Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月30日

シニアエンジニアに求められる条件14個|上級エンジニアの職種4つ

「シニアエンジニア」という仕事をご存知でしょうか。シニアエンジニアの仕事をするときに求められる条件があります。今回はシニアエンジニアに求められる条件14個をご紹介していきます。また、「上級エンジニア」の職種も4つご紹介します。

シニアエンジニアに求められる条件14個|上級エンジニアの職種4つ

シニアエンジニアとは何か

「シニアエンジニア」という仕事は、エンジニアの上役のことです。企業によっては、「スペシャリストエンジニア」や「スペシャリスト」という名称で呼ぶこともあります。

過去にはシニアエンジニアという役職はありませんでした。しかしエンジニアの役職がないことによって昇給もなく、やる気や充実感に繋がらなかったためこのような職業が普及し、エンジニアが発展していきました。

シニアエンジニアに求められる条件14個

シニアエンジニアになるためにはいったいどのような条件をクリアすれば良いのでしょうか。この職業に就いたときにクリアしていることによって、仕事に充実感を感じられたり、気持ちの面で仕事が楽になることがあります。

今回はこの職業に求められる条件を14個ご紹介していきますので、シニアエンジニアを目指していたりヘッドハンティングされている方は参考にしましょう。

シニアエンジニアに求められる条件1:特定の分野に関する知識・技術力が高い

そもそもシニアエンジニアの「シニア」はスペシャリスト同様、何かに専門的な知識をもっている人を意味しています。なので特定の分野に関する知識や技術力が高いということは、シニアエンジニアの役職に就く上で必須です。

このような名前の職業を聞くと、IT関係をイメージする人も多いでしょうが、企業が技術力や知識量を誇る人をこの役職へと任命することがあれば、その人はシニアエンジニアです。

シニアエンジニアに求められる条件2:スピード力のある仕事ができる

シニアエンジニアは豊富な知識や技術を活かして、スピードのある仕事ができた方がいいでしょう。

知識が豊富だと調べ物をする時間が省略できたりします。また、技術力が高いと他の技術者の能力を頼らないで作業ができるのでやはり時間が省略できます。

仕事のスピードを上げていくことで、1人で多くの業務をこなすことができるようになりますので、ワンオペでも対応できるようになります。そのような能力は非常に需要が高いです。

シニアエンジニアに求められる条件3:一つの分野以外の知識も兼ね備えている

シニアエンジニアは基本的には1つのジャンルに詳しい人のことですが、それらに付随するさまざまなジャンルにも詳しくないといけません。

例えば、赤と青の絵の具をまぜてパープルになるということを知っていたとき、青をつくる方法も知っていたら、青みを抑えたパープルを作る時に青そのままを使うのではなく、青を調合して調和をとれます。

さまざまな技法や知識を取り入れてシニアエンジニアになりましょう。

シニアエンジニアに求められる条件4:コミュニケーション力がある

シニアエンジニアは基本的にプロジェクトや仕事をメインエンジニアとして行なったり、指名案件として取り扱うでしょうが、部下たちの力を借りることもあるので、しっかりとコミュニケーションがとれなくてはいけません。

シニアエンジニアは役職付きの上司にあたいするので、後輩や部下たちに過度な威圧感や緊張感を与え過ぎないようにして、的確な関係を創り上げましょう。人間関係を良好に保つことも、仕事の1つと言えます。

シニアエンジニアに求められる条件5:情報収集を欠かさない

シニアエンジニアは情報収集が大切です。実際に仕事をしていると、新しい情報は随時更新されていきます。そんなときにはしっかりと情報を取り入れて、取捨選択をしていかなくてはいけません。

情報は仕事に直接的に関わることはもちろんのこと、一見するとシニアエンジニアには関係がなさそうなことについても取り入れましょう。エンタメの情報でもクライアントとのコミュニケーションに使えます。

シニアエンジニアに求められる条件6:上級の資格を習得する

シニアエンジニアは一般的な仕事だけではなくて、さらに技術や知識力を保証するために上級の資格を取得することをおすすめします。やはり資格を持っていると社会人としては強みになります。

たかが資格、とはおもわずに勉強ができる時にして資格を取得しましょう。資格は、キャリアアップを目指して全く別の業種の転職活動をするときにも活用できます。資格は1度取ってしまえば一生ものになります。

シニアエンジニアに求められる条件7:プロジェクトの管理ができる

シニアエンジニアは上役なので自分のプロジェクトだけではなくて、部下たちのプロジェクトの進捗状態や、依頼人たちとの関係性にも目を配らなくてはいけません。

時には自分の担当プロジェクトの他に、同時にシニアエンジニアみずからエンジニアの仕事を手伝うこともあるでしょう。上役として締め切りを落とさないように、プロジェクトの進行状態を見極めなくてはいけません。しっかりと意識しましょう。

シニアエンジニアに求められる条件8:量より質を追い求める

シニアエンジニアはスピード感を持って仕事ができると言いましたが、質が悪くてはシニアエンジニアの名前を汚してしまいます。この役職であるからには量をこなすうえに、質も伴っている必要があります。

量がなくても、質がよければクライアントたちは信頼をよせてくれて満足度があがり、指名につながっていくでしょう。シニアエンジニアに信頼が寄せられれば、他のエンジニアたちにも期待が集まります。

