Search

検索したいワードを入力してください

2019年04月24日

在宅フリーランスエンジニアになるには?在宅案件をとる方法3選

在宅フリーランスエンジニアの働き方に憧れて、なりたい人が多数います。しかし、現実的な問題があるので憧れだけではうまくいきません。何が一番重要かというと実績です。ここでは、在宅フリーランスエンジニアの働き方や現実、在宅勤務に向いてる人や狙い目の案件を紹介します。

在宅フリーランスエンジニアになるには?在宅案件をとる方法3選

在宅フリーランスエンジニアの自由度は?

在宅フリーランスエンジニアは会社に雇われない働き方なので、自由度はとても高いです。朝から出勤し、夜に帰宅しなくて良い在宅勤務になるので憧れの勤務形態でしょう。なので、企業に勤めている方などでフリーランスエンジニアになりたい方は多数います。

そこで、フリーランスエンジニアになった時のメリットを3つ紹介していきます。

働く場所が自由

フリーランスの強みは働く場所が自由なことです。在宅案件に関しては通勤する必要がなく、自宅だけでなく気分次第でカフェなどの場所でお仕事をするのも良いでしょう。

企業勤めの方にとって会社に行くというだけでストレスを感じる方が多くいるので、自由に働く場所を選べるということは大きなメリットです。

好きな時間に仕事ができる

フリーランスの2つ目の強みは、好きな時間に仕事を進められるということです。企業に勤務する場合は始業時間と終業時間が決まっており、時には残業ということもあり、働く時間を選ぶことができません。

フリーランスならそういったこともなく、朝に弱いといった夜型の人なら夜中中心で作業を進めることができます。在宅だけでなく、常駐案件の場合でもフリーランスなら自分の条件に合う時間帯を選びやすいです。

仕事内容を自由に決められる

フリーランスの3つ目の強みは自由に仕事内容を決められるということです。企業の社員として仕事をしている場合、会社のクライアントからの案件をこなさなければなりません。中には請け負いたくない案件もこなさなければならないこともあります。

しかし、フリーランスなら自由に案件を選ぶことができます。やりたくない仕事はやらずにやりたいと仕事を選べることがフリーランスの大きな強みです。

在宅フリーランスエンジニアの現実

在宅フリーランスエンジニアという働き方は決してメリットだけではありません。自宅で仕事をしているということで、企業で常駐している時よりも信頼性や案件の単価は低くなるのが現実です。さらに、仕事中は自宅にいるため家族との協力も必要ですし、社内研修などもなく自己投資にも費用がかかります。
 
在宅フリーランスエンジニアとして働く上での現実について、今から詳しく紹介していきます。

常駐案件より単価が低い

在宅案件は常駐案件より単価が低いです。フリーランスエージェントが取り扱いしている案件が多いため、実績や技術力があれば比較的容易に案件を獲得することができます。ですので、在宅案件の案件数が少なくなるという問題が発生します。

在宅フリーランスエンジニアはクラウドソーシングで単発案件を探すことが多くなりますが、エージェントと違って顔合わせもなく信頼性も低いので常駐案件よりも単価が低くなりがちです。

案件獲得には実績が必要

在宅案件の獲得には実績が必要になります。在宅だけでなくフリーランスエンジニアにクライアントが求めていることは即戦力と信頼性です。特に在宅では本当に仕事をしているのかわかりにくいので信頼性の面で低くなりがちです。

信頼性を向上させるためには、ポートフォリオなどの実績や常駐案件をこなすことで企業からの信頼性を得る方法があります。週2~3日勤務の案件もあるので、まずはそれらの案件をこなしていきましょう。

コミュニケーション力が必要

在宅フリーランスエンジニアにはコミュニケーション力が必要になります。フリーランスに仕事を任せるクライアントにとって信頼性は大切ですし、在宅勤務というリスクも伴います。フリーランスエンジニアになるには、安心して仕事を任せることができる人にならなければなりません。

