Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月23日

SEのためのホワイト企業とは?見分けるポイント5つ

日本の縁の下の力持ちであるSEの仕事を志している多くの人の可能性を、大きく伸ばしていくことによって生活を安定させることができます。そのためには働きやすい企業を見つけなければいけません。SEがホワイト企業の勤めるためのヒントをご紹介します。

SEのためのホワイト企業とは?見分けるポイント5つ

SEはホワイト企業になかなか出会えない?

SEのためのホワイト企業とは?見分けるポイント5つ
日本社会の厳しい現状のなかで、SEがホワイト企業に出会うためにはどのようなことに気をつけたらいいでしょうか。

昨今の日本は、人口や企業数などが減少しており、消費税の増税や超低金利などの負のスパイラルの影響によって、経営を取り巻く環境は厳しさを増しています。稼ぐ力が衰え続けている現状であり、社員の離職も深刻な問題になってきています。

ブラック企業SEの特徴

いつ見ても募集している企業の求人は、怪しい求人だと言われています。SE企業は、ブラック企業が多いと言われ、常に「SEはブラック」と言うイメージがつきまとっているのも事実です。

SEのブラック企業の見極め方は、時間、人、仕事内容だと言われています。やり遂げようとしている仕事ができない時の社員や意見を受け止めてもらえない受注者は強いストレスを抱え込んでしまいます。

IT企業はとくにブラックと言われる

SEのためのホワイト企業とは?見分けるポイント5つ
最近IT業界ではSEの仕事では残業があるのに給料は安い、「ブラック企業」が多いことが問題になっています。ブラック企業が多いと言われている背景には、大きな問題があります。

ITの仕事は、パソコンが一台あれば仕事が完了してしまうことも多く、特に自由な場所で仕事ができるフリーランスの場合には、長時間労働していても雇い主には見えにくいという問題があります。

ホワイト企業の基準は?

SEのためのホワイト企業とは?見分けるポイント5つ
SEの仕事を志している多くの人の生活が安定するためには、一つの仕事の代金プラスある一定の基本給やボーナス、諸手当、有給休暇が必要です。そして心身の健康を保つために福利厚生の充実が求められ、これらのことがホワイト企業の基準になってきます。

生活が安定したと実感できる社員からより素晴らしいアイデアが生まれ、職場の雰囲気も良くなっていくことでしょう。

基準1:稼働時間

SEのためのホワイト企業とは?見分けるポイント5つ
会社によって決まった労働時間のことを所定労働時間と言います。そして法律で決められている労働時間を法定労働時間と言います。

ホワイト企業と言われている企業は、一定の労働時間がはっきりしているので残業時間もなく、プライベートの時間も融通がきくでしょう。

求人の利点を考えてホワイト企業の労働時間は、7時間45分にしている企業があると言われています。

1週間の最大就業時間は、週40時間、1日8時間以内と決められており、これを法定労働時間と呼びます。

出典: https://mayonez.jp/topic/1017 |

基準2:残業代

SEのためのホワイト企業とは?見分けるポイント5つ
ホワイト企業でSEとして働いた場合、所定労働時間を越えて残業時間になってしまう事例は労働時間制度によって違ってくると言われています。

従って残業代とは、所属している会社で決められた所定労働時間を越えて働いた場合に支払われるお金のことであり、所定労働時間を知ってから後に残業代を計算することになっています。

なお現場外でのSEの仕事については、制約があるので採用されるのは一部の働いた人に限られます。

・事業場外みなし労働制度は、様々な制約があるので実際に採用されるのは一部の従業員に限られる傾向があります。

出典: https://zangyohiroba.com/overtime/what-is.html |

基準3:休日

SEのためのホワイト企業とは?見分けるポイント5つ
ホワイト企業は休日日数についてきちんとした規定があり、有給休暇を取りやすい雰囲気になっています。

また年間120日~125日の休日を取ることが可能なホワイト企業は、恵まれている会社と言われています。

例えば土日休みで、104日+祝日・盆休み・正月21日=125日の休日が見込まれます。有給休暇については日本の法律で定められ、勤続等の条件で変化します。

基準4:仕事内容や教育制度

SEのためのホワイト企業とは?見分けるポイント5つ
ホワイト企業とは、社員に対する価値観や考え方が定着していて、社員を大切にしている会社のことを言い、心身の健康を充した仕事ができる教育制度・人財育成が整っている企業のことを言います。

そのためホワイト企業は法令を守っていく意識が高く、達成不可能なノルマを設定していないことや社員・受注者が納得できる評価制度と長期的な視点で人財育成・教育制度を築いています。

