Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月19日

ゼネコンとサブコンの役割や仕事についての豆知識12|建築業界を知る本

ゼネコンは建物を建てるときに、作業全体を管理するのが仕事になります。現場で直接仕事をする下請け業者や職人のことをサブコンと呼びます。ゼネコンとサブコンが協力し、大きなプロジェクトを完成させることができます。これから、ゼネコンとサブコンについて解説していきます。

ゼネコンとサブコンの役割や仕事についての豆知識12|建築業界を知る本

ゼネコンとサブコンの違い

新聞やニュースでよく耳にするゼネコン、サブコンとはどういう意味でしょうか。

日常で使う言葉ではないようですが、他の人には聞きずらいとお悩みの人やゼネコンとサブコンについて詳しく知りたい人に、ゼネコンとサブコンの意味や違いについて次に説明していきましょう。

ゼネコンの意味

ゼネコンとは、マンションやビル、施設などの建物を建てる総合建設業社のことを言います。

ゼネコンは、自社ですべての仕事を行うわけではなく、現場の安全や不動産の建築工程、全体の原価、建物の品質などの施工を管理するのが主な役割になります。施工するときは、一つの業者だけではなく複数の業者が請け負っているので、業者の管理も行います。

サブコンの意味

サブコンとは、建築に関わる設備を各々専門に請け負う下請け業者のことを言い、専門的な知識や技術が必要とされます。

サブコンが担当する仕事は、電気を使う設備、空調機やダクト、水回り、消防や防災などの設備工事を行います。

建築物を完成させるには、たくさんのサブコンの技術がいることになるので、設備を施工するのは、ゼネコンの監督くらいの知識や経験が必要になる難しい仕事と言えるでしょう。

ゼネコンとサブコンの役割や仕事の豆知識12

建物の建築工事は、ゼネコンが工事を全部請け負い、サブコンに電気設備、空調設備、衛生設備に割り振って工事を発注します。

ゼネコンとサブコンが一体となって大きなプロジェクトが完成します。ゼネコンは工事について詳しい知識を持つことが大切になります。

建築について知りたい、就職するために調べておきたいと考えている人のために、知っておいたほうが得をする豆知識を紹介していきましょう。参考にして下さい。

ゼネコンとサブコンの豆知識1:ゼネコンはサブコンよりも規模が大きい

ゼネコンは、元請業者として建築全体の作業を管理を行い、サブコンの仕事は工事の下請け業になります。

工事がいつ始まって工程がいつ終わるのか、次の作業は何か把握するのがゼネコンの仕事です。ゼネコンは建物をたてたいお客様から、工事を請け負って下請け業者もまとめます。

下請け業者や職人に対応するために、図面なども理解しなければなりません。総合的に建築に関することを知っていないとゼネコンは成り立ちません。

ゼネコンとサブコンの豆知識2:ゼネコンの入札とは?

ゼネコンの入札とは請負工事を受注するとき、複数の工事会社が見積もり価格を提示し合い、発注者がどの業者にするか決める方法のことです。

公共施設や公用設備などの工事は、入札の制度を取り入れています。公共工事を行うときは、入札をして落札することが必要です。営業などに時間や人件費を使用できないサブコンの会社が、工事を新規で行うこととしても利用されています。

ゼネコンとサブコンの豆知識3:ゼネコンは元請業者

ゼネコンの仕事は建築の総合的な作業を請け負い、元請業者として工事を管理することです。

建築で実際に工事をしていくのは、サブコンの下請け会社と職人になります。建物を建てていくときは、サブコンである企業が多くの作業を分担して行っていきます。

そして、安全、工程、原価、品質の管理をするのがゼネコンの主な仕事になります。管理をきちんとされていないと建築業の会社のリーダーの役割を負えなくなるでしょう。

ゼネコンとサブコンの豆知識4:サブコンは下請会社

サブコンはゼネコンの下請けになり、土木、建築工事などを請け負う建設業者のことです。

サブコンの仕事は、ゼネコンから請け負った電気設備、空調設備、衛生設備の区分で工事を行うことです。そして、現場で色々な作業をする業者や職人のこともサブコンと言います。

