Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月18日

機械学習エンジニアとは?必要なスキル5つ|機械学習エンジニアの求人状況

機械学習エンジニアとは今後もっとも期待されているAI関連の職業です。今回は、高度な知識を必要とする機械学習エンジニアについて、必要なスキル5つと機械学習エンジニアの求人状況などについてご紹介していきます。データサイエンティストとの違いなどにも言及していきます。

機械学習エンジニアとは?必要なスキル5つ|機械学習エンジニアの求人状況

機械学習エンジニアを目指そう

機械学習エンジニアとは?必要なスキル5つ|機械学習エンジニアの求人状況
今、もっとも注目されている機械学習エンジニアを目指して学習に取り組んでいきましょう。

機械学習プロジェクトの中心的な存在ともいえる人材・機械学習エンジニアが求められてます。機械学習エンジニアとは、プロジェクト全体を率いてシステムや下部構造の展開またはプロジェクトのオペレーションの統括などを行う仕事です。

データーサイエンティストが抽出したデータに対して、必要なコーディング作業を行っていきます。

希少性の高い職種

機械学習エンジニアとは?必要なスキル5つ|機械学習エンジニアの求人状況
日本ではあまり知られていない機械学習エンジニアですが、海外では「Machine Learning Engineer」として盤石な地位を築いています。アメリカでの機械学習エンジニアの平均年収は1千万円以上です。

機械学習エンジニアが世界中で求められている希少性の高い職種であることがわかります。

機械学習エンジニアの仕事

機械学習エンジニアとは?必要なスキル5つ|機械学習エンジニアの求人状況
機械学習エンジニアの仕事はAI開発や機械学習関連プロジェクトの統括役です。

機械学習エンジニアの業務にはプロジェクト全体の進捗管理があります。

また、プロジェクトマネージャーとしてのスキルも求められます。機械学習エンジニアの仕事にはAI・ビッグデータ・ディープラーニングの技術でアルゴリズムを作成して行うサービス開発なども含まれています。AI開発の装監督として、機械学習エンジニアの需要が叫ばれています。

機械学習とは

機械学習とはコンピュータに命令とデータを与えて、機械の知能を向上させていく分野を示す言葉です。

蓄積された膨大な量のビックデータから、必要なものだけを瞬時に引き出せるようにする方法を研究する分野を指して機械学習と呼んでいます。機械学習では、学習能力を与えられたコンピューターが、自身で向上していくことが求められています。

機械学習とAIとの違い

機械学習とAIとの違いは、AI・人工知能が人間の知能と同じ特徴を持つマシンであり、機械学習はAIを実現するための手段の1つであるということです。

機械学習には教師あり学習・教師なし学習・強化学習の3種類があります。それぞれの機械学習には特徴があり、実現したい人工知能の種類に応じて使い分けられています。

データサイエンティストとの違い

機械学習とデータサイエンティストとの違いは、データサイエンティストがデータ収集・データセットの前処理・データ分析と予測モデルの構築などを行い、機械学習エンジニアがその総括やコーディングをしてユーザーに届けています。

データサイエンティストはデータ解析のプロフェッショナルです。情報科学・統計学・アルゴリズムなどを用いてデータを応用して、新たな科学的および社会に有益な知見を引き出す働きをしています。

機械学習エンジニアの将来性

機械学習エンジニアとは?必要なスキル5つ|機械学習エンジニアの求人状況
機械学習エンジニアの将来性が、AIの台頭によりにわかに高まっています。

機械学習エンジニアの定義や職業としての立場は、日本ではいまだ曖昧な部分があります。仕事内容も、技術的な分野からプレイングマネージャーとしての営業の範囲まで多岐に渡っています。

機械学習エンジニアは最先端の職業なので、たいへん高度なスキルが必要です。そのため、一度身に付ければ生涯に渡って利用し続けることができると期待されています。

機械学習エンジニアに必要なスキル5つ

機械学習エンジニアとは?必要なスキル5つ|機械学習エンジニアの求人状況
機械学習エンジニアに必要なスキル5つをご紹介していきます。

機械学習エンジニアとして仕事をするには、さまざまなスキルが必要になります。機械学習エンジニアのスキルには大きく分けて、ITエンジニアのスキル・基盤系エンジニアのスキル・統計解析などのアルゴリズムについての理解などのスキルがあります。

機械学習エンジニアとして必要なこれらの知識について、詳細を見ていきましょう。

機械学習エンジニアに必要なスキル1:ITエンジニアのスキル

機械学習エンジニアとは?必要なスキル5つ|機械学習エンジニアの求人状況
機械学習エンジニアには、ビックデータを解析するための適切なデータベース構築ができる、ITエンジニアとしてのスキルが必須です。

また、AI用のプラグラミング言語ができることも基本です。データベースからネットワークまで含めたいろいろなインフラの知識や、データ構造の正確性を確かめるたの判断能力スキルなども必要です。

プログラム言語

プログラミング言語とは、コンピュータに何をどう処理するのか指示するための言語で、機械学習エンジニアには必須のスキルです。

データベース本体である、プログラムを行う処理手順を記述するためにあるプログラミング言語は、データベース言語よりも複雑です。COBOL・C言語・Javaなど、数千種類もあるといわれています。マシンや環境で使い分けられています。AIではPythonというプログラミング言語が有名です。

コーディング力

コーディングとは、処理の内容であるプログラミング言語を記述する事を示す言葉です。

コーディングという単語は特に、CSSやHTMLなどを利用するデザイン系の現場でよく使われている言語です。

データベースの知識

機械学習エンジニアは、AIに学習をさせるためのデータを効率よく引き出すために、データベースの知識が必要です。

データベースとは、集めたデータを管理プログラムで整理して操作できるようにしたものです。データベースにはテーブル(表形式)・階層型・ネットワーク型などの形式があります。データベース言語はたいへんシンプルでオブジェクトコード変換は行わず、インタプリタ言語のような動作をします。