基準5:福利厚生

SEのためのホワイト企業とは?見分けるポイント5つ
ホワイト企業では、社員に心身共に長期的な視点で働いてもらうために福利厚生を充実させています。なぜなら人財を確保して定着させていくためには、賃金に見合った「働きやすさ」と「働きがい」を常に向上していくことがポイントになってくるからです。

優れた福利厚生を導入しても社員の満足度が高まっていくまでにはかなりの時間がかかりますが、生産性や業績を向上させるためにかけがえのないことです。

SEのためのホワイト企業を見分ける方法5つ

SEのためのホワイト企業とは?見分けるポイント5つ
続いてはSEのためのホワイト企業を見分ける方法を5つご紹介します。

社宅があるのか、通勤に便利なところなのか、明るい気持ちで働いていけるのかをイメージできる企業であるのかをよく調べてから応募しましょう。

方法1:知名度で判断しない

SEのためのホワイト企業とは?見分けるポイント5つ
ホワイト企業を知名度で判断するのではなく、自分自身が明るい気持ちで働いている様子がイメージできるかを基準にするべきです。

知名度と言う周囲の評判にあまり惑わされることなく、「この企業のスタッフと一緒に働きたい」と言う気持ちになれるかが大切です。

そしてどんなに条件が良くても「このホワイト企業にいても自分が成長できない」など気になることがあれば、心のアンテナを敏感にしましょう。

方法2:福利厚生は必ずチェック

SEのためのホワイト企業とは?見分けるポイント5つ
応募する前に必ずチェックしてほしいことは「法定福利」です。法定福利とは、法律で義務付けられている福利厚生です。条件の良い求人情報であっても、健康保険や厚生年金に加入できない企業の場合は熟考して企業を選んでいきましょう。

それから最新情報として「福利厚生アウトソーシング」を導入しているホワイト企業が増えています。福利厚生アウトソーシングとは、外部の企業に福利厚生を委託する運営方法のことを言います。

方法3:各種資格試験のサポートはあるか

評価が高いホワイト企業は、企業内で各種の資格試験のサポートは必ずあります。なぜなら資格を取得することによって社員の能力を証明することができ、企業の生産性アップにもつながっていくからです。

ホワイト企業で求められている資格の中で国家資格・国際資格を取得しているのであれば、視野が広がりさまざまなことにチャレンジすることができ、自分自身の人生を大きく生かしていくことが可能になるでしょう。

方法4:将来性の高い事業を展開しているか

SEのためのホワイト企業とは?見分けるポイント5つ
SEにとって将来性の高い事業を展開しているホワイト企業を見極めるためのポイントはビジネス・モデルの本質をしっかり捉えていくためにビジネス・モデルに着目することです。

最近、将来性のある会社について興味深いアンケート結果があります。アンケート結果の1位は「人工知能ができない部分を扱うビジネス」です。将来のことを考えて行動する時にきっと役立つことでしょう。

方法5:表彰歴がある企業を選ぶ

SEのためのホワイト企業とは?見分けるポイント5つ
できるだけ情報の根拠を重視した方法で、SEにとってのホワイト企業を見つけることが大切です。例えば「ホワイト企業大賞」に表彰された企業を選ぶことも一つの方法です。

ホワイト企業大賞に表彰された企業は、社員の幸福、働きがい、社会貢献を重要視している企業であり、何よりも応募して契約した企業の意見も反映される賞です。そして現場の人間関係と自己成長が良好であれば業績や生産性向上につながります。

SEにおすすめの優良企業

SEのためのホワイト企業とは?見分けるポイント5つ
SEの仕事を志している人におすすめの優良企業は、安定した給与体系と福利厚生が充実した企業がおすすめです。

これから紹介する3社を参考に、ご自身に合った企業でSEとして活躍してください。

企業1:Google

今後の活動方針としてGoogleは、データに基づいた音楽・医療などの分野によりユーチューブなどを活用して一層力を注いでいくと言われています。

令和時代になってSEの仕事を志している方を大切にしていきながら、やりたいことがより一層やり遂げられるように環境を整え、今まで以上に福利厚生も充実させて業績と生産性の向上・社会貢献を果たし、世界中の多くの人から敬愛され繁栄していく企業になるでしょう。

企業2:トヨタ自動車

SEのためのホワイト企業とは?見分けるポイント5つ
トヨタ自動車は、「車」と言う便利で危険な商品を製造している会社だからこそ経営状態を安定させ、業績・生産性の向上・社会貢献を重視した経営方針に基づいて、SE社員(受注者)の心身の健康を企業が一丸となって守っているホワイト企業です。

