンジニアの特徴5:目を合わせて話す

ITエンジニアは普段、パソコンなどに向き合って仕事を進めますが、だからといって人との接し方が下手すぎると印象が良くありません。人と話す基本は目を合わせて話すということです。

どんなときでも、誠意を持って相手の目を見て話しましょう。威圧的な面談であっても萎縮するだけではイメージが悪くなってしまうのでしっかりと意志を持って目を合わせてください。

面談で好印象なITエンジニアの特徴6:話を聞く姿勢がある

話を聞くときはしっかりと心も耳も向けているという姿勢をアピールしましょう。聞いている「フリ」だと、興味が無い事が面談のときに伝わってしまいます。

自分との面談さえ集中力を持ってできない人に、仕事を任せようとできるでしょうか。ITエンジニアは仲間同士で助け合う仕事も多いです。人と話すときにはしっかりと誠意を持って向き合いましょう。そうすると真心を伝えられます。

面談で好印象なITエンジニアの特徴7:質問内容がポジティブ

面談では「最後に何か質問はありますか」と聞かれる事がありますが、そのときはポジティブな質問内容にすると好印象です。

「従業員のみなさんが御社でやりがいを感じていることはどのような仕事内容ですか」とか「◯◯の資格が取りたいのですが、支援制度はございますか」のように仕事を長い目で見ていることが伝わるような質問をしましょう。

やはり面談のときにビジョンがしっかりあることを伝える事が大切です。

面談で好印象なITエンジニアの特徴8:話が長すぎない

話が長すぎると、しらけてしまうのは友達とだけではなくて面談でもそうです。自分の経歴などを話すときにも、短くしっかりと伝えられるようにまとめておきましょう。

きになる詳細は質問をしてもらえるように説明文を考えておく事もおすすめです。「営業部でしたが、パソコンが得意なのを上司が知っていたのでITエンジニア関係も任されることがありました」などと簡単に話しましょう。

面談で好印象なITエンジニアの特徴9:しっかりとメモを取る

お給料日や通勤申請などについてはしっかりと確認をした上で、メモを取りましょう。もしも覚えられる自信が合ったとしても、面談や初心者のうちはかならずメモが役に立ちます。

先輩たちの手をあまり煩わせ過ぎないように、メモで一度言われた事は自分で解決できるようにしておくとかなり好印象に仕事場に馴染んで行くことができるでしょう。ITエンジニアは自己管理も大切と言う事です。

面談で好印象なITエンジニアの特徴10:相槌を打つ

ただ真面目に話を聞いているよりも「なるほど」とか「承知しました」のように相槌を打つ事をおすすめします。人の脳は声や反応で、目の前の相手が自分の会話を聞いているかどうかを認識する事がわかっています。

しっかりと自分の声を使って、反応を表して「話を聞いています」ということをアピールしましょう。そうすることによって面談のときにイメージに残る事ができるようになります。

面談で好印象なITエンジニアの特徴11:順序立てて話せる

ITエンジニアは処理能力も大切なので面談でアピールしましょう。その方法とは順序立てて話すことです。自分の得意なジャンルや専門的に学んだ事などを順序立てて話すと、とても知的なイメージを与える事ができます。

しっかりと自分の経歴を確認してから、面談に挑みましょう。もしも間違えてしまっても焦らずに「失礼しました、訂正します」と伝えてから話を改めて見てください。

ITエンジニアの面談の流れ3つ

それでは、いったいどのような流れでITエンジニアの面談は進んで行くのでしょうか。初めてITエンジニアの面談に挑む方や、初めてでは無いけれど自信が無い方のためにご紹介していきます。

もちろん企業によって差がありますが、基本的な流れを頭に入れてから面談の練習をしてみてください。リアリティーがアップするので緊張対策などにもなります。ぜひお試しください。

ITエンジニアの面談の流れ1:職務内容の説明

まずはITエンジニアの職務内容を説明されます。はじめに紹介したとおり、ITエンジニアにはいくつか種類があるためどの職務に就くのかを説明されます。

このときには、自分が希望する職務なのかどうかや、勤務時間や給与についてしっかりと確認しておきましょう。わからない職務内容については早い段階で質問をした方が良いでしょう。わからないまま面談を進めるのは良くありません。

ITエンジニアの面談の流れ2:資格のすり合わせ

次に行なうのが資格の擦り合わせです。どの資格をいつ取得したのかや、資格の実務経験があるのか、さらには今後の資格取得予定なども含めて話し合いましょう。

ITエンジニアだと資格の有無によって給与が変わってくる場合がありますので、しっかりと伝えて認識してもらってください。また入社後に資格取得制度などのサポート体制があるのかについても確認しておくと意欲を伝えられます。

ITエンジニアの面談の流れ3:質疑応答

最後にあるのはやはり質疑応答です。エントリーシートや職務経歴書などを確認した面接官が自発的に聞いてくることもありますが、みなさんの質問を聞かれる場合もあります。なので質問したい事はここでまとめて聞いても良いでしょう。

例えば交通費は定期券なのか実費なのかなど、細かいことでも構いません。「働き出したときを想定したいので」と付け加えたら前向きな気持ちを伝えられます。

ITエンジニアが面談前にチェックしておくこと3つ

それでは、面談の前にITエンジニアとして確認しておくとプラスになる事を知っておきましょう。今回は3つのポイントをご紹介していきますので、ITエンジニアとして面談をクリアしたい方は参考にしてください。

個々で紹介していないこともいくつかあるのは事実ですが、基本はこの3つなので焦らずに学んで行きましょう。

たくさんの情報を詰め込むよりも必要な情報を取捨選択していくことも大切です。

ITエンジニアが面談前にチェックしておくこと1:自分の資格がどのように生かせるか

ITエンジニアになるために資格を取った方も多いのではないでしょうか。応募した企業の仕事で、どのように活かして行けるかをしっかり面談前にチェックしておきましょう。

応募時点では「ITエンジニア」としかわからずに、自分の資格が活かせるかわからないときには事前に「◯◯という資格を活かして働きたいのですが、該当していますか」と質問しておくと希望が叶う場合もあります。

ITエンジニアが面談前にチェックしておくこと2:知っているとできるは違う

知っているとできる、は違うという事実をしっかりと認識している人はあまり多くありません。知識が合っても実践でできなければ初心者や未経験者と同じです。

面談のときには恥ずかしがらずに「資格はありますが実務はまだです」とキャリアを伝える心構えをしておくことも有効です。自分がどれだけ実践が行なえるのか、正しい判定をしておきましょう。そうすると信頼されます。

ITエンジニアが面談前にチェックしておくこと3:実務経験の棚卸

実務経験がある場合には、さらに掘り下げてどの程度・何を・どの期間行なっていたか棚卸ししておきましょう。つまり今までのキャリアを認識しておこうということです。

キャリアは細かい事まで伝えられる準備はしておくと良いでしょう。「それをやっていたなら、これもできますか」など深く確認されることも多いため、慌てずに対応しましょう。

面談で好印象を持たれるITエンジニアを目指そう

面談で好印象を持たれるITエンジニアは、やはり面談を通過する場合が多いです。就職活動や転職活動では、印象がいいと言う事はとても重要です。自分の魅力を面談で伝えられるのは、自分しかいませんので恥ずかしがったり遠慮せずにアタックして行くようにしましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related