Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月26日

ハードウェアエンジニアが活躍できる場11選|必要なスキル4選とは?

ハードウェアエンジニアは電子回路の知識や技術が必要なので、大学や専門学校で電気電子の知識を身に付けた人がなる傾向が強いです。ハードを動かすためにはソフトウェアの知識が必要なので、プログラミング言語の知識を身に付けていると上手く活躍することができます。

ハードウェアエンジニアが活躍できる場11選|必要なスキル4選とは?

ハードウェアエンジニアとは?

ハードウェアエンジニアが活躍できる場11選|必要なスキル4選とは?
ハードウェアは現在、色々な種類の物がありますが、ハードウェアエンジニアは家電や通信機器などに用いられる電子回路を主に扱うエンジニアです。電子機器の設計を主に行いますが、電気の知識だけでなくソフトウェアや物理、光学の知識も求められます。

生産管理や品質の知識を求められますが、電気電子の分野だけでなく機械の知識も必要です。ハードウェアの対義語がソフトウェアで、ソフトウェアはプログラムやデータを扱います。

ハードウェアエンジニアの基礎知識3つ

ハードウェアエンジニアが活躍できる場11選|必要なスキル4選とは?
ハードウェアエンジニアの仕事はハードウェアの設計や開発で、大きな機械にこだわらず色々な機器に用いられる電子回路や電子部品の開発を行うことです。パソコンや携帯電話の周辺機器の設計や仕様書の作成、無線などの新機能を開発します。

現代は多くの企業が機器の小型化を目指しており、新製品や最新技術の開発や使用上における快適性を追求しています。

ここからは、ハードウェアエンジニアの基礎知識を詳しく見ていきましょう。

ハードウェアエンジニアの基礎知識1:ハード面を担当する

ハードウェアエンジニアが活躍できる場11選|必要なスキル4選とは?
ハードウェアエンジニアは第一に設計技術が求められ、設計の知識がなければハードウェアエンジニアは勤まらないでしょう。ハードウェアには安全性がとても重要で、設計をミスすると重大な事故になる場合があるため技術や知識は必要です。

ハードウェアエンジニアになるために資格は特に必要なく、大学や専門学校などで電気電子の知識を身に付けた人が勤まる傾向にあり、他にもソフトウェアの知識が求められます。

ハードウェアエンジニアの基礎知識2:C言語の使用率が高い

ハードウェアエンジニアが活躍できる場11選|必要なスキル4選とは?
ハードウェアエンジニアにはC言語の知識が求められ、プログラミング言語の中では知名度が高いです。C言語はメモリやCPUなどのハードウェア向けのプログラムを作るための物で、C言語の知識を身に付けるとハードウェアの動作や仕組みが理解できるでしょう。

C言語は迅速にコンパクトなプログラムを組めるのが特徴的で、プログラミング言語の中では処理速度は速い方です。主に機械の制御に関する組み込みシステムを作れます。

ハードウェアエンジニアの基礎知識3:就職先は大手が多い

ハードウェアエンジニアが活躍できる場11選|必要なスキル4選とは?
ハードウェアエンジニアの就職先は大手が多く、求人に関しては比較的安定しています。電機メーカーなどでは昔の伝統を大切にしている場所が多く、実力と収入が伴わない場所が多いです。

昔から職人気質が求められる業界なので、新入社員には単純な手伝いになることがほとんどですが、経験を積むことで重要な仕事を任されるようになったり、大きなプロジェクトに参加できるようになるでしょう。

ハードウェアエンジニアが活躍できる場11選

ハードウェアエンジニアが活躍できる場11選|必要なスキル4選とは?
ハードウェアエンジニアに向いている人は、数学や物理に強い人です。ハードウェアの分野は発展が目覚ましいため、次々とアイデアを生み出せる人と地道な作業が得意な人が求められます。また最新技術が次々と生まれるため、勉強をおろそかにできません。

求められる物は技術だけでなく、顧客が必要としていることを聞き入れる力も求められます。ここからは、ハードウェアエンジニアが活躍できる場所を詳しく見ていきましょう。

ハードウェアエンジニアが活躍できる場1:社内SE

ハードウェアエンジニアが活躍できる場11選|必要なスキル4選とは?
ハードウェアエンジニアが活躍できる場は社内SEで、社内の情報システムを管理しているSEです。客先に出向く機会は少なく、主に社内に留まり社内のインフラやシステムの管理や構築を行います。

企業ごとで任される仕事が異なりますが、自社のハードウェアに関する責任を主に任されます。社内のパソコンが故障したり、新入社員用のパソコンのセットアップを行ったりインフラの整備を任されることが多いでしょう。

