Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月10日

5つの年齢別フリーランスの平均年収|働き方の特徴

フリーランスは、場所や時間に縛られることなく自由にはたいている人を指します。主に40代や50代の人が多い傾向にあります。この記事では、年齢別のフリーランスの平均年収やフリーランスになる前にやっておくことなどを中心に記述しています。

5つの年齢別フリーランスの平均年収|働き方の特徴

フリーランスの働き方の特徴

「フリーランス」とは、企業や団体、組織などに所属することなく、自らで仕事を行う人を指します。具体的には、カメラマンやプログラマー、ライターやデザイナーなどになります。また、企業などに属していないので、時間に縛られることなく自由に働くことが可能です。

今回は、フリーランスの働き方の特徴を紹介します。企業に属していないことによるメリットやデメリットを簡単に説明しますので、ぜひ参考にしてみてください。

労働基準法の適用対象にならない

フリーランスとして働いている人は、労働基準法に適用対象になりません。これは、労働基準法では、フリーランスの人を労働者ということができないためです。ですので、働きすぎ体調を崩したり、精神的に参ったとしてもすべて自己責任になってしまいます。

時間や場所に縛られることなく自由に働くことができる反面、すべて自己責任で働かなければならないので、注意が必要です。

会社員よりも収入が不安定な面がある

フリーランスで働いている方は、仕事を自分で選ぶため、仕事がなくなってしまうと、収入がゼロになってしまいます。対して、会社員の人は、会社から給料が入るため、収入面で非常に安定しています。

このように、フリーランスの人は、会社員の人と違って、収入が不安定になることがあるので、複数のクライアントから仕事を受注するなどといったリスク分散を考える必要があります。そうすることで、平均年収にも大きく影響します。

案件を請ける請けないは自分で決められる

フリーランスの人は、前述したように、自分で仕事を選ぶため、無理難題な仕事を避けることができます。会社員の人は、上司の仕事を断ることができず、自分の技量以上の仕事を頼まれたり、残業しなければならないほどの量の仕事をしなければならないときもあります。

このように、フリーランスは、自分で仕事の量を調整したり、レベルに応じた仕事を選ぶことができます。そうすることで、平均年収にも大きく影響します。

5つの年齢別フリーランスの平均年収

フリーランスは、時間や場所に縛られずに自由に仕事をしている人を指します。前述したように、フリーランスには、カメラマンやプログラマー、ライターやデザイナーなどと言った人がいます。

今回は、フリーランスの平均年収について「20代」「30代」「40代」「50代」「60代」の5つの年齢別で紹介します。ぜひ、参考にしてみてください。

年齢別フリーランスの平均年収:20代

フリーランスの20代の平均年収は、約200~300万円と言われています。これは、フリーランスとしての働き方にも影響してきます。本業をしながら副業としてフリーランスの仕事もする人の場合は、フリーランスとしての収入は多くありません。一方で、本業としてフリーランスの仕事をしている人は、約300万円前後の年収を稼いでいます。

このように、フリーランスとしての仕事の仕方で、平均年収が変わっていきます。

年齢別フリーランスの平均年収:30代

フリーランスの30代の平均年収は、約300~400万円と言われています。これは、20代の人と同じように、フリーランスとしての働き方にも影響しています。副業としてフリーランスの仕事もする人の場合は、フリーランスとしての収入は多くありません。一方で、本業としてフリーランスの仕事をしている人は、生活できるだけの年収を稼いでいます。

このように、フリーランスとしての仕事の仕方で、平均年収が変わります。

年齢別フリーランスの平均年収:40代

フリーランスの40代の平均年収は、約350~400万円と言われています。フリーランスの中心層は40代や50代と言われており、企業での経験を活かそうとフリーランスに転身する人が多いです。そのため、専門性が高い人は、必然的に年収も高くなり、中には、年収1,000万円以上稼ぐスゴ腕フリーランスの人もいます。