SQLの知識

SQLはデータベース言語の一つです。

SQLはISO(国際標準化機構)で規格が標準化されているデータベース言語です。SQLのスキルがあると、ほかのデータベースも同じように操作できるといわれています。SQLは「シークェル」または「シーケル」とも呼ばれています。1970年代、IBMが開発した世界初のデータベースが現在のSQLのベースです。

機械学習エンジニアに必要なスキル2:基盤系エンジニアのスキル

機械学習エンジニアとは?必要なスキル5つ|機械学習エンジニアの求人状況
基盤系エンジニアとは、アプリケーションを動かす基盤部分(インフラ)を開発する仕事です。

基盤系エンジニアはシステムの設計・構築・維持がメインの職種ですが、システム構築後の運用やトラブルへの対応も行うため、コミュニケーション能力のスキルも求められる仕事です。ビックデータを対象とした新システム開発力が必要なので、高い水準のスキルが必須の職業です。

基盤設計のスキル

AIの性能はハードウェアに大きく依存しているため、基盤系エンジニアのスキルにはクラウドを含めた基盤設計知識が欠かせません。

機械学習エンジニアは、ITエンジニアのスキルであるプログラム言語やデータベースとともに、基盤系エンジニアとしての高い水準の技術力が求められています。

クラウドを使いこなす知識

機械学習エンジニアは基盤系エンジニアのスキルとして、クラウドを使いこなす知識が必要です。

クラウドはビックデータの解析に強いので、今後ネット上で主流になるといわれているコンピューティングサービスです。蓄積データが多くなっていくことが予想されているため、分析業務は処理が速いクラウド上ですべて完結させるような流れになっていくと考えられています。大手銀行でもクラウドはすでに活用されています。

機械学習エンジニアに必要なスキル3:アルゴリズムについての理解

機械学習エンジニアとは?必要なスキル5つ|機械学習エンジニアの求人状況
機械学習エンジニアは、アルゴリズムを深く理解してライブラリを有効活用する必要があります。AIはアルゴリズムの指示を受けて作業を行うからです。

また、新たなアルゴリズムを考案していくことも求められています。そのために必要な知識が、確率や統計学、微分・積分などの数学の知識です。

数学や統計学の知識

数学や統計学の知識は、AIを動かす際に必要な知識として必須の学問です。

確率から得られる技術がアルゴリズムの中心にあるため、数学や統計学の知識は機械学習エンジニアにとってなくてはならないスキルです。

機械学習の知識

機械学習を習得するためには、解析の知識を習得する必要があります。

機械学習とは、プログラムデータの中から解析を行い、アルゴリズムという法則性を発見する作業です。そのため、機械学習のスキルとして確率などの統計学、パターン・予測・精度などを導き出すデータ評価などの分析能力は必須です。

機械学習エンジニアに必要なスキル4:データモデリングのスキル

機械学習エンジニアとは?必要なスキル5つ|機械学習エンジニアの求人状況
データモデリングとは、ビックデータを解析して必要なパータンや有益なデータを見つけ出し、データモデルのインスタンスを作り上げる作業のことです。

データモデリングの技法として、EBNF・実体関連図・統一モデリング言語など、いろいろな方法論があります。また、データモデリングで大切な作業は、データモデルの継続的な評価です。AIはアルゴリズムで自動学習を行うので、不要なデータを与えないように注意が必要です。

機械学習エンジニアに必要なスキル5:Deep Learningのスキル

機械学習エンジニアとは?必要なスキル5つ|機械学習エンジニアの求人状況
Deep Learning(深層学習)とはニューラルネットワークを利用して、AIにデータの分析や学習を自動で行わせる手法です。

Deep LearningはAIの自動学習に関するスキルで、人工知能の中の1つの要素となる技術です。Deep Learningのネットワークモデルには、畳み込みニューラルネットワーク・回帰型ニューラルネットワークなどたくさんの種類があり、現在も新しいモデルが開発され続けています。

機械学習エンジニアの求人の状況

機械学習エンジニアとは?必要なスキル5つ|機械学習エンジニアの求人状況
機械学習エンジニアは現在、人手不足の状況です。

機械学習エンジニア自体が日本では育っていない状況なので、高収入で募集がかけられています。経済産業省の推定では、2020年には約5万人近い数の機械学習エンジニアの人手不足が懸念されています。

平均年収

機械学習エンジニアの平均年収は575.1万円です。

機械学習エンジニアはIT関連の中でも高い平均年収となっています。機械学習エンジニアの技術者が社内にいない企業が多く、養成自体ができない状況が続いています。アメリカでは機械学習エンジニアの平均年収が1000万円以上といわれています。

機械学習エンジニアの求人例

機械学習エンジニアの求人例として、ネット関連のベンチャー企業で平均500万円ほどの年収で募集が行われています。

大手の転職求人サイトやフリーランスエンジニア専門の求人広告サイトなどで、機械学習エンジニアの募集が多くかけられています。内容によっては大手製造・電子・機器メーカーなどで年収1000万円近い高額求人もあります。機械学習エンジニアの求人にはAI言語Pythonや深層学習などのスキルは必須です。

機械学習エンジニアはITスキルを存分に活かせる

機械学習エンジニアとは?必要なスキル5つ|機械学習エンジニアの求人状況
機械学習エンジニアは、ITスキルがある人の方が有利です。

機械学習エンジニアへの転職は、プログラミング未経験者には難しい部分があります。機械学習エンジニアになるには、基本的なITスキルや経験が必要だからです。

ITスキルを存分に活かしながら、機械学習エンジニアへの道を歩んでいきましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related