在宅勤務なら特に取引先との連絡をしっかりしておきましょう。また案件を依頼したいという信頼を得るためにはコミュニケーションは大切です。

セルフマネジマントが必要

在宅フリーランスエンジニアにはセルフマネジメントが必要になります。会社勤務のような強制力や拘束力がなく、在宅なので常に自由です。そのため、家の中の誘惑に負けそうになるといったこともあるでしょう。

また、在宅フリーランスエンジニア初心者の中には収入面の不安などで無理に大量の案件を受注して、デスマーチになってしまう人もいます。ですので、在宅勤務をするにはセルフマネジメントはとても重要です。

家族の協力も必要

在宅フリーランスエンジニアは家族の協力も必要です。在宅勤務なので仕事に集中できる環境を自宅で作る必要があります。子供がいる家庭ですと仕事の邪魔になる可能性もあり、作業効率低下を招くこともあります。

家では集中できないからといって外で仕事をするようになると在宅フリーランスエンジニアの意味がなくなりますし、家族間の人間関係も悪くなることもあります。集中できる作業環境作りを家族に協力してもらいましょう。

自己投資の費用がかかる

在宅フリーランスエンジニアは自己投資の費用がかかります。在宅でもフリーランスエンジニアである以上スキルアップのため自己投資はとても重要です。情報技術は日進月歩で進化するので日々勉強する必要がありますし、スキルによって案件獲得に左右されることもあります。

社員の場合は社内研修などで費用がかからないことが多いですが、フリーランスの場合は社内研修といった制度もないので、自己投資は全て自己負担になります。

確定申告に手間がかかる

在宅フリーランスエンジニアは確定申告に手間がかかります。会社員の場合は、社員一人一人の収入を把握しているため社会保険や所得税などの税金は会社が自動で処理してくれます。

しかし、フリーランスの場合はさまざまなクライアントから報酬を得ているため、正確な収入は自分にしかわかりません。ですので、所得税などを収めるのに確定申告が必要になり、確定申告の作業は手間がかかることが多いです。

在宅フリーランスエンジニアに向いてる人の特徴は?

在宅フリーランスエンジニアの現実を紹介しました。現実と照らし合わせて、自分がフリーランスエンジニアに向いているか気になる人もいるでしょう。ですので、在宅フリーランスエンジニアに向いてる人の特徴を3つ紹介していきます。

アプリやサービスの開発実績がある人

在宅フリーランスエンジニアに向いてる人の特徴1つ目は、アプリやサービスなどの開発実績がある人です。社員や常駐エンジニア時代などで開発してきたアプリやサービスは立派な実績になります。

この実績を活かして、在宅フリーランスエンジニアとして信頼と実績をクライアントから認められるようになりましょう。在宅案件でさらに実績を積み重ねれば、在宅フリーランスでも高収入を狙うこともできます。

コミュニケーション力がある人

在宅フリーランスエンジニアに向いてる人の特徴2つ目は、コミュニケーション力がある人です。在宅フリーランスエンジニアになりたい人に、上司や同僚とのコミュニケーションを避けたいといった理由を挙げる人がいます。

しかし、在宅フリーランスエンジニアは意外にも、多くのクライアントと関わる機会が多く、案件獲得にも営業活動などを行う必要があるので、コミュニケーション力は大切になっていきます。

セルフマネジメントができる人

在宅フリーランスエンジニアに向いてる人の特徴3つ目は、セルフマネジメントができる人です。先ほど紹介した在宅フリーランスエンジニアの現実でセルフマネジメントの必要性について紹介しました。

会社で働いている時とは違い、全て一人で開発スケジュールの管理を行わなければなりませんし、納期も厳守です。在宅勤務という点からたくさんの誘惑もあるので、計画的に集中して作業を行うことが大切です。

狙い目の在宅案件

フリーランスの案件には大きく分けて、企業に滞在して作業を行う常駐案件と、自宅で作業を行う在宅案件の2種類あります。クライアントとの信頼関係が築けたら、在宅案件が狙い目です。

クライアント側にとって在宅勤務の場合は作業スペースの確保におけるコストを削減することができるので、信頼のできる在宅フリーランスエンジニアを積極的に歓迎する所も多いです。
数多くの在宅案件からどれが狙い目なのか紹介します。