このように、専門的な知識を持っていると、フリーランスでもかなりの年収を稼ぐことができます。

年齢別フリーランスの平均年収:50代

フリーランスの50代の平均年収は、約400万円前後と言われています。前述したように、フリーランスの中心層は40代や50代と言われており、企業での経験を活かそうとフリーランスに転身する人が多いです。そのため、専門性が高い人は、必然的に年収も高くなり、中には、年収1,000万円以上稼ぐフリーランスの人もいます。

このように、専門的な知識を持つことで、フリーランスでもかなりの年収を稼ぐことができます。

年齢別フリーランスの平均年収:60代

フリーランスの60代の平均年収は、約350~450万円と言われています。40代や50代の人と同じように、これまで企業に勤めてきた経験を活かしてフリーランスに転身するため、専門性の高い仕事を受注します。その結果、単価の高い仕事を受注することができ、中には、年収1,000万円以上稼ぐ人もいます。

このように、専門性が高いほど、一般的な会社員よりも多くの年収を稼ぐことが可能になります。

フリーランス形態別の平均年収

フリーランスの平均年収は、前述したように、約300~400万円と言われています。しかし、副業としてフリーランスの仕事をする人と、本業としてフリーランスの仕事をする人では、平均年収は異なります。

今回は、フリーランスの形態別の働き方である「副業系パラレルワーカー」「副業系すきまワーカー」「自由業型フリーワーカー」「自営業系独立ワーカー」の4つの平均年収について紹介します。ぜひ、参考にしてみてください。

フリーランス形態別の平均年収:副業系パラレルワーカー

副業系パラレルワーカーの平均年収は、約154万円と言われています。「パラレルワーカー」とは、2つ以上仕事をもつ人のことを指します。パラレルキャリアとも呼ばれることもありますが、ほとんど同じ意味で使われます。

2つ以上の仕事をすることで収入が増え、精神的に安定した生活を送ることができます。また、本業と違う職種の仕事を行うことで、仕事の幅が広がるため、自分のキャリアアップにもつながります。

フリーランス形態別の平均年収:副業系すきまワーカー

副業系すきまワーカーの平均年収は、約74万円と言われています。「すきまワーカー」とは、昼間は会社で働きながら、すきま時間を使って収入を得ている人を指します。簡単に始めることができるだけでなく、2つ以上の仕事をすることで年収が増えるため、精神的に安定した生活を送ることができます。

また、初期費用が入らない仕事が多いので、ノーリスクで始めることができます。ぜひ、始めてみてはいかがでしょうか。

フリーランス形態別の平均年収:自由業型フリーワーカー

自由業型フリーワーカーの平均年収は、約150万円と言われています。「自由業型フリーワーカー」とは、特定の団体に所属することなく、専門的な分野の仕事を行っている人を指します。専門的な知識が必要になるため、フリーランスで働く人の約5%しかいません。

上記の副業形態と同じように、2つ以上の仕事をすることで年収が増え、精神的に安定した生活を送ることができます。

フリーランス形態別の平均年収:自営業系独立オーナー

自営業系独立オーナーの平均年収は、約355万円と言われています。「自営業系独立オーナー」とは、個人事業主や法人経営者などと言った人を指します。働く時間や場所を自由に決めることができるため、多くの人が想像するフリーランスは、この自営業系独立オーナーになります。

上記の副業形態と同じように、2つ以上の仕事をすることで年収が増え、精神的に安定した生活を送ることができます。

フリーランスになる前にやっておいたほうがいいこと

フリーランスは、一般的な会社員よりもまだ社会的信信用が低いと言われています。そのため、会社員にはできてもフリーランスになってしまうとできなくなることが多くなります。平均年収が安定しないなどといったことも影響します。

今回は、フリーランスになる前にやっておいたほうがいいこととして、「クレジットカード、ローン」「自分を磨く時間を作る」「人脈を作る」「環境を作る」ことの4つを紹介します。