発注されたサブコンは工事、図面、納まり検討などを建築側と相談しながら、作業していきます。建築業に関係している専門的な業者と言えるでしょう。

ゼネコンとサブコンの豆知識5:ゼネコンは全体の安全管理をする

安全管理はゼネコンの大切な仕事になります。工事をしていると高い所から落下したり、重い物が落下してくるので、危険な工事現場で職人が怪我をしないように気を配ったり、注意することが大事です。

ゼネコンは工事現場で安全を第一に考えて、危険なことをしている人に注意し、下請け業者が安全に働けるように、建築現場の確保や労働時間の管理をします。建築物を建てるために多くのサブコンが協力して作業を進めています。

ゼネコンとサブコンの豆知識6:ゼネコンは全体の原価管理をする

建築工事の途中で図面が変更されることはあまりありませんが、計画が変わる場合があります。資材の種類の変更や職人の補充などの人件費の管理もしなければなりません。

ゼネコンは、資材の費用や人件費などの建築に関わる全体の原価の管理をしていきます。決められた予算内で資材費用や人件費など、建築に関する原価を調整していくのも大切な仕事と言えるでしょう。

ゼネコンとサブコンの豆知識7:ゼネコンは建設工程を管理する

ゼネコンの仕事で、一番難しいと言われる仕事は建築工程になります。複数の業者の進み具合を管理して、遅れていないか確認することも大事な仕事になります。

建物を建築していくには土台作りからコンクリートの注入、鉄筋の枠組みなどの段階があります。サブコンの一つの会社が行うのではなく、複数の企業が請け負っているためそれぞれの進行を確認して、建設が予定どおりに進んでいるのか見ていくのもゼネコンの仕事になるでしょう。

ゼネコンとサブコンの豆知識8:ゼネコンは品質管理をする

ゼネコンは図面どおりに進んでいるのか、細かく記載されている所まで管理しています。

建物を建築するとき、青図という詳しい図面を利用します。青図は細かいところまで書かれており、各部材や資材メーカーも決められています。品質管理をきちんとされているか、細かいところまで確認をして管理を行っていくことがゼネコンの仕事になります。

ゼネコンとサブコンの豆知識9:ゼネコンは技術研究もする

ゼネコンには見積もりを取るときの設計や施工の知識、経験も必要になります。そして、建築物の品質の向上、施工コストを減らすことや新しい技術を研究していくことも大事です。

建築業ではコンクリートという部材に関しての研究をしています。基礎になる技術研究が向上していなけれは、日本の建築の技術は発達していかなかったでしょう。ゼネコンは設計、施工、研究の3つの部門が協力して成り立つ総合建築業者と言えます。

ゼネコンとサブコンの豆知識10:サブコンは設備を担当することが多い

サブコンは、一般的に設備を工事する企業のことを言います。電気や管の工事を行います。

建築物には、照明や機械の動力を扱うため電気が欠かせないものでしょう。建設作業を行うとき、防災設備としても必ず電気の設備工事は必要になります。受変電設備、自家発電設備、太陽光発電設備、照明設備や映像、音響設備を行うのはサブコンの仕事です。

ゼネコンとサブコンの豆知識11:サブコンが担当する杭工事について

杭工事は建物を建てるときに、最初に行う基礎工事になります。固い所に建物を固定するために杭を打ち込みます。

建物を建てるときに地盤がやわらかいとなかなか固定できません。建物が完成すると、見えなくなるところですが重要性がある仕事です。建築物は杭工事を行ってるからこそ、地震や台風にあっても崩れずに、耐えられるように作られています。

ゼネコンとサブコンの豆知識12:スーパーゼネコンとは?