スタートアップ関連

狙い目の在宅案件1つ目はスタートアップ関連の案件です。スタートアップ関連の案件では、在宅勤務という働き方に比較的寛容なところが多いです。スタートアップの企業に就職し、そこから在宅勤務として働くといった方法もあります。

特に、スタートアップ企業の場合は高い信頼性を得ることで在宅フリーランスエンジニアでもシステム開発の責任者などの重役に任せられることも期待することができます。

データ解析

狙い目の在宅案件2つ目はデータ解析の案件です。データ解析は近年注目されている分野なので、年々需要が高まっています。その背景として、これまではシステム構築の技術やトレンドなどが注目され、システム開発に注力されてきましたが最近ではシステムを活かす方法を考える方向になっています。

データ解析の案件は、特に大企業が中心に積極的に力を入れており、データ解析スキルがあれば狙い目です。

スマホゲーム開発

狙い目の在宅案件3つ目はスマホゲーム開発の案件です。近年では老若男女問わずスマホを利用しています。スマホ利用者の増加からゲーム業界にも動きが出ており、スマホゲームに力を入れている企業が多いです。このことから、スマホゲームの開発を主な事業として起業する会社も増加し続けています。

スマホゲーム開発では、在宅案件の数は他の案件よりも比較的に多くなっており、ゲーム開発経験者には狙い目の案件です。

在宅フリーランスエンジニアになるための方法

在宅フリーランスエンジニアになるには?在宅案件をとる方法3選
在宅フリーランスエンジニアになるにはどのようにしたら良いのでしょうか。会社員時代や常駐案件に携わってきて、実績や信頼を積み重ねてくれば在宅勤務として働くのにあと一歩の段階です。ですので、在宅フリーランスエンジニアになるための方法を詳しく紹介していきます。

クラウドソーシングの利用

在宅フリーランスエンジニアになる方法1つ目は、クラウドソーシングを利用することです。クラウドワークスやランサーズなどのクラウドソーシングが存在します。今までのクラウドソーシングは、主婦層が多く、ライターなどの案件が安く買い叩かれていましたが、最近ではIT系の開発案件は、エンジニアに対して数が多いので、高単価で売り手市場になっています。

ただし、単発系の案件が多いので収入の安定性は少し低いでしょう。

エージェントの利用

在宅フリーランスエンジニアになる方法2つ目は、エージェントを利用することです。エージェントに登録することで、営業活動を行わなくても、長期案件に携わることが可能です。ですので、単発系の案件よりもとても高単価で安定した収入を見込めます。

しかし、エージェントの案件は常駐型が多いので、まずは常駐型案件からスタートして信頼と実績を得てから在宅勤務を交渉すると良いでしょう。

CODEALの利用

在宅フリーランスエンジニアになる方法3つ目は、CODEALを利用することです。CODEALは、リモート勤務の副業案件のみを扱っているので在宅勤務のみになります。一般的には在宅案件が少ないと言われていますが、CODEALはWebやインフラなどの案件が非公開求人を含めて2000件以上存在しています。

自分にあった案件を見つけやすいので、在宅勤務でも稼働次第では月収40万円も可能と言われています。

ブログやSNSの利用

在宅フリーランスエンジニアになる方法4つ目は、ブログやSNSを利用することです。ブログやSNSを利用して仕事依頼を受け付けているフリーランスエンジニアも多数います。ブログなどに、プログラミングなどの専門的な情報を発信することで、クライアントから仕事依頼が来るようになるでしょう。

在宅フリーランスエンジニアになるには実績が大切

エンジニアになるにはスキルやコミュニケーション力は必要です。エンジニアの中でも特に在宅フリーランスエンジニアになるには実績が大切です。在宅勤務をすることは、クライアントにとってこの人は自宅でも仕事をしてくれるという信頼のもとで実現しています。実績を積み重ねることで信頼性を高めます。

会社勤務で得たスキルや実績を積み重ねて在宅フリーランスエンジニアとして働くキャリアプランも良いでしょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related