Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月21日

ITエンジニアが転職で成長する方法5つ|スキルアップに不可欠な能力

私達の生活に無くてはならないものになってきているIT業界のITエンジニアとは、どのような職業なのでしょうか。ITエンジニアとして経験を積み、転職して成長をしていくためには具体的に何をすればよいのかを理解し、ITエンジニアとして成長する方法を考えてみましょう。

ITエンジニアが転職で成長する方法5つ|スキルアップに不可欠な能力

ITエンジニアとは?

ITエンジニアとは、インフォメーションテクノロジー「Information Tecnology 情報技術」の工学技術者の事です。

ITエンジニアは、大学の工学部を卒業した技術者ばかりでなく専修学校や通信教育、または職業訓練校などで技術を身に着けてITエンジニアとして働いている人達の事です。

ITエンジニアが働く企業のタイプ5つ

ITエンジニアが働く企業には、5タイプあります。

昨今の情報社会の成長でITエンジニアは、コンピューターやソフトウェア、ハードウェアのみならず、さまざまな分野に活躍の場を広げてきました。そしてこれからも成長し続けるIT業界ではITエンジニアの需要はますます増えており、万が一の転職にも非常に有利です。

そして、そのようなITエンジニアが働いて成長できる企業タイプがあります。一つずつ見ていきましょう。

ITエンジニアが働く企業のタイプ1:Web系IT企業

ITエンジニアが働くWeb系IT企業は、インターネットを利用したサービスを行って利益を上げる企業の事です。

Web系IT企業はYahoo、楽天、DeNAと言ったようなインターネットを利用してショッピングや広告収入、ゲームやアプリを製造するなどさまざまなサービスを行う企業の事です。

スマートフォンの普及は、それらの企業の事業を大きく拡大し、これからもますます成長が見込める転職にも有利な企業です。

ITエンジニアが働く企業のタイプ2:大手IT企業

ITエンジニアが働く大手IT企業は、Slerの事です。

「Sler エスアイアー」は、「System Integrator」と呼ばれることがあり、官公庁やIT企業でない企業のコンサルティング、設計、開発、運用などを任されています。

これらの事業は、「SI エスアイまたは、システムインテグレーション」事業と言います。代表的な企業では、NTTデータ、富士通、日立製作所などがあり成長株企業です。

ITエンジニアが働く企業のタイプ3:独自製品を企業

ITエンジニアが働く企業の独自製品を企業に提供する事は、自社で開発したサービスや製品を売り込むことです。

以前は、独自製品をCD-ROMなどを利用して販売成長をしていましたが、近年はインターネットを介しクラウドサービスとして商品を提供する事も多く、Web系IT企業との区別も難しくなっています。

商品を開発して販売する事が終わりでなく、そのメンテナンスやカスタマイズ、サポートも怠りません。

ITエンジニアが働く企業のタイプ4:下請けIT企業

ITエンジニアが働く企業として、下請けIT企業がありますが、大手Slerの下請けが多いです。

下請けIT企業は、大手Slerからの仕事を受ける事で仕事のコンスタントな受注が可能にしています。下請けITは、安定した収入が望める一方で、中間マージンの搾取により大手より収入が低く抑えられる傾向にあります。

しかし、この様な企業は成長を続けており、大手が下請けIT企業を頼りにしているところがあります。

ITエンジニアが働く企業のタイプ5:一般企業のIT部門

ITエンジニアが働く企業として、一般の企業も多く存在しています。

昨今の企業形態としては、大手に限らずIT部門を企業内に設けている企業が増えています。社内のシステム導入管理などに加えて、新規事業にITを取り込むなど、IT部門は企業の成長と切り離せない関係になっています。

また一般企業では、情報漏えい防止のためにも、ITエンジニアの採用はますます増えています。

ITエンジニアが転職で成長する方法5つ

ITエンジニアが転職で成長する方法が5つあります。

ITエンジニアは、常に成長し続けるためには、新しい知識を取り入れる事はとても重要な事です。しかしながら、その勉強のモチベーションを高く保つために必要な事は何でしょうか。5つの事に注目しながら見ていきましょう。

