Search

検索したいワードを入力してください

2019年07月03日

ゲームクリエイターになるには?向いている人の特徴7つ

あなたはゲームクリエイターに興味がありますか?近頃人気の職業であるゲームクリエイターの仕事内容、向いている人の特徴を7つ、年収やゲームクリエイターになるためにおすすめの資格5つをご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

ゲームクリエイターになるには?向いている人の特徴7つ

ゲームクリエイターとは

ゲームクリエイターになるには?向いている人の特徴7つ
「ゲームクリエイター(game creator) 」とは、ゲームソフトやゲームアプリの制作や開発に携わる職種先般を指します。

しかし、主にプロデューサーやディレクター、メインプログラマー・ デザイナーなど中心的な役割を果たす開発者という意味で用いられることが多くあります。

ゲームクリエイターの仕事内容

「ゲームクリエイター」の仕事内容は多岐に渡りますが、大きく分けて「企画系」と「開発系」に分けられます。

企画系は「プロデューサー」「ディレクター」「プランナー」などで、アイデアを持ち寄り会議を重ねながらゲームの企画を練り上げ、ゲームの土台を作り上げます。

開発系は「シナリオライター」「サウンドクリエーター」「プログラマー」などで、企画された世界観を壊さないように実際にゲームを作り上げます。

ゲームクリエイターに向いている人の特徴

ゲームクリエイターになるには?向いている人の特徴7つ
「ゲームクリエイター」は人気の職業ですから、将来なりたいと考えている方も多くいらっしゃるでしょうが、どのような人がゲームクリエイターに向いているのでしょうか。

ゲームクリエイターは、コンピューターの知識はもちろんのこと、他にも斬新なアイデアを生み出す想像力などが必要です。

以下にゲームクリエイターに向いている人の特徴を詳しくご紹介します。

特徴1:独自の感性と発想力

ゲームクリエイターになるには?向いている人の特徴7つ
ゲームクリエイターに向いている人の特徴1つ目は「独自の感性と発想力」です。

ものづくりの仕事をする人に共通して求められる特徴といえますが、ゲームクリエイターの場合はファッションデザイナーのような尖った感性は求められません。

広く受け入れられるベースがありながら、今までにない斬新な感性と発想力を上手くミックスできるかが問われます。

特徴2:好奇心が強い

ゲームクリエイターになるには?向いている人の特徴7つ
ゲームクリエイターに向いている人の特徴2つ目は「好奇心が強い」ということです。

ゲームクリエイターにはセンスが求められるため、日頃からジャンルを問わずさまざまなことに興味を持つ必要があります。

普段からゲーム以外の本を読んだり、芸術作品に触れたりした上で、自分ならではの表現方法を考える訓練をするなど努力も必要です。

特徴3:論理的思考力

ゲームクリエイターになるには?向いている人の特徴7つ
ゲームクリエイターに求められる能力の3つ目は「論理的思考力」です。

特にゲームの開発に携わるプログラマーには必要な能力といえるでしょう。一つのゲームを作り上げるためには、求められる世界観を意識しながら、物事を順序立てて考え、それをしっかり構築することが求められます。

思考力は本を読むだけでは身につきません。普段から曖昧な表現は避けて、具体的に分かりやすく話す努力をするなどしてみましょう。

特徴4:粘り強い

ゲームクリエイターになるには?向いている人の特徴7つ
ゲームクリエイターに向いている人の特徴4つ目は「粘り強い」です。

ゲーム制作は完成までに長い時間を要し、場合によっては数年かかることもあります。その間、何度も企画を練り直したり、作り直した上でやっと世に出る作品も多くあります。

ゲーム制作は、自分の仕事の遅れやミスがチーム全体へ影響を及ぼします。そのようなプレッシャーに耐え、自分の仕事を確実にコツコツ進められる粘り強さは必要不可欠といえるでしょう。