ハードウェアエンジニアが活躍できる場2:社外SE

ハードウェアエンジニアが活躍できる場11選|必要なスキル4選とは?
ハードウェアエンジニアが活躍できる場は社外SEで、社内SEとは違って色々な活躍を行うSEです。業種名は「社外」を付ける場合が少なく、社外SEは「SE」と主に呼ばれます。

SEの仕事内容は要求分析や要件定義、基本設計、詳細設計、テストです。人員や予算、進捗管理などの管理も行いますが、企業ごとで任されることが異なります。必要なスキルはコミュニケーション能力の他に、技術力やマネジメント能力が必要です。

ハードウェアエンジニアが活躍できる場3:自動車メーカー

ハードウェアエンジニアが活躍できる場11選|必要なスキル4選とは?
ハードウェアエンジニアが活躍できる場は自動車メーカーで、自動車の開発や生産を行う企業です。消費者が必要としている物や市場動向を踏まえ、どんな自動車を開発するかを企画するところから始め、自動車のコンセプトやデザインなどについて話し合います。

企画がまとまったら各部分の設計図を書き、工場で車体や各部品の開発を行ったりします。1台の自動車が完成するまでに、改良や修正を細かく行うのが特徴的です。

ハードウェアエンジニアが活躍できる場4:鉄道業界

ハードウェアエンジニアが活躍できる場11選|必要なスキル4選とは?
ハードウェアエンジニアが活躍できる場は鉄道業界で、鉄道を走らせて多くの人の産業や暮らしを支えます。安全で正確に鉄道を走らせることが主な役目ですが、仕事内容は企業ごとで色々とあるでしょう。

鉄道業界で活躍する社員は、駅員や運転手の現業職だけでなく、踏切や車両を設備する技術職や、裏方作業やダイヤを考える事務職などがあります。また現業職は、大卒の人が求められる傾向にあるでしょう。

ハードウェアエンジニアが活躍できる場5:携帯メーカー

ハードウェアエンジニアが活躍できる場11選|必要なスキル4選とは?
ハードウェアエンジニアが活躍できる場は携帯電話メーカーで、多くの人が日常生活やビジネスに必要な携帯電話の通信サービスを提供する企業です。国内の企業ではdocomo、au、Softbankの3社が勢力となって活躍しています。

携帯電話メーカーの職種には、マーケティングや企画を担当する事務職、技術の開発や研究を行う技術職の2分野があり、即戦力になれる人が常に求められています。

ハードウェアエンジニアが活躍できる場6:ビル管理システム業界

ハードウェアエンジニアが活躍できる場はビル管理システム業界で、病院や大型の施設、オフィスビルなどの大きな建物の設備を行う職業です。ビルのメンテナンスや管理を行い、訪れた人が快適に利用する環境を保持する役割を担います。

ある程度の大きなビルでは、「ビル管理法」に基づき検査や点検を行わなければいけません。ビル管理を行う施設のオーナーに代わり、専門作業を行う必要があります。

ハードウェアエンジニアが活躍できる場7:ドローン業界

ハードウェアエンジニアが活躍できる場11選|必要なスキル4選とは?
ハードウェアエンジニアが活躍できる場はドローン業界で、ドローンの操縦やコレクトを趣味にしている人が仕事としている人が多いです。特別な免許がなくても操縦できるのが特徴的で、現在は人気を集めています。

ドローン本体の研究開発だけでなく、ドローンに関する各種ソフトウェアの整備も行っています。ドローンを操作するにはプログラマーが必要で、コントローラと連動するために必要なのでプログラムの知識が必要です。

ハードウェアエンジニアが活躍できる場8:家電メーカー

ハードウェアエンジニアが活躍できる場11選|必要なスキル4選とは?
ハードウェアエンジニアが活躍できる場は家電メーカーで、テレビや洗濯機、冷蔵庫などの多くの人の生活に欠かせない家電製品を開発している業界です。他にも電池や発電機などの重電製品、パソコンやスマートフォンなどの精密機器の開発も行っています。

家電メーカーでは技術職と事務系職の2種類の職種があり、技術職は主に研究開発を、事務職はバックオフィスや企画、営業などの業務を担当する業界です。

ハードウェアエンジニアが活躍できる場9:産業ロボット開発メーカー

ハードウェアエンジニアが活躍できる場11選|必要なスキル4選とは?
ハードウェアエンジニアが活躍できる場は産業ロボット開発メーカーで、上述の家電メーカーと業務内容が一緒です。AIの知識も必要で、産業ロボットだけでなく自動運転やスマートフォンの音声認識など色々な分野で用いられています。

就職するには特別な資格は必要ありませんが、専門的でハイレベルな知識や技術が求められるでしょう。大学や専門学校で、AIの知識を身に付けている人が採用されやすい傾向にあります。