ITエンジニアが転職で成長する方法1:目標を持って転職する

ITエンジニアの成長に欠かせないものとしては、目標を持って転職してみる事です。

ITエンジニアの特徴として、目先の業務を熟すことは技術面で得意ですが、3年後や5年後の自分がどのようになっているかをイメージするのが苦手な人がいます。

現在の置かれている環境に満足するだけでなく、向上心を忘れず常に知識を吸収する事は必要です。そのために自分の置かれている環境を変えて転職する事も成長を促す方法です。

ITエンジニアが転職で成長する方法2:やりたいことを明確にする

ITエンジニアとして転職で成長するためには、自分のやりたいことを明確にする事が重要になります。

ITエンジニアは、結婚や出産をきっかけとして、または友人ITエンジニアの活躍を見る際にステップアップを兼ねて転職を意識する事があります。

しかし、転職は漠然と給料面や待遇面だけを考慮するのではなく、どのような企業でどのような仕事をやりたいのかを明確にする事で、より一層の成長と収入アップが見込めます。

ITエンジニアが転職で成長する方法3:企業リサーチをしっかり行う

ITエンジニアが転職で成長するためには、企業リサーチは欠かせません。

ITエンジニア業界では、転職は珍しい事ではありません。ITエンジニアの人材が不足している事で優秀なエンジニアは常に引く手あまたです。

そのような環境で転職し成長して行くためには、徹底的なリサーチをし、ターゲットを絞った企業がどのような人を採用したいのか、自分はそこで何ができるのかを明確にする事で転職に成功する事ができます。

ITエンジニアが転職で成長する方法4:悩まず即行動する

ITエンジニアが転職で成長するには、悩まず即行動に移さなければチャンスを逃してしまいます。

ITエンジニアの転職で大切なことは、企業のニーズが常に流動的である事です。必要な人材がどんどん変化して行くので、好条件の転職案件があったとしても自分に合っているかと考えているうちにニーズが変化してしまう事があります。

転職を機に成長を望むのなら、スピード感を持った行動が可能性を広げてくれます。

ITエンジニアが転職で成長する方法5:プロを頼る

ITエンジニアが転職して成長するには、転職のプロを頼る事も方法の一つです。

ITエンジニアが転職をして成長するには、転職エージェントサイトに登録してみる事をお勧めします。

プロのエージェントは、志望動機やキャリアプランの作成、経験にあった企業選び、コミュニケーション力のアドバイスなど転職を通して成長を促してもらえる、とても強いサポーターになってくれます。

ITエンジニアのスキルアップに不可欠な能力5つ

ITエンジニアのスキルアップに不可欠な能力は、5つあります。

ITエンジニアが転職するにも成長するにも大切な能力は、どのようなスキルがあるのでしょか。実際に見ていきましょう。

ITエンジニアのスキル能力1:プログラミングスキル

ITエンジニアの能力で重要なのは、プログラミングスキルです。

昔の人は「好きこそものの上手なれ」と言います。ITエンジニアは人気の職業なので転職して成長したいと思われる方は多いです。もしあなたがそう志したなら、まずプログラミングを勉強してみる事です。それが好きか嫌いかでは大きな差があります。

ITエンジニアは、未経験でも「もっと勉強したい」と向上心を持って前向きに、頑張れば成功を収める事ができます。

ITエンジニアのスキル能力2:タスク管理スキル

ITエンジニアとして、2番目に重要なスキルはタスク管理スキルです。

タスク管理スキルは、計画が予定どおり進んでいるかにおいて非常に重要です。計画の全てのタスクを時間を考えながら割り振りする事で、計画の開始から終了までの作業時間を正確に割り出す事ができます。

