Search

検索したいワードを入力してください

2019年08月10日

クラウドベンダーとは?クラウドベンダーの知っておきたいポイント3つ

最近「クラウドベンダー」と言う単語を耳にすることが多くなってきました。IT業界で使われることの多いクラウドベンダーとは、どのような意味でしょうか。クラウドシステムやクラウドベンダーについて知っておきたい知識を調べてみましょう。

クラウドベンダーとは?クラウドベンダーの知っておきたいポイント3つ

クラウドベンダーとは?

クラウドベンダーと言う言葉を知っていますか。IT用語として使われる言葉で、直訳すると「クラウド」が雲、「ベンダー」が企業と言う意味になります。

なぜクラウドと呼ぶようになったのかは定かではありませんが、ネットワーク図を雲で表すことが多かったことが関係していると言われています。クラウドベンダーの意味は、クラウド環境を構築して提供する企業のことです。

クラウドの主な機能

クラウドとはインターネットなどのネットワークを経由してユーザーにサービスを提供することです。クラウドサービスと呼ばれているものはサーバーやソフトウェアを購入しなくてもサービスを利用できます。

クラウドベンダーが用意したシステム構築を利用できるので、特別な知識が無くても安心して使うことができます。今まで面倒だったメンテナンスからも解放されて時間も節約できます。

クラウドベンダーの需要

クラウドサービスの需要は年々増えています。市場規模は2021年に3兆円を突破すると予測されています。これに伴ってクラウドベンダーの業績も上がっていくと考えられます。クラウドベンダーが提供するサービスはプロバイダごとに異なります。

自分の企業にとって最適なサービスを選べることが便利さに繋がっています。クラウドベンダーを利用する企業はこれからも増加していくでしょう。

クラウドベンダーの将来性

クラウドサービスの需要が高まるとクラウドベンダーは儲かります。クラウドベンダーを利用する人は今後も増え続け、将来性は明るいでしょう。パブリッククラウドとプライベートクラウドどちらも急成長をしています。

それによってクラウドベンダーも儲かり業績も上がっています。クラウドベンダー間では激しい競争が行われており、世界的な規模を誇るマイクロソフトやアマゾンが進出しています。国内ベンダーにとっては脅威でしょう。

クラウドベンダーの主要クラウドサービス3つ

クラウドサービスには代表的な種類がいくつかあります。これからクラウドサービスを導入する人は、用語について理解しておくとスムーズでしょう。主要のクラウドサービスについて調べてみましょう。

クラウドベンダーの主要クラウドサービス1:SaaS

SaaS(サース)はネットワークを経由してソフトウェアを提供するサービスです。GmailやヤフーニュースなどがSaaSになります。SaaSの大きな特徴はソフトウェアをインストールしなくてもサービスを利用できる事です。

必要な機能だけを選んで利用できるので、企業だけではなく個人も多く利用しています。クラウドベンダーはSaaSのサービス展開を多くすることで顧客を集め収益を上げています。

クラウドベンダーの主要クラウドサービス2:PaaS

PaaS(パース)はアプリケーションを実行するためのプラットフォームをネットワークを介してサービスを展開します。SaaSは個人で利用しやすいサービスですが、PaaSはシステム開発者向きのサービスと言えます。

クラウドベンダーのアマゾンはPaaSを基盤にしたサービスを展開しています。PaaS利用を検討する企業では、Microsoft Azureを選んでおり、二社の競争は過熱しそうです。

クラウドベンダーの主要クラウドサービス3:IaaS

IaaS(アイアス)は、情報システムの稼働に必要なコンピュータや通信回線の基盤をネットワーク経由で遠隔利用できるサービスです。今までハードウェアで起きていたトラブルを回避できるメリットがあります。

このサービスもクラウドベンダーはアマゾンが選ばれています。マイクロソフト社はユーザーの積極的な取り込みによって利用率を高めており、今後の展開が気になります。

クラウドベンダーの知っておきたいポイント3つ

クラウドベンダーを選ぶ時は、製品を比較して検討します。サービスを開始すると簡単に乗換えができないので製品選びは重要です。実際に使ってみてから後悔しないように、最低限のポイントは押さえておきましょう。

製品選びに重要なセキュリティ面と料金、オプション機能について調べてみましょう。

クラウドベンダーの知っておきたいポイント1:セキュリティ面の確実さ

大手のクラウドベンダーが提供するサービスの場合、セキュリティ面はある程度の安心感があります。クラウドサービスを展開している企業はとても多くあり、中小企業も参入しています。セキュリティ面はサービスによって差があるのが現実です。

利用料金だけを比較して選ぶと失敗するので、必ずセキュリティ面はチェックしましょう。最低でも通信データは暗号化するシステムで強固なユーザー認証やアクセス制御対策は必要です。

セキュリティを調べるにはホワイトペーパーを活用しよう

最近はWeb用語としてホワイトペーパーが使われています。これは商品を売り込むことを目的にした長所をアピールした内容で、企業のホームページなどに記載されています。多くのクラウドベンダーでもホワイトペーパーを公表しており、商品の特徴が記されています。