発想を生み出して新たなことにチャレンジしやすい企業風土なので、縁の下の力持ちであるSEの仕事を志している多くの人が長い年月働くこと望み、将来性のあるホワイト企業です。

企業3:ソニー

SEのためのホワイト企業とは?見分けるポイント5つ
ソニーは、安定した給与体系のおかげでSEの仕事を志している多くの人から高い評価を得ており、福利厚生も充実した働きがいがあるホワイト企業です。

スキル・アップをしながら画期的なアイデアを生かしていくために明治~大正時代の大実業家・渋沢栄一の言葉である「我も富み、人も富み、しかして国家の進歩発達を助くる富みにして、はじめて真正の富と言い得る」と言う心得を糧にして自由闊達な議論をする環境が整っています。

ホワイト企業に転職するならSE特化のエージェントがおすすめ

SEのためのホワイト企業とは?見分けるポイント5つ
現在の日本経済を照らし合わせると、社内SEの仕事を志して転職を希望する人の支援を強化したエージェントを選んだ方が、ホワイト企業にたどり着ける確率が高いです。

30年余りの平成時代が終わり、令和時代になって情報社会が発展しました。縁の下の力持ちである、情報通信技術のSEの仕事に携わっている人の生活が安定するように、給与体系を見直しが行われていくことに期待しましょう。

おすすめのエージェント1:リクルート

SEのためのホワイト企業とは?見分けるポイント5つ
現役SEが登録してみて転職成功実績・第1位は、何と言っても転職業界最大手のリクルートです。リクルート・エージェントは幅広い知識を持ち備えて、登録したSEの仕事を志している人に対してきちんと説明ができるように、仕事に関する知識と理解があります。

そして業界の中で取り扱い求人の数が最も多いと言われ、異なる業種に転職を考えているSEの仕事を志している人にも万全の対応をしてくれるエージェントです。

おすすめのエージェント2:レバテック・キャリア

SEのためのホワイト企業とは?見分けるポイント5つ
SEの仕事を志して転職を希望している人におすすめできるエージェントの第2位は、レバテック・キャリアのエージェントです。レバテック・キャリア・エージェントについては、IT・Web専門のエージェントです。

そして首都圏・関西・福岡県に強い求人情報になっていて、多くのホワイト企業と長期的な信頼関係を構築しているエージェントです。

おすすめエージェント3:マイナビ

SEのためのホワイト企業とは?見分けるポイント5つ
SEのお仕事を志して転職希望をする人向けエージェントの第3位は、マイナビ・エージェントです。マイナビ・エージェントは、IT・Web業界を専門にした無料の転職サポートです。

その中でも特に大手企業SE・システムエンジニア求人が多いのが特徴です。そしてキャリア・コンサルタントの満足度は、パーフェクトに近くとても高い水準になっています。

おすすめのエージェント4:dodaエンジニアIT

SEのためのホワイト企業とは?見分けるポイント5つ
SEの仕事を志し転職を希望している人に対してのエージェント第4位は、dodaエンジニアITです。dodaエンジニアIT・エージェントは、働く人の今日が良い日になるためにSEの仕事の支援をしています。

その中でも特に社内SEの仕事を志し転職を希望する人への支援を強化しています。

おすすめのエージェント5:ワークポート

SEのためのホワイト企業とは?見分けるポイント5つ
SEの仕事を志し転職を希望する人向けのエージェント・第5位は、ワークポート・エージェントです。リクナビNEXTやdodaエンジニアIT・エージェントに登録した後にエージェントを依頼すると、ワークポートがサポートしてくれるケースと直接登録できるケースがあります。

リグナビNEXT、dodaの二つの企業で「転職決定人数No1の転職エージェント」を受賞しました。

SEにとってのホワイト企業は福利厚生で見分ける

SEのためのホワイト企業とは?見分けるポイント5つ
SEのためのホワイト企業とは?見分けるポイント5つ
SEの仕事をしている人は縁の下の力持ちと言われるだけあって、仕事内容は厳しくきつい仕事です。だからこそ心身に健康を保っていくためにもホワイト企業は、福利厚生で見分けることが重要です。

SEの仕事を志してホワイト企業で働くことを望んでいるのであれば、福利厚生について調べておきましょう。手当てによって1カ月の給与が数万円アップすることもあります。そして寮や社宅を利用することが可能な場合もあります。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related