Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月23日

アプリケーションマネージャーとは一体何?|使い方3つのフロー

アプリケーションマネージャーとは一体何なのでしょうか。今回は、アプリケーションマネージャーの使い方や3つのフローについてご紹介していきます。アプリケーションマネージャーが必要な理由やオススメアプリケーションマネージャーもあわせてご紹介していきます。

アプリケーションマネージャーとは一体何?|使い方3つのフロー

アプリケーションマネージャーとは

スマホユーザーは年々増加し、スマホは多くの人の日常生活に欠かせないツールとなりました。ガラケーには備わっていない機能があるスマホは1台で多くの役割を担います。しかし、ビジネスシーンから遊びまで役立つスマホには大きな負荷がかかっていても不思議ではありません。

そんな時に効果を発揮するのが、今回ご紹介するアプリケーションマネージャーです。スマホを管理するための便利な機能がたくさん詰まっています。

スマホの進化に伴い必須のアプリ

アプリケーションマネージャーは、スマホが進化する上で欠かせない必須のアプリだといえるでしょう。アプリケーションマネージャーはキャッシュや使っていないアプリなどの不要なファイルを管理してくれます。

スマホの動作が重くて困っているという方は、アプリケーションマネージャーをインストールすることで動作が軽くなるのがわかるでしょう。日々、進化していくスマホにとってアプリケーションマネージャーは必要不可欠です。

アプリケーションマネージャーが必要な二つの理由

ここからは、アプリケーションマネージャーが必要な二つの理由をご紹介していきます。スマホの通信データ量を管理したり、無駄な電池の消耗を抑えるためにアプリケーションマネージャーは欠かせません。

スマホや便利なアプリによって私たちの生活はとても便利になりましたが、スマホの動作が重くなったり通信制限がかかることによって快適に使用できなくなります。また、電池の消耗にも気をつけないといけません。

アプリケーションマネージャーが必要な理由1:通信データ量を管理するため

アプリケーションマネージャーが必要な理由1つめは、通信データ量を管理するためです。通信データ量は、スマホでネットの記事を読んだり画像を閲覧するなどの他に、LINEでの連絡もそこまで通信データ量を消費しません。

多くの場合、インスタグラムなどのSNSの利用やYouTubeなどの動画閲覧によって消費してしまいます。そんな通信データ量の管理を行えるのがアプリケーションマネージャーです。

アプリケーションマネージャーが必要な理由2:無駄な電池の消耗を抑えるため

アプリケーションマネージャーが必要な理由2つめは、無駄な電池の消耗を抑えるためです。スマホの電池がすぐに減ってしまって困っているという方は多いです。電池は充電を繰り返すことによって劣化していきます。

そのため、長く使っていると電池の持ちは悪くなっていきます。アプリケーションマネージャーをインストールすることで、無駄な電池の消耗を抑えることもできます。

アプリケーションマネージャーの使い方3つのフロー

アプリケーションマネージャーの重要性がわかったところで、ここからはアプリケーションマネージャーの3つのフローを紹介していきます。設定やデータ使用量の他に、バックグラウンドの制限について解説します。

スマホには多くの機能が搭載されているため、普段利用している上では気づかないところでシステムが動いていることがあります。必要がないシステムが動いている場合は停止するべきです。

アプリケーションマネージャーの使い方フロー1:設定

アプリケーションマネージャーの使い方フロー1つめは、設定です。アプリケーションマネージャーをインストール・ダウンロードしたら許可をオンにする設定が必要な場合があります。これでアプリケーションマネージャーを使ってスマホを効率的に使うことができます。

アプリケーションマネージャーの使い方フロー2:データ使用量

アプリケーションマネージャーの使い方フロー2つめは、データ使用量です。アプリケーションマネージャーを使用するとスマホのデータ使用料を管理できます。

例えば、どのアプリをどれだけ使用しているのかを把握することができます。データ使用量を把握することでスマホの使い方をどう使っていくかの目安となります。

アプリケーションマネージャーの使い方フロー3:バックグラウンドを制限する

アプリケーションマネージャーの使い方フロー3つめは、バックグラウンドを制限することです。スマホアプリは画面が表示されていなくても、位置情報の取得や、電波を探したりとバックグラウンドで自動的に通信を行っていることがあります。

アプリケーションマネージャーを使うことで電池の放電を防ぎ、消費電力を最適化することにもつながります。

アプリケーションマネージャーの停止の9つのフロー

アプリケーションマネージャーの役割がわかったところで、ここからはアプリケーションマネージャーの停止の9つのフローをご紹介していきます。

設定やアプリ、アプリケーションマネージャーなどの他にストレージデータ削除・キャッシュ削除についても解説していきます。データ使用やアクセス許可、システムの書き込み許可を全てOFFにすることも可能です。また、通知の方法も設定することができます。

アプリケーションマネージャーの停止フロー1:設定

アプリケーションマネージャーの停止フロー1つめは、設定です。バックグラウンドで動いている通信は電池を浪費している可能性があることがわかりましたが、アプリケーションマネージャーの設定によって必要のないものは止めてしまうことができます。