ホワイトペーパーにはセキュリティ面についても書かれていますから、商品を比較する時に役立ちます。気になるクラウドサービスが見つかったら調べてみましょう。

クラウドベンダーの知っておきたいポイント2:ランニングコストの試算

クラウドシステムを導入するとランニングコストがかかります。基本的にシステムの規模や利用人数によって変化しますが、あれもこれも導入すると予算オーバーになりがちです。クラウドシステムを導入する時は「初期費用」「運用に必要な人件費」「月額料金」が必ずかかります。

料金比較する時は、製品のトータルを考えて比較します。毎月必要になるランニングコストを計算して利用するベンダーを決定すると良いでしょう。

クラウドベンダーの知っておきたいポイント3:オプションサービスの確認

クラウドサービスには基本サービスのほかにオプションサービスがあります。オプションを加える事でより快適なサービスを利用できるようになり、企業に最適なシステムが完成します。オプションサービスはクラウドベンダーによって異なります。

追加で申し込みができるので、サービスを利用してからでも遅くないでしょう。満足度をアップするためにもオプションサービスが利用できるクラウドベンダーを選びましょう。

特徴的なクラウドベンダー企業7選

世界的に有名な企業の多くがクラウドサービスを展開しています。聞きなれた企業ばかりで安心できることから、大手企業を選ぶ利用者が多くなっています。大手企業ではどのようなクラウドサービスを展開しているのでしょうか。

これから導入を考えている人は、あらゆる角度から比較をして失敗のないように製品を選びましょう。7つのクラウドベンダーについて解説します。

特徴的なクラウドベンダー企業1:Google Cloud Platform

クラウドベンダーGoogleが提供するクラウドサービスです。Googleは数多くのサービスを展開し、ネット検索でも知られている大手企業です。AI機能や機械学習などのビッグデータを活用した分析サービスが特徴です。

世界最先端のサービスを展開しており、数千マイルの光ファイバーネットワークや先進的なSDNで安定した高速通信を実現しています。また、計画的なメンテナンスを実行しているので安定したサービスが受けられます。

特徴的なクラウドベンダー企業2:Amazon Web Service

世界的に人気が高いクラウドベンダーAmazonが提供するWeb Serviceです。Amazonのクラウドサービスは利用者が必要なサービスを選べることです。サービスを組み合わせて使う事でオリジナルのサービスが受けられます。

Amazon Web Serviceは、新たにアカウントを作成すると無料利用枠が提供されます。アカウント作成から1年間は、60製品以上を無料で試すことができます。

特徴的なクラウドベンダー企業3:Microsoft Azure

クラウドベンダーMicrosoftが提供するクラウドサービスは、無料で使用できます。ハイブリッドクラウドで好きな場所で開発ができ、デプロイを実行する事ができる特徴があります。

最先端の機能を搭載している事で政府機関も使用しています。他のプロバイダーに負けない包括的なコンプライアンス ポートフォリオを備えたプラットフォームを提供しています。セキュリティ重視で考えるならMicrosoftがおすすめです。

特徴的なクラウドベンダー企業4:IBM SoftLayer

クラウドベンダーIBMが提供するSoftLayerは、強力なベアメタルサーバーで、高負荷にも負けない安定したサービスを提供してくれます。すべてのクラウドサーバーには2.0 Ghz以上のコアが付属している特徴があります。

他社のクラウドベンダーと比較をすると、料金面で優遇している事がわかります。ネットワークでは他社は制限をかけていますが、IBMはスムーズな通信を実現しています。

特徴的なクラウドベンダー企業5:salesforce

株式会社セールスフォース・ドットコムは国内のクラウドベンダーです。この会社が提供するsalesforceは、クラウド型の営業支援と顧客管理システムです。効率的な営業活動をサポートして売り上げアップをサポートします。

salesforceは世界15万社以上が導入するクラウドサービスです。面倒だったあらゆる管理情報を一括して管理し社内で共有します。シンプルなサービスですが使いやすさが魅力です。

特徴的なクラウドベンダー企業6:DigitalOcean

低料金のサービスを展開するクラウドベンダーのDigitalOceanサービスです。DigitalOceanは低価格をウリにしたクラウドサービスです。現在は新規参入が多くなり、料金形態を変えましたが、他の企業と比べても激安料金でしょう。

高額料金プランも用意していますから、使う人の用途に合わせてプランを選べます。あまりコストをかけずにクラウドサービスを利用したい人におすすめです。

特徴的なクラウドベンダー企業7:Huawei

Huaweiが提供するクラウドサービスは、企業向けに開発されています。インフラストラクチャを自動的にセットする事で、さまざまなタイプのクラウドでITサービスを利用できます。

他社と同じようなサービスを展開していますが、国内で導入しているケースは少ないでしょう。主に中国や上海の企業で使われているサービスです。利用する時はセキュリティ面や企業の状況をよく確認すると良いでしょう。

クラウドベンダーについて理解を深めよう

クラウドベンダーについて理解する事ができました。コンピュータ社会になった事からクラウドサービスが注目されはじめ、今では多くの企業が導入をしています。これから導入を考えている企業も増え続けています。

クラウドサービスは、大手のクラウドベンダーから中小規模のベンダーまでサービス展開をしています。クラウドベンダーだけで比較せずに製品内容を良く理解して導入しましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related