特徴5:チームで働く能力

ゲームクリエイターになるには?向いている人の特徴7つ
ゲームクリエイターに向いている人の特徴5つ目は「チームで働く能力」です。

ゲーム制作の現場では、さまざまな能力を持ったプロがチームで作業するので、人との折衝は欠かせません。

相手や自分の進捗状況を気にしつつ、作業に遅れがあった場合は解決策を話し合ったり、時には相手の状況を察知して自分が動くなど、円滑なコミュニケーションスキルが必要です。

特徴6:とにかくゲームが好き!という人

ゲームクリエイターになるには?向いている人の特徴7つ
ゲームクリエイターに向いている人の特徴6つ目は、「とにかくゲームが好きという人」です。

当たり前といえば当たり前ですが、好きな物には全力で打ち込むことができます。また、自分自身もプレーヤーですから、改めて勉強しなくてもゲームに関しての知識は豊富で、ゲームのメカニズムについても理解が深い方がほとんどでしょう。

また、ゲーム開発中にぶつかる困難も、ゲーム感覚で乗り越えていけるのではないでしょうか。

特徴7:自分ならではの強みがある人

ゲームクリエイターになるには?向いている人の特徴7つ
ゲームクリエイターに向いている人の特徴7つ目は「自分ならではの強みを持っている人」です。

ゲームを作る上での知識だけでなく、本人だけに備わった能力がある人はゲーム業界に関わらずどの分野の職種においても強みとなります。

語学力に長けている人なら全世界にグローバル配信する業務など、AIのアルゴリズムに詳しいならプログラマーとして活躍できるでしょう。

ゲームクリエイターになる方法と進路

ゲームクリエイターになるには?向いている人の特徴7つ
ゲームクリエイターになるためには「ゲームメーカー」または「ゲーム開発会社」に就職するのが一般的です。

「開発職」の場合は、コンピューター関係の専門学校で基本的なスキルやグラフィック、プログラミングを勉強するのが一般的ですが、プロデユーサーなどの「企画職」は、ゲームメーカーへの就職に必要な大学卒業の資格が必要です。

他に、ゲームメーカー主催のコンテストに応募したり、自ら企画を持ち込む方法もあります。

ゲームクリエイターの就職先

ゲームクリエイターになるには?向いている人の特徴7つ
ゲームクリエイターになるためには、「ゲームメーカー」または「ゲームソフト開発会社」に就職するのが一番の近道といえるでしょう。

つぎに、ゲームメーカーとゲームソフト開発会社について、また、両社の違いについてご紹介します。

ゲームメーカー

ゲームメーカーとは、自社でゲームの企画・開発から販売まで行う会社で、従業員が500名以上の大手メーカーが中心です。

基本的にゲームの企画やプロデュースを行うことが多いので、「企画職」を目指す方が就職先として選ぶことが多いです。

「カプコン」や「エニックス・スクエア」などが代表的なゲームメーカーですが、就職活動においては一般的な企業と変わりなく、大学卒業の資格が必要で新卒採用が基準です。

ゲーム開発会社

「ゲーム開発会社」とは、ゲームメーカーから発注されたものを制作する会社のことで、比較的小規模の会社が多いです。

基本的に、ゲーム開発会社がキャラクターを3DCGにして動きをつけるという役割分担があるので、開発職を目指す方が就職先として選びます。

近年ではゲーム開発会社自ら企画・開発を行う場合も多いですが、知的財産権(Intellectual Property)を持たずに開発に徹する会社もあります。

ゲームメーカーとゲーム開発会社の違いとは

ゲームメーカーとゲーム開発会社では、携わる仕事の幅にも違いがあります。

ゲームメーカーでは仕事が細分化されているため、担当した業務以外は関わらないことが多いですが、ゲーム開発会社では、メーカーから依頼されたゲームの開発業務を幅広く担当します。

そのため、ゲーム開発会社でさまざまな経験を積んでから、メーカーを目指す方も多くいます。

ゲームクリエイターの年収

ゲームクリエイターになるには?向いている人の特徴7つ
「ゲームクリエイターの年収」は、平均で以下のとおりです。

職業やスキルによって前後しますが、ゲーム開発の総監督であるプロデューサーや現場監督であるディレクターなど、ゲーム開発の企画に携わる職種の場合、年収が高くなる傾向があります。