クレジットカー・ローンについて

万が一に備えてクレジットカードを作ったりローンを組んでおく必要があります。会社員の人は、年収に応じてクレジットカードやローンを組むことができますが、フリーランスになると、社会的信用が低いためにクレジットカードやローンが組めないことがあります。

万が一の出費に備えておくことで、集中して仕事をすることができるため、平均年収にも大きく影響します。

自分を磨く時間を作る

フリーランスになると、自分で仕事を受注しなければならないので、会社員のとき以上にスキルを身に付けなければなりません。そのために、自分を磨く時間を作ることが重要です。具体的には、仕事に必要な資格を取得したり、メールなどの連絡をするときの対応の仕方を学んでおくなどです。

自分磨きをすることで、クライアントから信用を得やすくなり、間接歴に、平均年収があがることにもつながります。

人脈を作る

フリーランスになる前に、人脈を作っておくことも大事です。会社員時代の人脈やホームページなどを準備しておくことで、仕事を獲得しやすくなるためです。加えて、人脈を作っておくことで、会社側も安心して任せても良いという考えになりやすく、仕事が無いという状態にならなくて済むようになります。

このように、仕事を獲得する上で人脈を獲得しておくことは非常に重要です。

環境を作る

仕事がスムーズにできるように環境を作っておくことも重要です。フリーランスになると、会社がやっていた経理や雑務に関する業務をすべて1人で行わなければなりません。そのために、前もって必要なものを準備したりする必要があります。

仕事ができる万全の環境を作っておくことで、集中して仕事をすることができ、平均年収にも大きく影響します。

フリーランスになったら届け出関係をきちんとする

フリーランスになったら、前述したように、会社が行っていた業務をすべて1人でおこなわなければなりません。そのためには、フリーランスに関係する届け出を市役所や税務署などに提出する必要があります。

今回は、フリーランスになったら行う「国民年金への切り替え」「国民健康保険への切り替え」「個人事業の開業届出書」「青色申告承認申請書」について紹介します。ぜひ、参考にしてみてください。

厚生年金から国民年金への切り替え

フリーランスになったら、国民年金保険料を自分で支払わなければならないので、手続きをする必要があります。このとき、会社員のときに入っていた厚生年金保険料を支払う必要はなくなるので、国民年金へ切り替えなければなりません。

ちなみに、国民年金に切り替えると、後々もらえる年金が少なくなりますので、国民年金基金などに加入しておくと安心です。

会社の健康保険から国民健康保健への切り替え

フリーランスになったら、国民健康保険への手続きをする必要があります。そのとき、会社員のときに入っていた健康保険や雇用保険などから脱退しておく必要があります。

ちなみに、国民健康保険に切り替える場合、市役所で手続きを行います。また、2年間に限り、任意で会社の健康保険に加入し続けることも可能です。

個人事業の開業届出書

フリーランスになると、税金関係の支払いを自分でしなければなりません。事業を開始してから15日以内に「事業開始申告書」を市役所に提出する必要があります。加えて、1ヶ月以内に「個人事業の開廃業届」を税務署に提出する必要があります。

青色申告承認申請書

青色申告承認申告書は、事業を始めてから2ヶ月以内に税務署へ提出する必要があります。また、青色申告には、単式簿記と複式簿記の2種類の申告方法があり、前者は10万円、後者は65万円の控除を受けることができます。

加えて、白色申告をする方法もありますので、事業の進捗具合を見て選択してください。

フリーランスについて理解を深めよう!

フリーランスは、場所や時間に縛られることなく働いている人を指し、平均年収は約300~400万円と言われています。平均年収は会社員の人よりも少ないですが、副業としてフリーランスで仕事をしている人も含まれるため、一概に比較するのは難しいです。

しかし、専門的な知識や技術を身に付けている人は、平均年収が高い傾向にありますので、自分に合った仕事形態を考えてみてはいかがでしょうか。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related