Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月12日

ITエンジニアの中途採用を成功させるポイント9つ|成功に導く採用手法

ITエンジニアの中途採用を成功させるためにはさまざまな方法が存在しています。そのため、できるだけ多くの方法を身につけておくことで成功率を高めることができます。ここでは、ITエンジニアの中途採用を成功させるための情報を紹介しています。

ITエンジニアの中途採用を成功させるポイント9つ|成功に導く採用手法

ITエンジニアとは?

ITエンジニアとは、IT関係の仕事に欠かすことができない職種であり、さまざまな仕事内容に分けることができます。ITエンジニアというと理系に詳しい人が転職に成功しやすいイメージがありますが、文系の人材も応募している場合が多いです。

システムを管理することは仕事内容の一つで過ぎないため、常にパソコンに向き合っていればよいだけでなくコミュニケーションを行う必要があります。

ITエンジニアの将来性

ITは現在成長している職種であるため、将来性は非常に高い職種でもあります。そのため、転職先として選ぶことで転職に成功させることも可能です。しかし、誰でも採用されるわけではなく、さまざまなスキルや経歴がないと内定をもらえることが難しいです。

将来性が高いこともあり、人気が高い職種でもあるため、倍率が高くなっている職種でもあります。ITは生活する上で欠かせない存在でもあります。

ITエンジニアの中途採用を成功させるポイント9つ

ITエンジニアの人材を確保するためには中途採用を行うことが多いです。しかし、中途採用を実施したからといって多くの人材が集まる保証はなく、成功させるポイントを把握しておくことをおすすめします。

次に、ITエンジニアの中途採用を成功させるポイント9つを紹介します。そのため、質の良い人材を中途採用で確保したいと考えている企業は参考にしてください。質が良い人材であれば長期間雇用することができます。

ITエンジニアの中途採用を成功させるポイント1:仕事内容を具体的に提示する

ITエンジニアの中途採用を成功させるためには、仕事内容を具体的に提示することをおすすめします。上記でも紹介しましたが、ITエンジニアといってもさまざまな職種に分けることができ、仕事内容もそれぞれ異なります。

そのため、仕事内容を明確にしておかないと求人者が求めているITエンジニアとしての仕事内容ではないこともあり、トラブルにもなりやすいです。また、求人者が働いている姿を想像できない場合もあります。

ITエンジニアの中途採用を成功させるポイント2:キャリアパスを明確にする

ITエンジニアの中途採用を成功させつためにはキャリアパスを明確にすることをおすすめします。キャリアパスを明確にすることでキャリアがある人材を集めることができます。キャリアを活かしてくれる企業であれば経験がある人も応募する割合が高いです。

また、キャリアパスを明確にしたことで経験者が多く応募してくれるようになり、即戦力になる人材を確保することもできます。

ITエンジニアの中途採用を成功させるポイント3:ITエンジニアが多く集まる場所で募集をかける

ITエンジニアが集まる場所で求人を応募することも中途採用を成功させるポイントです。中途採用であるため、専門学校などで説明会を行うのではなく、IT関係の求人を扱っている転職サイトで応募する方が効率が良いです。

IT関係に特化した転職サイトであれば、ITエンジニアの人材も閲覧してくれる可能性が高く、中途採用を成功させることも可能です。

ITエンジニアの中途採用を成功させるポイント4:入社意向を高める面接対策

応募してくれた求人者に対して面接を行うことは一般的ですが、入社意向が高い人材を採用することが中途採用を成功させる鍵でもあります。また、入社意向が高まるような面接対策を行うことも必要です。

そのため、あまり重い雰囲気の面接会場にするのではなく、できるだけリラックスできる空間を作るように心がけましょう。リラックスできる空間を表現することで求人者もリラックスすることができ、本心を聞くことも可能です。

ITエンジニアの中途採用を成功させるポイント5:ペルソナ設定

ITエンジニアの中途採用を行う場合はペルソナ設定を行うことで成功確率を高めることができます。ペルソナ設定とは顧客像を決めることであり、中途採用の場合はどのような人材を求めているかを明確に決めることを示しています。

例えば、ITエンジニアとしての経験や資格があることはもちろんですが、コミュニケーション能力に優れていることを設定しておくことで企業が求めている人材を確保することが可能です。

ITエンジニアの中途採用を成功させるポイント6:条件の緩和

雇用条件を厳しくしすぎるとかえって応募者の数を減らしてしまう原因になるので、条件を緩和することも必要です。しかし、緩和しすぎてしまうと理想の人材とはかけ離れている人材が多く応募してきてしまうため、中途採用を成功させることはできません。

条件を緩和する具合は慎重に設定する必要があり、厳しすぎず緩めすぎないようにすることが必要です。応募数が増えない場合は条件を緩和することを念頭に置きましょう。

ITエンジニアの中途採用を成功させるポイント7:「育成枠」の採用促進

育成枠の採用促進をすることも中途採用を成功させるために重要なことです。育成枠を設定することでITエンジニアとしてのスキルが未熟な人材でも気軽に応募することができます。入社してもスキルを向上させることができるため、求人者にとってもメリットになりやすいです。

中途採用で育成枠の採用を行う際には20代から30代の人材を採用することをおすすめします。若ければ将来性があるため、育成枠としておすすめです。

ITエンジニアの中途採用を成功させるポイント8:内定辞退を防ぐためのフォロー

ITエンジニアの中途採用を成功させるためには、内定辞退をいかに少なくするかが重要になります。内定辞退とは言葉でわかるように企業側が内定をしたにも関わらず、求人者が入社することを辞退することであり、企業側からすると人材が確保できない状況です。