また、最新のソフトなど新しい技術を使いこなせるスキルのある技術者については、それに見合った高い年収が支払われます。
年齢平均年収
20代前半350~400万円
20代後半400~450万円
30代前半450~550万円
30代後半500~600万円

ゲームクリエイターになるためにおすすめの資格

ゲームクリエイターになるには?向いている人の特徴7つ
「ゲームクリエイターになるために必要な資格」というのはありませんが、仕事をする上で助けになる資格がいくつかあります。

また、プログラマー、グラフィックデザイナーなどの開発職は、早い時点から高いスキルを求められることが多いので、自分がなりたい職種に必要な資格をあらかじめ調べて取得しておくと良いでしょう。

つぎに、ゲームクリエイターに関連する資格をご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

資格1:CGクリエイター検定

ゲームクリエイターになるためにおすすめの資格1つ目は「CGクリエイター検定」です。

CGクリエイター検定は「CG-ARTS協会」が主催し、デザインや2次元CGの基礎のほか、構図やカメラワークなどの映像制作の基本など、また、モデリングやアニメーションなど3次元CG制作手法やワークフローの知識が問われる資格です。

「ベーシック」と「エキスパート」があり、エキスパートは難易度がかなり高くなります。

資格2:CGエンジニア検定

「ゲームクリエーターになるためにおすすめの資格2つ目は「CGエンジニア検定」です。

CGエンジニア検定「CG-ARTS協会」が主催し、CGに関する人材育成を目的とした資格です。

「ベーシック」は、CGに関する基礎的な理解やプログラミング知識を利用する能力が問われ、「エキスパート」では、CGの専門的な理解、プログラミング知識をソフトウェアやハードウェア、システム開発に応用する能力が求められます。

資格3:基本情報技術者試験

ゲームクリエイターになるためにおすすめの資格3つ目は「基本情報技術者試験」です。

基本情報技術者試験は、IPA(情報処理推進機構)が主催する「情報処理の促進に関する法律」に基づく国家試験で、高度IT人材を育成するのを目的とした資格です。

ハードウェアやソフトウェアの基本的な仕組みや動作、プログラム作成時の考え方や命令文への理解度、また会社運営に関わる法律や経営全般など多岐に渡る内容が出題されます。

資格4:画像処理検定

ゲームクリエイターになるためにおすすめの資格4つ目は「画像処理検定」です。

画像処理検定は、コンピュータを使ってデジタル処理を行う上での知識や技能を評価するための資格で、デジタルカメラの画像を加工する技術も含まれます。

画像処理において、色彩や画質、ヒストグラムなどの基礎、画像処理技術の理論であるアルゴリズムの知識、実際に画像処理を行う技能、さらにさまざまな分野で応用する技能が求められます。

資格5:Photshopクリエイター能力認定試験

ゲームクリエイターになるためにおすすめの資格5つ目は「Photshopクリエイター能力認定試験です。

Photshopクリエイター能力認定試験は、ソフトの画像編集や加工の能力を認定するための資格で、デザイナーやクリエイターなどWeb業界では必要不可欠です。

「スタンダード」の試験は、ソフトの基本的操作の実技ですが、「エキスパート」では課題に基づいた実践的なコンテンツ制作と難易度が高くなります。

ゲームクリエイターは好きなものを仕事にできる職業

ゲームクリエイターになるには?向いている人の特徴7つ
ゲームクリエイターは好きなものを仕事にできる、クリエイティブでやりがいのある職業ですが、同時に常にユーザーの期待に応え、面白いゲームを提供し続ける使命も背負っています。

厳しい業界ではありますが、ゲーム制作は一人で黙々と行うわけではありません。同じチーム内で助け合ったり、時には衝突したりと切磋琢磨しながら成長できます。

さあ、あなたも恐れずにゲームクリエイターへの第一歩を踏み出してみませんか。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related