シニアエンジニアに求められる条件9:周りの誰よりも努力を重ねる

シニアエンジニアは、資格やキャリアでつちかった力量を維持させなくてはいけません。周りの誰よりも努力を重ねることによって、それが実現できます。

シニアエンジニアになってからもたゆまぬ努力を続けている姿は、後輩や部下たちからも信頼や人望を集めることでしょう。もちろん努力の結果は仕事で発揮できます。すばらしい仕事ができれば、クライアントも増えて充実感を味わえるでしょう。

シニアエンジニアに求められる条件10:新しい知識を勉強する

シニアエンジニアは、新しい知識はどんどん仕入れていかなくてはいけません。シニアエンジニアが主に仕事で使う言語などは、意外と新しいものが続々と出てきます。

「こんな方法があったのか」という発見があるでしょう。長く続けていると自分の楽で早いやり方が見つかるでしょうが、新しい知識を取り入れる事によってさらに作業効率をアップさせていく可能性を上げることができます。

シニアエンジニアに求められる条件11:情報共有をスムーズにする

シニアエンジニアはワンオペが多いと言いましたが、情報共有はスムーズにできるようにしておかなくてはいけません。シニアエンジニア個人としてのタスクの管理やToDoリストの最適化などに普段からマメに務めましょう。

急な事態で引き継ぎをしなくてはいけなかったり、不足の事態で仲間の力を借りなくてはいけないことがあるでしょう。そんなときに、少しでもスムーズに対応できるようにしましょう。

シニアエンジニアに求められる条件12:正しい知識を使用する

正しい知識を使わなくては信頼に関わります。もしも口頭などで教わったことが不正だった時には、学生の頃と異なり教科書などで確かめるわけではないので、知らないまま使用していってしまうでしょう。

もとから正しい知識があれば、不正に気付くことができます。現代は情報社会です。しっかりと正しい知識を見極める義務があります。落ち着いて多角的な視野から物事を考えて情報を取り入れましょう。

シニアエンジニアに求められる条件13:自分の知識を仲間と共有して円滑なプロジェクトにする

シニアエンジニアは、ワンオペであっても仲間と知識を共有することによって、コミュニケーションが図れたり孤独な仕事ではなくなります。知識を共有すると言うことは、それぞれがワンオペで執り行っている仕事を一部知ると言うことです。

書物やインターネットで勉強するよりも、実践的で覚えやすいでしょう。ワンオペのときには個人で悩んで考え、作業をしますが、壁に打ち当たった時に仲間を思い出すでしょう。

シニアエンジニアに求められる条件14:育成に付いても考えて行動する

シニアエンジニアは育成についても考えて行動していく必要があります。シニアエンジニアは高い技術力と確かな知識を買ってもらっています。なのでそれを後輩にどんどん継承していきましょう。

同じ事務所ないで育成をして行く事によって、たくさんのエンジニアが育っていきクライアントたちは「この事務所はどのエンジニアも教育されている」と感じることでしょう。これは依頼が増える可能性が高まります。

上級シニアエンジニアの職種4つ

上級シニアエンジニアの職種はいったいどのような職種があるのでしょうか。ここでは4つの職種をご紹介していくので、それぞれどのような職種なのかを学んでいってください。

今回は上級シニアエンジニアになると担当させられることが多い職種をご紹介しますので、ぜひ「上級」という役職付きになったときの参考としてください。いまからこれらの職種について勉強していくことも良いでしょう。

上級シニアエンジニアの職種1:プロジェクトリーダー

プロジェクトリーダーは、1つのプロジェクトに責任を持って担当する上級シニアエンジニアのことです。

多くの場合は、1つのプロジェクトに1人のプロジェクトリーダーですが、多忙な時期や事務所の方針によっては、優秀なプロジェクトリーダーが複数個のプロジェクトを担当することもあります。

プロジェクトリーダーは現場でのとっさの判断力や、プロジェクトの士気を上げるような手腕も問われます。

上級シニアエンジニアの職種2:プロジェクトマネージャー

プロジェクトマネージャーはプロジェクトそのものを発案してまとめあげたり、発足させてキャストを組み合わせてスタートさせます。プロジェクトマネージャーの仕事は、多岐にわたりますがプロジェクトの初期段階や途中行程の問題発生時に関わることが多いです。

プロジェクトマネージャー個人が抱えるタスクもあるため、しっかりと管理や整理ができる人が向いています。計画的にタスク管理をしましょう。

上級シニアエンジニアの職種3:システムコンサルタント

システムコンサルタントは、情報戦略の立案をメインに顧客企業の要望をどうしたら実現できるかを客観的に提案していきます。シニアエンジニアであることからITに関して多くの知識が認められるので、適任だと言えます。

システムコンサルタントは外部として企業に関わりますので、しっかりと責任を持って守秘義務などを守りながら勤務する必要があります。気を引き締めましょう。

上級シニアエンジニアの職種4:ゼネラリスト

ゼネラリストも、意味としては「何かに秀でた人」とか「専門的な知識のあるエキスパート」といった意味でスペシャリストと対比して使われることもあります。ゼネラリストは知識を活かして幅広い仕事をこなしていきます。

専門的な知識を基盤に、多くのことを経験したりさまざまな部署にたずさわりたい方におすすめです。

シニアエンジニアに求められる条件を身につけましょう

いかがでしょうか。シニアエンジニアに必要とされている条件や、上級シニアエンジニアの職種についてご紹介してきましたが、参考になったでしょうか。

あなたも求められる条件を身につけて、シニアエンジニアとして素敵に活躍しましょう。

この職業に就いて業務をこなしていくことは簡単ではないですが、やりがいがあります。自分の資格や知識が活かせるので、楽しみも見出せるでしょう。ぜひ条件を満たして目指してみてください。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related