ゼネコンの中で大手の企業を、スーパーゼネコンと言います。日本でスーパーゼネコンは5社あり、いずれの会社も創業100年以上の歴史があります。

スーパーゼネンコンは大林組、清水建設、鹿島建設、竹内工務店、大成建設になり、売上1兆円を超えているのが条件です。建築の売り上げ比率が70パーセント超えているとされており、日本だけではなく海外の施工実績があるのが特徴だと言えます。

ゼネコンとサブコンの関係や建築業界について知るための本5冊

サブコンとゼネコンについて、仕事の内容や特徴、関係性などを詳しく説明している本を5冊紹介していきます。

建設業界について知りたい人や、現在就職している仕事なので調べておきたい、建築の仕事を探している人などに、知っていると得をする情報を記していきます。参考にして下さい。

ゼネコンとサブコンを知るための本1:建設業界のしくみ

建設業界のしくみは、ゼネコンから工務店まで仕事の内容や建築業界の構造などを記しています。

建築業の設計、施行という仕事や関連法令、耐震偽装問題、談合などの問題やこれからの展開などを、図と文章で記されています。判りやすく書かれているので、おすすめします。

業界のことを全く知らなかったので、役に立ちました。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1AYD1TC0IFF... |

ゼネコンとサブコンを知るための本2:図解入門業界研究 最新建設業界の動向とカラクリがよ~くわかる本

図解入門業界研究、最新建設業界の動向とカラクリがよ~くわかる本は、建築業の仕組みと役割が判りやすく豊富な資料と図版で表しています。

業界の問題点と将来展望や技術向上や技術水準などを詳しく解説しています。建築業について知識を得たいと考えている人や、得をする内容が知りたい人におすすめです。

これからは、企画から管理・運営まで利用者の立場に立った価値の高い「建築サービス」を提供することが重要になってくるということだ。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R363NG4T6SPL... |

ゼネコンとサブコンを知るための本3:ゼネコンバブル超え—週刊東洋経済eビジネス新書No.189

ゼネコンバブル超えー週刊東洋経済eビジネス新書No.189は、大林組、鹿島、清水建設、大成建設のスーパーゼネコン4社のインタビューした内容が書かれています。

週刊東洋経済、2016年7月30日に掲載された20ページ分を電子化しました。変化していくゼネコンの環境から、今の業界を探っていきます。スーパーゼネコンから見た建設業の内容になるので、建設業界について詳しく知りたい人や、建築業の仕事に就きたい人に向いています。

景気がいい一方で、これからのゼネコンの将来についても書かれています。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R58WS5MUOQIB... |

ゼネコンとサブコンを知るための本4:清水建設リーディング・カンパニー シリーズ

清水建設リーディング・カンパニーシリーズは、清水建設の宮本社長の幼い頃や、入社したばかりのときの思い出を取材してまとめられています。

グループ全体像、組織図、役員の経歴、業績、商品一覧、採用情報など企業データが付加されていて、清水建設の過去から未来まで説明されています。企業や業者を知りつくした専門家2名の記事も載っており、建設業に就職したい人や、現在建設の仕事をしている人におすすめします。

意識高い勢は企業研究でこの本を手にするかもしれません。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R3S8U1E6GYMQ... |

ゼネコンとサブコンを知るための本5:鉄の骨

鉄の骨は、吉川英治文学新人賞を取った人間ドラマです。中堅ゼネコン、一松組の豊島平太が転勤になった先は大口公共事業の受注部署でした。

技術力を武器にして入札しようとする平太に、談合の壁が立ちふさがります。組織の言いなりになったほうがいいか、正義をつらぬけるか展開が見どころです。物語として描かれているので、ゼネコンとサブコンについて理解しやすいでしょう。

ゼネコンによる談合を題材にした長編小説だが、読み始めると引き込まれるように楽しんで読めた。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R2755KC7M50J... |

ゼネコンとサブコンの役割を理解しよう!

ゼネコンは建築の全体の作業を請け負い、建設工事を管理することです。サブコンは、下請け業者と職人のことを言い、専門的な知識と経験を必要とします。

建物を建設するときは、ゼネコンが安全や工程、原価などを管理していき、サブコンが下請けとして作業を分担して進めていきます。大きなプロジェクトを成功させるためには、ゼネコンとサブコンが協力し合うことが大切なことだと言えます。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related