Bluetooth (ブルートゥース) ・Wi-Fi (無線LAN)・GPS(全地球測位システム)などは必要に応じて停止しましょう。

アプリケーションマネージャーの停止フロー2:アプリ

アプリケーションマネージャーの停止フロー2つめは、アプリです。無駄にバッテリーを消費しているアプリがないかをチェックすることも大切です。アプリケーションマネージャーで、それぞれのアプリが最も効率良く電池を使用できるように設定するといいでしょう。

アプリケーションマネージャーの停止フロー3:アプリケーションマネージャー

アプリケーションマネージャーの停止フロー3つめは、アプリケーションマネージャーです。インストールしたアプリケーションマネージャーを停止する方法も確認しておきましょう。

新しいアプリケーションマネージャーに切り替える際は、アンインストールすることで古いアプリケーションマネージャーがスマホにアクセスすることができなくなります。

アプリケーションマネージャーの停止フロー4:ストレージ

アプリケーションマネージャーの停止フロー4つめは、ストレージです。スマホのストレージの容量はすぐに埋まってしまいます。アプリケーションマネージャーでストレージの容量を解放することによって、より多くのアプリなどをダウンロードできるようになります。

アプリケーションマネージャーはストレージやメモリを使用しているアプリなどを確認してスマホから削除することができる便利なツールです。

アプリケーションマネージャーの停止フロー5:データ削除・キャッシュ削除

アプリケーションマネージャーの停止フロー5つめは、データ削除・キャッシュ削除です。データやキャッシュとはスマホでアプリなどを使用している時に溜めておくことで、次にアクセスする際に読み込みが不要になるというシステムです。

早くアクセスできるというメリットがありますが、スマホの中にデータやキャッシュが蓄積するとスマホの動作は遅くなるといわれています。

アプリケーションマネージャーの停止フロー6:データ使用全てOFF

アプリケーションマネージャーの停止フロー6つめは、データ使用を全てOFFにすることです。これは、モバイルデータ使用にも関連します。

モバイルデータ通信スイッチをオフにすると、セルラー回線を経由してのデータ通信ができなくなります。また、Wi-Fi回線もオフにすることでネットに接続できなくなります。スマホを使わない時はデータ使用を全てOFFにすることでスマホの負担を軽減することができます。

アプリケーションマネージャーの停止フロー7:許可全てOFF

アプリケーションマネージャーの停止フロー7つめは、許可を全てOFFにすることです。許可をすべてOFFにすると、インストールしたアプリに情報を与えないことになります。

許可とは、インストール済のアプリがスマホのどのような情報にアクセスできるかを意味しています。例えば、カメラやマイクなどの他に位置情報などが上げられます。 初回は、アプリストアからアプリをインストールするときなどに通知されます。

アプリケーションマネージャーの停止フロー8:通知→重要度→レベルを最低

アプリケーションマネージャーの停止フロー8つめは、通知の重要度のレベルを最低にするということです。これによって、消費を防ぐことにつながります。

例えばマナーモードにすると通知音は鳴りませんが、サイレントモードにすることで通知音もマナーモードも作動しません。また、画面通知もロック画面・通知センター・バナーなど通知のレベルを下げることによって消費を抑えることにつながります。

アプリケーションマネージャーの停止フロー9:システムの書き込み→システムの書き込み許可OFF

アプリケーションマネージャーの停止フロー9つめは、システムの書き込み許可をOFFにするということです。

インストールしたアプリが怪しいアプリだった場合、システムの書き込み許可がオンになっていると安全性が低いといえます。バグの多いアプリだった場合はデータが削除されてしまうことがあります。

オススメのアプリケーションマネージャー3選

ここからは、オススメのアプリケーションマネージャー3選をご紹介していきます。スマホを効率化させるためにはデータの管理が重要であり、スマホでデータを管理するならアプリケーションマネージャーが欠かせません。

こちらでは「AppMgr II」「File Explorer」「スマートマネージャー」の3つのアプリケーションマネージャーをご紹介します。

オススメアプリケーションマネージャー1:AppMgr II

オススメアプリケーションマネージャー1つめは「AppMgr II」です。多くのアプリケーションをインストールできるように内部ストレージと外部ストレージの両方にアプリを移動することができます。

また、アプリケーションの非表示も可能です。その他にもさまざまなアプリケーションを管理することができます。

オススメアプリケーションマネージャー2:File Explorer

オススメアプリケーションマネージャー2つめは「File Explorer」です。2014年にサービスが開始されてから、ダウンロード数は5億を超えるともいわれています。シンプルな構成がポイントで、ユーザーは自分のスマホのシステムを調べてデータを管理することができます。

オススメアプリケーションマネージャー3:スマートマネージャー

オススメアプリケーションマネージャー3つめは「スマートマネージャー」です。スマホの電池の消耗を抑えることで、他のアプリやデータを効率的に管理することができます。スマートマネージャーアプリを使用すれば、消費電力やストレージの最適化を簡単に行えます。

アプリケーションマネージャーを使いこなそう

アプリケーションマネージャーにはさまざまな種類があります。そのため、フローもアプリによって変わりますが、どれも同じように効率的にデータ管理が行えます。

適切にスマホを管理しないと、スマホ全体のパフォーマンスが落ちる原因にもなってしまいます。この機会に、アプリケーションマネージャーを使ってスマホを管理してみてはいかがでしょうか。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related