適材適所に人材を配置する事はもちろん、スケジュールどおりに計画を進める事は、ITエンジニアとしての大切な能力で、計画ごとに成長も促せます。

ITエンジニアのスキル能力3:コミュニケーションスキル

ITエンジニアのスキルとしてコミュニケーション力は、必要不可欠です。

ITエンジニアと聞くと、コンピューター作業ばかりで人との交流が薄いと言う印象はありませんか。実は、全く逆の話でクライアントや、プロジェクトチームメンバーとの意思疎通が常に必要な業務です。

知識の無いクライアントには、わかりやすく丁寧に説明する事や、チームメンバーにはスライドやメールなど文章にして説明する事も求められます。

ITエンジニアのスキル能力4:マネジメントスキル

ITエンジニアのマネジメントスキルは、プロジェクトの成功の鍵になります。

マネジメントスキルは、プロジェクトの期間やシステム開発を確実に進めるために非常に重要です。作業タスクと人材を管理し、時間を配分してプロジェクトを進め、開発システムの品質を管理する事もあります。

また、設計書などの文書を作成する能力も必要です。

ITエンジニアのスキル能力5:マーケティングスキル

マーケティングとは、顧客を理解する事です。

ITエンジニアのスキルとしてだけでなく、マーケティングスキルを身に着ける事はビジネスの基本です。

ITエンジニアは顧客が求めている物を理解しWEB上で提供して行く事や、システム開発の場合は顧客が限定されていますので、顧客のニーズを的確に理解して行く事が求められます。

ITエンジニアにおすすめの転職エージェント5つ

ITエンジニアとして転職を成功させるためにお勧めのエージェントがあります。

では、実際ITエンジニアとして転職し成長して行くためには、どのようなエージェントを利用すればよいのでしょうか。お勧めのエージェントが5つありますので、それぞれご紹介します。

ITエンジニアにおすすめの転職サイト1:マイナビエージェントIT

マイナビエージェントITは、ITエンジニアの転職活動全てにおいて、サポートを行う無料のサービスです。

マイナビエージェントITは、ITやWEB業界に精通したキャリアーアドバイザーとリクルーティングアドバイザーの協力により、クライアントが求める転職を成功させます。

ITエンジニアにおすすめの転職サイト2:レバテックキャリア

レバテックキャリアは、ITエンジニアや、Web業界の高い専門知識を要したアドバイザーが多くいます。

レバテックキャリアのアドバイザーは、業界特有の専門用語の理解も深く、業界最大の求人案件の中から最適な企業をマッチングしてくれます。

ITエンジニアにおすすめの転職サイト3:リクルートエージェント

リクルートエージェントは、リクルートグループの運営するエージェントで転職実績ナンバー1です。

リクルートエージェントは、ITエンジニアに精通したキャリアーアドバイザーが、転職書類のアドバイスや面接のアドバイスなど、プロとしてサポートしてくれます。

ITエンジニアにおすすめの転職サイト4:ギークリー

ギークリーは、業界に特化した首都圏内の求人を多く抱えています。

IT業界と太いパイプを持ち、抱える求人案件は、9,100件を超えています。精度の高い求人マッチングを実現しているのが特徴です。

ITエンジニアにおすすめの転職サイト5:ワークポート

ワークポートは、スムーズで、満足度の高いサポートを実現しています。

ITエンジニアにお勧めのエージェントとしてワークポートは、ソフトウェア開発、SE系エンジニア、ネットワーク系、クリエイティブ系など、IT職種に特化した求人案件を多く取り扱っています。

大手企業で働けるITエンジニアを目指そう

ITエンジニアは、ますます需要が伸びています。

現在の生活は、ITとは切っても切れない関係になっています。その中にあってITエンジニアとしてのニーズは、高まるばかりで成長次第によってはより好条件、高収入の企業への転職が容易になってきています。

ITエンジニアとして始めは未経験からスタートされた方でも、常に向上心を持ち知識を磨くことで、大企業の新たな転職先を見出しさらなる成長をしていく事ができます。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related