ハードウェアエンジニアが活躍できる場10:電子マネー業界

ハードウェアエンジニアが活躍できる場11選|必要なスキル4選とは?
ハードウェアエンジニアが活躍できる場は電子マネー業界で、電子マネーは現代、日常的に欠かせないアイテムとなっています。電子マネーは、現金がチャージされているカードやクレジットカードで使用することができるのが特徴的です。

電子マネー業界は現代は活躍しており、EdyやSuicaなどが発展しています。現代では電子マネーの利便性が知れ渡っているため、色々なサービスを利用することができるでしょう。

ハードウェアエンジニアが活躍できる場11:駐車場周辺機器メーカー

ハードウェアエンジニアが活躍できる場11選|必要なスキル4選とは?
ハードウェアエンジニアが活躍できる場は駐車場周辺機器メーカーで、駐車場機器の製造から開発、販売に加えて施工を行っている業界です。多くの人が必要としている物に応えられるよう、駐車場の規模にこだわらず効率的なパーキングシステムも開発しています。

駐車場機器はハードだけでなく、駐車場の管理や運営を全面的にバックアップしているシステムも扱っているのが特徴的です。また精算情報や入出庫情報を自動集計します。

ハードウェアエンジニアに必要なスキル4選

ハードウェアエンジニアが活躍できる場11選|必要なスキル4選とは?
ハードウェアエンジニアは物作りの仕事を任されるため、機械や工作が好きな人には向いている業界です。既存の物を作るだけでなく、常に最新技術に興味がある人は資質があるでしょう。情報収集力に優れている人は、ハードウェア業界に必要です。

電子回路を設計する際には、論理的に物事を順序立てられる人や責任感が強い人が向いている傾向にあります。ここからは、ハードウェアエンジニアに必要なスキルを詳しく見ていきましょう。

ハードウェアエンジニアに必要なスキル1:論理的思考

ハードウェアエンジニアが活躍できる場11選|必要なスキル4選とは?
ハードウェアエンジニアには論理的思考力が必要で、多くの物事を順序立てて考えて相手にわかりやすく説明できるスキルです。論理的思考力を鍛えるには、まずは結論から話すようにしましょう。結論から先に話すことで、頭の中を一旦整理することができます。

結論を先に伝えるとゴールが明確になるため、次は結論に辿り着くまでの過程を説明しましょう。そして、なぜその結果になったかを深堀りしていくことが大切です。

ハードウェアエンジニアに必要なスキル2:完璧思考

ハードウェアエンジニアの業務は完璧を求められますが、完璧思考になると疲れてしまうでしょう。いつも完璧にこなせるわけではないため、まずは完成度のラインを自分ができそうなところまでに設定することが大切です。

完璧思考の人は100点満点にこだわりますが、ずっと完璧を求めていると疲れてしまいます。完璧にこだわって納期が遅れるとトラブルに発展するためにも、80点程度を目指すように心がけましょう。

ハードウェアエンジニアに必要なスキル3:電子回路の知識

ハードウェアエンジニアが活躍できる場11選|必要なスキル4選とは?
ハードウェアエンジニアは電気電子工学科出身の人がなる傾向にあるため、電子回路の知識が必要です。電子回路にはデジタルとアナログの2種類があり、アナログ回路よりデジタル回路を扱っている人が多いです。

最近では電子回路シミュレーターが安く手に入るため、パソコン上で回路を設計して電子回路を手軽に再現できます。電気電子系の大学や専門学校では、回路のシミュレータソフトを利用している場所が多いです。

ハードウェアエンジニアに必要なスキル4:粘り強さ

ハードウェアエンジニアは粘り強さが求められます。根気が強く頑張り屋という意味があるため、忍耐力や努力を続けられる人が多いでしょう。努力がコツコツできる人が多く、集中力を活かして目標に向かって努力を続けます。

また粘り強い人にはポジティブな人が多いため、失敗してもネガティブになることがあまりありません。失敗は成功の元と捉えている人が、常に挑戦を続け大きな成果を出します。

ハードウェアエンジニアについて知ろう

ハードウェアエンジニアが活躍できる場11選|必要なスキル4選とは?
ハードウェアエンジニアの最大の魅力は、自分が設計開発を手掛けた製品が使用されている点です。開発した製品で生活が豊かになったり、大勢の人が喜びを得ることで深いやりがいを感じます。

新製品の開発も面白みがありますが、既製品の改良に成功した際の喜びも大きいです。新しい知識や技術を取り入れる姿勢が大切で、加えて経験を活かすことで新しい物が生まれることに魅力を感じる人が多いでしょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related