優秀な人材を辞退させてしまっては企業にとっては痛手になることもあり、いかに内定辞退を防ぐかが大切で、魅力的な企業であることをアピールしましょう。

ITエンジニアの中途採用を成功させるポイント9:働きやすさの強化

ITエンジニアに限った話ではありませんが、中途採用を成功させるためには働きやすさを強化することが大切です。最近の求人者は働きやすい企業に転職したい希望が強いため、いかに条件が良くても労働環境が悪いのであれば内定を辞退することも珍しいことではありません。

働きやすさを強化するためには、実際の仕事環境を見たり、従業員の声を聞くことも大切になります。

ITエンジニアの中途採用手法4つ

ITエンジニアを中途採用で応募する場合はさまざまな方法を行うことができます。中途採用の手法の方法によって集まる人材の数や特徴も異なるため、ITエンジニアを中途採用する場合は自社に適した手法を選ぶことで成功確率を高めることができます。

次に、ITエンジニアの中途採用の手法を4つ紹介します。中途採用で人材を確保する場合に参考にしてください。

ITエンジニアの中途採用手法1:転職情報サイト

ITエンジニアの中途採用方法で最も主流であるのが転職情報サイトを利用することです。転職サイトにもそれぞれ特徴があるため、IT関係の求人を多く取り扱っている転職サイトを利用すれば成功率を高めることもできます。

複数の転職サイトに登録することでより多くの求人者に閲覧してもらうことができ、中途採用を成功させることも可能です。手軽に登録できる場合が多く、さまざまな職種の企業も利用している方法でもあります。

ITエンジニアの中途採用手法2:人材紹介

人材紹介を利用することでも優秀なITエンジニアの人材を確保することができます。また、中途採用でも多くの人材が応募してくれる方法でもあるため、効果的な方法でもあります。人材紹介を利用することで企業側が求人者を得ることができ、人材を確保するまでの時間や費用を削減することも可能です。

そのため、できるだけ人材確保に費用をかけたくない企業におすすめの方法です。

ITエンジニアの中途採用手法3:ハローワーク

ハローワークは幅広い求人者が閲覧する特徴があるため、幅広い年代のITエンジニアの人材を確保したいときにおすすめです。また、転職サイトではなくハローワークを利用している求人者も多くいるため、より多くの求人者に求人情報を閲覧してもらうことができます。

ハローワークと上記で紹介した転職サイトを併用することでさらに多くの求人者に閲覧してもらうことができ、中途採用を成功させることも可能です。

ITエンジニアの中途採用手法4:縁故採用(リファラル採用)

ITエンジニアの人材を確保するためには縁故採用をすることも可能です。縁故採用とは、血縁者を応募者の中に含ませ、ほぼ確実に内定を下す採用方法のことです。そのため、採用試験などを削減することができ、手軽の人材を確保することができます。

しかし、周囲からの目が激しくなる傾向があり、人間関係に気をつける必要があります。メリットがある採用方法でありますが、同時にデメリットも多くあるため、気をつけましょう。

ITエンジニアの中途採用におすすめの求人サイト5選

ITエンジニアの中途採用におすすめの求人サイトを利用すればよい人材を確保することができ、成功させることも可能です。しかし、求人サイトは数多くサービスを行っているため、利用する求人サイトを選ばないといけません。

次に、ITエンジニアの中途採用におすすめの求人サイト5選を紹介します。そのため、成功率が高まる求人サイトを知りたい場合は参考にしてください。

ITエンジニアの中途採用におすすめの求人サイト1:転職ドラフト

転職ドラフトは一般的な求人サイトとは大きな違いがあり、求人者が企業で選ぶのではなく企業側が求人者を選びます。また、競争入札する方法で人材を確保することで、求人者は入社する前に年収を把握することができます。

また、実際の市場価値を知ることができるメリットがあります。企業側も年収をその場で決めることができ、より慎重に人材を選ぶことができます。洞察力や分析能力が必要になります。

ITエンジニアの中途採用におすすめの求人サイト2:scouty

scoutyはヘッドハンティングのような方式で人材を確保することができる求人サイトです。そのため、求めている人材がいればコンタクトをとることができ、採用することもできます。

ITエンジニアの中途採用におすすめの求人サイト3:Forkwell

Forkwellはエンジニアに特化した求人サイトであるため、ITエンジニアになりたい人が多く登録しています。そのため、理想の人材を確保することができます。また、エンジニアのことをより理解している求人サイトであるため、求人者側の使いやすさが向上しています。

ITエンジニアのプロフィールを可視化していることで一目でどのようなスキルがついている人材かを認識することができます。

ITエンジニアの中途採用におすすめの求人サイト4:@type

@typeはさまざまな分類で求人を紹介している求人サイトです。中でも女性の求人者に特化したサイトもあり、多くの女性の求人者が登録している特徴があります。そのため、女性のITエンジニアを探している企業は登録することをおすすめします。

ITエンジニアの中途採用におすすめの求人サイト5:イーキャリア

イーキャリアはソフトバンクが運営している求人サイトであるため、安心して登録することができます。企業側から気になる人材がいればコンタクトをとれるスカウト機能が利用可能です。優良な人材が多く登録している求人サイトでもあるため、優秀な人材を確保することも可能です。

ITエンジニアの中途採用を成功させよう!

ITエンジニアの中途採用を成功させることで企業にとって有益になります。しかし、正しい知識を身につけていないと成功しないこともあります。そのため、中途採用をどのようにすれば成功させれるかを把握することをおすすめします。

中途採用を成功させるポイントを把握し、より優秀な人材を確保しましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related